カテゴリ: 旅行

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

網走訪問1

パーマリンク 2013/02/19 21:13:45 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

昨夜9時頃、2泊3日の網走の旅から戻ってきました。さすがに少し疲れたので、ブログはお休みさせていただきました。


2泊3日なんてアッという間でしたが、その中で充実した3日間を過ごさせてもらいました。特に今回の目的のタピオとビズに会うことと、流氷を見ることは本当に堪能しました。
今日はタピオとビズに話を主にしたいと思います。


天気も良く、飛行機もそれほど揺れることもなく、若干遅れましたがカノンのお母さんと私は無事に到着しました。空港までお父さん、お母さん、タピオ、ビズと一家総出でお迎えに来てくれました。
車に乗ると、後ろの方にバリケンの中にタピオとビズが乗っています。2頭とも大騒ぎ!私たちのこと分かったのかな??? ビズはカノンのお母さんとは3ヶ月ほどいっしょに暮らしました。最初の飼い主の所から栄養失調で帰ってきたビズは、カノンのお母さんに命を救われ、大変な時期をカノンのお母さんと、そして犬のお母さんのカノンといっしょに乗り切りました。
カノンのお母さんのことを忘れるはずがありません。ビズの泣き声は次第に甘えた声に変わっていきました。


空港からそのまま能取岬まで連れて行ってもらいました。今日はどうやら流氷が見えるようです。
真っ白な道路もスイスイと走っていくのは、さすが雪国の人。雪だから運転できない何て言ったら、生きていけません。。。
さあ、いよいよタピオをビズが出てきました!

ビズは迷うことなくカノンのお母さんの胸に飛び込んでいきました。

初めて見る流氷。きれい~。ここは本当に何もなくて、大自然の中にポツンといるような感じです。どこまでも水平線が続いているように見えます。

さて、タピオとビズの日常生活を拝見です。猫のかっちゃんが私の荷物の上に座っています。そういえば、2年前に来たときも私のバッグの上にずっと座っていたのはかっちゃんでした。そして、その時はこのすぐ横にある部屋に泊まったのですが、そこにタピオとかっちゃんが入れ替わり入っていたのでした。


それをタピオが覚えていたらしく、今回私たちがホテルに行った後も、タピオがずっとドアの前で座って待っていたとか・・・2年も前なのによく覚えているものです。

2年前、私が来たときは飼い主さん達の寝室だった部屋は、いつのまにかワンコ部屋に。大きなケージも、ベッドもみんなワンコたちの物です。
タピオがおもちゃをくわえて、ケージ中でイジワルな顔をするのはテンコー譲り!

ビズはまるでひなちゃんのように逆らわないけど、ちょっかい出そうとしています。ケージの上もヒョイ、隣の出窓の上だってヒョイと平気だそうです。

今年は例年より雪が多いそうです。庭も雪がいっぱいで除雪した雪が真ん中に山のように積み上げられています。

柵からも出られそうなぐらいですが、大丈夫!仮に向こう側へ出て行っても雪に埋まって走れません。。。

ワンコの走れる道を作らなければならないので大変です。

ビズはすっかり大きくなり、あの時のゴツゴツした身体が嘘のようで同じ犬だったとは思えないほどでした。ビズの幸せそうな顔を見て、カノンのお母さんも幸せそうでした。

長崎旅行その2

パーマリンク 2012/12/18 22:15:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

日曜日、天気はすっかり雨も上がって青空が見えています。その日は長崎市内の方へ観光に行くことになっていました。


ホテルを出て長崎の町に入り、まずはグラバー園に向かいました。
30数年前、幼い娘を連れて長崎に来たことがありました。車で大阪からフェリーに乗り、山口まで行き、そこから長崎まで走りました。師走のことでした。
山口でフェリーから降りたときから娘の様子が変でした。熱が出てきたのです。元旦の朝から長崎で一番最初に行ったところは休日診療所でした。それほどひどくはなかったのですが、観光できるような状況ではありませんでした。ホテルに帰って娘を寝かせました。長崎は1泊だけの予定でした。お正月なので予定を変更することもできません。次の日は熊本に行かなければなりませんでした。


娘が少し落ち着いたので、ホテルで留守番させて夫と二人で2時間ほど出かけました。
“ジュース飲んで待ってるからいいよ・・・”
娘は言いました。
悪いなあ・・・と思いながら、若かった私たちは大急ぎで市内観光へ出掛けました。それがグラバー園でした。
娘にその話をしても全然覚えていませんでした。。。その時のことを思い出しながら、グラバー園を見て回りました。

グラバー園の中にレトロなドレスを着て写真を写せるところがありました。
“いいよ、いいよ、私は・・・二人だけ着たら・・・”
そう言いながら、私もしっかりドレスを選んでいました。。。こんな機会はめったにないし、娘がいなくてはできません。

B君のサイズにあった着物などありません。だから下はジーパンはいたままです。それでも、他のおばさま達にモデルになっていっしょに写真に写ってと頼まれたB君でした。

ここは出島です。この町並みはミニチュア。結構色々見るところがありました。

B君も一つ一つ丁寧に見るタイプなので、案外時間がかかります。

すぐ隣の中華街へ行き娘が調べてくれた江山楼へ行ってきました。

もちろんお目当てはちゃんぽんです。思ったよりもあっさりしていて美味しかったです。おみやげに皿うどんを買って、昨日いただきましたが、こちらも美味でした。

その後もほぼ修学旅行生コースです。原爆資料館をしっかり見て平和公園を歩きました。

そのまま浦上天主堂まで歩いていきました。これは原爆で壊れた壁や像がそのまま残してありました。

原爆資料館へ来てからは、どうしても気持ちが暗くなってしまいましたが、長崎に来たらやっぱり見るべきものの一つでしょう。

まあ2日間、よく歩いた歩いた。
当初、仔犬育てが終わったら、温泉にでも行ってのんびりしよう!と思って立てた計画が思わぬ方向へ逸れてしまいましたが、娘やB君と楽しい時間を過ごせたことを感謝するかなあ・・・

長崎旅行その1

パーマリンク 2012/12/17 21:30:09 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 海外の友人たち, 旅行

土曜日、日曜日とたったの1泊2日の旅でしたが、長~い2日間でした。
何しろ土曜日は家を朝4時50分に出発。セントレア空港まで車で行ったので、ちょっと早めに家を出ました。帰りは長崎を午後8時半出発の便でしたが、離陸が30分も遅れたので結局向こうを発ったのは9時、我が家に帰り着いたのは0時をわずかに回っていました。。。しっかり2日間を目一杯使えたというか・・・そのせいかかなり疲れました。。。


とにかく2日間よく歩きました。今回のお供はワンコじゃなくて、娘と娘の旦那さんでオランダ人のB君。B君はとにかく背が高いので、足の長さも私の2倍はあろうかと・・・娘もチビでよく付いて歩くと感心しますが、このふたりに付いて歩こうとすれば私はほぼ小走りにならないと追いつきません。
“お母さん、大丈夫?”
時々ふたりが声をかけてくれますが、実際速すぎる~。


私より1時間遅れで長崎空港に着いた娘夫婦。ここからレンタカーでハウステンボスのホテルオークラまで行きました。ホテルで昼食を撮ってから、すぐにハウステンボスへ。あいにくの雨です。。。

最初にボートで奥の方まで行って、そこから歩いて入り口に戻ってくるルートを取ることにしました。

今年はオランダに帰らないB君。少しは故郷の匂いを感じてくれたかな?
どうやら、オランダらしくないところもあるらしい。一番よく似ていたのは雨が降っている所だそうです。

建物などもすべて作り物じゃないので、私は素敵だと思いました。オランダに行った気分になれそう・・・ただ、ディズニーランドと比べるとアトラクションが少なくて、規模も小さいかも。

夜になるとイルミネーションが美しくて入場者も増えたような気がしました。雨のためにパレードが中止になったのはとても残念でした。

それにしてもイルミネーションは写真で綺麗に写せません。たくさん写したけどましな写真は数枚でした。

夕飯はハウステンボスでチーズフォンデュをいただきました。
このホテルは天然温泉があり、それが良かったです。疲れた身体を癒やしてくれるのは絶対温泉です。娘とのんびりおしゃべりしながら入って、そのあとは娘たちの部屋でマッサージしてもらって。こういう点はワンコのお供より良いかも・・・

1日目の夜はぐっすり眠れました。2日目の話はまた明日。


と、ここでちょっと嬉しいニュースが入ってきました。イギリスへ行ったひなちゃんの姉妹のDaisyがイギリスのLKA Championship Dog Showでデビューしました。
初めてなのに、ちゃんと落ち着いてできたみたいで、結果はベストパピービッチで、クラフト展への出場権も手に入れたそうです。がんばったね!Daisy!

パラオから帰ってきました

パーマリンク 2012/10/20 22:07:46 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

日曜日からずっとパラオに出張に行っていた夫が今朝セントレアに到着して、昼過ぎにこちらに帰ってきました。ちょうどお昼ご飯がまだだったので、駅まで迎えに行った帰りに“何食べたい?”って聞くと、“そば”という答えが。また昨日今日と連続して「らっせいみさと」へ寄ってきました。


夫は海外の出張は結構ありますが、パラオは初めてです。周りは観光客ばかりだったでしょうから、仕事で行って海にも入らず日焼けして帰ってきたのは珍しいかも。
夫の撮ってきた写真から数枚。
大統領官邸です。ここで国務大臣に会ったそうです。他にも日本大使館に招待されて大使たちと伝統的なパラオ料理をいただいたそうです。

夫がパラオで驚いたことは、犬がたくさんいることです。どうやら放し飼いですが、みんなのんびりとしていたそうです。道路にだって出て行かないのが不思議だと言っていました。

私も行きた~~~い!!! 遊びで。

さて、今日も我が家は仔犬たちが元気よく運動場を飛び回っています。

ひなちゃんも仔犬と遊ぶのがすっかり慣れたようです。ごく自然に仔犬たちに混じっています。

テンコーもすっかり安心して雛ちゃんと仔犬が遊んでいるのを見守っています。
フェンスの向こう側で夫がランディのトリミングをしています。そろそろ終わったかな・・・

JOVAL犬舎訪問 第4日め

パーマリンク 2011/04/17 22:41:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

前日の夜、ジュリアが作っていた物はマーイアやランディの首に掛かっている組み紐です。
昨日書き忘れましたが、ジュリアは遠くウクライナから犬といっしょに来ていました。彼女がいっしょうけんめい一つずつ作った組み紐の首輪、魔除けだそうです。我が家の子たち全員に作ってくれました。

JOVAL犬舎のレイチェルやビータも着けていました。ここの3頭とももうお別れです。たった3日間だったけど、私にまとわりついて甘えてくれた彼らに感謝(私のポケットにランディ用の美味しいトリーツが入っていたからですが・・・)

初めての犬連れのフライト。何だか緊張して夜も眠れませんでした。ヴァレリアはちょうどその日セミナーの講師をつとめるため、朝7時に出かけていきました。ワシントンDC空港にはジョンと1時間後のオハイオ行きに乗るナンシーといっしょに出かけました。
ランディの準備は万端です。ヴァレリアは朝早くランディと別れの挨拶をしたそうです。どんなに辛かったかと思うと、胸が締め付けられる思いです。


チェックインカウンターまでジョンが付いてきてくれました。飛行機に乗る前に、ランディもバリケンから出て、中をチェックされます。
“ランディ、元気でな! 来年日本に会いに行くよ!”
ジョンに抱かれたランディは不安そうでした。。。

さあ、そろそろバリケンに入って飛行機に乗り込まなければなりません。
周りの人たちがみんな見ていきます。
“良い犬だなあ・・・”
“そうだろ!日本に行くんだ”
ジョンが嬉しそうに応えています。
このバリケン、サイズは500でかなり大きい物です。たしかに小さな飛行機では乗せてくれないはずです。
“ランディ、成田まで我慢してね。向こうでまた会おうね”
バリケンの中の不安そうなランディになるべく明るく声をかけました。

1時間後に飛行機は発ち、14時間後に成田に着きました。日付は変わって火曜日になっていました。
本当に帰りは遠かったです。。。成田まで迎えに来てくれた夫と共に、今度は車にゆられて我が家まで戻ってきました。ランディは長時間バリケンにいたので、車の中では私と一緒に座席に座らせてのんびりさせました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution