カテゴリ: 旅行

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

遅くなりました

パーマリンク 2014/07/07 22:18:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

午後10時を回ってもブログが書いていないと焦ります。。。
皆さんが心配しているんじゃないかと思うと早く書かなきゃと気が気ではありません。。。


このところ色々ありました。たしかに皆さんにご心配かけることばかりでした。私も何だか落ち込んでしまいました。友だちが「お祓いした方が良いんじゃない?」なんて言いましたが、確かに私もそう思います。。。でも、お祓いも良いけど気分転換をすることにしました!


18日から2泊3日で鹿児島へ行ってきます。鹿児島にはメイプルとウィローの娘、マリーちゃんがいます。もうおばあちゃんのマリーちゃんですが、彼女に会いがてらお泊まりさせていただくことにしました。もちろん夫はワンコたちとお留守番です。
実は鹿児島初めてなんです。いつか行きたいとは思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。


先ほど航空券を予約しました。ちょっと気持ちがすっとしました。
さあ、明日から大変です。今月25日は印刷所へ出すためのクラブの会報の編集を死にものぐるいでやらなくてはなりません。出かけるまでに、80%ぐらいは終わっていたいと思います。そしたら、きっと気持ちよーく遊べそうです。
他にもちょっと事務的な用事がたまっていますが、明日からは楽しく(?)こなせるかも・・・


今日の写真はランディです。ソファをくしゃくしゃにしたのは彼ではありません。
もちろんひなちゃんとラルフです。

下呂温泉合掌村

パーマリンク 2013/07/17 21:31:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

せっかく下呂へ行っても、正直あまり行くところがありません。ホテルの人も「お湯だけがいいんです」みたいなことを言ってましたが、本当にその通りだと思います。でも、その「お湯」は本当に良かったので、見るところがなくたって全然OKだと思いました。


とは言っても、近くに下呂温泉合掌村があり、合掌造りの家が何軒か見られるので行ってきました。

ここでの一番のお目当てはしらさぎ座で行われる影絵昔話です。10時半が開演なのでその前に他を回ってきました。

旧大戸屋住宅は一番大きい合掌造りで、中には当時の生活が分かるようにマネキンが飾ってあります。暗いのでちょっと不気味でした。。。

10時半にはしらさぎ座へ帰ってきました。

演目は飛騨萩原伝説「お美津ギツネ」でした。想像以上の面白さにビックリです。劇団員の迫力ある演技に引き込まれてしまいました。これで300円は安すぎる~。もちろん合掌村の入場料は別ですが・・・

終わってからはもう少し山の上の方にある茶房萬古庵へ行きました。母は結構足は丈夫ですが、肺の病気があるので上りはかなりきつそうです。少しずつ少しずつ階段を登ってたどり着きました。
中は涼しくて気持ちの良い素敵なところでした。

上から眺める合掌村も美しい。

ここまでがんばってきたのはこれが目的です。こんにゃくやトマトの入ったあんみつです。これも美味しかった!

いいお湯でした

パーマリンク 2013/07/16 21:22:14 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

母の80歳の誕生日プレゼントに下呂温泉へ一泊で連れて行きました。
下呂温泉は我が家から80kmぐらいで、それほど遠くもなく近くもないので、案外泊まりで行く機会がありません。30年近く前に湯ノ島館へ泊まって以来、数年前に日帰り温泉へ小川屋へ行ったのが2回目で、今回は3回目となります。今回のお宿は水明館にしました。


中津川から257号線を加子母村を通り下呂へ入ります。途中、道の駅花街道で休憩。ふと、駐車場の隅にある看板に目が止まりました。
「旅館 準坊池」
たしか、鮎料理がいただける旅館だとインターネットで見たような・・・
“鮎食べたい?”
魚好きの母と歩いて行ってみました。ところが誰もいなくて開いていないようでした。帰ろうか、と思ったときに軽トラで帰ってきたご主人。
“いいよ、いいよ!天然鮎もあるよ”
と親切に言っていただき、食堂を開けていただきました。


中にはジュークボックスがあったりして、昭和~って感じで、ちょっぴり不安に・・・

でも出てきた鮎の塩焼きは美味しい~。

鮎の田楽もあり、鯉の洗いから他にも小鉢やご飯、味噌汁が付いて2100円!ご主人は天然鮎と養殖鮎の違いを教えてくれたりと、祝日でどこもかも混雑していたのに、ゆったりと美味しいものがいただけて母も私も大満足でした。

ここからはまっしぐらに下呂温泉水明館へ向かいました。

チェックインの時間には少し早かったので、手続きだけして街をぶらついてきました。
河原には公営の露天風呂があります。ここは水着着用らしいですが、上から見た限りでは男の人しかいませんでした。

途中でおやつには「おんたまソフト」をいただきました。ソフトクリームに温泉卵が乗っています。これが美味しい~

散歩から帰ってきて、お部屋に通されると仲居さんから「傘寿おめでとうございます」と挨拶があり、白川茶の缶をいただきました。
インターネットで申し込んだ際に、備考欄に何かありましたら書いてくださいとあったので、ちょっとその旨を簡単に記しておいたのですが、突然のことに母は大感激でした。


その後、夕飯をいただいた館内のお店でも数人の方から「傘寿おめでとうございます」と言っていただき、最高のお食事となりました。

さて、ここからは夕飯のお料理の写真が続きます。。。
突き出しと前菜

吸い物

造り

冷やし鉢

名物(飛騨牛)

焼の物、今日3匹目の鮎です!

油の物、このあとにご飯、赤だし、漬け物と、果物までいただきお腹いっぱい!

肝心の温泉の話が最後になってしまいました。
こんなに下呂温泉の湯って良かったっけ?と思うほど最高でした。とにかくツルツルになります。水明館には3つお風呂がありました。昨日はチェックインしてすぐと、夕食後と2カ所に行ってきました。今朝は野天風呂に行ったらここもまた気持ちの良いこと。何度も、何度も言いたくなるほど本当にいいお湯でした。
今度は日帰りでもまた行きた~い。

網走訪問3

パーマリンク 2013/02/21 22:25:58 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

今回私たちは「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」へ2泊しました。素敵なホテルで、お部屋もリラックスできました。温泉も良く、2日目の晩は以前行ったお気に入りの「美肌の湯」へ行ってきましたが、それでもここで3回も温泉に入りました。もちろん露天風呂だって入りましたが、帰る日の朝は相当寒く、たぶん-10度ぐらいだった、その中を露天風呂に飛び出していくのは勇気が要りました。でも、雪の中のお風呂は本当に気持ちいい!しっかり堪能しました。

1日目の夜はタピオのお父さんとお母さんもいっしょにホテルでバイキングを楽しみました。テーブルには鍋もあり、お魚の鍋は絶品。バイキングも自分でピザを作ったり、北海道の魚がいっぱい並んでいて、1つずつ食べても食べきれない!!

朝も自分でテーブルで味噌汁を作ったり、やはりバイキングですが、本当に美味しかったです。

「網走ちゃんぽん」、ご当地グルメです。タピオのお父さんとお母さんがこれを広める運動に関わっています。これは「菜華」というお店のもので、あっさりとしたスープが絶品でした。
網走チャンピオン研究会はこちらをご覧下さい。
http://www.abashiri-champong.jp/

2日目の夜は、市内の居酒屋さん「喜八」へ行ってきました。新鮮な刺身や色々な焼き鳥がありました。久しぶりの焼き鳥、美味しかったです。

本当はここは鯨料理のお店らしいのですが、残念ながら私は苦手なんです。。。

魚屋さんにも連れて行ってもらいました。さすがに鮭が安い!ここでも色々買いましたよ。毛ガニは別のところで注文しました。ちょうど明日はイギリスからAlaineがやってくるので、いっしょに食べるつもりです。

このゴッコという魚は始めてみました。ちょっとグロテスクで、美味しいと言われても・・・カノンのお母さんは買って帰りましたが、本当に美味しかったそうです。

最後は空港でお菓子をいっぱい買いました。でも1つ大事なのを忘れました。ポテトチップスにチョコレートがコーティングしてあるものです。これが欲しかったのに・・・
魚類は送ってもらったけど、お菓子は持って帰ったので、帰りは荷物が重たかった。。。

タピオのお父さん、お母さん、ありがとうございました。お世話になりました!今度は2頭連れてこちらまで遊びに来てください!

網走訪問2

パーマリンク 2013/02/20 22:01:56 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

先月、タピオのお母さんから“流氷来たよー”って聞いてから、何度も“ずっといてね!!”と祈っていました。出掛ける数日前、まだ流氷がいるよと聞いて安心していましたが、実はそんなに簡単なものではなかったらしい。今日いても、明日はいなくなる、流氷ってそんなものらしいのです。
海いっぱいに広がっているように見える流氷が、次の日には消えてしまうなんて想像もできません。


流氷はロシアのアムール川から1000kmの旅をして来るそうです。アムール川の真水が海に流れ、海水の塩分が薄まり、それが凍って大きく成長するのだとオホーツク流氷館のHPに書いてありました。
何度、訪れても見ることができない人もいるのだとか・・・私たちは本当にラッキーでした。


タピオのお父さんが、朝船会社に電話で流氷がいるかどうか確認してから船を予約してくれました。この船で1時間の流氷見学です。

岸壁に大きな雪だるまが!

そろそろ所々シャーベット状になったところが現れ始めました。見方によってはクラゲがいっぱいいるようにも見えます。

いよいよ流氷の中を走っていきます。どこまで行っても氷の中、と思うぐらいたくさんの流氷です。ちょっと南極探検している気分!

船の中からでも十分綺麗に見えますが、やはり冷たい風を受けて外で見たい!でもブルブルってくるほどそんなに寒くはありませんでした。

氷の中に船の通った道ができています。

向こうの方に次の船が見えると、そろそろ私たちは戻る時間になりました。
流氷の写真は山のようにたくさん撮しました。どれもこれも綺麗です。もっとここに載せたいけど、ちょっと多すぎるのでこれでおしまいにします。

濤沸湖・・・とうふつこって読みます。絶対読めません。。。ここは川と海の両方の水が混じり合ったところだそうです。

ずいぶん凍っていましたが、凍っていないところに白鳥やカモがたくさんいました。このときはタピオとビズが車に乗っていましたが、残念ながら車で待っていました。観光客が白鳥を見に来ているのに、ワンコが吠えて白鳥が飛び立っていったら困ります。。。

それで思い出しましたが、15年か20年ほど前、毎朝、名古屋城のお堀の周りを当時いたペリとレッドを連れて散歩しました。当時はお堀に白鳥も結構いましたが、白鳥って結構強くて、ペリやレッドが来ると「フーフー」と大きく口を開けて威嚇してきたものです。
ワンコの吠え声なんかではビクともしませんでした。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution