ページ: << 1 ... 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 >>

今日もダムの上で

パーマリンク 2008/12/09 22:04:13 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午後から雨の予報。それでも雲の合間から晴れ間がのぞき、まだもう少し犬との散歩も楽しめそうな暖かな朝でした。隣の市まで出かける用事があり、私はお供にテンコーを選びました。途中で、また昨日と同じ阿木川ダムへ寄りましょう。

テンコーを連れて行くことに決めたのは、少しでも妊娠中の彼女を歩かせたいから。そして、腰の具合が本調子ではない私といっしょに歩けて、車の中で静かに留守番ができるというのも重要なポイントでした。
テンコーとダムの上を歩きながら、昨日来たときのマーイアの姿を思い出しながら、“どうしてこんなにテンコーとマーイアは違うんだろう?”とつらつら考えていました。
そろそろ身体が重たくなってきたテンコーは、それのせいでゆっくり歩けるのではありません。もちろん、多少は関係してくると思いますが、もともとテンコーはマーイアのように興奮して引っ張って歩こうとはしません。

朝晩定期的に散歩する犬と比べると、我が家の犬たちはきちんと付いて歩くということが苦手です。それは練習の絶対量が少ないので、仕方がありません。それでも少ない練習ながらも、どの子も、マーイアをのぞいては、困るような引っ張り方はしません。オスのウィローですら、昨日私が散歩させても何の問題もありません。でも、マーイアはただ前に引っ張ろうとするだけでなく、方向も定まらないのでとても危険です。特に、今の私のように腰が悪いときなど、マーイアとの散歩は避けなければなりません。
幼犬のとき、そして若犬の頃、テンコーと比べるとマーイアの方がたくさん散歩に連れて行き、いろいろな経験をさせ、たくさん練習をしたはずです。
昨日、散歩の途中で夫が言いました。「おい、マーイアも帰り道になったらお利口に歩くようになったぞ」
マーイア3歳9ヶ月、散歩の始め30分は野生の動物を連れているような感じです。

マーイアのことを考えながら、いつにまにか駐車場へ戻ってきました。テンコーはやはり少しモタッと歩いているようです。ずいぶん身体が大きくなりました。

阿木川ダム

パーマリンク 2008/12/08 21:03:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

小里川ダムの方とは反対に15分ほど車で行くと、もう一つの大きなダム、阿木川ダムがあります。この二つのダムが車で犬を連れて行くには一番近くて、散歩にも適したところといえるでしょう。
今日は夫が休みのため、ウィローとマーイアをその阿木川ダムへ連れて行くことにしました。私たちは基本的に犬をひとり1頭しか連れて歩きません。だから、私ひとりで連れて行くときは、いつも1頭だけしか連れて行きません。でも、今日は二人で行くので、2頭の犬を連れて行くことができるのです。

20数年前、初代のエアデール“ペリ”と2代目のエアデール“レッド”はよくひとりでも2頭引きで連れて行ったものです。その後3代目の“ラフティ”が生まれた頃から、徐々に2頭引きで歩くことはやめるようになりました。それは2頭引きで歩くことが、何かと問題があるのに比べ、1頭だけ連れて歩くことの方が、犬と自分との関係一つとってもはるかに良いことが多いからです。

ただ、せっかく車でどこかへ連れて行くなら2頭ぐらい連れて行ってやりたいな、と思うこともあります。そんなときは2頭を車に乗せ、1頭ずつ順番に散歩させるのです。これは冬しかできないことですが・・・
とにかく今日は車の中には、2つのハッピーなエアデールの顔がありました。

途中でお気に入りのパン屋で、昼食用のパンを買い、ダムの広場で食べました。夫のパンをマーイアはねらっています。

ウィローとマーイア、父と娘、この組み合わせで散歩にくることは珍しいことです。ふだん家の中や庭ではよく一緒に過ごしていますが、たいていウィローは1頭だけ、マーイアはお母さんのメイプルと出かけることが多いからです。

パンを食べてから、ダムの上へ向かいます。このダムは土や岩石を盛り立てて造られたロックフィルダムです。

ダムの上から見るダム湖はとても美しい。さすがに今日は月曜日なので、観光客もいなくて静かでした。ダムの反対側には恵那の町が広がっています。

冬が来た

パーマリンク 2008/12/07 15:16:26 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

先週末までは、天気が良いと観光客の車やバイクが、たくさん我が家の前の国道を走っていきました。
ここに来て数年は、週末でもそれほど多くの車が通ることもありませんでしたが、その後道路が良くなり、名古屋方面からの観光客が増えました。(このあたりは単なる通過点だと思いますが・・・)
それが、今日は天気が良いにもかかわらず、車やバイクの音が少ないような気がします。

朝、起きると、デッキに出した犬用の水入れはカチカチに凍り、デッキは氷の結晶がいっぱい張り付き、キラキラと輝いていました。デッキから外へ出た犬たちは足下がよろけ、真冬の朝となりました。
これから3月末までは、週末でも静かな日々が続くのでしょう。

最後の葉っぱが木から落ちたら、庭も落ち葉をかき集めて掃除しようと決めていました。そして3日前、すべての葉っぱが落ちました。と、いうことは地面は落ち葉だらけということです。でも、まだ腰が痛いので、しばらく掃除はできません。年末までにはなんとしてもやらなくては・・・

裸になった木々の間で、南天の実がひときわ赤く輝いて見えます。お正月まで鳥に食べられないことを願っていますが、今月29日にテンコーの出産を迎え、今度のお正月はゆっくりとお正月らしいことをする余裕もあるかどうかわかりません。

デッキに座って私を見つめるテンコー。こうして座っていると、お腹の大きさは感じませんが、確実に大きくなってきています。

複雑な家族構成

パーマリンク 2008/12/06 22:08:37 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家のエアデールたちの構成はちょっと複雑なものがあります。図にして説明しましょう。

これは年長者のメイプルを中心にして描いたものです。ちょっと続柄も人間っぽく書いてみました。まるで、何か事件が起きたときのワイドショーみたいです。前夫と言っても、一度も一緒に暮らしたことのない夫です。。。
それにしても、この複雑な犬関係、人間社会ならやっぱり何か事件が起きても不思議ではないような・・・

犬社会でも、実際これは事件が起きそうなんですね。とにかく、いろいろあります。
この子とこの子は仲いいけど、あの子とあの子は仲が悪い。この組み合わせなら3頭仲良しだけど、こちらはダメ、等々。そしてそれが不変ではないところが難しいのです。
長い間、頂上で君臨していたメイプルも、今はもうおばあさん。さらに一番下のメイプルの孫テンコーが妊娠したことで、この力関係はまた変化を遂げようとしています。テンコーも今まではメイプルを慕っていましたが、最近では自分の方が強いことを認識してきました。食べ物に対して一番意地汚いメイプルと、妊娠して食べ物にどん欲になったテンコーは、微妙にいやな空気を醸し出すことがあります。ケンカとまではいかずとも、今まで前に出ていたメイプルがテンコーの顔色を見ながら、後ずさりする姿は何とも悲しいものです。

悲哀漂うエアデール

パーマリンク 2008/12/05 21:44:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家の犬たちにとって、いったい何がそんなに悲しいかといえば、それは置いてきぼりをくうことに他なりません。私だけが出かけるならば、それはそれで我慢できるのです。でも、誰かを連れて行くことが、そしてそれが自分でないことが、どうしても許せないのです。

彼らはみんなどの子も、自分が一番愛されていると信じています。自分だけが特別扱いをしてもらえるのだと信じています。だから、他の子を連れて行っちゃダメなんです。それが例え次に行くのは自分の番だと知っていても、今が彼らには重要なんです。たった、隣のエアデールパークへ行くだけでも、ほんの一回り家の周りを散歩するだけでも、自分が選ばれたい、今すぐに。カラーをかけてもらう姿は、まるでオリンピックで金メダルをかけてもらっているような、喜びに満ちた表情です。だから自分が選ばれないと知ったときの悲しみ・・・それは絶望に打ちひしがれた姿。そして、悲しみと怒りにあふれた声。

朝から雨が降ると、犬たちは外(庭)へ出たがりません。最小限にすませようとします。こんな日は、誰も散歩に行くことを予想しないので、静かな日が送れそうです。みんなにものんびりと、リラックスして過ごしてもらいましょう。

ところが、次第に強くなる雨足と雷。この時期に、雷なんて。。。ウィローは雷が大嫌いです。私はすぐにみんなにレスキューレメディを与え、ウィローは特別にワインをひとさじ。結局しばらくの間は、私にしがみつこうとしてくるウィローをずっと側に置き、またまたみんなの嫉妬に満ちた視線をあびる羽目になりました。

雨の日はやっぱりつまらない、そんな感じのダイアンとテンコーです。

<< 1 ... 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 >>

2017年4月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution