アーカイブ: 2010年12月

恒例の大晦日行事

パーマリンク 2010/12/31 20:35:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

どうして毎年同じように、同じことをして大晦日を迎えないといけないのかしら?と思いつつ、やはり同じことをしました。


まだ溶けていない樹氷の間から光りが射してきて、青空が見えました。
“あー、これでみんな溶けちゃう・・・”

昨日に引き続き朝一番で買い出しに行きます。
その前に・・・昨日起こったアクシデント、リビングの一番大きなファンヒーターが壊れてしまったのでした。突然止まり、その後再びつく気配がありません。我が家にとってこれは生死に関わる問題です(大げさかな?)。とりあえず、中を綺麗に掃除して、色々グチャグチャ触ったら、またつくようになりました。でもしばらくするとまた切れてしまいました。仕方がないので、夕べはもう小さいファンヒーターとエアコンで対応しましたが、暖かさはいまいちです。
朝になると、再び動き出しました。でもまた壊れたら?と思うと不安です。それで、もう1台2年前に壊れたファンヒーターをとりあえず修理に出すことにしました。これは4,5年前のものですが、2年前に壊れたときに新品に変えたものでした。だから、今回壊れたものも購入してから2年しかたっていません。


電気屋に持って行くと、これの修理代金が9500円です。いったんお願いしたものの、結局考え直してまた新品を買って帰りました。。。壊れた2台はコロナのものでした。もちろん今度買ったのは、コロナじゃないですよ。

雪の降りしきる中、家に帰ると我が家はもう真っ白。
あともう少しふんばって、夫は掃除、私は料理です。

ようやく、すべての我が家の大晦日の行事が終わりました。
ふたりとも腰に手を当て“痛い・・・”
一日中美味しそうな匂いに悩まされたワンコたちもようやくのんびりできそうです。。。
あとは静かに年が開けるのを待つだけです。

なんで私だけ!

パーマリンク 2010/12/30 19:35:05 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨日、木に降り積もった雪は溶けずに、凍ってまだ枝にしがみついています。
北国の人から見たら、こんなちゃっちいものは樹氷と言わないよ、と思われるかもしれません。でも、私にとっては十分に美しい樹氷です。


朝からスーパーへ買い出しに行きました。車でほんの少し山を降りたら、やっぱりいつものように周りは枯れた木々ばかりです。
“わっ、うちだけ?”
正確にはうちだけではありませんが、見る限りではこの峠の木だけが真っ白です。少しぐらい寒くたって、こんな美しい中にいるなんて幸せ~と弾んだ気持ちになりました。


家に帰ってくると、エアデールパークの横の道が真っ白の樹氷のトンネルのようになっています。道路の雪はほとんどないのに、木だけが白いって不思議な感じです。

さあ、掃除とお料理の開始!
“なんで私だけ?せっかくリビングに来たのに・・・”
パソコンの部屋から出してもらえないマーイアが、不満顔でヒャアヒャア言っていました。平等に扱わないことへの抗議の声です。

“だって、美味しそうな匂いでいっぱいでしょう?”
ストーブでは黒豆がコトコトいっているし、流し台では私がお節を作っています。
他の子はウロウロしていても邪魔にはならないけど、マーちゃんはね・・・
かわいそうだけど、危ないから仕方がありません。


夕方になってようやくここから解放されると、匂いがいっぱいの台所へ走っていき、バタバタ立ち上がって何やらしようとしています。
“やっぱり・・・”

明日もかわいそうだけど、もっとこっちには来させられません。

雪の年末

パーマリンク 2010/12/29 20:48:04 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝から雪雲にすっぽり覆われた我が家です。積もってはいませんが、昨夜から時折降っています。
ワンコたちは庭に出しても、早々に部屋に入りたがります。


そういえば、昨日北海道のダグ(ダイアンの同胎犬)のお父さんと電話で話をしました。雪はやっぱりすごく多くて、1mぐらい積もっているそうです。そんな話の中で、ダグは雪の中でも外にいても全然平気だと聞きました。たしかに、同じく北海道に住んでいるキッピス(ラフティの子ども)も最近は13歳を超えたのでどうか分かりませんが、雪の中でも平気だったはずです。ただ、弟分のタピオ(テンコーの子ども)はどうやらあまり雪が得意ではなさそうですが・・・


彼らに比べると、我が家のワンコたちは軟弱です。。。いつも元気なマーイアでさえ、少しするとデッキの窓に張り付いて“早く、入れてよ~”、という顔で部屋の中を見ています。


ウィローは煉瓦敷きから、砂利の方へ足を踏み入れるのを躊躇しています。冷たいのはいっしょなんだけど・・・

とうとう降り出しました(写真をクリックして大きくしてみてください)。ワンコたちは夫がもう部屋の中に入れたようです。

“わあ、きれい”、地面に積もるほどではないのに、雪が水分が多いせいか木の枝に乗ったまま落ちません。きっとこのまま夜になったら、これが凍って樹氷のようになるのかもしれません。

エアデールパークの方も木が真っ白になりました。寒いけど、これが本当に美しい。
宅急便の人が来ました。
“恵那も降ってる?”
“いや、雨のようですよ”
やっぱりこの辺だけなのかも。
何だかちょっぴり得をしたような気がしました。

ブログデザイン変わりました

パーマリンク 2010/12/28 22:44:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

やっとブログのデザインが変わりました。
以前はすっきりしたデザインだったので気に入っていましたが、数ヶ月前に変わってからは宣伝だらけのブログに少々ガッカリしました。と言っても無料なので仕方がありません。
ということで、思い切って有料のブログに変えていただきました。これでデザインもすっきり、宣伝も全くありません。年内にできあがって良かったです。
まずはあまり細かいところの使い方がよくわからないので、徐々に覚えることにします。


今年もあと数日、やっていないことだらけで焦っています。今さら多くのことができるはずはないので、最低限のことだけをやることになるでしょう。
とは言っても、せっかく暖かな日になったので、ワンコといっしょに庭で過ごす時間も大事にしたいものです。

そんなことを言っていたら、結局何もできません。
以前はもっと手早く掃除だってできていたのに、だんだんさっさとできなくなりました。
片付け出すと色々なことを思い出し、また別の用をする。ようやく片付けを再開すると、また何か用ができる。こんなことの繰り返しです。

まあ、また明日から少しずつがんばりましょう。

ゆっくり温まりました

パーマリンク 2010/12/27 22:07:58 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

午前中は特に寒い我が家。少しずつ日が当たってくるとホッとします。庭の中でほんの少し明るい部分を見つけてはすかさずそこに移動するワンコや私。

今日はカノンが帰る日です。せっかくなので、少しでも外で走って遊んでくれるといいな。ダイアンとテンコーとカノン、何だかあんまり遊びません。カノンはひとりでたいくつそうです。
“カノン、おいで!”

カノンを呼ぶと、みんなが集まってきます。カノンだけ何かもらえると嫌だと思うのでしょう。
“ダイアンばあちゃん、優しいねえ”
ダイアンは褒められると、ちょっとカノンに偉そうにしていた態度がさっと丸くなります。

おもちゃを家の中かで持ってきました。すかさずテンコーがくわえて離しません。カノンがいっしょうけんめい取ろうとしていますが、残念ながらテンコーは何が何でも離しません。

2つ持ってきたおもちゃのうち、古い方はテンコーはあまり興味がないようです。こちらをカノンにやろうとすると、ダイアンがガードしています。ダイアンはおもちゃ好きではありませんが、カノンに取られないように見張っています。

カノンはもうすっかりおもちゃのことは忘れてしまいました。いつまでもおもちゃを離さないテンコーから、取り上げました。テーブルの上に置くと、自分でも届く位置にあるのに、ちゃんと座って待っています。
“もう今日は終わりにしようね”

昨夜、夕飯の後でワンコたちが飲み残した水が凍っていました。
氷の中からつららのような8cmぐらいの氷が下から飛び出ています。
どうしてこんな氷ができたの???

午後からカノンを連れて土岐のバーデンパークへ行きました。カノンのお母さんと待ち合わせ、カノンは自分の車に乗ってお留守番、私たちは温泉につかりました。
外は気温1度、露天風呂に入るため外に出ると身を切る寒さです。ここのお湯はツルツルになって気持ちいい。ゆっくりのんびり温泉を楽しんできました。
“カノン、お待たせ。またお正月に来てね”

冷えた身体がじんわりと温まり、夜になってもそれがまだ続いています。

テンコーの子どもたち、お誕生日おめでとう!

パーマリンク 2010/12/26 19:47:21 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーとキートンの子どもたちが今日で2歳になりました。
みんな、お誕生日おめでとうございます。それぞれのお家で祝ってもらっているかな? 本当にあっという間の2年でした。

昨日からお泊まりのカノンは、昨日食べたクリスマスケーキで兼用ということで。。。
2歳になってカノンも精神的にもしっかりしてきたような気がします。彼女はいつもお泊まりの時に、なかなか食事が口に合わなくて食べさせるのに大変でしたが、昨日も今日もしっかり欲しがって、しっかり食べるようになりました。きっとおとなになったんだね。

夕べもカノンはのんびりリラックス。リビングでのんびりしている夫の横にぴったりくっついて、時々ダイアンの嫉妬をかき立てたりしていましたが、隙を見てはまた一番良い場所を占拠していました。テンコーも少し遠慮するように、向こうの方のドッグベッドで寝ています。
カノンがずっと見つめている先は? “カノン、何見てるの?”

ずっとテレビのフィギアスケートを見ていました。

思ったよりたくさんではなかったけど、やっぱり夕べは雪が少し降りました。

寒~い中で、ダイアン、テンコー、カノンが庭をフラフラしています。カノンはテンコーと遊びたいのですが、あんまり遊んでもらえないようです。ちょっと寒すぎるかも・・・

ほら、呼ばれた。もう家に入りなさいって。

カノンはもう一晩お泊まりです。

氷の世界

パーマリンク 2010/12/25 21:17:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

朝10時、家の近くの道路は-3度を示していました。
雪はうっすらと地面を覆う程度ですが、駐車場などは雪が固まって氷に変わっています。
家から少し車で走ると、すぐに急な下りに入ります。そこが過ぎると、あたりはもう雪はほとんど見られません。

テンコーを連れて、カノンを家まで迎えに行ってきました。帰りに春日井市の落合公園まで遊びに行ってきました。愛知県といえどもさすがに今日は寒く、むしろ風もこちらの方が強いので、駐車場から降りるとすくみ上がるような寒さです。
それでもテンコーとカノンは足取りも軽く嬉しそうです。いっしょに散歩に来るのは久しぶりだったかな?

今日はショートカットで回ってきましょう。

テンコーとカノンとふたり並んで。

風が冷たくてたまりません。ついつい駆けだしてしまいます。

午後3時半、車で家の近くまで帰ってくると、また雪が見え出しました。朝と同じぐらいですから、今日は降った形跡はありません。でも、温度計を見ると-2度です。ということは、今日は一日中マイナスだったのかもしれません。どんよりと曇った景色は氷の世界のようです。

お留守番のワンコたち、クリスマスケーキ買ってきたよ~
ケーキの上のサンタさんの隣にある顔はトナカイのようだけど、エアデールにも見ようと思えば見えるかも・・・
ワンコたちとみんなでメリークリスマス!

クリスマスイブ

パーマリンク 2010/12/24 21:39:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

メリークリスマス!!
朝から小雪が降ったり止んだり、ホワイトクリスマスになるかな???

水分の多い雪のせいか、止むとすぐに溶けてしまいます。午後になるとすっかり止んで、少し日が当たったので、ベタベタだった地面も少しだけ乾きました。
“さあ、今のうちにおしっこに行ってきて”、リビングでダラダラ寝ていたウィローとマーイアを庭に出しました。いつもならすぐにおしっこに飛んでいくマーイアが、窓の所から動こうとしません。それも私の顔をじっと見つめています。

“ねえ、遊ぼうよ”、昨日、一昨日と出かけていたので、遊んでやらなかったせいか、何とか私を引きずり出そうとしているような感じです。

私が外に出ると、嬉しくてたまらないマーイアがベショベショの足で飛びついてきました。濡れているとすべるので、あまり走ったりはできませんが、それでもいっしょに庭を歩きながら、時々もらえるトリーツに満足げでした。

ウィローも“ぼくも、ぼくも”、とマーイアと遊んでいるところに割り込んでは、トリーツをもらえるのを待っています。
さすがに冷たい空気は私の手を氷のようにさせました。
“ウィロー、もう家に入ろう”、ウィローにもこの冷たさはこたえるはずです。

夜になると、雪がデッキに積もり出しました。
夫が帰ってきました。
“瑞浪は降ってないよ。すぐそこから降り出した。。。”
やっぱりホワイトクリスマスになりました。我が家はあんまりロマンチックではないけど、イブの雪は何だかちょっぴり嬉しいような・・・

クリスマスプレゼント

パーマリンク 2010/12/23 20:04:41 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

今日は名古屋でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの役員会が開かれました。
私たちは朝8時に家を出て、何だかんだと帰ってきたのは夕方。私は昨日に引き続いて、名古屋まで出かけ、ワンコたちは2日間、ほぼ一日中留守番する羽目となりました。
納得のいかない不満顔のワンコたちを置いて出かけるときは、ちょっと胸が締め付けられるような気がして、“ごめんね・・・”と心の中で謝っています。

先週のご近所での火事以来、私はとても神経質になり、出かける前のチェックは以前よりもずっと入念にします。そして帰ってくるとき、家が見えると心から胸をなで下ろします。

町はどこもかもクリスマス一色でした。今年のクリスマスはあっという間に来てしまい、何も用意することすらできませんでした。昨年、絶対来年はクリスマスツリーを出そう、と心に誓ったのに、それすらできていません。
ワンコたちのクリスマスプレゼントも用意していません。少し遅れるけど、これから考えようかな?

パソコンの前に座っている横で、テンコーがまた本棚を見つめて座っています。そこにおもちゃが置いてあることがわかっているからです。でも、もうボロボロで渡せません(これも年末に捨てた方が良いかな?)。

先日、一つだけすごいおもちゃを手に入れました。やっぱりこれはテンコーの物かな?
“テンちゃん、座ってたって何ももらえないよ。クリスマスにすごいものあげるから”

ウィローとテンコー

パーマリンク 2010/12/22 21:04:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

やっぱりこのふたりよく似ています。
今日は夕飯時、ちょっといつもとちがって、ウィローとマーイアがリビング、ダイアンとテンコーがワンコ部屋にいました。
すると、このふたりの態度も全くいつもと逆です。
ウィローはテンコーのようにキッチンで準備する私の足下にはいませんが、その近くでじっと静かに待っています。マーイアは自由になったら、包丁の真下にでも顔を入れかねませんから、ちょっと隣の部屋で待機してもらっています。

するとガシャガシャと金属のフェンスを揺らす音がワンコ部屋からしてきます。いつもはウィローがやることを、今日はテンコーがやっています。まだ、やり方はウィローに比べたら可愛いものですが、これは年とともにひどくなってくるはずです。。。いつもの私の足下にいて、静かに待っているテンコーからは想像もできないことです。

たしかにワンコたちは環境が変わると、やることも変わるものです。いつも良い子だと思っていたら、悪い子の面を見せたり、悪いところばかりを見ていたら、本当はこんなに良い子だったとか・・・
できればいつも良い子ぶりが発揮できるような環境にしてやりたいものですが、4頭もいると同じようにはできなくて難しいものです。

3つの幸せ

パーマリンク 2010/12/21 21:43:08 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

どこで見たんだろう?
たぶんインターネットをやっていて、目にしたものだと思うから、もしかしたら何かの宣伝かもしれません。
内容はこんなことだったような?? 「今日の出来事の中で小さな幸せを3つ見つけてください。そうしたら今日1日幸せだったこということ」
これが何かの宣伝につながるかなあ・・・
とにかくこの内容が頭に残っていたのです。

小さな幸せなら3つぐらい見つかるかな?
さしずめ、今日はまずマーイアをトリミングして綺麗になったのでよかったこと。(いつもながら短時間なので、かなり乱暴な出来ですが。。。)
そして、そのあとみんなでまた庭でたくさん遊んで、嬉しそうな顔を見れたこと。3つめは、この時期に降るなら、雨じゃなくて雪の方が好きだけど、明日出かけるのでやっぱり雨でよかったこと。
そうか・・・これで私は今日一日幸せだったわけだ。

では、テンコーは幸せだったかな?
まず、トリミングの番が自分じゃなかったので嬉しかったこと。次に、私といっしょに庭でたくさん遊んだこと。最後に、食事の支度している間ずっと横で座って待っていたら、自分だけ口に野菜を入れてもらえたこと。これでテンコーは今日一日幸せだったということになります。

彼らの幸せは私次第ですから、これからはちょっとだけ気をつけて、3つは小さな幸せを感じるようにしてやりましょう。

ウィローとマーイア、君たちはどうだった?

運動不足解消

パーマリンク 2010/12/20 22:54:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ここ数年、散歩相手がいるのにもかかわらず運動不足になってきていました。
数十年前、ペリとレッドがいた頃が一番よく歩いたかもしれません。朝から夫を名古屋の会社へ送って行きがてら車で出かけ、出勤前に名古屋城周辺やセントラルパーク、栄の繁華街など毎日バラエティに富んだ散歩コースを歩いたものです。夫が会社に行った後も名城公園へ回り、またここでもしっかり散歩していました。毎日家に帰ってくるのは、そろそろお昼になろうかという頃でした。

もちろん昔のようにこんなにたくさん歩くことは辛いですが、もう少し運動しないと・・・
特に今年は熊騒動が尾を引いて、近所の山の中を歩く気になりませんでした。(熊はもう冬眠していると思いますが・・・)
毎日犬を連れて車で出かけるのも大変で、ついつい運動不足になりがちです。

そんなわけで、このところ庭でよく運動するようになりました。ワンコたちも1頭ずつ出して、しっかり遊びながら庭の中でしっかり歩くように心がけています。
みんなもそれが楽しいのか、お出かけしなくても、エアデールパークへ行かなくても、結構満足そうな顔をしています。

若いテンコーとマーイアは庭の中で、アジリティをするように走っては狭いところを通り抜けたり、井戸の上に乗らせたり、ベンチの上を歩かせたり、何度往復しても飽きないで付いてくるように工夫しています。

テンコーはベンチに乗せようとしても、反動が付いてどうしてもテーブルまで上ってしまいます。
小さいときからこうやってテーブルに上ることが大好きでした。

ダイアンとテンコー、ふたりとも別々にしっかり遊んだ後です。私はひとりひとりの4倍動いていますから疲れました。。。

今日は仲良く息があって、同じようにあっちを向いたり、こっちを向いたり。

メイプルに似ている・・・

パーマリンク 2010/12/19 21:37:41 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

どの子にもそれぞれ特技はありますが、ダイアンの特技の一つにこんなことがあります。
“散歩連れってってー”
リビングの床にリードがだらりと落ちています。昨日ウィローとマーイアが使った物が、入り口の隅の方に置いてあったはずです。それを引きずってくるのはダイアンです。
“昨日はお留守番だったから、今日は私たちの番”
そんなことを考える知恵があるのでしょうか? でも、実際にダイアンとテンコーの行動はそれを物語っていました。ふたりともちゃんと知っていたように、テンコーは座ってペロペロとアピールするし、ダイアンは早速リードを準備していました。

こんな期待に応えないわけはなく、ダイアンの用意してくれたリードをつけると、車に乗り込みました。そして、買い物の前に阿木川公園へ寄りました。
ダイアンはテンション高く、歩いていても体中から喜びがあふれている感じです。ウィローとたった6ヶ月しか違わないのに、本当に元気満々です。

“メイプルそっくり・・・”
写真を見てびっくり。この角度から見たダイアンは本当にメイプルによく似ています。最近は時々ダイアンの中にメイプルの姿が重なることがよくあります。てっきり父親似だと思っていたダイアンですが、やっぱりメイプルに似ているんですね。

テンコーも嬉しそうだけど、ダイアンと比べると、表現がずっとやわらかな感じです。これはウィロー似かな?

いつもよりずっと隅々まで歩きました。正直ヘトヘトです。

午後からは、せっかくの暖かい良い天気を無駄にするわけにはいきませんから、ウィローとマーイアを庭に出して、夫は車の掃除、私は庭の落ち葉の掃除です。
ウィローは自分の好きなところでのんびり過ごしていましたが、マーイアは私にずっとついて回っています。その姿はまるで私の掃除を手伝っているかのようです。
“マーちゃん、お手伝いありがとう”(何もやってないけど・・・)
そばにいてくれるだけで仕事もはかどります!

ウィローは元気っぽい

パーマリンク 2010/12/18 19:31:31 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

一昨日、何だか元気のないウィローにとても心配しましたが、昨日はいつもと同じ、顔つきもしっかりして、吠え声もしっかりしていました。
“いったい何だったんだろう?”、やっぱりちょっと心配なので、今日はウィローを獣医に連れて行きました。
首の下の脂肪の固まりのようなできものも以前よりも大きくなりました。これが悪性であるかもしれませんが、また良性のものでもこれ以上大きくなってはち切れたら嫌です。

私たちの一番最初のエアデールのペリは、やはりキ甲の上にこんなようなものができていました。その当時のペリの状況を考慮して、手術もあまり奨められず、結局そのままにしてありましたが、亡くなる10ヶ月前、元旦にこれがはち切れて大変でした。それを思い出すと、どうしても何とかして取り除いてやりたいと思います。
どちらにしても1月になりそうです。
おしっこも検査しましたが、特に何も出ず、結局一昨日元気がなかった原因はわかりません。

帰りにまた春日井の落合公園へ寄りました。風が強く、思ったより寒くてビックリです。

いっしょに付いてきていたマーイアも、ようやく車から降り彼女の目的地に着いたので嬉しそうです。

今日は別の入り口から入りましたが、改めてこの公園は池が多いことに気づかされます。つり客もたくさんいます。
池のすぐそばまで降りると、さすがに深そうな水を見て、ウィローは尻込みしています。

寒い中をずいぶんたくさん歩きましたが、ウィローはとっても元気でした。

言葉がありません

パーマリンク 2010/12/17 22:28:35 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

夕方、日が暮れた頃、ご近所で火事がありました。
たくさんの消防車が我が家のすぐ横の道路を上がってきたかと思ったら、すぐそばで止まりました。あわてて外に出てみると、近所の家から煙が出ていました。

消防士に家の人の安全を確かめると、中に人がいるかいないかわからないとのこと。家に戻って、携帯をかけてみました。どうやらご夫婦で仕事に行っていたようでした。
彼女が言いました。
「部屋に猫がいるから助けて」

ちょうどこちらの方に歩いてきた警察官に事情を話し、携帯を渡しました。色々と話をしていたようです。

1時間後、ご夫婦が帰ってきました。猫はみんな助かりませんでした。
本当に言葉がありません。

ウィローがちょっとおかしい

パーマリンク 2010/12/16 21:01:03 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

寒い朝、ワンコたちと庭で順番に1対1で遊んでいました。
ウィローの番が来ました。
いつものウィローなんだけど、何だかちょっと違和感を感じます。少し元気がないような気がしました。
私がたくさんトリーツをくれるので、私に付いて歩いてくるのですが、めずらしく途中で足が止まりました。朝のパンだって、ガツガツ食べたし、トリーツだって欲しがっているくせに・・・
“疲れたの?”
疲れたというより、ボッーとした顔です。

家に入ってから夫の話すと、夫から昨夜の話を聞きました。夜中にウィローがむくっと起き出して、部屋の隅の壁の前で踏ん張ったように立っていたそうです。(私は全然気づきませんでした)

それを聞いて思い出すのは私たちの2番目のエアデールのレッドのことです。彼女が痴呆だと気づいたのは、フェンスにぶつかってもなお進もうとしてもがく姿を見たときでした。彼女はそのときもうすぐ13歳、ウィローはもうすぐ10歳。痴呆が始まるには早いと思うけど・・・

その後もなんとなく反応が鈍いような気がしました。
午後から私一人で出かけて帰ってくると、少し表情が良くなったような気がします。
夜、今日はウィローとクリッカーで遊びました。私に集中している目はしっかりしているように見えます。
夕べの行動は何だったんでしょう?ちょっとこれからも気をつけて見ることにします。

君たちの友達じゃないよ

パーマリンク 2010/12/15 21:43:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

愛知県から友達が遊びにやってきました。先日、別の友達が来たときに、ウィローとマーイアはご挨拶して可愛がってもらったのに、ダイアンとテンコーを出しそびれてしまったので、今日はみんな同じようにリビングに来させましょう。

彼女にはTタッチや、びわの葉温灸などワンコたちも色々していただいて慣れているので、ダイアンとテンコーをいっしょにリビングに連れてきました。
ふたりとも同時に彼女の周りをフンフンフンフン!!!今日はクリッカーで遊んでくれるということなので、その間ダイアンだけちょっと隣の部屋へ。
そういえば、テンコーやマーイアがまだ数ヶ月ぐらいから1歳半頃までは、毎晩クリッカーで遊んだものです。その時間が彼らは大好きで、きらきらした目で毎晩「今日は何?」って楽しみにしていました。だんだん大きくなるにつれて、その彼らにとって貴重な時間がなくなったことをどう思っているのでしょう? また復活しようかな? 毎日1頭ずつすれば4日に1回、平日だけしても各自1週間に1回は順番が回ってくるはずです。

お昼は岩村町のお蕎麦屋さん“ゆい”へ行ってました。気温は3度、時折みぞれがパラパラとしていました。

家に帰ると、今度はウィローとマーイアを連れてきました。最初はウィローに遠慮していつもより静かだったマーイアですが、そのうちにウィローが私のそばにいて安心したせいか、おちょけて狭い部屋の中を逃げたり、いつも乗らないソファの上に乗ったり・・・

みんな自分の友達と勘違いするぐらいに、彼女と一緒に過ごしたことが満足な一日だったようです。

マーイアの“ごっこ”

パーマリンク 2010/12/14 21:04:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

雨上がりの朝、どこも凍っていないことに驚きながら、ダイアンとテンコーと庭にいました。
“暖かいね~”、
山の木々はすっかり葉を落とし、景色は全くの冬なのに、ちょっととまどってしまうぐらい気温が高い気がします。どちらかというと3月っぽい感じです。

“ヒャア~~”
ワンコ部屋からマーイアの“早く出して~”という声が聞こえてきました。もうすでに全員トイレはすませたはずです。ダイアンとテンコーも2回目に出してもらっているところでした。
でも、最近のマーイアは少しトイレが近いときがあるので、早く出してやらなきゃ・・・

庭に飛び出したマーイアはものすごい勢いで走り出しました。
“アンアン、ワンワン”
国道沿いのフェンス越しに吠え、また走ります。庭のこちらからあちらまで力一杯走っています。全然トイレなんかする気はないようです。

“どうしたの?”マーイアはどちらかというと、テンコーのように必ずトラックに反応したりするわけではありません。それも、今日は吠える対象になるものが何もありませんでした。
そう考えてみると、マーイアは時々こんなことをします。私たちが気づかない何かがいるのかと思っていました。でも、何かちょっと違う気がしました。

クラブの会報誌に載せているMiss Perfectionの中でも、似たような話が数回出てきます。犬たちがみんなで何かがいるフリをして“狩りごっこ”のようなことをするのです。1頭がこれを始めると、他の犬も分かっていても一緒になって興奮して参加します。
もしかすると、マーイアは私に“いっしょにやろう!”って誘っていたのかもしれません。

すっかり興奮が冷めて、私のそばでおとなしく立っているマーイアを見ていたら、そんな気がしてきました。

ウィローはマーイアが走り回っていても知らん顔で、のんびり歩いています。ウィローだって、何かがいるならいっしょに興奮するはずです。
やっぱりマーイアの“ごっこ”だったのかも・・・これからももう少しよく観察してみましょう。

関東地区忘年会

昨日は東京渋谷でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区忘年会が行われました。夫は朝早く家を出ました。私は今回はお留守番でした。
東京日帰りはワンコたちを長い時間留守番させなければなりません。ショーや勉強会の時はお手伝いが必要なので、行くときもありますが、さすがに忘年会ではちょっとかわいそうですね。

忘年会が終わってから、先日オーストラリアから来た仔犬を見に、数人でその飼い主さんの家に行きました。骨格構成もよく、性格もまた落ち着いていて、とてもこれからが楽しみな子だそうです。
まだ2ヶ月半ですから、幼いですね~。尻尾はオーストラリアは断尾が許されていませんから、ちょっと丸まっています。ヨーロッパもほとんど禁止の国が多いのではないでしょうか?
成犬を見るときは、断尾されている犬の方が好きですが、自分で繁殖するときはいっそこと禁止されている方が良いなあと思ってしまいます。

さて、今日は雨が降る前に少しでもワンコたちと庭で過ごします。曇り空ですが、あまり寒くないので、ワンコたちものんびりしていました。土曜日にトリミングしたテンコーですが、モコモコだったので、まだやり残しがたくさんあります。

でもテンコーのやり残しをやる前に、このダイアンのモコモコを何とかしなければ・・・

日曜だけ開くカフェ がらん

パーマリンク 2010/12/12 21:27:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

めずらしく犬に関係のない私の友達が二人、中津川から遊びに来ました。
同じ犬を飼っていない人が来ると、一番気になるのはやっぱり匂いですね。空気清浄機とランプベルジェで少しでも匂いを押さえるようにします。

お客さんが来ると、我が家のワンコたちは大騒ぎです。しばらくは話が聞こえないほど。。。二人とも犬が好きだったので、ちょっと出してみることにしました。
初めはやっぱりウィローです。何と言っても我が家の広告塔ですから・・・人当たりはいいし、特にしつこくすることもありません。知らない人がウィローを見ると、だいたい皆さん“エアデールっておとなしいんですね”、と当たってるような、当たっていないようなコメントをします。
そこで、マーイアを出すとみんなビックリ!いきなりドンとぶつかってきて飛びついたり、荷物のチェックを始めたりするからです。

お茶の用意をするので、ウィローもマーイアも庭に出しました。マーイアは誰かワンコが来ていると勘違いしたようです。思いっきり飛び出して、キョロキョロしていました。
次にダイアンとテンコーを二人に紹介したかったのですが、お昼は近くのカフェに予約が取ってあり、時間があまりなかったのでまた今度にすることにしました。

「がらん」、近くなんですが、日曜日しかやっていないのでめったに来ることができません。
ここは農作業小屋をカフェに改造したところで、名古屋市の珈琲豆のお店イヅツヤが日曜日だけオープンしているカフェなのです。

日曜日に前を通ると、いつも駐車場は名古屋ナンバーの車がいっぱいで、時には人も外で待っていたりします。さすがに12月に入って、少しずつ寒くなったので、外で待つ人はいませんでしたが、私たちが行っている間中も多くのお客さんが訪れていました。

ランチに来る人の目的は、限定のカレーランチです。私は予約しておきましたので、売り切れにならずにすみました。燻製のチーズもここで作ったものです。

カレーはしっかり煮込まれていて、ちょっと辛目なのにもかかわらず、なぜか優しい味。最後には美味しいコーヒーで締めくくりです。コーヒーもメニューの中から選べます。ご主人に色々話を聞きながら、自分の好きな味を探しました。

ウィローも満足

パーマリンク 2010/12/11 21:58:41 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“朝のうちに買い物に行こうか”、夫が言いました。
もちろん今日のお供はウィローだよね。このところお留守番が多かったもの。
庭にいたウィローとマーイア。マーイアだけ家に入れて窓を閉めると、ウィローが怒っています。
“何で僕だけ入れてくれないんだ・・・”
バカだね、ウィロー。勘違いだよ。

“どうしてマーイアは連れてこなかったんだろう?”
“そうだね、連れてくればよかった。。。”
今日は乗用車。後ろの席の足下には帰りに買うための灯油のポリタンクが2つ置いてあります。ポリタンクを積むときはこの車の方が安定していて便利です。ウィローは座席に座っています。トランクにはクリーニング出す服が入っています。
“ウィローがうんPしたら、どこに置こう?”
ウィローは必ずします。1回ならまだしも2回はするかもしれません。
“トランクに服と一緒に置いたらいいよ”
“えっー!”

恵那市内の阿木川公園は冒険がいっぱいできます。石を飛んで川を渡ります。ここは結構石が大きいから大丈夫。

でも、こっちは嫌だ。尻込みするウィロー。

がんばったら大丈夫だよ。ほら!

もうすぐ10歳になるのに、足取りはとっても軽いです。庭にいるとちっとも動かないけど、散歩に来るといくら歩いても平気です。足下の悪い岩場もすいすい降りていきます。

“ほら、僕褒められてるよ”、満足そうな顔で私を見上げます。

やっぱり2回うんPしました。トランクの服を座席に持ってきて、おみやげをトランクに入れました。

スーパーに行って、クリーニングに出した服が減った代わりに、食料品がもっと増えました。
助手席は大きな袋に占領され、私はウィローと並んで後ろの座席へ。
やっぱりマーイアは連れて来れなかった。

かわいそうなのは誰だ?

パーマリンク 2010/12/10 22:11:32 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

マーイアだけを庭に出したら、早くもお出かけを察知した他のワンコたちがブーブー怒っています。
“テンちゃん、この間のファンデーに連れて行ったでしょう!”
“ダイアン、その前の日にタイヤ屋さんへ行って、いっぱい散歩したじゃない!”

そうだ、ウィローが最近ちょっと行っていないかな?
来年からは誰を連れて出かけたか、カレンダーに書いておきましょう。そして、なるべく不公平のないようにしましょう。

マーイアと犬の学校に行ってきました。いっぱい褒められました。誰が?って私です。
“いやー、腕あげましたね・・・”
えっ?この間の関西のファンデーの時のしつけ教室の先生からはよく注意されていましたが・・・
そんなにたくさん練習しているわけでもないのに、またマーイアが息を合わせてくれて上手に動けるようになりました。もっと小さい頃に私に腕があれば、きっと先生からもマーイアは“天才!”って呼ばれていたかもしれません。彼女の才能を出してやれなかったことが悔やまれますが、今からでも遅くありません。

帰りに小里川ダムへ寄りました。
“マーちゃん、お利口だったからいっぱい歩いてこよう!”
褒められどうしのマーイアは気分の良い表情です。いっしょうけんめい私に応えようとしている姿は健気です。

カラスにからかわれたって平気です。

気温は11度。ここにしてみれば暖かです。散歩にはちょうどぐらいです。

水車までやってきました。外で五平餅を美味しそうに食べている人が数人かたまっていました。マーイアにとっては辛い誘惑です。すぐ横を気にせずに通り抜けられるか・・・ほっ、大丈夫です。ちょっと鼻はぴくっとしたような気がしましたが。

ダムもすっかり冬景色となりました。
さあ、みんな寂しがっているから帰ろうか・・・

オーストラリアからの仔犬

パーマリンク 2010/12/09 22:31:15 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 海外の友人たち

昨日、オーストラリアから仔犬がやってきました。
オーストラリアのエアデールテリアの第一人者、Tjuringa犬舎のKeithが初めて日本に送ってくれた仔犬です。新しい飼い主さんは東京の会員さんです。

彼女の前のエアデールは今年の夏前にレインボーブリッジに旅立ち、その後ずっと新しい縁ができるのを待っていました。
そして9月に生まれたこの仔犬が彼女の所に来ることに決まったのでした。
「楽俊」新しいこの仔犬の名前です。「十二国記」というファンタジー小説に出てくるキャラクターの名前だそうです。

一昨日、彼がオーストラリアを出てくる前日、手続き関係のことで問題がでて、一時は入国が遅れるかもしれないとドキドキしましたが、オーストラリアと何度もやりとりをした結果、みんなが迅速に対応したおかげで何の問題もなくスムーズに入国ができました。

新しい家についても落ち着き払った楽俊はバリケンの中から出てくることもなく、しばらくはそこで食べたり眠ったりしていたようです。長旅できっと不安だったでしょうが、怖がっている様子はなかったようでした。夜になって、バリケンからこっそり出てきた彼は、もうすっかり自分の家といわんばかりに落ち着いた態度だったということでした。

関東地区は多くの犬が年を取り、若い犬が少なかったので、きっとこれからは人気ものになることでしょう。私も会うのが楽しみです。

エアデールつうしん2010年冬号

パーマリンク 2010/12/08 21:58:18 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 海外の友人たち

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報エアデールつうしん2010年冬号が印刷所からできあがってきました。今回で第50号、ずいぶん長くやってきたものです。

まずは、秋期チャンピオンシップショーの報告、そして東京で行われたハロウィーンパーティの様子です。ハロウィーンパーティでは撮影会も行われ、その時に撮っていただいた写真も掲載されています。みんなとっても可愛いです(テンコーもね)。

今回のクラブセールは3ページもあります。もちろんスコットランドのAnn Curranのエアデールのクリスマスカードや、オーナメントもたくさん揃っています。

Airedale in the great warでは伝令犬とケーブル運搬の仕事をしたエアデールの話です。第一次世界大戦は人類史上初の世界大戦で、色々な兵器が使わるようになったにもかかわらず、戦術がついていかなかったので、参加国は大量の死者を出しました。そんな中で、今では考えられませんが、壊れた通信機器に代わって、犬が走ってメッセージを運んだりしたのでした。
色々な犬種が使われましたが、その中でもエアデールは一番役だったと書いてあります。

My Airedaleは軽井沢に住むテンコーの姉妹のフヌイユの話です。また、海外からこんにちは!は今回はセルビアの友人の話です。セルビアも政治的に難しい時期のあった国で、そんな時にもエアデールが力になってくれたことが書かれています。

世界のショーの中から、今回はワールドドッグショーにハワイのプレスとして参加したオーストラリアの友人Keithが、その時の話を書いてくれました。また、アメリカの最大のテリアのショー、モンゴメリ展のエアデールの報告もあります。

今回も盛りだくさんですので、皆さんお楽しみに!

悲しい知らせ

パーマリンク 2010/12/07 20:47:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち

10日ほど前、とても悲しい知らせを受けたばかりでした。
そして、昨日また悲しい知らせが飛び込んできました。

遠くルーマニアの友人、ラヴィニアが他界しました。彼女は2008年4月に日本に来て、我が家に1週間ほど滞在しました。その時からいつかはこんな日が来ることはわかっていましたが、まさかこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。
彼女はガンでした。20年前チェルノブイリの原発事故により、近隣諸国も多くの被害がありました。彼女のガンはそれが原因だと言うことでした。今でも多くの人がそうやって苦しんでいるそうです。

ラヴィニアはオーストラリアの友人キースから彼女が来日した数年前に紹介していただきました。その頃、彼女をクラブのチャンピオンシップショーの審査員として呼びたいと交渉していましたが、ちょうど発病した頃で、治療に専念することになりました。実は彼女は妊娠したことによって、発病がわかったのでした。でも妊娠中は治療ができず、治療のために人工的に早産しましたが、それでも治療が遅れたことが病気を悪化させることにもなったのかもしれません。
“日本に行けるよ”、彼女が連絡してきた時は、いったん治療が終わった後でした。

実は彼女は私のところで1週間ほど滞在した後、他の友達の所へ行き、彼らとあちらこちら旅行したりしてさらに2週間ほど滞在していました。
その友達は、ラヴィニアのお父さんの友達でした。40年以上前、その人はルーマニアに一人旅に出かけました。ルーマニアに着いた日、ジプシーの泥棒にすべてを奪われ途方にくれていました。そこを通りがかった大学教授だったラヴィニアのお父さんが声をかけて、助けてくれたのでした。以来、彼はラヴィニアのお父さんの無二の親友となり、幾たびもルーマニアを訪れています。ルーマニアに関しては第一人者であり、有名な写真家で作家です。

私は今日彼に電話しました。ラヴィニアのことは知りませんでした。来月またルーマニアに行くそうですから、きっとご家族に会いに行くことでしょう。

我が家に滞在した1週間の間に、私たちは色々なことを話し、とても仲良しになりました。
ある晩、とうとう病気の話をしました。とても元気そうに見えていたラヴィニアが実は深刻な状態だと知り、どうしても涙が出てしまいました。
彼女は涙も見せず、子どもが大きくなるまでぜったい生きてみせると言っていました。その想いに私は心から奇跡を願いました。

たった1週間でしたが、いっしょに過ごした楽しかった思い出がよみがえってきます。

甘えん坊マーイア

パーマリンク 2010/12/06 20:42:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

この週末はマーイアはどこにも連れて行ってもらえませんでした。
“今日こそわたし”と言わんばかりに“ヒュ~~”と泣いていましたが、
“マーちゃん、お留守番ね”、この一言でガックリ!

でも夜はマーイアが夫を独り占めする時間です。
“あー疲れた”、と夫がごろりと転がると、すかさずマーイアがそばにピタッとくっついていきます。
こんなところはマーイアは素直に態度が表せるので得ですね。
“マーイアは可愛いなあ・・・”
そりゃ、そう思います。こんな風だったら・・・

ダイアンにはこんなことはできません。甘えたくても素直に表せません。せいぜいそばでふざけながら“起きてよ~”とか“遊んでよ~”とむしろちょっと乱暴な甘え方です。
テンコーはダイアンの目があるので、素直に寄って来れません。
その点、マーイアはべたっと甘えてきます。前はウィローの目が少し気になりましたが、最近では案外平気のようです。

ウィローはどちらかというと、夫にそんな風には甘えないんですね。

今日はあまりにも暖かかったので、急にウィローとマーイアをシャンプーすることにしました。
気配を感じてすっーと逃げるのはウィローです。マーイアも以前はバタバタしていましたが、最近では自分から寄ってくるようになりました。
洗っている間も気持ちよさそうにじっとしています。マーイアが終わりました。
“ウィロー、ウィロー”、しつこく呼ばれると来ないわけにはいきません。尻尾を下げて、頭をうなだれてウィローがやってきました。
洗い始めると、やっぱり気持ちよさそうにうっとりしています。
綺麗になったふたりともしばらくお日様の下で自然乾燥しました。
さっぱりして良かったね。でも、私はちょっと腰が痛いです。

東海地区のエアデールテリアファンデー

パーマリンク 2010/12/05 21:07:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区の忘年会とエアデールテリアファンデーが愛知県の大府市で行われました。
JAあぐりタウン元気の郷は産直野菜のマーケット、和食レストラン、天然温泉が並ぶ大きな施設で、広い駐車場も次から次へと入ってくる車で常に満車状態です。

昨日、連れて行ってもらえなかったテンコーはまた今朝も私たちから離れません。
“昨日連れて行くって言ったよね!”
テンコーの目は私たちに念を押しています。

少し早めに着いたつもりでしたが、もうすでにカノンや他の皆さんも来ていました。忘年会は和食レストランで行われますが、まだ30分ほど時間があったので、カノンとテンコーの親子を連れてまず一回りすることにしました。

このあとしばらく車で留守番です。思ったよりもずっと暖かい日でしたので、窓をたくさん開けて、なるべく涼しいところに車を置きました。
“ちょっとだけ待っててね!”

和食レストランだんらん亭で忘年会が行われました。お店は普通のお席も長い行列ができていました。いつもならもっとのんびりしていますが、さすがに今日は車のワンコたちが心配で、食事が終わったらすぐに散歩に行くことにしました。

散歩会は道路を挟んで向こう側にある「あいち健康の森公園」です。
残念ながら芝生には犬は立ち入ることができません。
12月とは思えないポカポカ陽気の中、散歩にはぴったりの日和です。
“テンちゃん、太った??”
みんなから言われました。
“モコモコなだけです。。。”

園内には大きな池があり、その周りは1kmぐらいのジョギングコースになっています。

あちらこちらにベンチや休むところがあり、のんびりと散歩ができます。あおいちゃんはワンコと遊びたくて仕方がありません。テンちゃんはワンコ嫌いなので遊べませんが、カノンと遊ぼうね。

JAあぐりタウンに戻ってきました。こちらではちょうど大道芸をやっているところでした。ここでソフトクリームをみんなで食べてからお開きとなりました。
やっぱり、12月なのに外でソフトクリームが食べたいなんて、ちょっと変ですね。

  

瑞浪市民公園

パーマリンク 2010/12/04 20:38:35 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家の車のうち、1台はすでにスタットレスタイヤに変えていますが、もう1台はまだノーマルタイヤでした。こんなに暖かい日が続くと、もう少し先でも大丈夫かな?という気にはなりますが、やっぱり早めに変えておいた方が安全です。

朝から妙にテンコーが離れません。私たちが出かけることがちゃんと分かっているからです。
“テンちゃん、今日はお留守番ね。明日連れて行ってあげるから”
せっかくのアピールも台無しで、車に乗り込んだのはダイアンでした。

いつも行く瑞浪のタイヤ屋さんは、この時期になると超満員です。週末だと5時間待ちぐらい珍しくありません。それで開店30分前に行きました。さすがに一番乗りです。車のキーを渡すと、散歩に出かけました。今日は少し時間がかかりそうなので、瑞浪市民公園まで行ってみることにしました。

車ならたいした距離ではありませんが、歩いていくとかなり時間がかかります。交通量が少なくて、歩道のあるところを選んで歩いていますからなおさらです。公園近くまでくると、高速の下のトンネルを通らなければなりません。ここは歩道も狭く車がすぐ横を走ります。そしてトンネル内に車の音がゴーっと響き、犬が小さい頃は難所の一つでした。車がたくさん通るところを散歩することに、慣れていない我が家のワンコたちですから、ここを避けるためにもう一つ隣のトンネルを通っていました。ただ、こちらは車も通りませんが、ちょっと薄気味悪くてワンコと一緒でなければぜったい歩きたくないトンネルです。
今日もこちらの薄気味悪いトンネルの方に回り、ようやく市民公園までやってきました。

ここまで来るだけで、少々疲れました。ダイアンは元気ではしゃいでいます。

ここには化石博物館や陶芸資料館などがあります。以前、化石博物館の中へ入ったことがあります。色々面白かったような気がしますが、正直あまり覚えていません。。。

奥の方は工事中で行けないようです。そろそろ帰ろうか・・・

携帯が鳴りました。作業が完了した知らせです。しっかりと散歩ができました。

守ってあげるから

パーマリンク 2010/12/03 22:36:49 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午後からウィローをトリミング台に乗せてしばらくすると、何やら空が暗くなってきました。
今朝方の強い雨も止み、午前中は日も出ていたのに・・・
トリミングをしながら、大きな音でラジオをかけています。ポツポツポツと大粒の雨が降り出しました。遠くから雷の音が聞こえてきます。幸いなことにウィローはラジオの音と、トリミングされていることに気を取られてか、気づかないようです。
“このまま鳴りやんでほしい・・・”

突然ピカッと光るとほとんど同時にバババーンと雷の落ちる音。ウィローがアームに首をつったままトリミング台から飛び降りて逃げないように、とっさに抱いて押さえました。
“大丈夫だよ、ウィロー”
いくら励ましても、ウィローの怖い気持ちは変わりません。
風の少ないここですが、めずらしくものすごい突風が吹いています。外の大きなたらいが飛ばされました。台風よりもずっと恐ろしい感じです。

ウィローを下におろすと、床でトリミングの続きです。怖くて固く丸まったウィローをあっちへ向けたり、こっちへ向けたり。時々手を休めてぐっと抱きしめます。
隣でサークルに入っているマーイアがうらやましそうです。彼女も怖いんです。
ワンコ部屋の入り口では、やはりテンコーが柵に顔を押しつけて、私の方もじっと見ています。彼女も私のそばにいたいに違いありません。
雷が止み、少し落ち着くまでこの姿勢でトリミングしていましたが、腰が痛くなりそうなので、もう一度台の上に乗せました。

その頃にはずいぶんウィローも落ち着き、やっと安心したようでした。
“ほら、お母さんがいるから怖くないでしょう”

長時間ワンコ部屋にいたウィローとマーイアは、夕方からリビングの方に来ました。
ワンコのご飯を用意しているあいだ、ウィローがそばにくっついていました。マーイアはパソコンの部屋から出られないようにしてあります。
いつもなら、ワンコ部屋で仕度の間中大騒ぎしているウィローが、私の横で静かに待っています。
“この方が静かだなあ・・・”
そう思ったら、ウィローほどではありませんが、ワンコ部屋からヒャアヒャア声が聞こえてきました。パパ似のテンコーでした。

ウィロー君、せっかく綺麗にしたからお水でベタベタにしないで。

めずらしく濡れたデッキに座っているテンコー。お尻もモコモコで濡れていても分からないのかな???

5歳児といっしょ?

パーマリンク 2010/12/02 21:42:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

私がパソコンの前にいると、テンコーが狭いところへ強引に入ってきました。こんなときは決まって座り込んで、おもちゃが置いてある棚を見つめて“取って!”とアピールするのがいつものことです。ところが今日はなぜかこの狭いところで眠ってしまいました。
“こんなところで寝なくたっていいのに・・・”
他には誰も入って来れない狭いところなので、逆に安心しているのか、その寝顔は気持ちよさそうです。

先日のクラブのファンデーでのしつけ教室で先生が言った言葉。
“エアデールは5歳児といっしょ”
正直、少し驚きました。今まで3歳児ぐらいだと思っていたのが、5歳児だなんて。これは大きな違いがあります。3歳児はまだ赤ちゃんを卒業したかしないかぐらいですが、5歳児だったらずいぶん色々なことが理解できるはずです。(娘が5歳児の頃のことはすっかり忘れましたが・・・)

それ以来、何だかワンコたちが一段と賢く見えるというか、私のことをちゃんと分かって見ていそうで怖いです。
“お母さんのくせに・・・” そんなことを言われないように、人間の子どもの前では少し気をつけて行動していたはずです(本当に昔のことなのでよく覚えていませんが)
“飼い主のくせに・・・” ワンコたちはそんなことを思ったりしてるのでしょうか?そう思うと、ちょっと気が抜けなくなりそうです。。。

“マーイア、マーちゃん”
洗濯を干しながら、上からマーイアを呼ぶと、何だか冷めた表情でこちらをちらりと見ました。
“もうー、写真を撮りたいだけでしょう? つまんないことで呼ばないで”

君たち、あんまり賢くなくていいから・・・3歳児ぐらいで十分だよ。

3回目の12月1日

このブログを書き出したのが、2年前の12月1日でした。その日、私はメイプルといっしょに小里川ダムを散歩していました。彼女はまだまだ元気でした。
1年前の12月1日は庭で仲良く遊ぶメイプル、ダイアン、テンコーの姿がありました。1年でずいぶん老けて見えるメイプルですが、それでもよろよろしていてもまだしっかりしていました。
そして今日、もうメイプルの姿はありません。

私たちが80歳まで、犬が13歳まで生きるとすると、私たちは彼らの6倍ぐらい生きることになります。
すると、このブログを書いていた2年間に、ワンコたちは人間でいえば12年ぐらいの変化があったことになります。12年前、私はもっと若かったし、もっと元気だったし、もっと・・・
2年前、まだ2歳半だったテンコーも4歳半になり、私から見たらそんなに変わらない気がしますが、実は人間の12年分ぐらいは変わっているはずなんです。
そんなことを考えると、ワンコたちの変化の速さにあらためて驚いてしまいます。

来年の12月1日はまたワンコたちの生活も変わっていることでしょう。
私はまだその時もブログを書いているでしょうか???

2010年12月
 << < 現在> >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software