カテゴリ: レインボーブリッジのエアデールテリア

ページ: << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 16 >>

一ヶ月が過ぎました

ウィローがレインボーブリッジに行ってからもう1ヶ月が過ぎてしまいました。どうしてもウィローのことを思い出すと、苦しんでいる最後の方の姿しか浮かんでこないのが悲しい。。。元気なときの姿を思い出したい。
私はまだ1日に1回はランディのことを“ウィロー”って呼んでしまっているけど、ランディは不思議にそれを聞いて動きます。良い子だネ!


ウィローの実家Robroyd犬舎では、9月3日にロシアンブラックテリアの仔犬が11頭生まれました。日にちも似通っていて、数も同じなんて不思議です。


今日は銀行へ行く用事がありました。テンコーにご褒美のつもりで、というよりも彼女だけで11頭の仔犬の世話をするのは心配なので、一緒に連れて行きました。
もっと早く家を出たかったけれど、ワンコたちのお世話や仔犬にミルクを飲ませてからでないと出掛けられません。結局、外が暑くなってからの出発でした。
阿木川ダムへ寄ったけど、ここも暑かった。。。木陰があまりないので、ほんの一回りしてきました。

天気が良くて、ダムや周りの景色の美しいこと。

ここに入って良い?

ご褒美にならなかったお出かけでしたが、少しは育児から解放されたかな?
午後からお母さんのお乳とヤギミルクをたっぷり飲んだ仔犬たち。みんな大きなお腹を抱えてまた眠りにつきました。

みんなもう動けません。。。

グリ君はおやじみたい・・・

メイプルとウィローの子どもたちの誕生日

パーマリンク 2012/09/04 20:58:46 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, レインボーブリッジのエアデールテリア

9月4日、メイプルとウィローの子どもたちの10歳の誕生日です。お誕生日おめでとう!
ちゃんとバースデーカードを書いておいたのに、出産でバタバタしていて投函するのを忘れていました。今日、投函したので、もう少し待っててくださいね。


メイプルとウィローはもうふたりともレインボーブリッジへ行ってしまいましたが、子どもたちはこれからもがんばって長生きしてください。
これが10年前の今日の写真です。メイプルがすみっこで仔犬たちから離れていますが、決して育児放棄ではありません。メイプルは子どもたちの面倒をよく見る本当に良いお母さんでした。この子たちがウィローの初めての子どもたちでした。

約1ヶ月経ったころです。

本当に命って不思議で、ウィローがいなかったら今の10歳の子どもたちも、そして今生まれてきた子供たちさえこの世に存在しません。もちろんメイプルがいなくても同様です。他にもあの子や、この子や、多くの祖先たちの命を引き継いできています。
生まれてくるって奇跡なんだって仔犬たちを見ているとつくづく感じます。


さて、4日目になった仔犬たちです。
テンコーは昨日よりも少し元気が出てきましたが、まだ疲れているようで、お乳をやるとき以外は自分から産箱を出て寝ています。

仔犬たちの仮の名を紹介します。女の子がぴんくちゃん、ももちゃん、おれんじちゃん、れもんちゃん、だいだいちゃんです。

男の子があお君、しろ君、ぐり君、きいろ君、ぶー君、チビです。チビといってもぶー君と同じぐらいです。白いリボンに思いつく言葉がなかったので、チビと書きました。

みんな揃うとやっぱり多い!並べて写真が撮りたかったけど、もうよく動いて並んでくれませんでした。

同じ名前

母と一緒に愛知県の平和公園まで父の墓参りに行ってきました。お盆は混んでいるので、いつもそれを避けてこんな時期に行きます。本当は高齢の母が暑い中を歩かなくてすむように、もう少し涼しくなってから行きたいのですが、来月になると私もまた家を出にくくなります。


帰りに星ヶ丘へ寄りました。母と一緒に初めて入ったお店で本当に珍しい事がありました。
私がカードで支払いの際にサインすると、店員さんがビックリした顔をしました。
“これ見てください”
レシートを見ると、担当者の名前の所に店員さんの名前がありました。その名前が私と同じでした。私の名前は、特別珍しいわけではありません。事実、クラブの友人の中にも同じ名前の人がいます。でも、字が違っています。漢字が2文字とも同じ人には、私は初めて出会いました。
“わあ、何か良い事ありそう”
まだ若くて可愛い彼女はそう言いました。私もそう思いました。一気に親近感が高まりました。


何か良い事がありそうなはずだったのに・・・家に帰ったら、健康診断の結果が来ていました。思ってもいなかったところに悪い結果が出ていました。たいしたことではありませんが、何だか弾んでいた気持ちが急にしぼんでしまいました。


ウィローの周りをテーブルいっぱいに囲んでいた花が少しずつしおれてきました。いつのまにか2週間が過ぎようとしています。ウィローがいた日に戻りたい。。。まだまだウィローの思い出は悲しい事ばかりです。

ノーテンキなマーイア、ランディ、ひなちゃん。彼らが私を慰めてくれます。
っていうか・・・
“お願い、みんなでぶつかって来ないで!骨が折れちゃう!”

新しいお墓

パーマリンク 2012/08/13 21:26:50 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, レインボーブリッジのエアデールテリア

身体を動かしていた方が私たちも苦しみから逃れられるとばかりに、夫も私も朝から家の外回りの仕事をしていました。
ダイアンとテンコーをエアデールパークへ連れて行き、先日切り落としたたくさんの梅の枝を、私は片付けていました。汗をかきながらひたすら雑草を取ったりしながら、ウィローとここで過ごしたときの事を思い出していました。ウィローはここで何をするっていうわけではなかったけど、私といっしょに来てここで過ごす事が好きでした。


夫は家の周りの草刈りをして、新しいお墓を作りました。

ここはフェンスの外側ですが、ちょうどこの上がみんなの大好きな見張り台のようなところです。見晴らしが良く、陽もよく当たります。フェンスの内側はワンコたちがイタズラをしても困るので、ここがちょうど良い場所なんです。


右上の石が積んである古いお墓にはペリ、ビル、レッド、ラフティの4頭が入っています。新しいお墓にまず一番最初に入るのはメイプルです。実はメイプルのお骨は未だにリビングにありました。
今日は納骨もしてやりたかったのですが、雨が降ってきたので中止にしました。ウィローはまだしばらく私たちといっしょにいさせてやろうと思っています。


お墓の上の仏像とお地蔵さまはずいぶん昔に私が陶器で作った物です。今までは古いお墓を守っていたのですが・・・他にもお地蔵さまが庭のどこかにあったはずなので、それを持ってきてペリたちのお墓にも置いておかなくちゃ。

ジャネットとの約束

パーマリンク 2012/08/12 20:40:25 著者: airedale メール
カテゴリ: レインボーブリッジのエアデールテリア

私たちは2000年6月にイギリスで行われたビッグイベント、エアデールミレニアムに参加して、その時に初めてロブロイド犬舎のトムとジャネットに会いました。それ以前にも何度もメールのやりとりをしていましたが、ようやくその時に家まで遊びに行く機会を持ちました。私たちはその以前からロブロイド犬舎の仔犬を日本まで送って欲しいとお願いしていました。今までに彼らは日本に仔犬を出した事がありません。でも、彼らは約束してくれました。


その待望の仔犬が2001年の2月に生まれました。私はその子に会うために、2001年3月イギリスのロブロイド犬舎へ再び訪れました。それが初めてのウィローとの出会いでした。


ロブロイド犬舎へ行く前に、ジェイドルド犬舎へ寄りました。マーチンは仔犬の名前を「Willow」と名付けてくれました。Will=意志という意味と、Willow=柳から柔軟性という意味を込めて。


ロブロイド犬舎ではジャネットが私に言いました。「どんな事があっても、この子を最後まで飼ってやってほしい。彼には生涯で同じ飼い主の元で暮らさせたい。途中で誰かに渡したりしないで。」
もちろん私は最初からそのつもりでしたから、ジャネットと約束しました。


ウィローが我が家にやってきたとき、メイプルはまだ2歳でした。ふたりはすぐに仲良くなりました。いつでもどこでもいっしょにいました。最初メイプルは母犬代わりであり、後には大事な連れ合いとなりました。
メイプルが亡くなってから2年。いつもマーイアと一緒にいましたが、やはりウィローはメイプルを失って寂しかったかもしれません。


ウィローには子どもが29頭います。孫が16頭、まだテンコーのお腹の中にもいます。ひ孫は8頭。これもまた数が増えてくる事でしょう。ウィローの血はメイプルの血と共に日本のエアデールテリアの中に脈々と続いていく事でしょう。そして、7月にはまたDaisyがイギリスに渡った事により、ウィローとメイプルの血をイギリスにお返しする事ができました。
日本に送ったロブロイドのエアデールは、ウィローだけでした。私たちはそれを心から誇りに思っています。


ジャネットとトムからもお花が届きました。
「ジャネット、11年半前に交わした約束は守りましたよ」

<< 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 16 >>

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution