カテゴリ: レインボーブリッジのエアデールテリア

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

テンコーの命日

24時間テレビがスタートしました。今年のテーマは「つなぐ ~時を超えて笑顔を~」です。
折しも今日はテンコーの命日です。2年前の今日、テンコーは4ヶ月前に亡くなった母のダイアンを追うかのように逝ってしまいました。


“テンちゃん、きくちゃんはもうすぐ1才になるよ”
孫のきくちゃんの顔も知らないテンコーです。ひなちゃんがお母さんになったことさえ、空の上から驚いてみているかもしれません。今回もまたひなちゃんに新しい命がつながるといいのですが・・・


さて、テンコーの娘アンジュリナちゃんがトリミングに来ました。彼女もテンコーの命からつながっています。


トリミングをしている間に郵便で「愛犬の友9月号」が届きました。今月号にはエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東と関西のエアデールテリアファンデーの様子が載っています。たくさんの方に参加して頂きましたが、写真は載っている人もいれば、載っていない人もいます。とりあえず是非見て下さい。
この中のエアデール達もテンコーとつながっている犬もたくさんいます。もちろんそうでない犬もいますが、参加者達はみんなエアデールを通してつながっています。


トリミングが終わってから、たまにはアンジュリナちゃんにもご褒美を!ということで寿老の滝へ連れて行きました。5時近くだったので、もう人は少ししかいませんでした。

アンジュリナちゃんは少しも臆することなく、水の中へ入っていきました。滝のすぐ側でじっと見つめています。。。

せっかく綺麗になったけれど、ベチョベチョになりました。

好奇心旺盛であちらこちら探検したいようです。

おだやかな夏

ウィローが亡くなって今日で3年が過ぎました。あれ以来、次の年にはダイアン、テンコーが、そしてまた次の年にはマーイアが逝きました。ダイアンは4月でしたが、テンコーは8月、マーイアは6月でした。
この3年間、毎年涙の夏を過ごしていました。ようやく今年はおだやかな夏になりました。


ウィローがイギリスから来た頃、我が家にはビル、レッド、ラフティ、メイプルがいて、そして、亡くなる頃にはダイアン、マーイア、テンコー、ランディ、ひなぎくがいました。その中で仲良くしていたのはラフティ、メイプルとマーイアだけかな?他の子にはちょっと嫌われていたかもしれません。ダイアンと年齢が近く、性格的に合わなかったからかもしれません。それにしても、私たちにはいつもおだやかな子でした。


ウィロー6才の頃、ちょうど今のランディの年頃でしょうか。元気いっぱいでした。

亡くなる5ヶ月ぐらい前。この頃から夜中に突然騒いでいたことを思い出します。きっと徐々に痛みが襲っていたのかもしれません。隣は娘のマーイア。いつもふたりはいっしょでした。

不思議なことにレインボーブリッジにいる我が家の子達で冬に亡くなった子はひとりもいません。冬は本当に寒いのに・・・


ワンコたちが健康でいてくれることが本当に幸せなことです。何もないことがどんなにありがたいか・・・
リビングでのんびりゴロゴロ過ごすきくちゃん(手前)とランディ。

ひなちゃんも気持ちよさそう・・・

マーイアの一周忌

パーマリンク 2015/06/20 20:23:34 著者: airedale メール
カテゴリ: レインボーブリッジのエアデールテリア

朝から夫と二人で草刈りをしました。トリミングといっしょでちょっと怠けていると大変なことになります。。。
草を刈りながらずっとマーイアのことを思い出していました。今日は彼女の一周忌です。

6ヶ月間もほぼ毎日点滴をして、頑張って生きていました。いや、「頑張って」というほど大変な様子はなく、かなり元気に過ごしていました。それでも自分が点滴が必要なことが十分分かっているようで、少しも嫌がらずにトリミング台の上に乗っておとなしくさせていました。最初は針を入れるのもへたくそな私でしたが、次第にじょうずにできるようになっていました。点滴さえしていたら、いつまででも生きられるような気がしていました。


なぜ、あの日、マーイアは死ななければならなかったのだろうか・・・この1年、その思いが常にありました。目をつむる前の私にすがりつくような目が忘れられません。本当に私たちは無力です。ワンコが苦しんでいるときには何の役にも立ちません。


ようやくエアデールパークの前が綺麗になりました。家の方もちゃんと夫が綺麗にしましたが、写真は自分のやった後だけ撮りました。。。

エアデールパークの前のあじさいが咲き始めました。

マーイアはパークが大好きでした。ここへ来ると、ずっとクマザサを食べていたのを思い出します。生まれたときはとても大きくなれるとは思えないほど小さな小さな子でしたが、しっかり育ってしっかり生きてくれました。

マーイアにあじさいを供えました。

テンコーとマーイアの納骨

5月5日、5年前の今日、メイプルが亡くなりました。そのメイプルが“早くテンコーとマーイアを連れてきて”って言ったのでしょうか。
朝、夫が言いました。“テンコーとマーイアをお墓に入れてやろう”


テンコーが夏に亡くなり、すぐにお別れができなくて1年近く経った頃、マーイアが亡くなりました。しばらくマーイアも側に置いておきたくて、納骨する時機を逸していました。寒いときはとても凍ったような土の中に入れてやる気がせず、もう少し暖かくなってから、と。


朝から夫はお墓周りの木を整理したり、草を取ったりしてきれいにしました。
まずは、テンコーから。そして次にマーイアを入れました。

ふたりは子どもの頃は仲良しでいつもいっしょでした。大人になって仲が悪くなりましたが、今はきっともう子どもの頃のようにいっしょに遊んでいるに違いありません。メイプルもふたりがお墓に入って喜んでいるかもしれません。

夕方になって、山のように出た草や枝を片付けるためにエアデールパークへ3頭を連れて行きました。きくちゃんは本当に楽しそう!
「やたら走り回る」時期なんですね。かつてはひなちゃんもラルフもそうでした。

きくちゃんはいつまでもひたすら遊んできました。
それにしても久し振りにワンコたちと私たち夫婦の生活に戻りましたが、休もうと思っても家にいるとやることだらけ・・・かえって遊びに行っていた方が疲れないかもしれません。

一昨日、高知のコー君とリー君のお母さんから写真が送られてきました。
「せっかくのお休み、雨でお出掛けは、子供の日あたりになりそうで、コーとリーは退屈しています」


今日はどこかにお出かけしたのかな?

後ろ足の毛が黒が多いのがリー君。もう少し成長したら見分けが付かなくなるかも。

18年が過ぎました

1997年、愛知県に住んでいた私たちに大きな変化がありました。
“2年だけだから・・・”
夫が東京に転勤になりました。と言っても名古屋にも週に1,2回帰る必要がありました。会社は犬もいっしょに住める一軒家を用意してくれました。それから私たち家族のジプシー生活が始まりました。


当時のワンコたちはビル、ペリ、レッド、ラフティの4頭でした。車に4頭を乗せ、4,5日おきに東京と愛知県を往復する生活でした。東京へ行くときも、愛知県に帰るときも、時間短縮のため車の中でお弁当を食べていました。
何だかそんな生活も楽しいものでした。ところが、ちょうどその頃ペリの具合が悪くなり、そんな生活が始まって2ヶ月も経たないうちに亡くなりました。


それから1年後、イギリスから来たメイプルが仲間に加わりました。また4頭を連れての行ったり来たりでした。3年後、またイギリスからウィローが来ました。その頃には今の家を建て、愛知県から引っ越してきていました。半年後にはダイアンも生まれましたが、入れ替わりにビルが亡くなったので、その後は5頭の犬を連れてのジプシー生活でした。以前よりは東京の家が近くなり、3時間半ぐらいで行くことが出来ました。2005年にはマーイアが生まれ、翌年テンコーが生まれました。代わりにラフティが長い生涯を終えました。当初のメンバーからはまったく替わったメンバーで行ったり来たりしていました。しかしメイプルが次第に年を取ると、彼女は車に乗るのを辛がりました。


こうやって次第にメイプルのために私は東京へ行かなくなりました。2年だけだったはずでしたが、夫は相変わらず東京とここを行ったり来たりしていました。


東京の家はそれほど広くないので、犬5頭と暮らすのは正直大変でした。でも、誰かを連れて多摩センターへ散歩に行ったり、駅まで迎えに行ったり、楽しいこともたくさんありました。
今でこそエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区は国際動物専門学校の部屋をお借りしてトリミング勉強会を開いていますが、以前は東京の家で行っていました。狭い庭にトリミング台が10台近く並ぶこともざらでした。それがあったからこそ、関東地区の会員さんとも深く交流することができました。


その東京の家を今度の金曜日に引き上げることになりました。東京へ行ってからもうすぐ18年が経ちます。
もうランディもひなちゃんもきくも誰も東京の家のことは知りません。落ち着かない生活をすることもありません。
私たちの生活もどんどん変化しましたが、どんな時にもワンコたちがいっしょなのは本当に心強いことです。


さて、今日の写真は高知県のコー君とリー君です。キクの同胎犬リー君も大きくなりました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution