アーカイブ: 2013年7月01日

一番じゃないとイヤ!

パーマリンク 2013/07/01 22:15:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

庭のデッキの上のライトを消して10分ぐらい経っただろうか・・・ワンコ部屋の前のライトも消してあります。庭は真っ暗・・・


そっと、ワンコ部屋のドアを開けると、フェンスの向こうにひなちゃんがたたずんでいました。さっきまでは私の手の届かないところから絶対に近づいて来ませんでしたが、今はフェンスの扉を開けるとすごすごと中に入りました。あんなに毎日毎日“come”の練習をして、遊んでいてもほとんどちゃんと来れるはずのひなちゃんですが、このシチュエーションの時ばかりは頑固に言うことを聞きません。


テンコー、ひなちゃん、ラルフが庭に出ているときに、フェンスの扉を開けて彼らをワンコ部屋に呼ぶこむとき、ひなちゃんが真っ先に飛んでこなければなりません。それが出遅れると、こうやってひなちゃんは途端に入ってこなくなります。
ワンコ部屋に入るときは、ひなちゃんはどうしても一番じゃないとイヤなんです。間違ってテンちゃんが先に入ってしまうと、もう絶対にひなちゃんは中には入れません。だから、ひなちゃんもよく状況を見ていて、するりと一番に入ってくるようにしています。ところがそれができないときに・・・
ひなちゃんは庭を逃げ回って中に入ることを拒絶します。


それは、ひなちゃんが弱くてテンコーに遠慮しているからです。テンコーが待ちかまえた部屋に入ることが怖いのです。以前に後から入ってテンコーに叱られたことがありました。それ以来、自分が一番じゃないとイヤになってしまいました。その点、ラルフはテンコーのことも怖くないようで一向に気にしません。


“ひなちゃん、come!、テンコーはケージに入ったよ”
疑わしそうに私を見たひなちゃんはきびすを返してまた向こうの方へ行ってしまいました。
“もう、入ってこなくていいよ!”
私はすべてのライトを消しました。


“ク~ン”
ひなちゃんがないているわけではありません。ラルフが入ってこないひなちゃんのことを心配していました。
“さ、お姉ちゃん迎えに行ってくるね”
ようやくひなちゃんが部屋に入りました。


さて、今日の写真は最近子ども達から送ってきてくれた写真です。
ラルフの同胎犬のアルノー君です。

バーニーちゃんはメイプルとウィローの子です。10歳を超えていますが後ろ姿は若いね。

ひなちゃんの同胎犬、ロキ君です。ロキ君もひなちゃんの様に頑固ところがありますか?

2013年7月
 << < 現在> >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     CMS software