アーカイブ: 2010年9月

特技です

パーマリンク 2010/09/30 23:08:36 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

どの子もするようなことではなく、特定の子だけがすることがあります。
それは良くも悪くもその子の特技だと思っています。みんな同じ家庭で育っても、それぞれ特技が違うのは面白いことです。そして、それは年とともに変化していきます。どんどん上手(?)になる場合もあり、いつのまにかすっかりやらなくなってしまう場合もあります。

ウィローの特技は、何と言っても頭で物を倒すことです。何でも頭でツンツンとしています。
それが不安定な物だと、倒れてしまいますが、ウィローは分かっていて倒しているようなところがあります。特に、面白くないときはよくやっています。立てかけてあるトリミング台なども平気で倒そうとするので、ちょっと危ないときがあります。
でも、こんなことをする子は初めてなので、これは特技と認めましょう。

ダイアンは相変わらずデッキからリビングに入ってくる時は、まず自分が最初に入り、次にテンコーの足を拭いている間に横をすり抜けもう一度デッキに出て、トリーツを2度もらうという技をほとんど毎回しています。これがいつまで続くのか分かりませんが、むしろやらなくなったときの方が悲しくなりそうです。。。
トレーニングの失敗がこれをするようになった原因だったとしても、なかなか続けることは大変なことです。これも特技でしょう。

私が電話をかけている間のマーイアのイタズラも徹底してきました。電話で話し出した途端、近くにある毛布やクッションを振り回したり、引きちぎろうとしたり・・・。以前は夜に電話をかける時たまにでしたが、今ではほぼ90%の確率です。まあ、最近では被害が多くならないように、電話中にこそっとマーイアをケージに入れるようにしていますが。
そうそう、セールスの電話ではそんなことはしません。私が楽しそうに話をしているときです。
これもやっぱり特技でしょうか。

マーイアはこんな赤ちゃんじみたことも得意です。毛布を加えていますが、これは破るためではなく、お母さんのお乳を飲んでいるかのように目を閉じてチューチュ吸いながら、手を交互にモミモミしています。もう5歳だけど、こんなことをおばあちゃんになってもするのかしら?

マーイアの隣の絨毯はダイアンがビリビリにしました。これはダイアンの本当に悪い癖で、特技だなんて言いたくないけど・・・

朝の遠吠えはやめて

パーマリンク 2010/09/29 20:56:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

犬の学校の先生に、遠吠えの名人(犬)と太鼓判を押されたのはマーイアですが、実は困った遠吠えをするのはテンコーです。

“おぉぉぉぉ~~~”
夜明けとともに始まる遠吠え。始まりは必ずテンコーです。それにつられてダイアンも遠吠えが始まり、次に私たちのベッドの横で寝ている名人(犬)もそれに続きます。よほどのことがない限り、ウィローはあまり遠吠えはしません。我が家に泊まったことのある人なら、たいていはこれで目が覚めたはずです。。。

いつの頃からだったかは分かりませんが、もう数年にはなるかもしれません。その原因はもしかしたら、少し離れた家で飼っている鶏が“コケコッコー”と鳴くのに反応しているのではないかと思っていました。ところが、カノンがいる間は遠吠えをしなかったような気がします。
また夏の間や、メイプルが具合が悪かった頃、リビングに誰かが寝ていたときは、めったに遠吠えが始まることはありませんでした。
近くにいて、すぐに叱られると思うからやらないのか、それともそもそも遠吠えをするのは、私たちと夜離れていて寂しいのか、もしかすると後者ではないかと思うようになりました。

テンコーはウィローにそっくりで人のそばにいたくて仕方がないのです。だけど、夜はいつもワンコ部屋で寝ています。ダイアンはワンコ部屋が落ち着くのか案外好きなようですが、テンコーはそれが寂しくて我慢ができなくなるのかもしれません。
たまには交代させてやりたいと思うものの、今度はウィローとマーイアが悲しそうな声を出すような気がしてそれもできません。困ったことです。。。

ワンコたちを庭に出すためにデッキの窓を開けたら、ポロッとカマキリが落ちました。大きくて立派なカマキリだったので、写真を撮ろうとカメラを前に置くと、それに反応して怒っています。
あまりしつこくしていたら、ものすごい速さで逃げていきました。

カマキリがこんなに速かったなんてビックリしました。デッキの階段のところへ逃げたカマキリを見たら、逆さになって両手はぶらぶらしていて、足だけで身体を支えていました。

火が消えたようです

パーマリンク 2010/09/28 22:01:48 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

“お母さん迎えに来るよ”
この言葉に朝からソワソワしていたカノンです。庭に出ていても、時々道路が見えるところに行ったりしていました。テンコーもそれがわかるのか、かえっていつもより激しく“遊ぼうよ!”と誘っていました。

この若いエネルギーって本当にすごいものです。彼女がいることで、ワンコたちは動きがキャピキャピしていましたが、彼女が帰ったとたん我が家は火が消えたようです。
もちろん疲れているかもしれませんが、シ~ンとした我が家はワンコが4頭もいるなんて思えないほど。見もしないテレビをつけて音を出していないと、あまりの音の無さに息苦しくなりそうです。

朝、まだ濡れた庭でさっそくおもちゃを持って遊んでいるテンコーとカノン。

やっぱりテンコーに取られたおもちゃを、カノンは何とかしてもらおうとしています。

ダイアンはカノンが帰ってちょっとホッとしているのかな?

テンコーはモテモテ

パーマリンク 2010/09/27 21:23:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

朝起きたら雨が上がっていました。せっかくカノンがお泊まりなので、雨がやんでよかった。。。
午前中は少し庭も濡れていましたが、お日様がキラキラと辺りを照らし、いつのまにか日向にいるとホッとすることが不思議な気がしました。ついこの間までは日陰ばかり探していたのに・・・

カノンはいつもテンコーといっしょです。カラスを追いかけてテンコーが飛び回る後ろから、楽しそうについて回っています。

“ねえねえ、テンちゃん。何見てるの?”

あらら、テンコーの後を追いかけようと思ったら、通路にダイアンが寝ていました。別にダイアンは嫌がらせをしているわけではないと思いますが、そうかといってなぜこんなところに陣取っているのか??意識してしまったカノンは通ることができません。
しばらくすると、いつの間にかカノンはテンコーのそばに行っていました。ダイアンは相変わらず同じ場所に・・・横をえいっ!とすり抜けたのかな?

おもちゃを探してきたテンコーは、またそれを独り占めしています。カノンはつまらないので、手前の木の枝を追って振り回して遊んでいました。

テンコーが絶対におもちゃを渡さないので、新しいおもちゃを持ってきました。でも、それもまたテンコーが取り上げ、カノンも前のおもちゃにはもう興味を示しません。

彼らが遊んでいる間、ダイアンは私にべったり甘えていました。まるで、孫娘から“ばあちゃん、怒るからキライ”って言われたショックを癒しているかのようです。

夜、部屋の中でダイアンが盛んにテンコーの目をなめていました。
“テンちゃん、お母さんが可愛がってやるから・・・”
テンコーに対してこんな行動は滅多に取りませんが、ちょっと寂しくなったのでしょうか。

ダイアンの孤独感

パーマリンク 2010/09/26 20:30:45 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

“テンちゃん、遊んで”
庭に出たカノンはさっそくテンコーにせがんでいます。

“ちょっと待って。ダイアンもいっしょにね”
デッキの上にいるダイアンにテンコーは寄っていきます。ダイアンも嬉しそうです。

“なんか、ちょっと行きにくい・・・”
カノンはダイアンとテンコーのそばに行きたいけど、ダイアンに遠慮しています。昨日から少しダイアンに距離を置いているようです。

ダイアンとテンコーがデッキから下りてきました。どうやって仲間に入ろうか、カノンが躊躇しています。

テンコーが走り出しました。ダイアンが追いかけます。そのあとをカノンがついて行きました。
みんなで庭を走り回るのは、少しずつ苦手になってきたダイアンです。今までは誰よりも早く走れるダイアンだったのに、少しずつ速度が遅れがちになってきました。だから、遊ぶのは広い庭よりもデッキの上を好みます。これはウィローもそうかもしれません。

いつのまにかダイアンの姿が消えました。もういっしょに遊ぶには疲れすぎたのかもしれません。テンコーはいつまでもカノンの相手になっています。普段運動不足のテンコーにとっては良いことです。

庭の隅で、ダイアンは座っていました。
“もうあの子たちの相手なんかしてられないわ”
さすがに9歳と2歳の年の差は大きいものです。ひとりぼっちのダイアンが妙に孤独に見えました。

犬の関係も変化します

パーマリンク 2010/09/25 21:46:31 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーとカノンは親子です。テンコーは4歳半、カノンはもうすぐ2歳。普通ならいったん我が家を離れた子どもを子どもとしては認識しませんが、幸いにもカノンは定期的に我が家に訪れているので、ふたりとも自分たちの親子関係についてはしっかりと分かっているようです。

初めはこの間にダイアンを入れることはありませんでした。なぜならテンコーは、母犬のダイアンに対して頭が上がらないので、テンコーとカノンのせっかくの仲良しの関係が崩れることを心配したからでした。
しかしダイアンは9歳になり、徐々にテンコーへの力が薄れてきています。またテンコーとカノンの関係も強固なものとなり、よほどのことがない限り崩れるとは思えません。それでこの夏からダイアンもいっしょにさせるようにしました。
すると、カノンはダイアンにご機嫌を取り、ダイアンもうっとおしいながらもそれなりにカノンを仲間として許すようになりました。

そのカノンが今日からまた3泊4日で遊びに来ました。
このところ3頭の関係がうまくいっていたので、少し油断しました。3頭が庭で遊び始めて間もない頃、カノンのお母さんがデッキから庭に出ようとしました。
その時、嬉しそうに一番に駆け寄ったカノンにダイアンが怒ったようでした。
“ちょっと!何よ!ここは私の家なんだから・・・生意気だわ!”
いつもならカノンはすぐに“ごめんなさい・・・”と引くはずなので、ダイアンもそれ以上怒ることはありません。ところがその場に夫も私も居合わせず、カノンのお母さんだけがいたせいか、カノンが妙に強気になったんでしょう。
“何よ、ばあちゃんのくせに。お母さんがいるから平気だもん”、って言ったのかな?

ガウガウ言う声で、あわててデッキに出ると、ダイアンがカノンを押さえつけ、その周りをテンコーが心配そうにウロウロしていました。
“カノン、ダメじゃん。ダイアンの言うこと聞かなきゃ。あーどうしたらいいの?”、テンコーはそんな風に言っているのかもしれません。
夫がカノンを押さえ、私がダイアンのカラーを捕まえると、すぐに離れました。幸いケガもしていないようです。
それからはダイアンも気にしていますが、カノンも逆らわないので何とかうまくやっています。

しばらくはテンコーとカノンだけで遊びましょう。

ダイアンがいるときは小さくなっていたカノンも、テンコーとだけ遊ぶときははちゃめちゃです。。。

本当に乱暴なことをしたりしますが、でもちゃんと加減しているのです。これがやっぱり親子なのかな?

寒々しい・・・

パーマリンク 2010/09/24 21:47:32 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, レインボーブリッジのエアデールテリア

1週間ほど前からずいぶん涼しくなっていました。天気がよいと、日中は日の当たるところは暑くても、日陰は涼しく家の中だってもういくつか窓を閉めたままでした。
そして昨日、午後からキートンが遊びに来ましたが、キートンのお母さんと初めのうちは“涼しいねえ・・・”って話していたのに、しばらくするとそれは“寒いねえ・・・”に変わりました。

今の時期が一番寒々しい感じがします。冬になってしまえば、家の中はファンヒーターやホットカーペットで暖められ、外に出るときは暖かい服装をします。ところが今はまだ暖房もしていなければ、リビングの夏用のラグも冷たく感じられ、扇風機を見るだけで寒気がしそうです。

ワンコたちは庭に出ると、今まで日陰ばかりにいたのに、もうどこでも好きな場所でのんびりすることができるようになりました。これからは今までよりもたくさん庭で過ごすことができそうです。

この辺りの雑草はダイアンのお気に入りですが、マーイアもダイアンと同じように壊れかけた花壇の上に乗って草を食べています。横のひょろりとした棒は、カクレミノが枯れたものです。
カクレミノは愛知県に住んでいた頃、庭に植えてありましたが、どんどん大きくなって丈夫な木だと思っていました。ところがここでは全然育ちません。冬を越えることができないのです。もう完全に枯れちゃったみたいですね。

元気の良いマーイアは、いつにもまして走り回っていました。

ウィローも一緒になってふざけていましたが、やはり追いかけっこは無理なのか、デッキに上がってしまいました。

電気ってありがたい

パーマリンク 2010/09/23 20:27:45 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

夕べは夫を迎えに行こうとしたら、またしても雨が強くなり、ドドドーンと雷も鳴り出しました。結局私はウィローとマーイアを車に乗せ、夫を駅に迎えに行きました。車で走っている間もその雨と雷は続き、前の見えない山の中を運転するのが精一杯の私。幸いウィローもマーイアも後ろの席で小さくなってじっとしていました。

一夜明けてもまたしても不安定な天気です。朝食が終わった頃、またしても強い雨がふり出し、雷が鳴り始めました。雷は夕べにもますひどさ。近くにも落ちたようです!!あわててパソコンとテレビを消すと同時に家中の電気が消えました。停電です。
このところ、停電になってもすぐに復旧するので、きっと今日もすぐ付くだろうとたかをくくっていました。
ところが・・・1時間たちました。まだ電気は消えたままです。中部電力へ電話すると、こちらまで来てくれるとのことでした。
もう1時間たちました。誰も来ません、もちろん電気もつきません。もう一度中部電力へ電話しました。すると、この辺り一帯が停電で、今原因を探しているとのことでした。
それから更に1時間以上過ぎて、突然電気がつきました。

電気がないと、パソコンもテレビも使えないし、ガスもない我が家はお茶も飲めません。。。本当に電気ってありがたいですね。

ちょうど、停電が解消した頃、名古屋からキートンが遊びに来ました。雨も少し上がったようです。マーイアはキートンが来た途端に、嬉しくて飛び出していきました。

次に、ダイアンとテンコーがお出迎えです。ダイアンはキートンを独占しようとして、テンコーを行かせないようにしています。

少し遊んでいたら、すぐにまた雨が降り出し、あっという間に再び土砂降りになりました。

恐怖は伝染する?

パーマリンク 2010/09/22 21:11:50 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“マーちゃん、何見てるの?どうしたの?”
マーイアが尻尾を下げて、エアデールパークの方をじっと見つめていました。
先日の熊のお知らせ以来、私の目は常にキョロキョロと四方八方に動いています。マーイアの後ろから、私もじっと目をこらしてしてみました。いつの間にか、息も止めていました。

夕方、ダインとテンコーを庭に出すと、裏庭の方で何やらふたりで地面の匂いを嗅ぎ回っています。
“何かいるの?”
そっーと近寄ります。その時、テンコーが驚いて飛び退きました。私もビクッとして同じように後ろに飛び退きました。
テンコーの前足に枯れ葉がくっついていただけでした。彼女はそれにびくついて手を振り払っていました。
“もー、弱虫!”

夜になりました。途端にものすごい雨と雷が襲ってきました。
しまった!ウィローはワンコ部屋です。すぐにウィローは怖くてこちらの部屋に来ようともがき始めました。その様子を見てマーイアも怖がっています。ダイアンとテンコーも興奮し始めました。

ワンコたちの部屋を入れ替えたり、興奮を静めたり、私だって“ドドドーン”と雷が鳴れば恐ろしい。
でも、あまりにバタバタとしていて、恐怖を感じる暇もありませんでした。

雷が静まって、そろそろ30分近くたちますが、ウィローはまだ私にべったり。私が動くと、ウィローの目が恐怖で泳いでいます。
そろそろ、夫を駅まで迎えに行かなければ・・・留守番、大丈夫かなあ・・・

次から次と・・・

パーマリンク 2010/09/21 22:39:32 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ワンコと暮らすのに油断は大敵です。残念ですが、分かっていてもたまに失敗することがあります。

昨日の話です。帰りの車の中は、2番目の席にテンコー、一番後ろのバリケンの中にダイアンがいました。朝来るときは2頭いっしょに2番目の席にフリーの状態でいましたが、帰りはゆっくり休めるように分けて乗せました。
途中、休憩をしたあと、今度はダイアンが2番目、バリケンにテンコーと交代しました。それが、油断でした。

ダイアンは以前にも興奮したときに、車のドアをかじったことがあります。そのためこの車では、フリーにしたまま留守番させたりすることは絶対にありませんでした。

休憩したサービスエリアを後に、ガソリンスタンドに入りました。ここはセルフではないので、当然ながら従業員が車の横に寄ってきました。今はほとんどがセルフのスタンドなので、こんな状況になることを忘れていました。
近づいてきた従業員に、ダイアンは思わず警戒感を深め、吠える代わりに一発車のドアをガブッと・・・
ただ1回だけでしたが、穴が開きました。。。

家に帰ると、一日中留守番していたウィローとマーイアは大騒ぎでした。夕食後も、マーイアは“退屈だったよー”、と言わんばかりにふざけて寄ってきます。
ウィローが“僕、本当につまらなかった・・・”、と甘えようとしてもマーイアが目の前で邪魔しています。
あまりにしつこいマーイアについついウィローも切れ気味で、めずらしく軽いいさかいが起こりました。
その時に、ウィローの歯がマーイアの耳に触れたせいで、耳の先が切れ出血しました。ちょうど前日獣医から抗生剤と止血剤をもらって飲んでいたところでしたので、この傷にも効くことでしょう。

私たちに叱られたウィローはふてくされ、マーイアは“やられた、やられた”とばかりに私たちにべったり甘え、疲れて帰ってきた私たちはより一層ぐったりしました。

今日は誰も彼もが疲れたとみえ、一日中静かなこと。夕方、テンコーもようやく疲れが取れたようです。

マーイアも日中はよく寝ていましたが、夜になると俄然元気が出てきました。何とかしてゴミ箱を倒してイタズラしようと試みています。

トリミング勉強会関東地区1回目

パーマリンク 2010/09/20 23:18:31 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの秋のトリミング勉強会が今日から始まりました。まずは関東地区からです。
今回は学校法人シモゾノ学園 国際動物専門学校の実習室を貸していただきました。朝6時にダイアンとテンコーを連れて出発です。都内へ入る車も思ったよりも多く、駒沢公園近くの学校へ到着したときは10時少し前でした。

今日の勉強会は、学校の先生もたくさん参加してくださったので、会員さんが愛犬を連れてくるのとは別に、ダイアンとテンコーをモデル犬として講義も行いました。
実は、ダイアンのお父さんはEng.Ch.Saredon Fire Danceで、その犬リッキーはこの学校にいました。彼が日本に来たばかりの時に、メイプルを連れてここへ来たことを思い出しました。先生の中にもリッキーを知っている方はたくさんいらっしゃって、皆さんダイアンを見てとても喜んでくださいました。

午前中はテンコーをモデル犬に、午後はテンコーは他の方のトリミンググレードのテストのためのモデル犬になっていたので、ダイアンを講義に使いました。

そのあとは、それぞれ参加犬を使って、修正しながら説明をしていきます。

よくがんっばったダイアンとテンコーに、帰りのサービスエリアでちょっとご褒美です。

全体に混んでいたので、家に着いたのは夜9時でした。夫も、ワンコたちも、私も、みんなお疲れ様でした!

猫と熊 

パーマリンク 2010/09/19 21:04:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

先日、市の健康推進課(?)のようなところから電話がありました。
内容は2週間前ぐらいから、うちの地域で夜になると大きな犬が小さな動物を追い回しているような物音がして、それが夜中の3時頃まで聞こえるという連絡が入ったということでした。
我が家のワンコたちは夜中に庭に出ることもありません。まして外に放すなんてことはあり得ません。ちょっと遠慮がちに聞いてくる職員に文句を言ったわけではありませんが、少しガッカリしました。
それよりも、その話が本当だとして、その大きな動物が犬じゃないとすれば・・・

今日はマーイアを獣医に連れて行きました。まだ時期ではないのに、少し出血があったので心配になったからです。
“ニャーーニャーー”、ドアの外から聞こえてくる猫の声に、診察台に乗っていたマーイアは首を右に左にかしげています。めったに聞くことのない猫の声に不思議そうな顔をしています。

診察室から出ると、すぐ目の前にケージに入った猫が盛んにないていました。さすがにマーイアは“ウオンウオン”、と興奮して吠えました。
私は叱った後、横に座らせて身体をなでながら落ち着かせました。“良い子だね~”、これですぐにスイッチが切れました。
“マーイア、本当に良い子じゃん!!”、ちょっと、得意そうな表情です。
もともと猫にはあまり興味がなかったからかもしれません。。。

帰りに少しだけ小里川ダムで散歩しました。

暑いけど、せっかく来たから歩きたいよね。

でも、さすがに元気の良いマーイアも暑そう!

夜になって、市の有線からお知らせが流れました。
「市内で熊の目撃情報がたくさん寄せられています。出かけるときは気をつけてください」

えー!!それじゃないの?この間言っていた話は・・熊が夜中に走っているのかも・・・

静かな一日

パーマリンク 2010/09/18 21:12:55 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

“最近、あまり鷹がいないなあ?”
“暑いからじゃない?”
以前ワンコたちと近所を散歩すると、その近くに鷹の巣(?)のようなところがありました。
そのせいか我が家の上空でも毎日のように飛んでいましたが、たしかに最近あまり姿を見ないかもしれません。
“鷹がいなくなったら、ヘビを食べてもらえなくなるから嫌だなあ”
もう少し涼しくなったら、また空を優雅に飛んでいる姿が見れるかな?? 

近所を散歩して、エアデールパークへ寄るだけでも満足そうなワンコたちです。

夕方、庭に出たワンコたちといっしょに、夫も私も少しだけのんびり・・・
毎日見る日の入りは、毎日違っていて、その度にきれいだなあ・・・とじっと見つめてしまいます。
夫が言いました。“のんびりしたところで、生活できていいねえ。きっと100才まで生きるよ”
そうだといいけれど・・・

ウィローは私が庭に出ると、後ろから“お菓子ちょーだい”と腰につけたトリーツ袋をつっついて、何度も何度もせがみます。お爺さんになってきたせいか、この食べ物をねだるのが楽しみのようです。
君ものんびり長生きしようね。

広島のレオン

パーマリンク 2010/09/17 20:33:09 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

一昨日のことになりますが、夫は広島に会社の出張に出かけました。めったに広島へ行くことはありませんが、せっかくだからと夜、ウィローとダイアンの息子レオンの家を訪問しました。
レオンのお母さんは、他のお友達といっしょに我が家まで、数回は勉強会やショーに参加するために来てくださったことがありますが、遠距離なのでそんなに何度も来ることはできません。

久しぶりにレオンに会ったのに、すぐにトリミングを始めたので、ワンコはちょっとがっかりだったかもしれませんね。お母さんがあらかじめ抜いておいたので、数時間でできあがったようですが、ずいぶん夜遅くまでおじゃましていたようでした。

夕べ、写真とメールをいただきました。その中から引用します。

「あと一息、もう一手間掛けていれば、それなりに綺麗に仕上がっていたようなのですが、イマイチ詰めの甘い私の性格がもろに出ていて、なんともお恥ずかしい限りで。。。
トリミングの本を見たり、通信を見てなんとなくやっているのと、やはり実際に横で見ながら教わるのとでは、理解の度合いが全く異なりました。

以前、そちらに足を運びトリミングを教わった時に比べ、私自身も自己流ではありますが、レオンが我が家にやって来てから何度も自分でトリミングを行ったからこそ、おっしゃる意味合いがすんなり受け入れられとのではないか。。。と思っています。

遠方の為、なかなかクラブの行事に参加したり、他のエアデールと触れ合う機会も少ないのが、本当に残念です。」

勉強会にほんの少ししか参加していないのに、よく頑張っています。
でも秋にはまたお友達といっしょにこちらへ遊びに来てくれるとか・・・楽しみにしています!

なぜここなの?

パーマリンク 2010/09/16 20:56:21 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家のエアデールテリアたちはダイアンとテンコー、ウィローとマーイアの2組に分かれています。
こうやって分けていると、お互いにいがみ合っているように見えますが、実際状況次第ではいっしょにいることも可能かもしれません。ただ、こちらも神経を使い、いっしょに過ごすワンコたちもストレスを抱えるので、めったにそんなことはしません。

一番危ないのはマーイアとテンコーです。小さい頃あんなに仲が良かっただけに残念ですが、お互いに4歳と5歳で自信がついてきた年頃ですから、無理なことはしないでおきましょう。
ウィローとダイアンは、いっしょにいたところで、まず接触はないでしょう。ただ9歳を過ぎた子たちにそんなストレスを強いることもないですから。

その2組がワンコ部屋とリビングを行ったり来たり、なるべく公平にさせています。そうは言っても、夜はダイアン組はワンコ部屋、ウィロー組は私たちの寝室ですから、その辺はちょっと不公平かもしれません。
どちらもリビングの方が好きで、こちらに来るとすぐにワンコ部屋の近くでわざと挑発する態度をします。ケンカを売ると、私に叱られるので、このワンコ部屋がよく見える位置で無言の圧力をかけています。何もこんなところで寝なくても・・・“私はこっちだわ!”って自慢しているのでしょうか。また数時間後には入れ替わるのに・・・

これはウィローもダイアンもテンコーもよくする行動です。常に誰かがここでワンコ部屋を見張っていると言ってもいいかもしれません。マーイアだけがこういった挑発をしないのは、やはりウィローが怖いからでしょう。

今日のような雨で外にもあまり行けない日は、ワンコたちも退屈で、これがまた一つの遊びになっているのかもしれません。

雷にブルブルブル

パーマリンク 2010/09/15 21:17:10 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

“ダダダーン!”
午前中、曇りとはいえ雨が降りそうな天気ではなかったのに、突然の雷と雨。
エアデールテリアクラブ オブ ジャパンのホームページの更新作業をやっていた私は手が離せません。
口先で“大丈夫、大丈夫”、と言いながら視線はパソコンに向いていました。
何としても今日中に終わりたいと思うと、ワンコたちにレスキューレメディを飲ませる時間も惜しいかのように動くことができませんでした。

“んー、たいしたことない・・・”
雷は一度っきりで終わったようです。また作業に没頭します。外はものすごい雨のようです。
いつのまにか、私の横にはマーイアがピタッとくっついていました。
どうやら、また雷が鳴ったかな?作業する右手は止まりません。
左手でそっとマーイアの身体を軽くなでました。
“もう終わるから大丈夫・・・”
一瞬、私の手が止まりました。小さな身体が小刻みにブルブル震えています。マーイアを見ると、身体を本当に小さくして怖くて震えているのです。
その後ろに、ウィローがこれまた不安な顔をして私をじっと見つめていました。
“僕だって怖~い”

いつも元気で、飛び跳ねているマーイアがこれほど怖がって・・・思わず抱きしめそうになりました。
でも、ちょっと待って。
“怖いの?怖いの?大丈夫~”、と優しく言えば言うほど彼らは不安が増すはずです。
私は忙しさにかこつけて、少々知らん顔してパソコンの作業をしていました。口では相変わらず気のない言い方で、“大丈夫だよ”とは言っていましたが。

いつのまにか、マーイアもウィローも消え、雨も雷も静かになりました。今日はレメディなしで大丈夫でした。

山の秋は急激に

パーマリンク 2010/09/14 21:43:22 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝6時過ぎ、道路の温度計は15度。Tシャツ1枚では寒いはずです。

先日友達から“どの季節が一番好き?”、と尋ねられました。私はすかさず“ぜったい秋!”、と答えました。すると、“秋はちょっと寂しい感じがしない?”、と聞かれました。
確かに四季を一日でたとえるなら、秋は夕方のような感じかもしれません。私が好きなのは山が秋色に染まった豪華な秋で、今はまだ中途半端ですね。
こんなことを思い出しながら、まだまだ緑にあふれた山の中を、ウィローを車に乗せて運転していました。

今日はウィローを獣医に連れて行きました。数ヶ月前に気づいた首のところのしこり、こちらはしばらく様子を見ることになっていますが、もう一つ、数週間前に顔におできのような膿んだ跡があるのが見つかりました。ちょうど目の下のところで顔の毛で隠れていたので、気づいたときにはもうすでにかさぶたになっていましたが、それがいつまでたってもきれいにならないので、先生に診てもらうことにしたのです。

獣医のところでもウィローは嬉しそうです。診察台の上でじっとしていることが楽しいはずはありませんが、せっかくの私とのお出かけを喜んでいるのか、ウィローはよい子ぶっています。
“ウィロー、帰りにどこかへ行こうね”
朝、家を出るときはあんなに涼しかったのに、お昼近くになったらびっくりするほど暑い。
“ウィロー、これじゃあどこも散歩は行けないよ”

結局、小里川ダムまでどこも寄らずに帰ってきました。ここで少しだけ散歩しよう。
車から降りても日陰はどこにもなく、少し歩いただけでウィローも本当に暑そうです。
“もう、無理無理。帰ろう”
ウィローも素直に私の跡について車に戻ってきましたから、やはり暑かったんでしょう。ダムの近くの道路の温度計は31度を示していました。

15度から31度、夕方になって頭痛がしてきたのはその温度差が原因かもしれません。
夕方、庭に出たウィローは、今日は満足そうな顔をしていました。

ウィローとマーイアのトリミング

パーマリンク 2010/09/13 21:55:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“ねえ、ウィロー見てどう思う?”
“ん?”
“ほら、よく見て”
“何?”
夫は気づきません。今日はウィローを3時間もトリミングしたのに・・・
“前から綺麗だった・・・”
嘘ばっかり、かなり伸びていました。

昨日は午後からマーイアのトリミングをしました。ウィローとマーイアでは、牡と牝、一番大きい子と一番小さい子でかなり大きさが違っています。マーイアの方が伸び伸びだったのに、ウィローをやるよりもずっと早くできあがり、綺麗になりました。

来年になればすぐに10歳になるウィローは、毛の質も落ちてきて、なかなかきれいにトリミングできなくなってきています。若い頃のことを思い出しながらトリミングをしていると、誰もが年を取るんだ・・・と妙にもの悲しくなってきました。

やっと終わって夕方庭で過ごします。
ウィローの表情がちょっと文句言いたげです。
“疲れたよー”

ウィローのトリミングの間、サークルで待っていたマーイアは、ようやく解放されて大喜びです。またひとりで庭中駆け回ってはしゃいでいました。

最後の水遊び

パーマリンク 2010/09/12 20:20:22 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ワンコたちも野菜をしっかり食べる我が家にとって、野菜は必需品で、人間のためよりもワンコのためにたくさんの野菜を買って来ます。いつもできる限り旬のものを買うようにしていますが、今の季節はかぼちゃはかかせません。玄関にはいつもかぼちゃが2つぐらい転がっています。
また野菜はできるだけ直売所のようなところで買うのが好きなので、スーパーでは直売所で変えないものを買い、あとは直売所で買っています。

ちょうどそんな野菜のストックがなくなったので、ワンコを連れて野菜を買いに行くことにしました。
道の駅のモンゴル村の販売所にも野菜が多くあります。その下に流れる川での水遊びはもう最後かもしれません。

テンコーは後ろに乗ったはずなのに、ちゃっかり助手席にきてしまったので、今日は私がダイアンと一緒に後ろに乗ってきました。
野菜を買っている間もふたりともお利口に待っています。

川に入ると、ダイアンは積極的です。
“ダイちゃん、深いところで練習してごらん”
そう言って促すと、ダイアンは深いところへ挑戦します。
半分泳いで、半分歩いてるかな?

顔を見ても楽しそうです。

今度は夫がダイアンを別の方へ連れて行ったので、私がテンコーを連れています。
“テンちゃん、もうちょっとこっちへ行こうよ”
ちょっと固まっています。水に対してはテンコーの方が臆病のようです。

ちょっと深いところに行ったら、あわてています。
どうやらテンコーは川の周りを歩いている方が楽しいようです。

もうこれで今年の水遊びは終わりかな?まだ暑かったらもう一度ぐらい連れて行きたいけど・・・

朝のエアデールパーク

パーマリンク 2010/09/11 21:31:33 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今日もまた暑くなりそうです。朝のうちにエアデールパークへみんなを連れて行きました。
ここは木陰に覆われ、まだまだ涼しい時間です。
隣の土地から雑草が容赦なくフェンスを突き抜けて進入してきます。ダイアンとテンコーがちょこちょこ食べたって減っていきません。。。根気よくハサミで切って取り除くしかありません。

パークに来てからもダイアンもテンコーもほとんど動きがありません。写真を取るのも簡単。“テンコー、こっち見て”、これですぐにシャッターが切れます。

今度はウィローとマーイアがやってきました。マーイアはここに来たとたん、走り回る構えを見せています。

ウィローはじっとしているので、やっぱり写真を撮るのは簡単です。

何かしら動いているマーイアの写真を撮るのは本当に大変です。いつもボケてばかり・・・こんな時、もっと速い動きがきれいに撮れる新しいカメラが欲し~い、と思います。

それだけ走ればのども渇くよね。水を飲んでいる間がやっと動きの少ない時間、ようやく写真が撮れました。
でも、やっぱり動きの多いマーイアの姿を綺麗にとらえたいなあ。。。

出迎えはウィローとマーイア

パーマリンク 2010/09/10 20:32:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

裏庭にいたマーイアがエアデールパークの方を見て、何やら緊張しています。まるで何か見つけたみたいに・・・
“どうした?マーイア”
突然走り出し庭中を回ります。でも特に何かあったわけではなく、ちょっとそんなフリをして遊んでいただけのようです。

“あーあ、退屈・・・”
“じゃあ、いっしょに迎えに行く?”
夕方、韓国の出張から帰ってくる夫を迎えに瑞浪駅まで行くことになりました。
車の後ろの席にはマーイアだけでなく、ウィローもいっしょです。
“ハアハア、ゼエゼエ”、夕方とはいえ、車の中は日が当たり暑そうです。来ない方がよかった、なんて思っているかな?

夫を出迎え、嬉しそうなふたり。帰りにはちょっと小里川ダムへ寄りました。

右手を見ると、もう少しで日が山に落ちそうです。ちょうど日陰で風も通っていたので、ダムの上を散歩してきました。

“ウィちゃん、私たちだけ来れて良かったね”
今日は期待していなかったけれど、突然の楽しいことに満足そうなウィローとマーイアでした。

融通の利かないエアデール

パーマリンク 2010/09/09 21:10:41 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

リビングのテーブルとその横に置いてあるマッサージチェアの間には隙間がありますが、それは微妙な隙間です。何となくワンコも通り抜けられるような気がするようですが、絶対に無理なんです。更にマッサージチェアもテーブルも非常に重くて、ちょっとぐいぐいとやって動かせるようなものではありません。

私はクラブのイベントの案内を封筒詰めするために、ソファとテーブルの間に座り込んで作業をしていました。
ダイアンがいつの間にか、私の右手にいました。ここから抜け出るためには、ソファの上を歩いて超えていくか、ソファの裏側に回って抜け出るかのどちらかです。そのどちらも特に狭いわけでもなく、難なく出られるはずです。
ところがダイアンが選んだのは、一番の難所のテーブルとマッサージチェアの間でした。身体を半分入れると、その狭い海峡のようなところにぶつかります。ここさえ抜けれれば向こう側に行けると思うんでしょうね。じっと考えています。
“ダイアン、無理だって。そこは通れないよ。後ろから行って”
“・・・せーの・・・”
面白いことに、ダイアンは少しバックすると、弾みをつけてまた海峡に飛び込みました。
思わず笑えました。弾みをつけたからと言って絶対に通り抜けできないし、第一両方とも堅いので、身体がぶつかったら痛いだけです。

結局、私が立ち上がって彼女のために通路を開けました。
こんなところが、エアデールの融通の利かないところで、他のワンコたちにも見られるところです。
賢いと言われているエアデールのなのに、思わず“バカじゃないの?”、と言いたくなるのはこんな時なんです。

あっ、もしかして、ダイアンは私が動いて道を空けるように演技したのかも??“バカじゃないの?”って思いながら・・・
*****************************

昨日の朝、雨の中濡れないところで、座り込んで動かないダイアン。

今朝はさわやかだったので、ダイアンも嬉しそうな顔をしています。

テンコーもだんだん頑固そうな表情になってきました。

バンブーとレオン

パーマリンク 2010/09/08 21:01:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

昨夜から滋賀県に住むバンブーと、広島県に住むレノンのお母さんからメールとともに写真が送られてきました。

バンブーはメイプルとウィローの息子で、先日8歳のお誕生日を迎えたばかりです。
こんなお手紙が添えられていました。
「早いものでバンブーも8歳になりました。ほんとうに早いですね。
今日は台風の影響で少し暑さが和らぎ、我が家の庭にも風が通っていきます。バンブーは早速庭に出て遊んでいます。エアデールテリアは本当に遊ぶ天才ですね、8歳になってもなお好奇心旺盛です。」

バンブーのお母さんは毎年バンブーの誕生日にお祝いをしています。“今日の主役は僕!”、誇らしげな表情です。

お母さんの手作りのケーキです。果物がいっぱいで美味しそう~
楽しい誕生日でよかったね。

レオンはダイアンとウィローの息子で、テンコーの兄弟です。
この格好は我が家でもよく見る姿。テンコーにそっくりです。

お母さんががんばってトリミングしたよって写真を送ってくれました。やっぱり顔もテンコーに似ているような気がします。

小さなカエル

パーマリンク 2010/09/07 21:54:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨夜はすっかり秋めいて、窓を閉めないと寒いぐらいでした。
さわやかな朝、ワンコたちといっしょに少しだけ庭仕事をしました。こうやって私が庭にいると、ワンコたちも嬉しそうなんです。
マーイアはひとりでテンション高く、聞こえてくるオートバイのエンジン音を追いかけて、庭を行ったり来たり走り回っています。久しぶりに走るというよりは跳んでいましたが・・・
涼しいので身体が軽いのかもしれません。

庭の隅で小さなカエルを見つけました。そういえば、もう少し前でしたが、小さなカエルがたくさんいたときがありました。落ち葉と同じような色なので、見つけにくいのですが、庭を歩くとパラッパラッと足下から逃げていく姿がありました。本当に小さくて、赤ちゃんのようでしたが、いったいどこで生まれたんでしょう?家の周りには水もなく、少し離れた田んぼから来るにはあまりにも小さすぎて、第一国道を渡ってこないといけません。
きっと側溝にたまった雨水の中で卵がかえったのでしょう。

私はカエルは好きではありませんが、あまりに小さくてキャアキャア騒ぐほどでもありません。それに同じ天敵を持つ身として、ちょっと同情する気分にもなります。ただ彼らがいることで天敵がやってこないかと、それだけが不安です。。。

2,3年前だったか、我が家のどこかに住みついたのか、毎晩ワンコ部屋のドアの外側にちゃんと座っているヒキガエルがいました。これはまあまあ大きくて気持ち悪かったので、数回長い棒で部屋からつついたことがありましたが、それが全然逃げる様子もなく、とりあえずつつかれたら数十センチ場所を移動するだけでしたので、私もとうとうあきらめました。
不思議なことにワンコたちはそのカエルの横を通っても知らん顔でした。私同様に最初はちょっと気にしたようでしたが、きっと近づくと危険だよ、って匂いでもしたのかもしれません。

裏庭のコンクリートの上で寝ていたウィローが、そばにやってきました。どこで寝ててもいっしょですが、私のそばがいいようです。
砂利の上は痛いのか、雑草の上に横になりました。カエルつぶさないで。少しはマーイアといっしょに動いたら?? 

勘違いだよ

パーマリンク 2010/09/06 21:04:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“あーあ、また天気だ・・・”、朝起きてカーテンを開けながら思わずそうつぶやいた。
人間なんて勝手なものだから、天気が続けばたまには雨が良いと思い、雨ばかり降ればお日様はいったいどこへ行ったの?とうらめしく空を見上げる。
ここはいくら暑いと言ったって、町の方と比べたら全然涼しい。こんな程度で“今日もまた暑いのか・・・”、なんてため息ついていたら、町に住んでいる人に申し訳ない。

何はともあれ、朝から天気が良いとワンコたちも元気です。雨が降っていたら、おしっこに庭に出るのだって嫌がる子たちも、窓を開けると嬉しそうに外へ飛び出していきました。

そういえば、この週末は久しぶりにワンコたちとお出かけをしませんでした。土曜日にダイアンとテンコーはエアデールパークへ行きましたが、まあこんな近くでは行った気がしないかも。そのせいもあって、比較的ワンコたちがうるさかった。ストレスがたまっているというのではなくて、出かけるかもしれないという状況がワンコたちをワクワクさせて興奮させてしまうのです。マーイアが悲しそうな声で泣くのも、連れてってほしい・・・とアピールしているのかもしれません。
どうやらその続きなのか、今朝も妙にバタバタしています。何だか勘違いしているみたいです。夫が休みでどこかへ遊びに行くって。

彼らの勘違いしている原因は何なんでしょう?今日の夫は、仕事だけどいつもより少しだけカジュアルです。と、言っても夏の間はジャケットを着ているわけではないし、ほとんど変わりません。
それがワンコたちに“休みだー”と思わせているのか??
駅へ送っていく私が出かける姿を見て、ワンコたちからため息が聞こえたような気がしました。

マーイアが変

パーマリンク 2010/09/05 20:59:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“ハアハアハア・・・”、夜になってマーイアの息づかいが荒く、ちょっと苦しそうです。それほど部屋の中も暑くはなく、何より他の子たちはみんな静かにしています。

カノンが泊まった頃から、私たちはリビングで布団を敷いて寝るようになりました。メイプルが具合悪かった頃もそうしていましたが、今は2階の寝室よりも1階のリビングの方が涼しいからです。
ダイアンとテンコーはワンコ部屋、ウィローとマーイアはリビングの方で寝ていますが、キッチンやパソコン部屋のケージの中、キッチンやリビングの床など、好きなところに寝ているようです。
マーイアは寝る前から落ち着かず、ハアハア言いながらウロウロしていました。

そして夜中にもハアハア言いながら夫を起こしました。デッキで水をガバガバ飲んで、庭に下りていきました。しばらくすると戻ってきましたが、部屋に入れてもまたハアハアと落ち着きがありません。
結局朝方まで落ち着かず、私たちも朝起きたときは寝不足となっていました。
やっと静かになったマーイアは、めずらしく私たちの布団の上でグーグー寝ていました。お腹でも痛かったんでしょうか?こんなところで寝るなんて、きっと不安だったんでしょう。

今日になって、マーイアはまた元気を取り戻し、いったい夕べは何だったのか???
私たちは昨日とは打って変わって、ほとんど一日中家の中で仕事です。
マーイアはソファに乗ることを覚え、クッションの中に沈み込みように気持ちよさそうに寝ています。

ウィローも一人用のソファを陣取り、扇風機の風に気持ちよさそうです。

テンコーは午後から4時間ぐらいトリミングをされ、そのあとダイアンとふたりシャンプーをされました。
“乾いたら、リビングに入れてやるから・・・”
せっかく綺麗にしたのに、水を飲んだらまたおひげがベタベタです。。。

8歳のお誕生日おめでとう!

パーマリンク 2010/09/04 20:52:33 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

今日はメイプルとウィローの子どもたちの8回めの誕生日です。
お誕生日おめでとう!

メイプルは当時4歳で2回めの出産。ウィローにとっては初めての子どもたちでした。その子たちがもう8歳になるのですから、ウィローもおじいさんになっても仕方がないですね。
これからもみんな元気で長生きしてください!

彼らの1年前に生まれた9歳のダイアン。夫が外で庭木の手入れをしているのを見つめています。
“今日は遊びに行かないのかなあ?”

朝の9時頃から、草刈りをしたり、雑草を抜いたりずっと外で働いていました。
“もう日が当たっているから終わりにしようよ”
木の間の向こうの方で、まだ夫は終わりません。

エアデールパークのテンコーは涼しいところでじっとしています。
ここへ来て走ったのは、来た時にほんの数分。カノンがいないとダイアンもテンコーもちっとも動きません。
パークの外は日が当たっていて、いかにも暑そうでした。

テンコーそっくりだね

兵庫県に住むテンコーの息子マイティのお母さんと電話で話をしました。
その中で、水を飲むときの話題が出ました。マイティは水を飲むのがとっても下手で、ガバガバ口を動かして、水を含んだまま顔を上げたりするので、そこら中が水浸しになってしまうと言っていました。

それって、テンコーそっくり・・・元はといえば、ウィローそっくりです。
私の知っているエアデールの中で、男の子はこのタイプが多いような気がします。だからずっと男の子は水を飲むときはベシャベシャで、女の子は上手に水が飲めると思っていました、メイプルが来るまでは。
メイプルの激しい水の飲み方に、女の子でもこんな子がいるんだとびっくりしたものでした。それまでのエアデールにはそんな飲み方をする子はいなかったので、夏になっても口の周りはすっきりしていました。
メイプルは子どもの頃や若い頃は、器の中に手を入れて水をかき出しながら飲んでいましたから、本当に困ったものでした。特に運動後など水がいっぱい飲みたいときは、この飲み方が出てきます。でもいつの頃からかそんな元気の良い飲み方はなくなりましたが、最後まで周りにこぼしながら飲んでいました。

テンコーはもう少し違っていて、どちらかというとよりダイナミックです。ダイアンもマーイアもそれほど気になりませんから、そこそこ上手に飲んでくれているのに、テンコーが飲んだ後は本当にそこら中水浸しです。
カメラを向けたら、急に意識して静かな飲み方です。。。

“えっ?テンコーの悪いところが似たのね。良いところはないの?”
“良いところはいっぱいありますよ!”
良かった。その中の一つぐらいテンコーゆずりのところもあるかも???

してやったり

パーマリンク 2010/09/02 21:43:12 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ウィローはとにかく私たちの近くにいるのが好きです。それがリビングならリビング、ワンコ部屋に私がいるならワンコ部屋。それで納得して良い子にしています。ところが私がリビングにいて、ウィローがワンコ部屋にいるときが一番嫌いのようです。食事の準備をしているときも、私といっしょにキッチンにいるなら、吠えることなく静かに待つことができても、ワンコ部屋にいると大騒ぎです。

ウィローがワンコ部屋で文句を言うときは、必ず柵に立てかけてある網を鼻でつついて倒してしまいます。この不安定に立てかけてある網というのは、なかなかワンコにとっては嫌なもので、ダイアンなどは近づきません。その“近づかない”ために、置いてあるのですから、それを鼻で倒すなんてもってのほか。最近ではその倒し方に迫力が出てきました。まるでちゃぶ台をひっくり返す昭和のお父さんのような態度で、荒々しくガシャーンと倒すので、他のワンコたちもギョッ!としています。

最近では悪いことにこの網を倒しておいてから、柵を乗り越える芸当まで覚えてしまいました。もっともこれは不安になったときに、どうしてもリビングに来たくてするわけですが、柵とドアの間の半畳ほどのスペースにはまりこむと、身動きが取れなくなる恐れがあります。私が家にいるときはいいのですが、留守番の時にそんな状況になるとかわいそうです。

今日は午後から出かける予定があり、ワンコたちはみんなお留守番です。
みんなをどこに置いておこうか迷いました。誰もいないときは窓を開けておけないので、閉めてクーラーをかけていかなければなりません。天気予報では夕立があるかもしれないと言っています。
ウィローをリビングに置いていって雷でも鳴れば、おびえたウィローが皮のソファをガリガリガリ・・・あーいやだ、想像だけでも恐ろしい。やっぱりウィローはワンコ部屋にしよう。でも、もしまた柵を乗り越えたら・・・
ふと、気づきました。こうやって、網を柵とドアの間に入れてしまえば、倒すこともできなければ乗り越えることもできない。どうしてこんな単純なことが浮かばなかったんだろう。。。

これで安心して出かけることができました。家に帰ってきてからも、網を鼻でツンツンできないせいか、いつもより静かなウィローに大満足。
“さあ、おしっこしたら今度はリビングに交代しようね”

ウィローとの知恵比べに勝ったような気持ちになった私は、ちょっとウキウキしていました。
“ウィロー、今日は良い子だったねー”
ウィローといっしょにリビングに入ってきたマーイアが、その間にそっとキッチンに行き、流し台の上に置いてあった買ってきたばかりの調理パンを3つ食べてしまうまで、私はボッーとして気づくこともありませんでした。。。

メイプル・・・

“メイプル・・・”
思わず涙があふれてきました。

朝からダイアンのトリミングをしていました。あともう少し、顔をやったら終わりです。
前から顔を見ながら慎重にいらない毛を取っていきました。すると、そこに現れたのはメイプルそっくりの顔でした。

“私だよ・・・”、急に泣き出した私を見て、ダイアンは怪訝そうな顔です。
ダイアンはどちらかというと、あまりメイプルには似ていないと思っていました。ところが、年を重ねるにつれ、ダイアンの中にメイプルの姿がだぶる時がでてきました。

父犬と母犬と半分ずつもらっているのですから、50%ずつ似ていてもおかしくないわけですが、そんな単純にはいかず、どちらかに片寄って似ることが多いような気がします。

我が家で繁殖した犬で残した子は5頭です。一番最初のレッドはお母さんのペリには似ていませんでした。これは見た目だけの話です。お父さんにそっくりでした。ラフティもまたペリにはあまり似ていなかったような気がします。お父さんはショーで見るだけでしたが、やはり似ていると思いました。

そしてメイプルの子のダイアンとマーイアですが、見た目にはどちらかというとマーイアの方がメイプルに似ています。性格もそうかもしれません。ただマーイアの父犬のウィローが身近にいるせいか、ウィローによく似たところも性格を含めて気づくのかもしれません。
テンコーはダイアンとウィローの子ですが、私は絶対にウィローに似ていると思います。それでも、先日カノンが来て、親子三代いっしょにいると、みんなそっくりに見えたりします。

結局みんな似ているところもたくさんあるけど、どの子も1頭ずつ違っているのです。
“ダイアン、すっきりして綺麗になったよ”

2010年9月
 << < 現在> >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS