カテゴリ: 旅行

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

北海道へ!(行ったところ編)

パーマリンク 2010/04/28 22:11:41 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

北海道は2回目。前回は何と30数年前、道東の方へ行きました。
今回のオホーツクの方は、私にとってはまさに異国の地です。
空港から友人の家まで、見る景色はとても新鮮です。
普段山の中に住んでいますから、広ーい農地がずっーと広がっているのを見ると、思わず“ほっかいどー、でっかいどー”と叫んでしまいそうです。

友人の家から割に近いオホーツク公園です。まだまだ北海道は冬のようで、緑がほとんど見えません。前に友人が送ってくれたこの辺りの写真は雪に包まれ、荘厳な感じがしましたが、今が一番中途半端な姿かもしれません。雪もほとんど溶けてきて、カラマツ林の雪化粧もすっかり落ち、裸の木々が寂しそうです。

車から見る海の景色は美しく、180度海を眺めることができる能取岬(のとろ岬)へ来ました。流氷の季節にはここで見ることができるそうです。真っ青な海は穏やかで、ここ一帯が真っ白になるのがどうしても想像できませんでした。

美しい水平線にお日さまが沈んでいくところです。息を飲むような光景にしばらくたたずんでしまいます。

2日目はあいにく朝から雨でした。知床半島の方へ連れて行ってもらいましたが、向こうに見える知床半島の山々も、雨で煙ってほとんど見ることができませんでした。
左手に海を見ながらの海岸線のドライブは、行けども行けども水平線が続き、ただただ北海道の広さに驚くだけです。オシンコシンの滝まで行ってここで車を降りました。雪解けの水が轟々と勢いよく流れていました。ここでUターンすることにしました。

車に乗っているキッピスとタピオは雨のせいでなかなか降りることができず可愛そうでしたが、それでもきっと一緒に出かけるのが嬉しいのでしょう。
“あっ、シカだ!”、その声に窓の外を見ると・・・いました、いました。
“ウオーン”、タピオがシカに気づいて騒ぎ始めました。

網走に来たから網走湖はみておかなくちゃ、ということで最後の日に空港へ行くときに寄ってもらいました。

2日目の夜に温泉に連れて行ってもらいましたが、それがとてもすばらしいところでした。
網走の山水というホテルのお風呂ですが、値段もめちゃくちゃ安くて、それでいて本当に良いお湯でした。「美肌の湯」というだけあって、肌がツルツル。このお湯、お取り寄せしたーい・・・
明日は食べ物編です。

北海道へ!(キッピスとタピオ編)

パーマリンク 2010/04/27 17:52:56 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

その網走の友人と始めて知り合ったのは、今から15年以上前のこと。ニフティのパソコン通信でした。
当時彼女のところには初代のエアデールテリアがいました。
それから2000年にはイギリスもいっしょに行き、彼女が我が家を訪れたのは4回ほどあるかもしれません。最後に会ったのは、2002年にイギリスのロブロイド犬舎のトムとジャネットがエアデールセミナーのために来日した際に、通訳として来てくれました。
ということは、8年近く会っていないということですが、始終メールや電話でのやりとりをしているので、とってもそんな感じがしませんでした。
ご主人は初対面ですが、長年電話でお声も聞いているので、やはり初めてという気がしません。

空港にはみんなで揃って迎えに来てくれました。車の後ろにはキッピスとタピオが乗っていて、まずは大騒ぎです。
家に着いてからもタピオの歓迎ぶりは大変なものです。

途中で買ったケーキで、少し早いキッピスの13歳の誕生日をみんなで祝いました。
最近のキッピスは目もよく見えないようで、また耳もだいぶ遠くなってきています。そのせいで少し神経質になっていて、私に触られるのは嫌がりますが、それでも側にいて甘えたい気持ちが伝わってきます。
一時食欲が落ち心配しましたが、最近ではまた食欲も戻ってきたそうです。キッピスのためのチーズケーキもぺろり。お腹を壊すこともありませんでした。

散歩に行っても、キッピスは足はとてもしっかりしていて、ゆっくりですがかなりの距離を歩きました。タピオは6月に100kmマラソンに参加するお父さんといっしょに、ビュンビュン走って行ってしまいました。

タピオはおみやげに持ってきた亀のぬいぐるみが気に入り、ずっとこれで遊んでいました。寝るときもあごの下に入れています。
これってテンコーと同じです。

あらあら、こんな格好をするのもテンコーによく似ています。

タピオはベッドの上で寝るって聞いていましたが、やっぱり私の布団の上にもしっかり乗ってきました。この晩、初め私と一緒に寝ていましたが、いつのまにか部屋から出て行きました。それでも朝になると、ドアの前で鼻を付けて“ヒューヒュー”とないて起こしてくれました。

せっかく来たので、タピオをみんなでトリミングしました。部屋の隅にはキッピスが寝ています。いつもならキッピスはこのトリミングをする部屋にはなかなか入ろうとしないそうですが、今日は自分でヒョコヒョコ入ってきました。
ここで忘れてならないのが、猫のカッちゃんです。タピオがトリミング中にも台の上に2度ほど上って邪魔してくれました。

すっきりしたせいか、さっきまでやんちゃ坊主だったのが、坊ちゃん風になりました。

タピオと猫のカッちゃんは良い遊び相手というか、ケンカ相手というか・・・タピオの方からちょっかい出す方が多いようですが、カッちゃんもしっかり相手をしています。たしかに少々激しく見えるときもありますが、お互いに手加減をしているようでした。

こんな時は、キッピスは机の下やケージの中にすっと入って、バトルに巻き込まれるのを避けていました。
キッピス、お母さんのラフティを超えるように長生きしてね。

明日はもう少し北海道らしい話をしましょう。

バスツアーに参加

パーマリンク 2010/03/26 22:34:44 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

昨年12月頃だったか、近所へランチに行ったときに、何だか飲食店組合の抽選に応募しました。
1等はテレビだったか何だったか???とにかくそんなことをすっかり忘れていた先月、日帰りのバス旅行が当たったと連絡が来たのです。
一人で行くのはイヤだな・・・そう思って母を誘いました。同伴者は10,290円必要です。何よりも当たった福を逃したくなかったので、行くことにしました。でも、これってよく考えてみると、ほとんど全員当たっていたのかも・・・とりあえず一人で来る人は少ないでしょうから、同伴者ねらい?かも・・・ただ、母を連れて行くチャンスをいただけたので良かったです。

一番最初に行ったのはオパ-ルミュージアムでした。この手の招待旅行にはつきもののお買い物優先の見学です。
ちょっと、ここは??という感じでしたが、オパ-ルやジュエリーの好きな方にはすばらしい場所かも・・・

昨日までと違って、今日は良い天気になったので喜んでいましたが、信楽まで来るとなにやら雲行きが怪しくなってきました。まずは、昼食です。和牛のすき焼きでしたが、美味しかったです。。。

食事が済んだ頃、雨が降り出しました。陶芸村はすぐ近くで、登り窯を見学したあと、売店へ行きました。タヌキは可愛いけど、我が家にはちょっと似合わないなあ・・・

今日のメインイベントは宇治です。ここでは自由に散策ができ、90分の時間がありました。母と私は平等院を優先することにしました。ここへ着いた頃にはすっかり晴れ上がり、桜の花は5分咲きでした。でも風が冷たく寒い日でした。

平等院の本堂は一度に拝観できるのが50人で、時間も15分と決められています。それでもせっかくでしたので、これを優先しました。おかげで、他にはほとんど行けませんでしたが、本堂に入れたので良かったです。

バスのトランクにはおみやげがいっぱい。添乗員さんも今日が一番多い、なんて驚いていました。
私も何って特別な物を買ったわけではありませんが、宇治のロールケーキ、まんじゅう、チョコレートとついつい・・・

国宝犬山城(昨日の続き)

パーマリンク 2010/02/21 22:26:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち, 旅行

昨日、みたけの森で散歩した後、私たちはそのまま犬山城へ向かいました。
愛知県犬山市にある犬山城は日本最古の天守閣で国宝です。子どもの頃、もしかしたら学校の遠足とかで行ったことがあるかもしれませんが、全然覚えていません。
駐車場に車を入れ、ダイアンとテンコーにはしばらく車で留守番してもらいます。
ここから入ると、石畳の坂が続きます。かなり辛そうな坂です。みたけの森で十分運動した後ですから、少しためらってしまいそうな道ですが、せっかく来たので何としてもお城までたどり着きたいものです。

ふと前を見ると、車いすに乗った青年を家族二人でいっしょうけんめい押しているところでした。押すと言ってもガタガタの石がいっぱいで、車輪がうまく前に進めません。夫が手伝いましたが、半分車いすを持ち上げて移動するような感じでした。

ようやくお城の入り口へ到着です。彼らは中に入ることはできませんから、外からの見学です。私たちは天守閣まで登りました。その階段がものすごく急で、手すりにしがみつくようにして登っていきました。

ようやくここまで来ました。確かに風情のあるお城です。いつも海外からの友達を名古屋城へ連れて行くと、外観のすばらしさに比較して、中があまりに近代的なのに少々ガッカリするようですが、このお城ならかえって喜ぶかもしれません。

城の後方には木曽川が流れています。本当に自然の堀ですね。驚いたことに天守の周りには回り縁があり、底に出ることもできますが、なんと手すりがすごく低いのです。警備の人がいましたが、子どもの動きにはちょっとヒヤッとしてしまいました。

天守閣を出て先ほどの石の道を降りてくると、また先ほどの車イスの青年たちがいました。今度は後ろ向きに少しずつ降りていました。青年がお城が好きで、色々なところに見に行っているようでした。この石畳の階段も片側が少しスロープ状になっていますが、石がガタガタしているので、とうてい車イスがスムーズに上り下りできるものではありませんでした。このご家族の様子を見て、もう少し何とかならないものかと思いました。

歩きすぎてお腹がペコペコ。お城の前のお店で「味噌煮込みきしめん」をいただきました。名古屋で生まれた私ですが、味噌煮込みときしめんがいっしょになったのは初めてでした。

エネルギーを補給してから、車の中で待っていたダイアンとテンコーをおろし、もう一度きしめん屋の前を通って、城下町を犬と一緒に散策しました。色々と興味を引くお店はありましたが、ワンコを連れての散策ですから、寄り道ができませんでした。

網走に行きたい!

パーマリンク 2010/02/15 20:35:02 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

それは2日ぐらい前に突然思いついたことです。
何の話からか、夫が言いました。“網走にタピオに会いに行ってくる?”
“そうだよね、流氷も来てるかもしれないし・・・”
ちょうど夫のマイルがたまっているので、使っても良いよと言われ大喜び!

あまりに急なことで、日程を合わせるのすら大変なことです。ようやくこの日なら何とか・・という日を確認してチケット予約へ。ところがもう満席です。他の日となると、3月14日からはクラブのトリミング勉強会が始まり、4月18日のチャンピオンシップショーまでは毎週末どこかで勉強会があります。
1泊2日だと向こうに24時間もいられない計算になります。せめて2泊3日でと思うと、ワンコたちを見てくれる夫が必要ですから、仕事の都合もあります。
そんなこんなで、結局2月、3月は行けそうにもないことがわかりました。

流氷はタピオのオーナーさんに前に送ってもらった写真で楽しむことにしましょう。

彼女の所にはもう1頭ラフティの息子キッピスがいます。彼は今年の5月で13歳になります。どうやらタピオのやんちゃぶりに手を焼いているようですが、まだまだ元気でがんばっています。

やっぱりこのふたりに会いに行かなくちゃ!4月のショーが終わったら行けるように、予定を立てることにしましょう。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

2017年10月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution