カテゴリ: 旅行

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

長崎旅行その1

パーマリンク 2012/12/17 21:30:09 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 海外の友人たち, 旅行

土曜日、日曜日とたったの1泊2日の旅でしたが、長~い2日間でした。
何しろ土曜日は家を朝4時50分に出発。セントレア空港まで車で行ったので、ちょっと早めに家を出ました。帰りは長崎を午後8時半出発の便でしたが、離陸が30分も遅れたので結局向こうを発ったのは9時、我が家に帰り着いたのは0時をわずかに回っていました。。。しっかり2日間を目一杯使えたというか・・・そのせいかかなり疲れました。。。


とにかく2日間よく歩きました。今回のお供はワンコじゃなくて、娘と娘の旦那さんでオランダ人のB君。B君はとにかく背が高いので、足の長さも私の2倍はあろうかと・・・娘もチビでよく付いて歩くと感心しますが、このふたりに付いて歩こうとすれば私はほぼ小走りにならないと追いつきません。
“お母さん、大丈夫?”
時々ふたりが声をかけてくれますが、実際速すぎる~。


私より1時間遅れで長崎空港に着いた娘夫婦。ここからレンタカーでハウステンボスのホテルオークラまで行きました。ホテルで昼食を撮ってから、すぐにハウステンボスへ。あいにくの雨です。。。

最初にボートで奥の方まで行って、そこから歩いて入り口に戻ってくるルートを取ることにしました。

今年はオランダに帰らないB君。少しは故郷の匂いを感じてくれたかな?
どうやら、オランダらしくないところもあるらしい。一番よく似ていたのは雨が降っている所だそうです。

建物などもすべて作り物じゃないので、私は素敵だと思いました。オランダに行った気分になれそう・・・ただ、ディズニーランドと比べるとアトラクションが少なくて、規模も小さいかも。

夜になるとイルミネーションが美しくて入場者も増えたような気がしました。雨のためにパレードが中止になったのはとても残念でした。

それにしてもイルミネーションは写真で綺麗に写せません。たくさん写したけどましな写真は数枚でした。

夕飯はハウステンボスでチーズフォンデュをいただきました。
このホテルは天然温泉があり、それが良かったです。疲れた身体を癒やしてくれるのは絶対温泉です。娘とのんびりおしゃべりしながら入って、そのあとは娘たちの部屋でマッサージしてもらって。こういう点はワンコのお供より良いかも・・・

1日目の夜はぐっすり眠れました。2日目の話はまた明日。


と、ここでちょっと嬉しいニュースが入ってきました。イギリスへ行ったひなちゃんの姉妹のDaisyがイギリスのLKA Championship Dog Showでデビューしました。
初めてなのに、ちゃんと落ち着いてできたみたいで、結果はベストパピービッチで、クラフト展への出場権も手に入れたそうです。がんばったね!Daisy!

パラオから帰ってきました

パーマリンク 2012/10/20 22:07:46 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

日曜日からずっとパラオに出張に行っていた夫が今朝セントレアに到着して、昼過ぎにこちらに帰ってきました。ちょうどお昼ご飯がまだだったので、駅まで迎えに行った帰りに“何食べたい?”って聞くと、“そば”という答えが。また昨日今日と連続して「らっせいみさと」へ寄ってきました。


夫は海外の出張は結構ありますが、パラオは初めてです。周りは観光客ばかりだったでしょうから、仕事で行って海にも入らず日焼けして帰ってきたのは珍しいかも。
夫の撮ってきた写真から数枚。
大統領官邸です。ここで国務大臣に会ったそうです。他にも日本大使館に招待されて大使たちと伝統的なパラオ料理をいただいたそうです。

夫がパラオで驚いたことは、犬がたくさんいることです。どうやら放し飼いですが、みんなのんびりとしていたそうです。道路にだって出て行かないのが不思議だと言っていました。

私も行きた~~~い!!! 遊びで。

さて、今日も我が家は仔犬たちが元気よく運動場を飛び回っています。

ひなちゃんも仔犬と遊ぶのがすっかり慣れたようです。ごく自然に仔犬たちに混じっています。

テンコーもすっかり安心して雛ちゃんと仔犬が遊んでいるのを見守っています。
フェンスの向こう側で夫がランディのトリミングをしています。そろそろ終わったかな・・・

JOVAL犬舎訪問 第4日め

パーマリンク 2011/04/17 22:41:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

前日の夜、ジュリアが作っていた物はマーイアやランディの首に掛かっている組み紐です。
昨日書き忘れましたが、ジュリアは遠くウクライナから犬といっしょに来ていました。彼女がいっしょうけんめい一つずつ作った組み紐の首輪、魔除けだそうです。我が家の子たち全員に作ってくれました。

JOVAL犬舎のレイチェルやビータも着けていました。ここの3頭とももうお別れです。たった3日間だったけど、私にまとわりついて甘えてくれた彼らに感謝(私のポケットにランディ用の美味しいトリーツが入っていたからですが・・・)

初めての犬連れのフライト。何だか緊張して夜も眠れませんでした。ヴァレリアはちょうどその日セミナーの講師をつとめるため、朝7時に出かけていきました。ワシントンDC空港にはジョンと1時間後のオハイオ行きに乗るナンシーといっしょに出かけました。
ランディの準備は万端です。ヴァレリアは朝早くランディと別れの挨拶をしたそうです。どんなに辛かったかと思うと、胸が締め付けられる思いです。


チェックインカウンターまでジョンが付いてきてくれました。飛行機に乗る前に、ランディもバリケンから出て、中をチェックされます。
“ランディ、元気でな! 来年日本に会いに行くよ!”
ジョンに抱かれたランディは不安そうでした。。。

さあ、そろそろバリケンに入って飛行機に乗り込まなければなりません。
周りの人たちがみんな見ていきます。
“良い犬だなあ・・・”
“そうだろ!日本に行くんだ”
ジョンが嬉しそうに応えています。
このバリケン、サイズは500でかなり大きい物です。たしかに小さな飛行機では乗せてくれないはずです。
“ランディ、成田まで我慢してね。向こうでまた会おうね”
バリケンの中の不安そうなランディになるべく明るく声をかけました。

1時間後に飛行機は発ち、14時間後に成田に着きました。日付は変わって火曜日になっていました。
本当に帰りは遠かったです。。。成田まで迎えに来てくれた夫と共に、今度は車にゆられて我が家まで戻ってきました。ランディは長時間バリケンにいたので、車の中では私と一緒に座席に座らせてのんびりさせました。

JOVAL犬舎訪問 第3日め

パーマリンク 2011/04/16 20:59:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

この日は日曜日なので、ヴァレリアも病院はお休みで、私たちといっしょに過ごすことができます。昨日の夜も、ヴァレリアにたくさんのことを質問しましたが、実際私にとっても残すところ今日一日、まだまだ聞き足りないことがあるので、忘れないようにしなければ・・・


まずは、ヴァレリア、娘のオリヴィア、友人のジュリア、ナンシー、そして私とでワシントンDCへ向かいました。ちょうどワシントンDCでは桜祭りが開催され、どこもかもものすごい人です。ヴァレリアによると、お祭りというだけではなく、この辺りはいつもよく混んでいるそうですが・・・
肝心の桜はもう満開も過ぎ、ほとんど花が落ちてしまっていて残念でした。


駐車スペースはどこもかも満車です。何度も同じようなところを回りましたが、なかなか見つかりません。そのうちにオリヴィアもむずかり初めました。
“ヴァレリア、もう帰った方が良くない?”
私は尋ねましたが、オリヴィアのためにも15分ぐらい外に出してやりたいので、何とか車を止めると再び探し始めました。
ようやく、車を止めるとみんなで歩き出しました。
ここはスミソニアン博物館が建ち並び、全部で19の建物があるそうです。それが全部無料というからすごいです。

ヴァレリアの友人ジュリアは2ヶ月前にJOVAL犬舎にやってきて、滞在しています。実は彼女の9歳になるエアデールが鼻と顔のガンで、犬も連れてきて手術をしてもらったのでした。彼女はここで看護をしながら、犬の回復を待っていたのでした。
先月のテキサスのナショナルショーに行ったときには彼女もいっしょで、ランディのハンドリングをしてくれました。

この日、確か暖かいって言ったはずなのに・・・コートだって持っているのに、薄着で出かけてしまい、これが今の風邪の大きな原因になっているに違いありません。

豆粒ぐらいに見えたワシントン記念塔までとうとう歩いてきました。15分どころじゃないです。。。結局私たちは2時間近く歩いていたような気がします。

さて、家に帰ったら、疲れていましたが時間が惜しいので、すかさずランディを連れてきてもらい、再びあの山の上り下りのキツイ散歩に出かけました。
身体はきつかったけれど、ランディは昨日と違ってすっかりうち解けたように見えました。大きな収穫あり!


散歩の後は、JOVALのパピーたちを見せていただきました。このパピーはリビングにいるレイチェルの子どもで、現在4ヶ月。まだ4頭ぐらいいましたが、この子だけ断尾していません。それはこの子はスウェーデンに送られるからです。ヨーロッパはもちろん断尾禁止です。

ちょっとだけ大きなパピーたちはこの運動場で日中は過ごしています。

まだ1ヶ月前の小さなパピーはお母さんと家の中の産室で過ごしています。この同胎は断尾してありません。それはヴァレリアが将来この子たちをヨーロッパのショーに連れて行こうと思っているからです。またきっとアメリカ人でも断尾していないエアデールに理解を示す人が増えてきたのかもしれません。

次にランディを再び犬舎から出してきて、ハンドリングのデモンストレーションをやってくれました。そして私も練習させていただきました。
“ランディはすぐにあなたのものになるよ”
ヴァレリアが言いましたが、確かに少しずつ私に心を許してきたのが感じられました。

その後犬舎も少しだけ見せていただきました。とっても綺麗な所でしたが、やはりこういう状況ではワンコたちが興奮するので、すぐにドアを閉めました。

あっという間に最後の夜になりました。この日お料理を作ってくれたのはオリヴィアのベビーシッターです。彼女はまだ20歳でとてもキュートな女の子です。住み込みでベビーシッターをしていますが、それだけではなくてお料理も上手、きっといつかいいお嫁さんになりそうです。デザートは1時間ぐらい離れたところに住んでいる、ヴァレリアのお母さんの手作りのティラミスでした。

その夜、次の朝が早いので皆さん寝静まった後に、私はジュリアとずっといっしょにおしゃべりしながら、ジュリアが作っているものが完成するまで待っていました。

JOVAL犬舎訪問 第2日め

パーマリンク 2011/04/15 21:06:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

翌朝、3頭のエアデールテリアがデッキの上から下を見下ろしています。

下の方にはラン(運動場)が広がっています。この写真の右側には階段があり、上の犬舎やリビング横のデッキなどに来れるようになっています。

色々な道があって、まるでアドベンチャーフィールドという感じです。それぞれに滑り台やら遊具もあり、まるで子どもの遊び場のように充実していますが、もちろん犬専用です。ずいぶん工夫されているのが面白いです。

さて、この3頭、全員アメリカチャンピオンで左からレイチェル5歳牝、ビータ4歳牝、サニー7歳牡です。以前は10頭ぐらいの犬たちがリビングをウロウロしていたそうですが、現在はこの3頭にリビング横の出産ルームで生後1ヶ月の仔犬の面倒を見ているクリッシィがいます。クリッシィはランディの母でもあります。

昨年生まれたヴァレリアの娘、オリヴィアはもうすぐ1歳になります。リビングの中をよちよち歩き、さすがにワンコたちがたくさんいたら彼女は飛ばされそうになるかもしれません。そんなわけで、今リビングにいるワンコたちはみんな静かでおとなしい子だそうです。

土曜日だったので、ヴァレリアは午前中病院へ行かなければなりません。私とナンシーはまた車を借りて、20分ぐらいのアウトレットへ買い物に行きました。
一番のお目当てはCOACHの首輪です。以前ナンシーからいただいたCOACHの首輪はいつもマーイアが着けています。そろそろ新品が欲しいのですが、実際COACHの首輪はMだとマーイアがやっと、Lだとウィローでも少し大きめということで、ダイアンやテンコーには着けられません。
真っ先にCOACHへ飛びこみましたが、売り切れでした。アメリカでも人気があり、店に出るとすぐに完売するそうです。。。

アウトレットから帰ってくると、私はランディを散歩に連れて行くことにしました。ここにいる短い間に少しでも私のことを覚えて欲しいものです。
でも、、、何だかランディの情けない顔。夕べ、ヴァレリアが見せてくれたときのように明るくてシャキッとした感じはありません。私のことを誘拐犯ぐらいに思っているのかも・・・。


ヴァレリアの家は山のてっぺんにあります。散歩はどうしても山を下るほか選択肢はありません。さえない顔のランディといっしょに山を下り始めました。
“しっかりリード持っててよ”
ランディを犬舎から連れてきたジョンに言われましたが、ランディはまったくお利口さんなのか、あまり私と行きたくないのか、リードを引くこともなく歩いています。
行きはヨイヨイでしたが、帰りはひたすら上り坂。私の心臓は破裂しそうで、思わず“ランディ、引っ張れ!”
でも、ジョンからもらったトリーツをふんだんに与えながら散歩したせいか、ランディは少しずつ楽しそうなそぶりを見せるようになりました。
早く仲良くなりたいけど、無理は禁物。今日はここまでで十分。

実はこの日は私の誕生日でした。それで、ヴァレリアが私のために大人気のレストランを予約してくれました。昔の製粉所を改造したレストランで、お料理も美味しいと評判のお店です。私が注文したのは、白身魚とオマールエビのなんとやら・・・で、それは美味しかったです。何よりも量がそれほど多くないのが、食欲が増す一因にもなりました。

デザートにはろうそくが1本立ててあり、誕生日気分が盛り上がりました。(ちょっと恥ずかしかったけど)この他にもレストランからはキャンディーの入ったワイングラスをプレゼントしていただきました。

何回目の誕生日だったかは自分でもあえて数えていませんが、思い出に残る誕生日となりました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

2017年10月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution