« テンコー仮退院テンコー、がんばれ! »

奇跡の子だから

奇跡の子だから

パーマリンク 2013/07/30 21:48:12 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

テンコーが生まれたとき、彼女は2番目に出てきた子でした。1番目の男の子はなかなか出てこれず、ようやく出したときには死んでいました。テンコーは身体をうんと細く長くして、上手に出てきました。
あとに続く3番目も4番目も立て続けに生まれましたが、どちらも出るに出られずを繰り返し死産。5番目はとうとう完全にスタックしてしまい、そのままの格好で無理矢理車に乗せ動物病院へ走りました。
あと3頭がまだお腹に残っていて、彼らは帝王切開で取り出しました。


8頭のうちたった1頭だけ普通に生まれてきたテンコーは、まるでマジックのように脱出したので、テンコーと名付けました。奇跡の子だと思いました。


今日テンコーの手術に立ち会いました。場所は愛知県の犬山動物病院です。恵那のさくら動物病院の先生がこちら出身なので、色々と連携して治療してくれます。テンコーは前回の避妊手術もこちらでしていただきました。そして今回も先生の都合でここですることになりました。


ソファの置いてある一室でモニターに映る手術の様子を一部始終見せていただきました。何も知識がないので、見ていてもよくわからず不安でした。それでもテンコーががんばっているから私も勇気を出そうと思ってじっと画面を見つめていました。


手術の時間はたった30分でした。先生がすぐに説明に来てくれました。そして、次に内視鏡でも胃の中を見ていただきました。
結局、脾臓に腫瘍があり摘出しました。消化器の中には異物は入っていませんでした。たぶん大きくなった脾臓が押していたのかと・・・ただもう一つの心配がありました。1つの腎臓が腫れていたことです。こちらも組織を取りました。いずれも病理検査に出したのでまだはっきりしたことは分かりません。


先生はもし悪い物であればこれから色々考えて治療プランを立てて、さくら動物病院の先生と連携してやっていくからと言ってくれました。その明るい声に力が出ました。


結果がどうであろうと、テンコーは奇跡の子です。きっと元気を取り戻すに違いありません。
明日の午後、迎えに行ってきます。

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

この投稿へのコメントは締め切られています。

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution