アーカイブ: 2011年4月

連休2日目は・・・

パーマリンク 2011/04/30 20:40:12 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ここに越してきて、こんなに寒い連休は初めてではないでしょうか。
だいたいいつもこの休みの間に、夫はファンヒーターを片付けたがり、私は“まだ寒い日があるよー”と反対しているような気がします。今年は昨日また灯油を買いに行って、今日もまた何度もヒーターがついています。


そんな小寒い中でも、夫は朝から外で大工さんをやっていました。そのために、先週私は森林組合まで行って材料を仕入れてきました。
エアデールパークの塀もそうですが、庭の方でも手作りのものはたくさんあります。そこで大活躍しているのが森林組合から買った間伐材です。
今回は庭を2つに分けている柵と扉が一部壊れてきたので、それを作り直します。それでも、作ってから10年近くたったので、木が腐ってきても仕方がありません。


柱にする間伐材は、今回2本だけ必要でした。皮がむいてあって、きれいに10cmに削ってあるものは2mで1本1200円、それでも十分に安いと思いますが、私は更に皮が付いた間伐材を1本410円で2本手に入れました。たった2本ですから、皮をむく労力はたいしたことありません(自分ではやりませんが・・・)

板は2坪分、40枚ほどあります。これで3000円、絶対に安いと思います。
夫は作業開始。犬たちが順番にお供しています。どの子も庭でいっしょに働くのは大好きです。何も手伝ってはくれませんが・・・
私も今日はワンコ部屋でテンコーのトリミングをしていました。
午後から急に空が怪しくなり、またにわか雨と雷が鳴り出しました。

雨のせいで、いったん作業を中止しましたが、思ったよりも雨は続かなかったので、再び作業開始です。
夕方になって、片方の壁と扉ができあがりました。

その後も作業は続き、もう片方の扉もできあがりました。
あとは、また連休中にペンキを塗ったら完成です。

正直、夫はフラフラです。。。明日大阪のトリミング勉強会に行かなくてはいけないんですが・・・

カノンがランディに会った

パーマリンク 2011/04/29 21:26:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

私がアメリカに行っている間に、1ヶ月以上我が家で過ごしたテンコーの娘カノンは飼い主さんのところに帰りました。実はカノンが我が家にいる間に、いっしょに暮らしているワンコの1頭が事故にあって下半身不随になってしまったのでした。本当はもっと早く帰るはずでしたが、飼い主さんがそのワンコの介護に慣れるまでカノンは我が家にいました。そして、ランディと入れ違いにカノンは家に帰ったのです。


それから、ほぼ3週間、久しぶりにカノンがやってきました。ランディに会うのは初めてです。カノンもマーイアと同じようにシーズンが終わりかけでしたので、ランディはもちろん会った途端に大好きになりました。。。

カノンもランディを一目見て大好きになったようです。このふたり、何だかよく似ています。顔の感じもよく似ていて、バタバタしていると一瞬どちらがどちらか見間違うほどです。年頃も同じなので、カノンも嬉しそうです。何しろ思いっきり走り回れるのですから・・・
“この子、誰? いつのまにこんな子がいるの?”
勝手知ったるテンコーの家、ぐらいに思っていたカノンはちょっとビックリしたかもしれません。

これはアメリカで作ってもらった世界でたった一つのブランケットです。カノンの写真から作っていただきました。

今日はカノンのトリミングをしました。

朝はランディとよく遊びましたが、今度はテンコーと遊びます。カノンが綺麗になったせいか、テンコーのモコモコさが目立つようになりました。。。
それにしてもテンコーは本当にカノンに優しいです。
“カノンが来るよ”
それを聞くと、朝からずっとカノンを待っていました。ランディにカノンを取られないように、今はテンコーとだけ遊ばせましょう。

魔除けの組みひもカラー

パーマリンク 2011/04/28 21:42:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り

アメリカに行ったとき、ヴァレリアの所に泊まっていたウクライナのジュリアが作ってくれた魔除けの組みひもカラーがとても気に入ったので、自分でも作ることにしました。ヴァレリアが組みひもを作るプレートを1つくれましたが、実は大事なのは糸を巻いておくボビンなのです。ジュリアがそれを使っているのを見て、私もネットで探しましたが日本では見つけることができませんでした。結局アメリカからキットを取り寄せました。それが今週の月曜日に到着しました。


さて、次に糸が問題です。私もいっしょに買いに行ったのに、その時は注意深く見ていなかったので、どんな糸だったかがよくわかりません。確か刺繍糸のような感じだったんですが・・・ヴァレリアに聞いても、“普通の糸”だよという答えでしたが、その普通の糸が日本に売っているのとはちょっと違うような気がします。


まあ、とにかくやってみようと思い、昨日手芸店へ行って色々と糸を買ってきました。
まずは、どんな感じになるか分かりませんが、編み始めました。意外にスイスイ編めるのでちょっと楽しいです。

女の子らしいパステルカラーで編んでみました。

6本取りの刺繍糸を更に4本束ねて編みましたが、ジュリアが編んだ物(左)と比べてできあがりが細いです。

今度は麻の糸でやってみました。こちらも4本取りにしたら、今度はちょっと太めです。何よりも先ほどのものが少し大きすぎて縮めたので、今度は少し小さめにと思ったら、小さすぎたような???
まあ、大きさはあとでそれにあう子が着ければいいか・・・色ははっきりした物の方が綺麗な気がします。
たくさん作ってクラブでも売ろうかと思いますが、それにはちょっと材料費がかかりすぎでした。昨日2,500円分糸を買って、少し余ったものの2本しか作れませんでした。今度はもっと値打ちに作る方法を考えなくては・・・

大好きなのにはワケがある

パーマリンク 2011/04/27 21:24:14 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ランディの食事は少しだけ特別です。アメリカにいる頃から彼はずいぶん良いものを食べていました。ヴァレリアからこれを食べさせてね、と言われたドッグフードは日本にも売っていましたが、とっても高いのでびっくり。朝晩はちょっと大変だから、夜はみんなといっしょのフード(ビルジャック)、朝だけは指定のフードをやることにしました。また肉は加工したものを食べていましたが、それは手に入らないので他の子同様に生肉をやっています。
その他にも指定のサプリメントもやっています。


ところが、ランディはあまりガツガツしていません。我が家の子はみんなガツガツしているので、食べることに困ったことはありません。カノンが小さい頃は泊まりに来ても少ししか食べないことがあったりしましたが、最近では彼女もしっかり食べるようになりました。
テンコーの息子トトロがいる頃は、1頭だけで育ったせいか少し食べ具合が悪いときもありましたが、先日来たときに飼い主さんの話では、とってもしっかり食べるようになったと聞いて、安心しました。


ランディがやってきて2週間が過ぎました(そんな風に思えません。もっと前からいるような・・・)。初めは、我が家のご飯が口に合わないのか、とろとろ食べていましたが、それでも最初の4,5日を過ぎた頃からしっかり食べてくれるようになってきていたのに・・・


マーイアのことが大好きなランディ。でも、それにはワケがあります。マーイアがシーズン中だからなんです。。。今ではランディの頭の中はマーイアのことでいっぱい。ダイアンやテンコーと庭にいても、マーイアのことを探しています。
“あっ、あそこにいた”

“マーイアがお家にいるなら、僕も入る”
おまえ、バカじゃないの? ダイアンとテンコーはそんな目で見ています。

結局、ランディはご飯もあまりちゃんと食べなくなりました。かつてウィローが若かりし頃、彼も同じ経験を何度も積みましたが、ウィローの場合は「食事は別」という感じで、食欲が落ちることはありませんでした。


ところが、ただでさえ食事に執着心のないランディは見向きもしません。私は、何とか食べさせるのに必死です。
最後には“お願い~。食べて~”
女の子が3頭もいる我が家では、こんなことで食欲が落ちていたら大変です。そうこうしているうちに今度はダイアンに生理が来ました。もうすぐ10歳なのに・・・
まさか、次にダイアンを追いかけ回して、もっとご飯食べなくなったりしたらどうしよう・・・

エアデールテリアファンデーの案内

パーマリンク 2011/04/26 22:05:32 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

今年のエアデールテリアファンデーの案内ができあがりました。
今回は春のチャンピオンシップショーが5月15日と例年よりも1ヶ月近く遅いため、ファンデーはその後から始まります。


5月29日は関西地区、大阪で恒例のバーベキューとしつけ教室です。6月5日は関東地区、こちらは横浜ですが散歩会としつけ教室です。関東でのしつけ教室は何年ぶりかな?ずいぶん昔、一度開催したことがありますが、今回は大阪で教えていただいている先生が横浜まで行ってくださることになりました。
続いて6月12日には東海地区のファンデーがあります。今回は駒ヶ根高原で水遊びを主としたピクニックを催すことにしました。我が家のお気に入りの場所ですが、きっと皆さんにも喜んでいただけると思います。何よりも天気が良いのが一番ですが・・・昼食には明治亭のソースカツ丼弁当を用意することにしました。これも、きっと飼い主さんには喜んでいただけることでしょう。
どのファンデーもたくさんの方が参加してくださると嬉しいです。


このあと、6月19日に東京地区のトリミング勉強会がありますから、結局我が家はこの日までほとんど週末は予定がびっしり詰まっていることになります。


この案内、先ほどようやく封筒詰めが終わりました。実は最近、クラブの会報やイベントの案内を出すときは、ちょうど誰かが遊びに来ていたりしていたときだったので、よく手伝っていただきました。何人かで作業をすると、本当に早くできて楽でしたが、久しぶりに一人で作業をすると、なんと時間のかかること。。。
明日には発送するので、もうしばらくお待ちください。

近所の観光

パーマリンク 2011/04/25 21:32:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち

昨日の朝、娘とオランダ人の友だちをレンタカー屋へ連れて行く前に、近所のダムへ行きました。
オランダはほとんどが低い土地ばかりで、山がないのでダムを見たことがありません。
最初、小里川ダムへ行きました。ここはダムの中を下までエレベーターで下りることができ、下の方からダムを見上げることができます。ここに来るときはほとんどいつも犬連れですから、なかなか中に入るチャンスはありません。
ところが、来てみるとシャッターが閉まっていました。管理事務所に電話をすると、11時から開くとのことでしたが、時間がないのであきらめました。


ダム横の山に、ニホンカモシカ発見。実は2頭でいましたが、少し遠いので綺麗に写りませんでした。それでも、いつも見つけてもすぐに逃げてしまうので、写真を撮ったのははじめてのことでした。

レンタカー屋へ回る途中で、阿木川ダムにも寄りました。ここはロックフィルダムなので、ちがったタイプのダムをみて喜んでいました。

娘と歩いていると、背の高さがすごくよく分かります。彼は簡単な日本語が話せます。日本にいて恥ずかしいのは、みんなが彼を見ると、「見て、見て」とコソコソ言われることだそうです。確かに、誰もが彼を見るのはちょっとね・・・

昨日は、その後高山まで車で行ってきたそうです。
今日は、午前中はどんぶり会館へ陶芸体験に連れて行きました。

先生の大きな助けがあって、何とか何点かの茶碗や湯飲みを作りました。

お昼は多治見でウナギをいただきました。ウナギなんて食べれるかな?と思いましたが、オランダでは蒸したウナギのようですが、よくお料理でいただくそうです。
このあと、彼らは電車で名古屋まで出て、名古屋城へ行きました。

東海地区トリミング勉強会1回目

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区トリミング勉強会が行われました。
心配していた雨も上がり、良い天気になりましたが、風は思ったより寒く、もう4月もあと1週間で終わりだというのに、ちょっと厚めの上着を着ていないと寒いぐらいでした。

3週間前に新しいお家へ行ったトトロもやってきました。テンコーはトトロのことを忘れてはいません。昨日から“明日、トトロが来るよ”、という私の言葉もじっと聞いていました。

トトロも我が家のことを覚えていてくれているようです。早速、イタズラが始まりました。

でも、ちゃんとトリミング台の上に行ったら、お利口さんにできます。

トトロは自分の番が終わった後も、テンコーといっしょに仔犬の運動場で過ごしていました。テンコーも時々みんなの方を見ては、“可愛そうに・・・私の番じゃなくて良かった”

テンコーの息子マーカスもだうぶ綺麗になってきました。あともう少しだね。

ミシアちゃんも、アポロも綺麗になってきたね・・・

あっ!雨・・・・辺りが急に曇ってきたと思ったら、突然雨が降り始めました。皆さんほとんど終わっていたので、大急ぎで片付け始めました。
まだ、終わっていなかったトノくんも車に避難。一人、二人と皆さん帰っていきました。
“さようなら・・・またね”
トノくんの家族だけが残りました。すると、いつのまにか雨は止んでまた少し日が差し始めました。結局、車に避難したトノくんは、もう一度トリミングを再開することになりました。

はじめてのトリミング

パーマリンク 2011/04/23 22:15:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ランディが我が家に来て初めてのトリミングです。
朝から外は土砂降り。ワンコたちもトイレのために庭に出るぐらいで、大急ぎですませると
“早く!お家に入りたい・・・”


ランディがトリミングしている間は、ダイアンもテンコーもケージやサークルの中でじっと待っています。それもつまらないでしょうが、自分の番じゃないことにホッとしているのかもしれません。日本に来てまだ10日ちょっと。若いせいか、毛の伸びるのが一段と早く思えます。


夕方になってようやく終わりました。ランディもきっと初めての場所でのトリミングに疲れたことでしょう。


娘から電話がありました。今日は東京から友だちと一緒にこちらに来ることになっています。その友だちはオランダ人で、なんと身長は2m10cmです。
駅へ迎えがてら、帰りに近くのステーキハウスへ夕食に行ってきました。座っているとそれほど大きさを感じませんが、立つとやっぱり見上げるほどです。。。
我が家に帰ってきてからも妙にうちの天井が低く感じました。。。うちはそんなに天井が低いわけではないんですが・・・

今日一日中、ワンコ部屋が多かったダイアンとテンコーとランディ。夜になってリビングでくつろいでいます。ダイアンはようやく主人の近くでのんびりできたせいか、ランディが主人に近づくのが嫌でたまりません。ソファの上から、ランディの動きを見張っています。

さて、明日は東海地区の勉強会。またワンコたちはテリトリーを侵害されるのを我慢しなければなりません。
今のうちにみんなリラックスしてね~

ウィローうるさいなあ

午後7時過ぎ。友達と電話で話をしていたら、ウィローが吠え始めました。
“ご・は・ん~”
電話を切ると、もっと強く吠えています。
“早く、早く!”
“何言ってんの?私の方が先よ”、無視して私は自分の食事の用意をしました。


1年前はこの役目はメイプルの仕事でした。ウィローもうるさかったけど、メイプルの催促の方がもっとうるさかったかったので、ウィローは陰にかすんでいたかも???
どうして年を取るとこんなに食事の催促がうるさいのでしょうか?誰でもかな?たしかラフティはそんなことはなかったような気がするけど・・・覚えていないものです。


ウィローとダイアンは6ヶ月しか違わないけど、ダイアンは食事の前は静かです。(その代わりにたいていこの時間帯にタオルや毛布をビリビリにしていますが・・・)万一、ウィローがいなくなったら、もう誰も催促はしないんだろうか?それともダイアンがうるさくなるんだろうか?


さあ、食事がすんだら、もう途端に静かになって自分の世界に浸るウィロー。

さて、このウィロー、ランディに対してどうかというと、思ったよりは気にしていないようです。ランディが、まだまだお子ちゃまで牡らしい感じがしないのか、それとも反対にあまり若い牡なので、自分が勝てそうにもないから気づかないふりをしているだけなのか・・・
下手につついて今の地位から滑り落ちることをおそれているのか・・・


さあ、そろそろおじいさんが寝る時間なので、2階の寝室に連れて行きましょう。

覚えることはたくさん

パーマリンク 2011/04/21 22:01:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ランディが我が家で暮らしていくためには、覚えてもらわなければならないことがたくさんあります。赤ちゃんの頃から我が家で育ち、色々なルールを少しずつ覚えてきた子たちとは違って、急に我が家に飛び込み、今までの環境とは激変した中での生活ですから、難しいこともたくさんあると思います。
まず第一に絶対に無理強いしたくはありません。細かいことばかり言って、せっかく伸び伸びとしたすばらしいキャラクターを壊したくはありません。


彼のすばらしい所の一つはいつでも自然体で美しく立つことです。今日はTタッチの友達が遊びに来てくれました。
“わあ、ランディかっこいい!本当に綺麗ですね”
リードをつけて立たせているときは自分では写真は撮れません。なので、自然に立っているときに前からも写真を撮りたい・・・いつもそう思って・・・

“ランディ!”
私が呼ぶと、嬉しそうに飛んできた姿はいつもこれ。これじゃあ、ちょっと・・・
やっぱりお子ちゃまです。

友達がランディにTタッチをしてくれました。最初はちょっぴり人見知りする彼ですが、午後からはもうすっかり慣れて、友達にまとわりついています。

マーイアと楽しそうに遊んでいるくせに、友だちと私が部屋に入ると、すぐに“もう入れてよー!”

部屋に入ると、しばらくはパソコンの部屋に。でも友だちがいるせいか、リビングに来たくて仕方がありません。リードをつけてリビングに入れました。私はソファに座って、知らん顔して友だちと話をしています。リードがついているので、ランディもどこかへ行くことはできません。私のそばでしばらくバタバタしていましたが、しばらくするとあきらめて足下に座り、つぎに顔を私の足にかけて、もっとリラックスし出しました。
自分で状況を把握して、自然体で一番良い方法をとっていました。
わがままを言わせて叱るのではなく、自然に彼が色々なことを覚えるように持っていけるようにしたいものです。

がんばるダイアン

パーマリンク 2011/04/20 21:47:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

みんな静かです。今日は天気が良かったので、ワンコたちにはなるべく庭で過ごしてもらいました。特にランディはダイアンとテンコー、そしてマーイアと順番にいっしょにいたので、一番長く庭にいることになりました。さすがのランディも疲れたようです。夕方家に入ってパソコンの部屋にいても、イタズラする気もないらしく、ボロボロの毛布(あいかわらずみんなで引きちぎったもの)の上でグースカ寝ていました。


いっしょにお付き合いさせられたダイアンやテンコー、マーイアも疲れたようです。。。
今年の8月には10歳になるダイアン。追いかけっこなどはランディにかなうはずがありません。だから若い子たちが走り回っているときは、自分は知らん顔をしています。

でも、接近したら、まだまだランディに負けてはいません。ランディも“うるさそうなばあちゃんだ・・・”と言わんばかりに逆らわないようにしています。
カノンに対してもダイアンは同じような態度を取っていました。でも、前回カノンが来ていたときは、滞在が長かったせいか最後の方はあまり威嚇するような態度を取ることもなくなりました。もしかしたらカノンはうちの子になったのかも?とあきらめたのかもしれません。


“アンタ、いつまでいるの?早く帰ったら?”
ダイアン、ランディはもう帰らないよ。。。ダイアンがランディを認める日はいつになるでしょう?

さて、テンコーはまだ若いだけにランディとよく遊びますが、走り回るだけでは疲れが増ばかり・・・ランディはあまりおもちゃに興味がないのか、取りっこをしようとしません。
“ランディ、行くよ!”
おもちゃのボールを遠くへ投げると、テンコーとランディが走っていきました。テンコーはもちろんランディに取られないように一生懸命走ります。ランディの方が早くおもちゃの所へつきましたが、おもちゃを見過ごしてUターンしてきました。
一生懸命、おもちゃをくわえたテンコーが拍子抜けした顔でランディを見ています。取られたくないから取ったのに・・・
これの繰り返しばかり。疲れたテンコーはテーブルの上に上がって言いました。
“もうバカらしいから遊ばないよ”

そろそろ本性が・・・

パーマリンク 2011/04/19 21:40:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ランディが日本に来て1週間がたちました。すぐに我が家になじんだように見えましたが、実は猫をかぶっていたようでした。


ウィローとマーイアがワンコ部屋にいるときは、ダイアンとテンコーはリビングにいます。ランディをリビングに置くのにはまだ信用ができません。だいたい我が家で生まれた子ですら、リビングを自由に闊歩するのはおとなになってからです。そんなわけで、ランディはその時はリビング横のパソコンが置いてある部屋にいることになります。


ガサガサ、ドドーン、2階で掃除をしていると、下からそんな音が聞こえてきました。
何だろう? 降りてきてランディの所へ来ると、
“コラ~!!何やってるの!”
棚から本を落としてはビリビリにかじっています。
私をキョトンとした目で見ると、
“日本語わかんないよ~”
なんてことは言っていませんが、叱られたことはあまり分かっていないようでした。


少しずつ本性が出てきたようです。まさかこんなことはやるまい、なんて油断は大敵だとよく分かりました。
さあ、これからは何やってくれる?ランディ。やっと君のことが少しずつ分かってきたよ。


ランディはマーイアともテンコーとも仲良しです。ダイアンとはやはりちょっと一線があるようで・・・そりゃ、ダイアンだってランディの動きは嫌なはずです。
マーイアはランディを従えて楽しそうにいっしょに遊んでいます。

ランディもマーイアが一番好きかもしれません。

誰もが好きな場所、見張り台へよく行くようになりました。

関西地区トリミング勉強会1回目

パーマリンク 2011/04/18 21:07:55 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

昨日日曜日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパン関西地区のトリミング勉強会が大阪のユニバースグルーミングスクールで行われました。


まだ留守番に慣れていないランディを連れ、もう1頭マーイアも連れて行くことにしました。マーイアは生理中でトイレが近いので、一日中留守番させるのは可愛そうだからです。でも2頭連れて行くのはちょっと大変です。
今日は常連さんに加え、まだエアデールがいない会員さんが参加してくれました。皆さんの作業を一生懸命見てくださり、またたくさん質問をしていただきました。きっと、早く仔犬を迎えたくなることでしょう。

マーイアは思ったよりお利口さんに待っていました。どうしてもマーイアに対してはいつまでも赤ちゃん扱いしてしまいますが、来月には6歳になります。。。
隣のケージでは、ランディも静かに待っていました。時々、ケージから出しては皆さんの中にいることに慣らします。何をやってもランディにとっては、人種の違った人々に囲まれ新しい経験ばかり。ストレスもかかることでしょう。
あれっ? ケージ中でヘソ天で寝てる・・・少しはリラックスできたかな?

岡山から来たエルザもきれいになりました。

ピアスもすっかり見違えるようになりました。2頭とも終わってホッとしている様子です。

エルも終わったから早くおろして!って言っているようです。

後片付けをして、会場を出たのは夕方の5時。高速はいつものように混んでいて、一宮付近の渋滞は9kmと出ていました。ところが走る間に、渋滞はどんどん増えてとうとう18kmになってしまいました。


パーキングエリアでマーイアとランディをおろし、少しだけのんびりと散歩させました。おかげでその間に渋滞はほとんど解消しました。 

結局、我が家に帰ったのは夜の9時半でした。
“ウィロー、ダイアン、テンコー、ただいま!ごめんね。遅くなって”

JOVAL犬舎訪問 第4日め

パーマリンク 2011/04/17 22:41:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

前日の夜、ジュリアが作っていた物はマーイアやランディの首に掛かっている組み紐です。
昨日書き忘れましたが、ジュリアは遠くウクライナから犬といっしょに来ていました。彼女がいっしょうけんめい一つずつ作った組み紐の首輪、魔除けだそうです。我が家の子たち全員に作ってくれました。

JOVAL犬舎のレイチェルやビータも着けていました。ここの3頭とももうお別れです。たった3日間だったけど、私にまとわりついて甘えてくれた彼らに感謝(私のポケットにランディ用の美味しいトリーツが入っていたからですが・・・)

初めての犬連れのフライト。何だか緊張して夜も眠れませんでした。ヴァレリアはちょうどその日セミナーの講師をつとめるため、朝7時に出かけていきました。ワシントンDC空港にはジョンと1時間後のオハイオ行きに乗るナンシーといっしょに出かけました。
ランディの準備は万端です。ヴァレリアは朝早くランディと別れの挨拶をしたそうです。どんなに辛かったかと思うと、胸が締め付けられる思いです。


チェックインカウンターまでジョンが付いてきてくれました。飛行機に乗る前に、ランディもバリケンから出て、中をチェックされます。
“ランディ、元気でな! 来年日本に会いに行くよ!”
ジョンに抱かれたランディは不安そうでした。。。

さあ、そろそろバリケンに入って飛行機に乗り込まなければなりません。
周りの人たちがみんな見ていきます。
“良い犬だなあ・・・”
“そうだろ!日本に行くんだ”
ジョンが嬉しそうに応えています。
このバリケン、サイズは500でかなり大きい物です。たしかに小さな飛行機では乗せてくれないはずです。
“ランディ、成田まで我慢してね。向こうでまた会おうね”
バリケンの中の不安そうなランディになるべく明るく声をかけました。

1時間後に飛行機は発ち、14時間後に成田に着きました。日付は変わって火曜日になっていました。
本当に帰りは遠かったです。。。成田まで迎えに来てくれた夫と共に、今度は車にゆられて我が家まで戻ってきました。ランディは長時間バリケンにいたので、車の中では私と一緒に座席に座らせてのんびりさせました。

JOVAL犬舎訪問 第3日め

パーマリンク 2011/04/16 20:59:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

この日は日曜日なので、ヴァレリアも病院はお休みで、私たちといっしょに過ごすことができます。昨日の夜も、ヴァレリアにたくさんのことを質問しましたが、実際私にとっても残すところ今日一日、まだまだ聞き足りないことがあるので、忘れないようにしなければ・・・


まずは、ヴァレリア、娘のオリヴィア、友人のジュリア、ナンシー、そして私とでワシントンDCへ向かいました。ちょうどワシントンDCでは桜祭りが開催され、どこもかもものすごい人です。ヴァレリアによると、お祭りというだけではなく、この辺りはいつもよく混んでいるそうですが・・・
肝心の桜はもう満開も過ぎ、ほとんど花が落ちてしまっていて残念でした。


駐車スペースはどこもかも満車です。何度も同じようなところを回りましたが、なかなか見つかりません。そのうちにオリヴィアもむずかり初めました。
“ヴァレリア、もう帰った方が良くない?”
私は尋ねましたが、オリヴィアのためにも15分ぐらい外に出してやりたいので、何とか車を止めると再び探し始めました。
ようやく、車を止めるとみんなで歩き出しました。
ここはスミソニアン博物館が建ち並び、全部で19の建物があるそうです。それが全部無料というからすごいです。

ヴァレリアの友人ジュリアは2ヶ月前にJOVAL犬舎にやってきて、滞在しています。実は彼女の9歳になるエアデールが鼻と顔のガンで、犬も連れてきて手術をしてもらったのでした。彼女はここで看護をしながら、犬の回復を待っていたのでした。
先月のテキサスのナショナルショーに行ったときには彼女もいっしょで、ランディのハンドリングをしてくれました。

この日、確か暖かいって言ったはずなのに・・・コートだって持っているのに、薄着で出かけてしまい、これが今の風邪の大きな原因になっているに違いありません。

豆粒ぐらいに見えたワシントン記念塔までとうとう歩いてきました。15分どころじゃないです。。。結局私たちは2時間近く歩いていたような気がします。

さて、家に帰ったら、疲れていましたが時間が惜しいので、すかさずランディを連れてきてもらい、再びあの山の上り下りのキツイ散歩に出かけました。
身体はきつかったけれど、ランディは昨日と違ってすっかりうち解けたように見えました。大きな収穫あり!


散歩の後は、JOVALのパピーたちを見せていただきました。このパピーはリビングにいるレイチェルの子どもで、現在4ヶ月。まだ4頭ぐらいいましたが、この子だけ断尾していません。それはこの子はスウェーデンに送られるからです。ヨーロッパはもちろん断尾禁止です。

ちょっとだけ大きなパピーたちはこの運動場で日中は過ごしています。

まだ1ヶ月前の小さなパピーはお母さんと家の中の産室で過ごしています。この同胎は断尾してありません。それはヴァレリアが将来この子たちをヨーロッパのショーに連れて行こうと思っているからです。またきっとアメリカ人でも断尾していないエアデールに理解を示す人が増えてきたのかもしれません。

次にランディを再び犬舎から出してきて、ハンドリングのデモンストレーションをやってくれました。そして私も練習させていただきました。
“ランディはすぐにあなたのものになるよ”
ヴァレリアが言いましたが、確かに少しずつ私に心を許してきたのが感じられました。

その後犬舎も少しだけ見せていただきました。とっても綺麗な所でしたが、やはりこういう状況ではワンコたちが興奮するので、すぐにドアを閉めました。

あっという間に最後の夜になりました。この日お料理を作ってくれたのはオリヴィアのベビーシッターです。彼女はまだ20歳でとてもキュートな女の子です。住み込みでベビーシッターをしていますが、それだけではなくてお料理も上手、きっといつかいいお嫁さんになりそうです。デザートは1時間ぐらい離れたところに住んでいる、ヴァレリアのお母さんの手作りのティラミスでした。

その夜、次の朝が早いので皆さん寝静まった後に、私はジュリアとずっといっしょにおしゃべりしながら、ジュリアが作っているものが完成するまで待っていました。

JOVAL犬舎訪問 第2日め

パーマリンク 2011/04/15 21:06:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, 旅行

翌朝、3頭のエアデールテリアがデッキの上から下を見下ろしています。

下の方にはラン(運動場)が広がっています。この写真の右側には階段があり、上の犬舎やリビング横のデッキなどに来れるようになっています。

色々な道があって、まるでアドベンチャーフィールドという感じです。それぞれに滑り台やら遊具もあり、まるで子どもの遊び場のように充実していますが、もちろん犬専用です。ずいぶん工夫されているのが面白いです。

さて、この3頭、全員アメリカチャンピオンで左からレイチェル5歳牝、ビータ4歳牝、サニー7歳牡です。以前は10頭ぐらいの犬たちがリビングをウロウロしていたそうですが、現在はこの3頭にリビング横の出産ルームで生後1ヶ月の仔犬の面倒を見ているクリッシィがいます。クリッシィはランディの母でもあります。

昨年生まれたヴァレリアの娘、オリヴィアはもうすぐ1歳になります。リビングの中をよちよち歩き、さすがにワンコたちがたくさんいたら彼女は飛ばされそうになるかもしれません。そんなわけで、今リビングにいるワンコたちはみんな静かでおとなしい子だそうです。

土曜日だったので、ヴァレリアは午前中病院へ行かなければなりません。私とナンシーはまた車を借りて、20分ぐらいのアウトレットへ買い物に行きました。
一番のお目当てはCOACHの首輪です。以前ナンシーからいただいたCOACHの首輪はいつもマーイアが着けています。そろそろ新品が欲しいのですが、実際COACHの首輪はMだとマーイアがやっと、Lだとウィローでも少し大きめということで、ダイアンやテンコーには着けられません。
真っ先にCOACHへ飛びこみましたが、売り切れでした。アメリカでも人気があり、店に出るとすぐに完売するそうです。。。

アウトレットから帰ってくると、私はランディを散歩に連れて行くことにしました。ここにいる短い間に少しでも私のことを覚えて欲しいものです。
でも、、、何だかランディの情けない顔。夕べ、ヴァレリアが見せてくれたときのように明るくてシャキッとした感じはありません。私のことを誘拐犯ぐらいに思っているのかも・・・。


ヴァレリアの家は山のてっぺんにあります。散歩はどうしても山を下るほか選択肢はありません。さえない顔のランディといっしょに山を下り始めました。
“しっかりリード持っててよ”
ランディを犬舎から連れてきたジョンに言われましたが、ランディはまったくお利口さんなのか、あまり私と行きたくないのか、リードを引くこともなく歩いています。
行きはヨイヨイでしたが、帰りはひたすら上り坂。私の心臓は破裂しそうで、思わず“ランディ、引っ張れ!”
でも、ジョンからもらったトリーツをふんだんに与えながら散歩したせいか、ランディは少しずつ楽しそうなそぶりを見せるようになりました。
早く仲良くなりたいけど、無理は禁物。今日はここまでで十分。

実はこの日は私の誕生日でした。それで、ヴァレリアが私のために大人気のレストランを予約してくれました。昔の製粉所を改造したレストランで、お料理も美味しいと評判のお店です。私が注文したのは、白身魚とオマールエビのなんとやら・・・で、それは美味しかったです。何よりも量がそれほど多くないのが、食欲が増す一因にもなりました。

デザートにはろうそくが1本立ててあり、誕生日気分が盛り上がりました。(ちょっと恥ずかしかったけど)この他にもレストランからはキャンディーの入ったワイングラスをプレゼントしていただきました。

何回目の誕生日だったかは自分でもあえて数えていませんが、思い出に残る誕生日となりました。

JOVAL犬舎訪問 第1日め

パーマリンク 2011/04/14 21:56:10 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち, 旅行

1年がかりで準備したランディ来日の計画が、ようやく実現しようとしていました。
いつも海外のブリーダーの友達の所へ遊びに行くときと違って、私は緊張していました。前日もよく眠れず、4時半に起きて5時半に家を出てセントレア空港に向かいました。
4,5年ぶりのアメリカ行きです。ワシントンへ着いたら放射能を計られるのかな?とかつまらないことを考えていました。(実際はそんなことは全然ありませんでした)


北極圏あたりを飛んでいるときに、飛行機の中で“オーロラが見える”、と隣の席の方が教えてくれました。かすかに水平線が緑っぽい光りが見えましたが、それがオーロラなのかな???

窓側の席に座っていたので、日の出も綺麗に見えました。

ワシントンDCには金曜日の朝の10時半頃到着。オハイオの友達ナンシーが先に到着していました。空港まで迎えに来てくれたJOVAL犬舎のジョンの車にナンシーと乗り込みます。ここから約30分ちょっと、バージニア州のJOVAL犬舎へ到着です。
ヴァレリアは獣医で病院があるので、迎えに来れませんでしたが、家にいったん帰っていました。私たちは真っ先にランディの書類をチェックしました。実は、政府発行の浮きだし印なるものが少し抜けていたのでした。前日、動物検疫所に書類をスキャンしたものを送ってあったのですが、その時にも言われていましたが、結果的にはこれで大丈夫というお墨付きをもらっていました。いったい、今まで何度検疫所とやりとりしたことでしょうか?たぶん10回ぐらいは色々な書類を確認してもらったと思います。
しかし、実際書類を目にしてみると、不安になりました。ヴァレリアも同様で、ここにきてランディが成田で足止めをくったのでは大変です。ということで、結局金曜日の4時までやっているバージニア州の役所まで念のため浮きだし印をもらうために出かけることになりました。


ヴァレリアはもう一度病院に戻るため、ナンシーが車を借りて運転してくれることになりました。外は雨が時折激しく降る最悪の天気でしたが、その中を2時間かけて役所まで行ってきました。
“着いたばっかりなのにまた乗り物かあ・・・”
12時間のフライトに疲れた私は時折車の中でウトウト・・・

行きは時間がなかったので、昼食も食べずに役所まで走りました。役所を出ると、ホッとしたと同時にお腹が空いてきました。帰りに早めの夕食をレストランで食べました。
やっぱりアメリカのレストラン、量も豪快です。。。

JOVAL犬舎へ戻ったら、もうすっかり夜になってしまいました。このあと私はようやくランディと対面することができました。
何だか愛想のないランディ、私のことなど無視してヴァレリアやジョンに甘えています。当たり前かあ。。。
3日間しかない滞在のうち、1日目はこうやってあっという間に終わりました。

さて、今日のランディの写真です。テンコーと走る走る、“この速さは一体何なの?”と思うほどすごい走りっぷりです。マーイアでかなり慣れているはずの私も写真を撮るのに一苦労です。

このあとは選手交代、マーイアとまたまた走る走る。どちらかというと、おもちゃを取り合ったり、ボールを取ったりすることはあまり興味がないようで、ただひたすら走るのが好きなようです。
こんなに運動能力が高い子を日本に連れてきて、我が家がある程度それができる環境にあって、本当に良かったつくづく思いました。

ただいま!

パーマリンク 2011/04/13 20:12:14 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち, 旅行

昨夜9時半頃、我が家に到着しました。
ワシントンDCを出てから14時間、成田に到着して、その後車で約5時間、何だかんだとヴァレリアの家を出てから24時間近くが経過していました。
さすがに3泊5日で、さらにこの遠さ、しっかり疲れました。今日になったらその疲れは一層ひどくなり、風邪を引いたのか花粉症なのか、ともかく鼻がひどくてのどが痛く調子が悪いので、今日は朝撮った写真だけを紹介します。


夕べはひとりでワンコ部屋で寝たランディ。朝5時半に起こしてくれました。。。エアデールパークでまずはテンコーにご挨拶。

山の斜面を楽しそうにみんなの後を付いていきます。

ダイアンとテンコーといっしょに歩く姿は、いつのまにかもううちの子です。

マーイアにもご挨拶。“遊ぼうよ!”

家の庭に戻ってきてからも、テンコーやダイアンと遊びたくて仕方がありませんが、ふたりとも少々疲れ気味でもう遊んでくれません。 

明日、調子が良くなったらJOVAL犬舎訪問について書くことにします。

“ハ、ハ、ハークシュン!!!”、あー嫌だ。。。

行ってきます!

パーマリンク 2011/04/07 22:21:25 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

トトロのお母さんからメールが来ました。写真も送ってくださいました。
少しずつ新しい生活に慣れてきたようです。

メイサちゃんとも仲良くしているようです。でも、どうやらトトロはマイペースなところがあるようです。

我が家では、“トトロ!”、って言うと、テンコーとカノンが振り向きました。
ふたりとも“どこ行ったんだろう?”なんて思っているかもしれません。


さあて、今日になってようやく実感がわいてきました。もうすぐランディとご対面です。最後の最後までバタバタと仕度しております。。。
明日はものすごく早いので、早く寝なければ・・・
それでは、行ってきます! 

出かける前は忙しい

パーマリンク 2011/04/06 20:56:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

アメリカへ出かける日が近づき、ようやく美容院にも行って来ました。トトロがいたときは、なるべく出かけないようにしていたので、こんな用事がたまっていて、ワンコたちといっしょにいてやりたいと思うものの、そうもいきません。
帰りにスーパーへ寄って、留守の間のワンコのご飯、夫のご飯と色々考えながら、カゴに入れていきます。それでも、なんだか十分買えずに帰ってきました。きっとまた明日も買い物に行かなくてはいけません。本当に主婦が家を空けるのは大変です。。。


自分が美容院でさっぱりして帰ってきたら、やっぱりどうしてもワンコたちの身体を洗ってやりたくなりました。マーイアだけは先日洗ったからいいとしても、4頭のワンコのシャンプーです。出かける前に腰を痛めたなんていったらバカげているとは思いますが、せっかく暖かくてシャンプー日和です。花粉症も昨日よりはなぜか少しましな感じがします。


カノン、ダイアン、テンコー、ウィローの順にどんどん洗っていきます。乾燥はタオルでしっかり拭いたら、自然に任せましょう。暖かい日差しがすぐに乾かしてくれるでしょう。
最後はウィローだったので、私もデッキの上で一休みします。

“ウィロー、気持ちよかったね。さっぱりしたでしょう。花粉は全部洗い流したよ!ウィロー大好きだよ。ランディが来たらつまんないね。でも、ウィローが一番好きだからね。我慢してね”
ウィローはきっと若い男の子にヤキモチをいっぱいやくでしょう。それが一番辛いところです。
“寝室の番は、ずっとウィローの仕事だよ。これだけは絶対譲れないね”

“そろそろ乾いたからお家に入ろう”
ちょっと腰が痛くなってきました。。。

春なんだ・・・

パーマリンク 2011/04/05 21:19:03 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

“桜だあ。世間は春なんだなあ・・・”
名古屋へ向かう電車の中で、思わず心の中でそうつぶやきました。
ここ数日少しは暖かいものの、朝晩はまだ寒いし、今朝もデッキに置いてあった水入れの水はガチガチに凍っていました。


日曜日にみんなが来たときも、中津川の「十九上」へおそばを食べに行きましたが、途中の阿木川ダムも桜なんてどこにも見えませんでした。私にとってはここに桜が咲かないと、春が来た感じがしません。


電車の窓からはきれいな桜が見えてきました。
夕べから鼻の調子が一段と悪くなっていましたが、名古屋の町で買い物するだけだから、とマスクも無しに来たことを後悔していました。
桜を見ていたら、鼻がむずむず・・・。2,3時間買い物して戻ってくる頃には、悲惨な状態。。。頭もボッーとしています。


“お帰り!!”、一斉にワンコたちが言いました。
“天気良いのに、ずっと家の中で待ってたよ。早く外で遊ぼうよ”
ダイアン、テンコー、カノンが庭に飛び出していきました。

“あー、ダメダメ、お願い。頭痛いよー。みんなで遊んでて”
今週も留守番が多いから、遊んでやりたいけど・・・

なんでこんなにひどいんだろう?
そういえば、昨日ウィローのトリミングを夕方2時間ぐらいやりました。ウィローはもう長時間トリミングするのは可愛そうなので、部分的にバリカンを使っています。怪獣のようにボサボサの顔や耳、首の下をバリカンしていたら、思いっきり毛が私の顔の周りに落ちてきました。
その中にも大量の花粉があったのかもしれません。。。あーあ、綺麗に洗ってやりたいなあ。。。

アメリカチャンピオン

パーマリンク 2011/04/04 21:15:10 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

この週末、嬉しいニュースがJoval犬舎のヴァレリアから飛び込んできました。
とうとうランディがアメリカチャンピオンになりました。最後の追い込みでいくつかショーをエントリーしていましたが、もう残りは必要がなくなりました。それにしても、ポイントが取れなかったのが数回で、あとは全部取れていますから快挙というべきでしょう。ヴァレリアとご主人、友人たちには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


一つだけ、ヴァレリアにとって残念だったことは、チャンピオンが完成したショーのとき、彼女が仕事でどうしても行けなかったので、ハンドラーにお願いしてありました。そのため、そのチャンピオン完成の写真のハンドリングが彼女でなかったのが、本当に悔しそうでした。
今度、お伺いしたときに色々な話も聞けそうで本当に楽しみです。


とりあえず、まずショーに出発する前に取った写真を送ってきてくれました。


さあ、今ランディは車で6時間以上かかってヴァレリアの元へ帰ってきました。
もうすぐ日本へ行くなんて知るはずもありません・・・


2ヶ月育てたトトロがいなくなって、私の心にぽっかりと穴があいてしまいました。そう、2ヶ月でもそうです。それを思うと、ヴァレリアは1年半ずっと大事に育てたランディをもうすぐ手放すのかと思うと、どんなに辛いことでしょう。


さて、そのトトロ。夕べはまだお姉ちゃんのメイサとはまだご挨拶ができていないようでしたが、今日はすっかり仲良しになったとお父さんが言っていました。夕べもちゃんと寝たようですし、ご飯もパクパク完食しているそうです。
きっとすぐに新しい環境になれることでしょう。

トトロ、新しいお家に

パーマリンク 2011/04/03 21:05:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

いよいよ今日はトトロが新しいお家に行く日です。
お見送りのために(?)友達もやってきました。朝9時半から皆さんがやってきて、テンコーもカノンも自分のお客さんのように大喜びです。みんなのお目当てはトトロなんだよ。。。

こんな風にお母さんやお姉ちゃんといっしょにおやつをもらうのも最後だね。

お父さんのキートンも来たので、みんな家族でいっしょにパチリ。お父さん、お母さん、お姉ちゃん、そしてトトロです。

トトロは少しでも早くお家に着いて欲しかったので、早めに帰りました。
“トトロ、また遊びに来てね”
テンコーはやっぱり分かっていたと思います。
“テンちゃん、大丈夫。トトロはちょっと遊びに行っただけだよ”
カノンがいてくれるおかげでテンコーの寂しさは少しは紛れたかもしれません。
いや、カノンというよりも、トトロの新しいお母さんにたくさんおもちゃをもらったからかな? テンコーがおもちゃ好きで良かった。。。


せっかくキートンがいるので、我が家の他の女の子たちだっていっしょに遊びた~い。まずはダイアンです。
“ダイアン、若いね”、キートンのお母さんに言われるように、ダイアンはキートンと一緒になって走っていました。

次に、待ちに待ったマーイアです。実は前回は遊べなかったので、今日はどうしても遊びたいとばかりにソワソワしていました。キートンも一段とテンションが上がります。

最後はテンコーの息子マーカスが来ていたので、カノンと一緒に遊ばせました。カノンはキートン以外の男の子と遊ぶのも珍しいので、うれしそうに飛んでいきました。マーカスも嬉しそう。

夜になると、みんな疲れたのか静かです。テンコーやカノンがトトロと遊ぶ音もなく、妙にテレビの音が大きく聞こえてきます。

最後のイタズラ

パーマリンク 2011/04/02 22:30:11 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

トトロは人の動きをとてもよく見ています。
運動場で夫の周りをぐるぐる回って何が始まるかじっと見つめています。

ほら、楽しそうなことが始まった。
トトロ、君がお漏らししたカーペットを洗うんでしょう。
そんなことはお構いなしに、はじまった作業にちょっかいを出し始めました。ゴシゴシこすりながら動くデッキブラシの柄やブラシの先を追いかけてカミカミしようとします。

とうとうカーペットの上に乗ってしまいました。
あーあ、これじゃ洗えないじゃない。

さあて、次は何するの?
トトロは人について回るのが大好きです。そして、じっと私たちがすることを見ています。ここでイタズラするのももうそろそろ最後かな?

あともう少し

パーマリンク 2011/04/01 23:02:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

アメリカのヴァレリアから嬉しいメール。ランディがまたショーでポイントを獲得しました。あと1ポイントでアメリカチャンピオンです。なかなかギリギリのところで、スリルがあります。。。私が行くまでにあと何回ショーに出るんだったかな?
そのランディが日本に来るためには本当にたくさんの書類が必要です。1年近くかけて、一つずつテストやペーパーワークをクリアーしてきました。今は最終的に書類が正しいかどうかを動物検疫所に確認してもらって、最後にアメリカ政府の裏書きをしてもらいます。実際これがなかなか大変で、ほんの少しのミスも許されません。でも、あともう少しです。


そして、トトロが我が家で遊ぶのもあともう少し。
朝から扉の向こう側に行きたいトトロ。扉を開けると、飛んでいきました。

嬉しくてはしゃいでいます。“トトロ!”、呼ぶと私に向かって走ってきました。

早速カノンとイタズラです。カノンはどこから見つけてきたか、大きな木の枝を持ってトトロを誘っています。
“カノン、危ないよ”

取り上げて上に置きました。すると、カノンは立ち上がって手を伸ばします。

結局、またカノンに取られました。トトロが嬉しそうに後を追っていきます。

テンコーとカノンの間で一人前のトトロ。あともう少しでみんなバラバラだね。
でも、きっとまた仲良く遊べるよ。

2011年4月
 << < 現在> >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS