カテゴリ: 旅行

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

国宝犬山城(昨日の続き)

パーマリンク 2010/02/21 22:26:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち, 旅行

昨日、みたけの森で散歩した後、私たちはそのまま犬山城へ向かいました。
愛知県犬山市にある犬山城は日本最古の天守閣で国宝です。子どもの頃、もしかしたら学校の遠足とかで行ったことがあるかもしれませんが、全然覚えていません。
駐車場に車を入れ、ダイアンとテンコーにはしばらく車で留守番してもらいます。
ここから入ると、石畳の坂が続きます。かなり辛そうな坂です。みたけの森で十分運動した後ですから、少しためらってしまいそうな道ですが、せっかく来たので何としてもお城までたどり着きたいものです。

ふと前を見ると、車いすに乗った青年を家族二人でいっしょうけんめい押しているところでした。押すと言ってもガタガタの石がいっぱいで、車輪がうまく前に進めません。夫が手伝いましたが、半分車いすを持ち上げて移動するような感じでした。

ようやくお城の入り口へ到着です。彼らは中に入ることはできませんから、外からの見学です。私たちは天守閣まで登りました。その階段がものすごく急で、手すりにしがみつくようにして登っていきました。

ようやくここまで来ました。確かに風情のあるお城です。いつも海外からの友達を名古屋城へ連れて行くと、外観のすばらしさに比較して、中があまりに近代的なのに少々ガッカリするようですが、このお城ならかえって喜ぶかもしれません。

城の後方には木曽川が流れています。本当に自然の堀ですね。驚いたことに天守の周りには回り縁があり、底に出ることもできますが、なんと手すりがすごく低いのです。警備の人がいましたが、子どもの動きにはちょっとヒヤッとしてしまいました。

天守閣を出て先ほどの石の道を降りてくると、また先ほどの車イスの青年たちがいました。今度は後ろ向きに少しずつ降りていました。青年がお城が好きで、色々なところに見に行っているようでした。この石畳の階段も片側が少しスロープ状になっていますが、石がガタガタしているので、とうてい車イスがスムーズに上り下りできるものではありませんでした。このご家族の様子を見て、もう少し何とかならないものかと思いました。

歩きすぎてお腹がペコペコ。お城の前のお店で「味噌煮込みきしめん」をいただきました。名古屋で生まれた私ですが、味噌煮込みときしめんがいっしょになったのは初めてでした。

エネルギーを補給してから、車の中で待っていたダイアンとテンコーをおろし、もう一度きしめん屋の前を通って、城下町を犬と一緒に散策しました。色々と興味を引くお店はありましたが、ワンコを連れての散策ですから、寄り道ができませんでした。

網走に行きたい!

パーマリンク 2010/02/15 20:35:02 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

それは2日ぐらい前に突然思いついたことです。
何の話からか、夫が言いました。“網走にタピオに会いに行ってくる?”
“そうだよね、流氷も来てるかもしれないし・・・”
ちょうど夫のマイルがたまっているので、使っても良いよと言われ大喜び!

あまりに急なことで、日程を合わせるのすら大変なことです。ようやくこの日なら何とか・・という日を確認してチケット予約へ。ところがもう満席です。他の日となると、3月14日からはクラブのトリミング勉強会が始まり、4月18日のチャンピオンシップショーまでは毎週末どこかで勉強会があります。
1泊2日だと向こうに24時間もいられない計算になります。せめて2泊3日でと思うと、ワンコたちを見てくれる夫が必要ですから、仕事の都合もあります。
そんなこんなで、結局2月、3月は行けそうにもないことがわかりました。

流氷はタピオのオーナーさんに前に送ってもらった写真で楽しむことにしましょう。

彼女の所にはもう1頭ラフティの息子キッピスがいます。彼は今年の5月で13歳になります。どうやらタピオのやんちゃぶりに手を焼いているようですが、まだまだ元気でがんばっています。

やっぱりこのふたりに会いに行かなくちゃ!4月のショーが終わったら行けるように、予定を立てることにしましょう。

高山見物

パーマリンク 2009/09/06 20:43:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

昨日からお泊まりの東京からのお客さまといっしょに、高山見物へ行ってきました。
高山見物と言っても、陣屋や屋台会館などの観光地は行かずに、町並みと買い物と飛騨牛を楽しんできました。
まずは駐車場へ車を止めると、陣屋脇の朝市へ行きます。もう昼近いせいかそれほどたくさんのお店は出ていませんでしたが、それでも漬け物や果物など欲しいものがいっぱいありました。

古い町並みの通りは観光客でごった返すほどでした。どこのお店も満員でしたが、あちらこちらをのぞいて歩きました。

そして、皆さんのリクエストの“飛騨牛”です。ほうば味噌と飛騨牛の焼き肉定食です。せっかく東京から来たので、やはり“飛騨牛”は外せませんね。とても美味しかったです。

昔ながらの薬屋さんがありました。1つ1つ紙袋に入った薬がとてもかわいかったので、思わず目を奪われました。

ちょうど「我楽多市」をやっていたので、こちらも見て歩きました。骨董品などがほとんどです。古い面白い道具などもたくさんありました。これは何なのかよくわかりませんが、クマの毛皮でしょうか???ちょっと怖いというか、かわいそうというか・・・

色々な味のソフトクリームを見つけました。飛騨桃やはちみつなども美味しそうでしたが、一番心惹かれたのがこの“しょうゆソフト”でした。たしかにしょうゆの風味がフワーンとして、けっこくコクのあるお味で美味しいものでした。

最後の締めくくりは恵那へ戻ってきて、“すや”で皆さん栗きんとんをおみやげに買って帰りました。

清内路の清水

パーマリンク 2009/08/19 22:24:02 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, 旅行

木曽の妻籠をそのまま北へ登ると、清内路というところに出ます。
先日駒ヶ岳へ行く途中で通った道です。今回は何となくこちらから回りましたが、普段なら中央道で駒ヶ根まで行ってしまうので、滅多に通ることはないところです。
“清内路”という名前から何だか清々しい感じがしますが、そこを通ったとき、ある場所で人々が水をくんでいるのを見つけました。
私は水にはそんなにこだわったりはしませんが、偶然見つけたその場所の水に少し惹かれてしまい、2回目に行ったときに帰りにホームセンターでポリタンクを買って、そこに水汲みに寄りました。
大きなポリタンクに1杯と、ちょうど空になった小さなペットボトルに水を入れると、さっそく飲んでみました。
もちろんワンコたちにも飲ませました。たしかに美味しい・・・何というかまろやかなんです。

8年前、ここに越してきたとき、我が家には水道が引けていませんでした。1年後には引けることは分かっていましたが、1年間水がなくては生きていけません。そのため庭には井戸が掘られました。いかにも冷たくて美味しそうなその井戸水は水質検査をすると、大腸菌が検出され飲み水として使うには煮沸が必要でした。
それが分かると、何となく煮沸をしても飲む気にはならず、結局口に入れる水は、歯磨きの時でさえもペットボトルの水を使うようになりました。それがちょうど1年間続きました。
それ以来、私はどうやら山の水が少し信用できなくなりました。

清内路にはいくつもの清水がわき出ていることで有名だとインターネットに書いてあります。
県内や遠く県外からもその水を求めて多くの人が来るそうです。もちろんそんなに多くの人が飲んでいるんだから、水質検査はしていることでしょう。それでもまだ少し心配な気がします。

台所に置いてある20リットルのポリタンクを見ながら、いろんな事が浮かんできました。
“どのぐらい大丈夫だろう? せっかく美味しい水だからってこのまま置いておいたら何の意味もないな、でもこんなにたくさんの水、何に使おう??? 結局ワンコたちに飲ませるのかな・・・”

台湾・・・最終編

パーマリンク 2009/07/01 21:11:39 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

台北の町では、様々な日本の物を見つけることができます。
日本のお店もたくさんあります。その中で初日に台北駅の地下で見つけた高山ラーメンです。他にも東京文字焼というもんじゃ焼き(ショーウインドウにはお好み焼きばかりがあったような?)のお店もありました。
また、地下の本屋さん(ほとんど雑誌ばかりのところ)へ行くと3分の1から半分ぐらいは日本の雑誌でした。

台湾に行って絶対やってみたかったことはマッサージとシャンプーです。両方とも体験してきました。マッサージは初日に空港から直接ガイドさんに連れて行ってもらいました。全身マッサージ(60分)と足裏マッサージ、美顔マッサージ、シャンプーをやってもらって日本円で約10,000ぐらいですから、まあ安いかもしれません。
それぞれ何分と時間が書いてありますが、シャンプー以外はいっしょにやるので、何だかすごいことになります。私はたまに“痛っ、痛っ”なんて思わず言ってしまいましたが、結構ハードでした。
マッサージは台湾式の背中の上で立ってやってもらうものもありました。正直つぶれそうでしたが、“ダイジョウブ?ダイジョウブ?”と聞いてくるのに、“重いよー”とは言えませんでした。

シャンプーはその時にもやっていただきましたが、美容院にも行きました。美容院の方が若干値段も安くて、上手だったような気がします。洗面台のないところでシャンプーの泡を立てますから、こうやって上の方へびゅーんと髪の毛を伸ばします。美容師さんはこうやって泡を手にとって、洗面台のあるところへ捨てに行きます。このあと、私たちも洗面台の方へ移ってすすぎをしてもらいます。美容院は日本人の客が多かったです。

これは台北101近くで見つけたレンタル自転車でした。カードを買ってそれを使って自転車を借りるようです。とてもいいアイデアだと思いましたが、台北の町で自転車走っているのって見たっけ?あまりにもスクーターばかりだったので、自転車は気づきませんでした。

これは台湾のお墓です。土葬が多いらしく、台湾のお墓は家のように大きいみたいです。まるで住宅地のようでした。

これは変わった鳥だと思って写真を撮ったのですが、日本にもいる鳥かもしれません。

最後にトイレの話です。この写真はトイレの中で見つけたものです。台湾には和式トイレが多かったのですが、ご丁寧に使い方の図は初めて見ました。
トイレと言えば、台湾ではトイレに使用済みのトイレットペーパーは流せません。横に置いてある汚物入れに捨てます。これがまた蓋付きならまだしもただの大きなバケツのようなものだったりします。
百貨店なら?高級ホテルなら?博物館なら?空港なら?と流せるところはないかと色々見ましたが、どこもかもダメでした。これは最後までとってもストレスになりました。

初めての台湾旅行はいろいろ見て、いろいろ食べて、いろいろ体験して、いろんな人に出会って幕を閉じました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution