アーカイブ: 2010年6月

まとわりつくふたり

パーマリンク 2010/06/30 22:47:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ウィローマーイアはなぜかよく私にまとわりつきます。
庭にいても私が外に出ると、すぐにまとわりついてきます。ダイアンとテンコーももちろん寄ってきますが、ちょっと感じが違います。テンコーはどちらかというと同じようにまとわりつくタイプですが、ダイアンが少し違うのでそんな感じがするのかもしれません。

午前中10時を過ぎると、そろそろ外は日が当たって暑いので、家の中に入ります。私が洗濯を干すために2階に上がると、ウィロ-とマーイアが付いてきました。何か期待しているのでしょうか?そうでもないようです。こんなに外が暑いと出かけるとは思っていないかもしれません。

掃除機を持って歩くと、またまとわりついたふたりがじゃまです。時折こつんと掃除機が当たったりしますが、気にしないでまだ付いてきます。
ようやく家の仕事が終わっても、まだそばにウロウロしています。

今日は外は暑そうですが、蒸し暑さがなくカラッとしています。風もけっこう入ってくるので、気持ちいい日です。部屋の中に揺れるカーテンが私は好きですが、どうやらウィローはこれが怖いようです。

夕方6時を過ぎると、外もすっかり涼しくなりました。さあ、これからまたウィローとマーイアを庭で一走りさせましょう。

ラフティのこども

パーマリンク 2010/06/29 21:45:55 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

先ほど連絡が入りました。
私たちの3番目のエアデール、ラフティの子どもで13歳のダリが亡くなりました。北海道のキッピスの同胎犬です。
13年前この子たちが生まれた頃、私たちは愛知県に住んでいました。その頃はラフティのお母さんのペリ、お姉ちゃんのレッド、そしてビーグル犬のビルがいっしょでした。ラフティは今のマーイアのようにいつまでたっても子どもっぽい犬で、お母さんになるのが遅れて、仔犬を生んだときは5歳でした。
陣痛が来ても産室にも入らず、横に敷いてあった私たちの仮眠用の布団の上で生もうとしたぐらいですが、いざ仔犬が生まれるとしっかりといいお母さんをしたものでした。

この同胎犬は私の3回目の繁殖犬でしたが、なぜかみんなで一斉に腰を丸めて部屋の中をかけずり回って遊んでいました。後にも先にもこんな遊び方をするのはこの子たちだけでした。

ダリがまだ若い頃の写真です。彼女はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの第2代目のチャンピオンになりました。

先日はちょうど関東地区のトリミング勉強会の前に、やはり悲しい知らせが入りました。東京のデュフィが同じく13歳で亡くなりました。私の繁殖犬ではありませんでしたが、ずっと関東のイベントにはいつも参加してくれていました。
この写真は6年ほど前、デュフィが7歳頃の写真です。

私たちの周りには老犬も多いので、仕方がないことではありますが、悲しい知らせがよく届くようになりました。寂しいですね・・・
みんなレインボーブリッジへ行って、仲良く暮らしてください。
ご冥福をお祈りします。

恵那の「ますき」

パーマリンク 2010/06/28 21:56:54 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, 私のお気に入り

昨日、友達が帰ってから夫と買い物とランチを食べに恵那に行きました。恵那に着いたとたんに、むわっと蒸し暑い空気がまとわりつきます。
“何これ?、こんなに暑いの?”
確かに我が家も蒸し暑かったとは思いますが、これほどではありません。
“何食べる?”、急に食欲が落ちそうです。ぐずぐずしているうちに12時を過ぎ、どこもかもお気に入りのお店は満員です。駐車場の車を見るだけであきらめなければなりません。
大好きな「きじや」さんもわざわざ駐車場に車を止めて、見に行きましたが、なんとお休みでした。

ところでこの駐車場、すぐに戻ってきた私たちから料金は取りませんでした。別にお店の専用駐車場ではないので、親切にしていただいてありがとうございました。

結局、もう一つお気に入りのお店を思い出し、恵那駅の近く「ますき」へ行ってきました。ここは先日行った「みむら」とは同じお店ですが、メニューが少し違っています。

ますきの方が和食がメインで、すべて手作りで家で食べているような感じで、安心していただけます。
天丼は山のように積まれた天ぷらがおいしそう!

ランチのおまかせ和膳です。ここは茶碗蒸しも家庭の味がして、私は好きです。食欲がないといいながら、しっかり食べてしまいました。

夕方はデザートのチーズケーキを作りました。友達に教えていただいたレシピが超簡単で、今回で2回目です。見栄えはもう一つですが、これが味は本格的。
“私にもケーキが作れる!”と、ちょっと嬉しい一品です。

今年の収穫

パーマリンク 2010/06/27 21:45:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今年も我が家の梅の収穫時期がやってきました。毎年、名古屋から友達が来て収穫していきます。
今年は春の低温の影響により、梅の実が例年に比べて本当に少ないです。わざわざ来て収穫するほどあるだろうか・・・

雨が依然降り続く中、友達がやってきました。マーイアの一番のお気に入りの友達です。
私たちが彼らのことを話していたので、マーイアには誰が来るのかわかったようです。興奮して切なそうな声で呼んでいます。彼らがリビングに入ると、柵で仕切られた隣の部屋のマーイアは柵を壊さんばかりに喜んでいます。
“いい?座ってね”、柵を開けるとマーイアが尻尾をちぎれんばかりに降って二人に突進していきました。あんまりバタバタするので、写真もきれいには撮れませんでした。。。

次にウィローが挨拶します。マーイアに比べたらずっと静かですが、それでも身体全体で喜んでいます。
隣のワンコ部屋では、ダイアンとテンコーが悔しそうに吠えていますが、みんな順番に挨拶していたら時間がかかりすぎです。また今度にしてね。

さあ、みんなで雨合羽を着込んで梅の収穫です。庭の中に1本、フェンスの外に4本ありますが、よくなっている木は決まっています。庭の中の1本は、ワンコたちがよくもたれかかって立ち上がり、下の方の梅を取ったりしていますが、いつもはとってもたくさんの梅がなります。ところが、この木も今年は少ないようです。

今年の収穫はペットボトル6本入りの箱、これだけでした。一つ一つの実はかなり大きくて、結構いいものでした。友達が家で計ったら11kgあったそうです。だいたい例年の半分から3分の1ぐらいでした。

少なかったとはいえ、収穫するのは楽しいものです。来年はもっとたくさんなりますように!

どのタイプ?

パーマリンク 2010/06/26 21:44:09 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

少し昨日の話の続きのようですが、「イタズラ」というか「盗み食い」をするのはどんな状況下でしょうか。

1.私たちが見ていたらしないけど、見ていなければする。
2.私たちが見ていないところではしないけど、見ているところでする。
3.私たちが見ていようと、見ていなかろうがチャンスがあればする。
4.どんな状況下に置かれようとも盗み食いなどは絶対しない。

我が家のワンコたちを当てはめてみると、うちのように多頭飼いの場合は力関係にも左右されますから、本当にそれがその子の性格かどうかはわからないところがあります。年齢によって、また周りの犬たちの状況によって変わってくるでしょう。ということで、“今のところは”という前置きがつきますが、残念ながら我が家には4はいません。

マーイアは言わずもがな3ですね。ウィローとテンコーはよく似ていて、1でしょう。このふたり、私たちにどう見られてるかが気になるようです。人間なら良い子ぶって陰で悪さをするタイプかもしれません。
さて、難しいのはダイアンの2です。たとえば、昨日のように私が台所から離れても、ダイアンはまず行き過ぎたことはしません。せいぜい下に落ちたものを拾うぐらいです。ところが、リビングで私たちが何かを食べ出すと、横から顔を出して強引にでも取ろうとして叱られることがしばしばです。
これは、“甘えれば何とかもらえそう”と思うのか、それとも“とれたらラッキー”とこちらを甘く見ているのか・・・そんなとき、テンコーはダイアンが怖いので、少し離れたところで座ってよだれを垂らしています。
結局叱られるのはダイアンです。
「テンコーだってお利口に待ってるでしょう!」
でも、よく考えたらダイアンが盗み食いしたことあったっけ???
そう思うとそんな性格ですね。ダイアンって。

せっかく予定のない週末なのに、雨ばかりでワンコたちも退屈そうです。ウィローもこうやって寝てばかりいるか、

起きていてもこんなことぐらいしかすることがない。。。

甘やかすとつけあがる

パーマリンク 2010/06/25 21:58:47 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 私のお気に入り

“何かほしいの?お腹すいた?”、
流し台に手をかけて立ち上がるテンコーに、こんな言葉をかけていました。仔犬がお腹にいると思ったから、ずいぶん甘やかしました。。。テンコーはこんなことはしなかったはずです。それがいつのまにか・・・
偽妊娠だとわかってから、余分なものを与えるのをなるべくやめています。ぽっこりした身体がこれ以上にならないように・・・それでもお腹がよくすくのかガツガツしています。

台所でガサガサ物音がしています。“こらーーーー!、だれ?”、
あわてて見に行くと、ダイアンが離れたところで、まるで自分が叱られているかのようにおどおどして、テンコーの方をチラチラ見ています。“私は何もしてないよー”
テンコーはといえば、台所の流し台にあった三角コーナーごと床に落とし、そこから野菜の切れ端を取り出しています。さすがにそばに行くと、テンコーは逃げていきましたが、態度は堂々としています。
“まあ、見つかったけど仕方ないや”、とでも言いたげです。

話はそれますが、これがもしマーイアだったら?せっかく床に落とした三角コーナーをそのままにして逃げていくなんてことはあり得ません。それごとくわえて逃げるか、それともその中のゴミをできるだけ口の中に押し込んで逃げるかのどちらかです。
テンコーはこういうことをしないから、台所でも自由に振る舞えたはずなのに。これじゃあ、これからは相当気をつけないとこの悪い癖はなおりません。甘やかしたツケは大きいです。

ウィローのトリミング、ダイアンとテンコーのシャンプーをしたら、すっかり腰が痛くなってきました。こんな時はワンコのご飯作りだけで十分です。人間は夫を駅まで迎えに行った帰りに外食にしましょう。
いつもより帰りが少し早かったので、恵那の「みむら」に行ってきました。味噌ヒレカツ定食です。

デザートは夫がトップスのチーズケーキを買ってきてくれたので、今からいただきます!ワンコたちにはやらないよ!

一日一時間

パーマリンク 2010/06/24 21:41:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

たった一日一時間でいいから草むしりをしたら、こんなにはならないだろう。
草だらけになってきた庭を見つめて、呆然としそうです。雨がしっかり降ったあと、今日のような天気がいいと、草が伸びないわけがありません。

昨日一日中パソコンの前に座っていたので、今日は外の空気に触れたくなりました。ウィローとマーイアを連れてエアデールパークに行きました。中へ入ってびっくり。雨で無惨に落ちた葉っぱや小枝、そこら中から出てきた草、極めつきは隣の敷地から伸びてきたササ。ちょっと来ないだけで荒れています。
ポツンとエゴノキの花が一つテーブルの上に落ちていました。
咲いていたんだ・・・辺りを見回しましたが、他には見つけられませんでした。ウィローとマーイアをここに置いて、庭の草むしりをするつもりでしたが、何だかメイプルがここにいるような気がしてきました。

昨日はほぼ一日ワンコ部屋にいたウィローとマーイアは、私にかまってもらいたくて付いて歩いています。
少しだけここで草むしりをすると、あとはこの2頭と思いっきり遊び回りました。私が走ると、追いかけてきます。

ボールを投げると、珍しくウィローが追いかけ取りに行きました。

こんなわずかな楽しい時間が彼らの心の中で大きな満足感につながっているのでしょう。
1頭ずつ、うんといっぱいなでてやりました。ウィローが安心して私に体を預けてきました。
ふと、またメイプルを思い出しました。もう一度メイプルが好きだったように、むぎゅっと抱きしめてやりたい。

結局、一日一時間の草むしりは、また明日からということで・・・
あっ、でも明日はできたらウィローのトリミングがしたいなあ。

Wildernessのホームページ

パーマリンク 2010/06/23 21:40:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“あーあ、雨だ・・・もっと寝よっと!”
そんな風に思っているのかいないのか、我が家のワンコたちは雨の朝の目覚めは遅い。
いっしょに寝室で寝ているウィローもマーイアも、私に声をかけられて起き上がります。
“おしっこ出ないよー”、雨の中を“はい、いってらっしゃい”と言われるのがいやなのか、ちらっと私も見ています。
“ダメダメ、はい行って!”、ウィローもマーイアもデッキの上から下りようとしません。
私も雨の中に少し出て、はいはいと手で行く合図をすると、仕方なしに下におりて大急ぎで用を済ませます。

こんなスタートを切った今朝、Wilderness Airedalesのホームページのトップページを修正することにしました。
トップに載っていた家族の写真を新しいものにしました。メイプルも載せたかったけど・・・
みんなの写真をブログで使ったものから探していると、メイプルの写真ばかりに目がいって、なかなか作業がはかどりません。
次に色々触っているうちにあちらこちらがガタガタになってしまいました。それを直すのに一苦労です。

いつのまにか、雨が上がって外は日が差しています。それまで窓も閉め切っていたら、少し暑くなってきたので窓を開けましょう。
私もワンコたちと庭へ出て少し休憩。
じっとつまらなさそうに寝ていてダイアンとテンコーも、雨が上がって嬉しそうです。

“テンコー、何食べてるの?”、その声にダイアンも“何々?”と寄ってきました。テンコーが下を向いて、こっそり食べていたのは落ちた青梅でした。。。

また作業開始です。
一昨年テンコーの仔犬たちが生まれたとき、何本かの動画を作り、YouTubeに投稿しました。それをホームページに載せました。
たいしてたくさんの作業ではなかったのに、結局一日がかりになってしまいました。

せっかくがんばったので、ぜひWilderness Airedalesも見に来てください。

なんとまあ・・・

パーマリンク 2010/06/22 21:53:14 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

昨夜のこと、
“おい、マーイア来てるぞ!”、と夫の声。
“えっ?やっぱり”
私も昨日の日中何度も“ん?”、と思ってティッシュを当ててみたりしましたが確認できませんでした。ところが、夜になってそれは確実になりました。

メイプルが亡くなって火が消えたように静かだった我が家でしたが、テンコーが妊娠したかも?とまた笑いが戻ってきたところでした。毎日テンコーに“赤ちゃんどう?”、とお腹をなでて話しかけ、1ヶ月後に生まれるかもしれない新しい命から、力強いエネルギーをわけてもらえることを楽しみにしていました。ところがそれが偽妊娠だとわかり(私の強い思いからテンコーもその気になってしまったのかもしれません)、再び火が消えかけそうな思いになりました。

そしてマーイアを交配しようと決心したら、なんとまあ、すぐにシーズンが始まりました。もしかすると、こんな風になっていたのかもしれません。
今日は出血もかなりあるので、リビングに来るときはパンツをはかなければなりません。このパンツがマーイアは嫌いです。前はかじって壊していました。今はもう少し上手になって壊さなくても脱げるようになり、すぐにどこかに脱ぎ捨ててしまいます。しかたがない、なるべくワンコ部屋にいてね。

もちろんウィローもマーイアといっしょにいてやってね。
ウィローはリビングに来たいばかりですから、ちょっと不服そうです。不機嫌なウィローにマーイアは安全地帯に逃げ込みます。

ウィローもちょっとフンフンとお尻の臭いを嗅いでいましたが、まだまだあまり気にならなさそうです。ウィローは去勢をしてからピーピー言う度合いがずいぶん減りました。女の子ばかり3頭もいますから、これはウィローにとっても私にとっても楽になりました。

さあマーイアもお母さんになれるといいね。

不正はイヤ

パーマリンク 2010/06/21 22:31:37 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

どんなことだって我慢します。飼い主の言うことなら・・・と思うけど、不正はイヤ。ずるいのは許せない。そんなワンコがマーイアです。

夕飯の支度や食事時にマーイアがリビングにいるときは、さっそく隣の部屋に入れられます。
マーイアが台所にいたら、なんの支度もできないからです。
“えっ?私だけ?”、ちょっぴりつまらないけどお母さんの言うことだから我慢します。
何もすることないなら、部屋に置いてあるバリケンに入って寝てよう。そうやって、静かに待っていたマーイアが急にリビングとの間の柵の前で“ヒョオー”、と吠え出しました。
ソファに座っていたウィローが動き出したからです。ウィローは食事の支度を始めてもじゃまもしません。危ないこともしません。だから自由にできます。
“マーちゃん、こっちに来るには邪魔したらダメなんだよ・・・”
ウィローは何もしないのに、ただウロウロするだけでマーイアは怒れてきます。
“ウィローだけ、ずるい!”

ウィローも同じようにケージか他の部屋にいたら、マーイアは平気です。みんな平等に扱ってもらいたいだけです。いや、自分が贔屓されるならそれはもちろんOKです。

マーイアもちょっとモコモコしています。今日はトリミングするつもりでしたが、ちょっとしそびれました。明日はできるかな?

ウィローはいつもマイペース。私たちが誰をどのように扱おうと気にしません。他の犬のことはお構いなし。いつも見つめているのは私たちのことです。

関東地区トリミング勉強会

パーマリンク 2010/06/20 22:19:58 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区のトリミング勉強会が行われました。春の勉強会として2回目の開催です。いつもは5月に行われますが、今年は夫の海外出張が重なり6月の開催となりました。暑いかも?と心配しましたが、曇っていたせいもあり、多少蒸し暑さはありましたが、時折風が吹き夕方まで何とかワンコたちもへこたれずにがんばれました。

今日は私もいっしょに行きました。さすがにここから川崎市まで往復となると、朝6時半に家を出て、帰ってきたのは夜9時と強行軍でしたが、久しぶりに関東地区の皆さんとワンコたちに会えて嬉しかった!
昨日のショックを引きずっているので、我が家のワンコを連れて行く元気がなく、かわいそうでしたが、うちの子たちはお留守番でした。

ブーアはメイプルとウィローの子です。久しぶりにあって喜んでくれました。ずいぶんモコモコでしたが、さっぱりしました。

ブレッドもメイプルとウィローの最後の子で、マーイアのたった一人の同胎のお兄ちゃんです。彼もモコモコでしたが、だいぶきれいになってきました。

ポルちゃんも妊娠しているかもしれないと思い、ストレスをかけないようにとトリミングしていなかったので、やっぱりモコモコ。

マルちゃん14歳とヒメちゃん10歳の親子です。マルちゃんは長寿犬としてクラブから表彰されました。副賞はスコットランドのAnn Curanのすてきなイラストのマグカップです。今日はマルちゃんを連れてきたので、あまり長くいることができなくてトリミングはできませんでした。

残念でした。。。

パーマリンク 2010/06/19 21:07:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーを獣医に連れて行きました。結果はどうやら偽妊娠のようでした。
妊娠の兆候はたくさんありました。意地汚さがいつもよりひどくなったり、体もポッテリしてきたり、何よりもお乳は妊婦そのものです。。。ただ、やっぱりお腹があまり大きくなかってので、心配はしていました。
テンコーの従兄弟のポルもどうやら入っていなかったようです。本当にダブルショックで残念です。
実際、テンコーもポルも交配の日にちが若干早かったのですが、今まで我が家ではできなかったことがなかったので、軽く考えていました。

ウィルダネスの仔犬を待っていてくださる多くの方、本当にごめんなさい。
次回のテンコーは絶対に失敗しないようにしたいです。その前に、近々シーズンが来る予定のマーイアを交配することにしました。今までなぜかテンコーよりも1つ年上なのに、赤ちゃんのように思ってきたマーイアですが、一度お母さんにしてみようと思います。

帰りの車中は言葉もなく重い空気が広がる中で“ヒューンヒューン”、ダイアンのいつものどこへ連れてってくれるの?という喜びの声だけがむなしく聞こえていました。
それに応えて小里川ダムに寄りました。

すっかり妊娠した気のテンコーは、大きなお乳になってかわいそうです。。。
“テンちゃん、飛び込もうなんてダメよ!また、仔犬は生まれるから・・・”

サポートセンター

パーマリンク 2010/06/18 21:07:40 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

パソコンが壊れてから新しいのに変わるということは、すべてが一からやり直しということになるので、やっぱり本当に大変です。
何かを設定するにも前のものを見ることもできず、ましてバージョンが変わっていてせっかく書き留めていたものがあっても、半分ぐらいしか役に立たないこともありました。
そのため、今回は色々なサポートセンターに本当にお世話になりました。

このサポートセンターって以前に比べると、つながるまでに押すボタンの数が増えたような気がします。以前より複雑になったということなのか、それだけでもストレスがたまります。いったいいつになったら機械じゃなくて、人の声が聞けるだろう??って。

パソコンを始めた頃(Windows3.1でした)、右も左もわからずに始めたのですが、当時はサポートセンターなんてなかったような気がします。ニフティの会議室で「テリア倶楽部」に入っていたので、その中でパソコンマニアの方から色々と教えていただきました。当時はそんなところにいるのはほとんどマニアだったような・・・私のような素人はいなかったかもしれません。あれから20年近くたちましたが、その後も特に勉強したわけではないので、あいかわらずパソコンは素人です。でも今ではサポートセンターがあるので、何とか助けてもらいながらできるようになりました。

さて、長い間待たされてようやくオペレーターが出ると、あまり色々ありすぎて、「えっ?私今どこのサポートに電話してるんだろう??」とか、「何聞くんだっけ?」等々あわててしまいます。そんなとき、たいていの会社は皆さん親切なんですが、たまにそっけないというか、面倒くさそうに答えられたりすると、それだけでまたあわててしまったりします。
また内容によっては、サポートする範囲がパソコンの会社だったり、ソフトの会社だったり、通信会社だったりがお互いに微妙にかぶるときがあります。それを「こちらじゃないからあちらにどうぞ」のような感じで言われると、本当にがっかりします。
反対に「これは他に聞いた方がよかったかな?」と思うようなことでも、親切に色々考えてくれて、その結果できるようになると、感謝の気持ちでいっぱいになります。

とにかくすったもんだありましたが、90%作業は完了しました。

お昼近くになって雨が降り出しました。晴れと雨を繰り返して、庭の木はジャングルのようです。外も見にくくなりました。

明日、テンコーを獣医に連れていきます。

番犬してないね

パーマリンク 2010/06/17 22:03:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

“ピンポーン”、夕方5時半頃、突然玄関のチャイムが鳴りました。
突然というのは、何も予兆がなかったということです。普通ならワンコたちは家の中にいても、チャイムが鳴る前に気づくことが多く、吠えないまでも何かしらアクションを起こしたりしますから、“あっ、誰か来たかな?”とわかるものです。

それが、庭にウィローとマーイアがいて、ワンコ部屋にダイアンとテンコー、それも窓が開いているのに、みんなボッーとしていたようです。
チャイムが鳴って私が出て行こうとすると、ダイアンとテンコーのあわてている様子が見えました。
“えっ?誰か来た?”
“だって、あいつら吠えないじゃん”
誰かが庭にいるときは、その子たちが先に番をしていてくれるとでも思っているのでしょうか?なかなか怠け者です。。。

窓の外に目をやると、ウィローの姿がちらりと見え、全然向こうの方を見ています。まだ何も気づいていないようです。

パン屋さんは、“えっ?どうしたの?今日は誰もないてくれないよ”、とびっくりした面持ちです。パン屋さんが帰るときになって、ようやく気づいたウィローが外で吠えていました。

日中日の当たるところは暑くても、今日のようなからっとした日は、むしろ昨日や一昨日よりも過ごしやすく、我が家はまだ窓を開けるだけで十分快適に過ごせます。
ワンコたちも日中は家の中で、気持ちよく寝ていました。ウィローとマーイアも庭に出たばかりでした。みんなちょっとボッーとしていたね。

突然マーイアが背中をスリスリし始めました。どうやらミミズかなんか小さな虫を見つけたようです。それに体をなすりつけています。

“マーイア、やめて!汚いよ”、言えば言うほど体をくねらせてあちらこちらにスリスリ。

これを一番よくやるのがマーイア。そういえば、ウィローがやっているのを見たことがありません。

右腕が痛い・・・

パーマリンク 2010/06/16 21:47:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

夕方になって右腕が痛いことに気づきました。
思い当たることはいくつかありますが、その中でも有力なのは昨日電動草刈り機を使ったことでしょう。エンジン草刈り機に比べたら一回り小さいし、軽いはずですが、それでもバランスを取りながら持ち上げていると、確かに腕にきます。

もう一つ考えられるのは、パソコンのやりすぎ。先週パソコンが壊れて、昨日の夕方やっと新しいものが届きました。突然壊れたので、大事なファイルなどはバックアップが取ってありますが、ホームページ作成やメールに関するものはすべて失われました。
昨日の夕方から、とにかくすべてセットアップを始めました。今朝も早くからパソコンの前に釘付けです。
Windows7になって、ソフトが幾分変わったものもあります。バージョンが変わると、設定までが大きく変わったりして、一つ一つつまずきながらの作業です。まだホームページを触ることもできません。とにかく今晩中に何とかしたいと思っていますが、そろそろ頭までフラフラしてきました。
こんな日は、ワンコたちはよーくわかっているので、決して邪魔はしませんが、少しでもワンコたちとの時間が私にとっては休憩時間になります。これがないと、完全にパソコンから離れられません。

お昼近くなると、ぬれていた庭もすっかり乾き、蒸し暑さが戻ってきました。

ウィローの優しい笑顔は癒しになります。

やっぱり右腕が痛いのは電動草刈り機のせいでしょう。でも、肩が痛いのはパソコンかもしれません。

雨が降る前に

パーマリンク 2010/06/15 22:11:55 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

どうせ無理だね、と思いながら“えいっ!”っと、回してみると“スポッ!”っと外れてしまいました。
5月末に我が家で行われたエアデールテリアファンデーの少し前、愛用の電動草刈り機を使っていたら、突然ナイロン糸が切れ、その糸が巻いてある部品が固く閉まってしまいました。乱暴な使い方をするので、よく起きることなんですが、何かの加減でふっとまたあいたりします。そこがあかなければ糸を取り出すこともできず、モーターも回りません。
それ以来、たびたび挑戦してみますが、それは固く閉まったままでビクともしませんでした。

それが、なんということか今朝あいてしまったのでした。
“えっ?こんなに蒸し暑いのに、草刈りなんていやだ~”
雨が降ると思っていたら、朝からいい天気ですが、めずらしく蒸し暑くて嫌な日です。それなら、試してみなければよかったんですが・・・

でも、せっかく使えるようになったということは、やっぱり“雨の合間にがんばれ!”って天のお声かなあ。。。
エアデールパークの前だけでもやっておかないと、怖くて行けなくなる。。。

暑い中、ひとりで働くのは楽しくないし、ヘビも怖いからワンコたちも道連れです。最初はウィローとマーイアをパークへ連れてきました。ここにいたからといっても何の助けにもなりませんが、それでも少しはましです。

ところが本当に蒸し暑かったせいか、マーイアがテーブルの下を掘り掘りしてそこにおなかをつけています。足と口を泥だらけにして、また仕事を増やしてくれました。

ダイアンとテンコーも自分たちの順番を待っていたので、結局また連れてきました。その頃には曇ってきたせいか、少し涼しい風が吹いてきました。
それでもテンコーもまたこのテーブルの下にずっといました。

ようやくきれいになりました。マーガレットは倒れていますが・・・見通しもよくなりました。これでちょっと安心かな?やっぱり外仕事は大変です。疲れました。

ウィロー、君がこんなことするなんて

パーマリンク 2010/06/14 20:58:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“ウヒョー、やったー、今日は僕なの?”
“いつも我慢してるから今日は連れてってあげるよ”
ウィローだけをデッキから外へ出すと、喜びを隠しきれないウィローが“どっちから出るの?”、と庭中を走ります。我が家の庭から外へ出るにはゲートが2つあって、その時の状況により出入りするゲートが変わります。

瑞浪のタイヤショップまでオイル交換に行き、帰りにスーパーへ寄ってくる予定です。
オイル交換をしている間がワンコにとってお楽しみの散歩時間です。
“さあ、行こう”、と歩き始めると、歩道のある植え込みの草があちらでもこちらでも枯れています。これって、自然に枯れたのかな?それとも除草剤?

昔、愛知県の住宅街に住んでいた頃、田畑の周りや道路の脇にはあちらこちらで除草剤がまかれていました。ずいぶん気を付けていても、1年に1度ぐらいはどの犬もそれが原因と考えられるような症状が出たものです。

私は散歩させるときには匂いを嗅がさないようにしていますが、我が家の近所の山の中は除草剤なんて誰もまく人もいませんから、安心して歩くことができます。(怖いのはヘビだけ)

“そうだ、ウィロー。あっちの公園へ行こう”、たしか少し遊具の置いてある静かな公園があったはず。まさか子どもが来るところは除草剤なんてまかないだろう。
でも入り口まで来て、ちょっと躊躇してしまいました。中は草だらけで、それも所々枯れてる。。。

雨が降り出したので、タイやショップへ戻りました。
“ここが一番安全かな?”

帰りにスーパーへ寄ってお買い物です。ウィローも大騒ぎしないで、お利口さんに待てました。車を走らせると、いくつか買い忘れがあることに気づきました。
“もう1件別のスーパーに寄ろう”、駐車場に着くと、
助手席にスーパーの袋、それに昼食用に買った菓子パンの袋。ウィローがパンの袋をじっと見つめていたので、これだけ足下に置いて、次のスーパーに行きました。
“ウィロー、すぐ来るから頼むね”

何を勘違いしたのか、数分後車に戻ると、助手席にウィローの姿がありました。
前のスーパーで買ったものの上に座り込んで、足下に置いたパンの袋を開けて食べていました。
“コラー!!、もう連れてこないからね!”

父と娘、キートンとカノン

パーマリンク 2010/06/13 20:58:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

キートンが来ると、我が家の女の子たちはソワソワ。まずはダイアンとテンコーを連れてエアデールパークへ。でもダイアンは嬉しそうでしたが、テンコーはしらっ~。
ダイアンと遊んでいたキートンも何だか物足りなくなって、匂いをかぎながらちょっと退屈そうです。
デッキの上で、自分が一番なのよと誇示するダイアン、テーブルの下から顔を出し、キートンを見守るテンコー。

選手交代!マーイアを連れてくると、キートンも大喜びです。ふたりで走り始めましたが、やたらにテンションの高いマーイアに、キートンはちょっとあきれ気味でした。

今度はテンコーとキートンの娘カノンがやってきました。カノンはいっぱい遊べると思って嬉しそうに飛んできます。

でも、テンコーの興味のあるのはテーブルの上の食べ物だけです。いつものようにカノンと走り回って遊ぶことなく、何となく距離を置いています。自分の身体をかばっているのかもしれません。

キートンとカノンが遊んでいるのに、自分は家の中に入りたくてずっと待っています。

結局、キートンとカノンで庭中を走り回って楽しそうに遊びました。 

のんびりと休日

パーマリンク 2010/06/12 21:33:45 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

先週末も先々週末も夫は海外に出張に行っていたので、久しぶりにみんないっしょの週末です。
ひどい時差ボケの夫は、まだ明け方に目が覚めて変な時間に眠くなるという習慣が抜けず、今朝も4時から起き出して、2時間ぐらい仕事をしてからまたベッドに戻っていました。こんな時、ベッドの夫を起こすにはダイアンが一番です。ダイアンは一目散にベッドに駆けつけ、フヒャフヒャ、ハフハフと思いっきり顔をなめるので、寝てはいられません。
ところが、それでも今朝の夫は目が覚めず、そのあと何度もダイアンが起こしに行ってくれました。
私が枕元で、“今日は、みんなをお出かけに連れてって、買い物して、シャンプーして、テンコーのトリミングして、草刈りをしよう!”、と言うと、
“そんなにたくさん無理だ~”、とようやく起き出しました。

まずは、ウィローとマーイアをシャンプーしました。庭で身体を乾かしていると、夫が少し木の剪定を始めました。

夫の動きをウィローもマーイアもじっと見つめています。

“それっ!”、夫の動きにあわせてウィローが走り出しました。

マーイアも負けずにあっちへ行ったり、こっちへ来たり、庭中を走り回り、身体はすっかり乾きました。

そのあと、ダイアンとテンコーのシャンプーです。4頭ともみんな気持ちよさそうです。やっぱり洗ってもらうとさっぱりするのかな。
結局午後からテンコーのトリミングで、後のことはできませんでしたが、みんなもテンコーもきれいになって、みんなのんびりとしていました。

強気だね、マーちゃん

パーマリンク 2010/06/11 20:16:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

先週に引き続いてマーイアといっしょに犬の学校へ行きました。
この間のようなつまらない失敗を繰り返さないために、庭で遊んでいたウィローとマーイアを部屋の中に戻し、マーイアに小さな部屋でリードを付け、すぐに出ないで部屋の中でしっかり優しく触って落ち着かせ、それからリードを付けたまま車に向かいました。このささいな手順のおかげでマーイアは車に乗っても落ち着いて、それは学校へ行くまでの1時間半以上続きました。

まず、私とマーイアがいっしょに練習します。でも暑さのため私はすぐにギブアップです。代わって助手のおねえさんがマーイアといっしょに練習してくれました。でも、涼しいところに住んでいるマーイアも、めっぽう暑さには弱く、ほどなくヘロヘロ。

そこで、今日はテンコーの娘のカノンが来ていたので、先生がカノンを連れてきてくれました。さすがカノンは“天才!天才!”、と言われているだけあってお利口です。

やるときはやるけど、こんな風に甘えたりもします。

レッスンが終わって、“今度はいつにしましょうか?”
先生の言葉に、思わず
“先生、秋までお休みさせてください”
ということで、暑さに弱い私はしばらくお休みにすることにしました。

今日はマーイアも本当にお利口でしたので、ちょっと帰りに小里川ダムへ寄りましたが、ここもかなり暑くてすぐに引き上げました。
家の駐車場へ車を止めると、さっーと涼しい風が・・・
“やっぱりしばらくどこも行きたくないなあ”

さて、家にはいると、
お利口だったマーイアがウィローに会ったとたん豹変。
“ふん、私だけいいところ行ってきたもん。それに美味しいものも食べたし、良い子だっていっぱいほめられたから”
ウィローに対してものすごく強気です。ウィローはあまり相手にしていませんが、何だかウィローへの対抗意識をがんがん燃やしています。
いつまで続くかな?その強気が・・・

文句多すぎ!

パーマリンク 2010/06/10 21:15:48 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

自分の用事でワンコたちを留守番させて出かけるときは、やっぱり少し後ろめたい気がします。それが天気が良いときはなおさらです。ついつい、いつもよりご機嫌を取ったりするので、ワンコたちには私の気持ちなどすぐに分かってしまいます。ポーカーフェイスで接するのは難しいものです。

ダイアンとテンコーを出かける前に、エアデールパークへ連れて行きました。お日様が当たっているところと、影のところでは温度差がありますが、それがかえって気持ちよくてついついのんびりしてしまいます。

ダイアンもとうとう寝てしまいました。

“さあ、帰ろうか”、の声にテーブルの下からテンコーが出てきました。彼女もこの下で気持ちよさそうに寝ていました。

結局、小一時間をすごしてしまったので、出かける時間が来てしまいました。
怒ったのはウィローとマーイア。
“ぼくたちの番は?”、ウィローは文句タラタラでした。

さてさて、夕飯の準備(ワンコたちの)をしていると、またウィローが文句を言っています。私の側にいるときは静かに待てるのですが、ワンコ部屋にいるときはバタバタとうるさいこと。吠えるだけではなく、そこにあるものに当たっています。ワンコ部屋にいるときは部屋の扉の前にある金属の網をガタガタと鼻で動かし、自分の不満をぶつけています。そういえば、こんな風に物に当たるのはウィローだけです。
いつもご飯が待てずにうるさかったメイプルだって、悲鳴のような声で吠えるだけでした。
そう思うと、このウィローの文句の言い方はちょっと彼の特殊な才能かも・・・それにしても文句多すぎ!

テンコーが逃げるとき

パーマリンク 2010/06/09 21:18:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“テンコー、待って”、手にティッシュと目薬を持つと、テンコーがこそこそ逃げだします。まだテリアパット(ブラシ)やトリミングナイフの方がましのようです。今までの我が家のエアデールの中で、初めての目薬嫌いです。
ちょっと前まで、目やにがよく出ていたので、獣医から目薬をもらっていました。それをつけるたびに家の中をくるくる逃げています。

ようやく捕まえると、まずはティッシュで目やにを拭きます。テンコーを押さえたまま目薬のふたをあけると、テンコーはぐっーと顔を遠くの方へそむけています。
目の上に目薬を持ってくると、ヒョイと顔を動かします。
“あれ、ダメじゃん。目に入らないよ”
もう一度薬をさそうとすると、またヒョイ。それでも今度はかろうじて目に入りました。その冷たい感触が嫌なのか、しきりに手で目を払いのけます。これじゃあ、よけいにバイ菌が入っちゃう。。。

ウィローがこそこそ逃げだすのは、シャンプーする前です。庭にいてシャンプーの番が来ると、私が呼ぶたびに少しずつ私から離れていきます。こういうときって、どうしてみんなコソコソ、ソッーと逃げていくんでしょう。庭のような広いところにいるときですら、決してビュンビュン逃げたりしません。本当は逃げられたら捕まりませんが・・・ということは、彼らは逃げてはいけないことをよく知っているのです。

ダイアンは他の子同様に、トリミングの前が一番逃げるときかも知れません。それでも捕まることは重々承知の上で逃げているようです。獣医へ行ったときは本当に頑固になりますから、その件に関してはあきらめきれないのかもしれません。

マーイアが一番逃げるときは、出かける前にリードを付けるときです。連れてって欲しくて仕方がなくて、興奮しすぎてこれこそ庭中駆けめぐりますから、なかなか捕まりません。一番捕まえて欲しいはずなのに・・・

にこにこ笑ってご機嫌のいいテンコーですが、また目薬を持って行くと・・・

steiffのぬいぐるみ

パーマリンク 2010/06/08 21:26:44 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り

“エアデールのぬいぐるみ買っちゃった”
“えっ?嬉しい~”
昨日の午後、成田から送った夫のスーツケーズが届くと、まっ先にぬいぐるみを渡してくれました。
“・・・・・”
う~ん、確かにエアデールに見えなくもない。でも、私が想像していたのはもっと違ったものでした。だって、150ユーロもしたって言ったでしょう?

ところが、このぬいぐるみについたタグをインターネットで調べてみると、「Steiff」というテディベアの有名なドイツのぬいぐるみのメーカーのものでした。何と日本のショップもあり、通販でも買えたんです。。。ただ、こちらは29400円になっていましたから、ドイツで買ってきてお得ではありました。

さっそく、ぬいぐるみの大好きなテンコーがねらっています。お座りしてじっとこちらを見つめたり、ちょっとよじ登って取ろうとしたり・・・
いくら何でもこんな高いぬいぐるみをテンコーには渡せません。

テンコーの届かない上の方に置きましたが、埃をかぶったら嫌なので、もうしばらくしたらどこかに隠してしまっておこうかな?

おかえり!

パーマリンク 2010/06/07 22:22:21 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午前1時頃、ワンコたちが急に吠えて騒ぎ出しました。特に1階のテンコー、2階のウィローが大騒ぎしています。
ドイツ、オランダの出張から東京に着いた夫が車で帰ってきました。
“ウォンウォンウォーン”、その声には“どこへ行ってたんだ?”、ととがめるような響きがあります。
2階に上がってきた夫にウィローとマーイアが飛びついて大喜びしています。
“う~ん、もう夜中だから静かにしなさい・・・”、私は寝ぼけ眼で言いました。
“おかえりなさい・・・”

今朝になってもワンコたちの興奮は冷めません。みんなの動きが違います。何となく軽やかです。今日はお休みにした夫の周りを犬たちは離れません。
ダイアンは常に夫の側にペタッと張り付いています。いつものようにドンッとぶつかってくるような乱暴さはなく、ただひっそりと寄り添ってくるのです。特にダイアンは夫が大好きです。
買い物に行くときにはダイアンとテンコーがついでに散歩へ連れて行ってもらいました。

歩き方も2頭ともワクワクしていました。

夕方にはウィローとマーイアがエアデールパークで夫と一緒にふざけています。

ウィローもいつもじっとしているだけなのに、今日はふざけています。

マーイアも嬉しそうに、めずらしくボールをくわえて走り回っていました。

ワンコたちの笑い声が家中に響き渡ったような気がしました。

ファンヒーターはまだ必要?

パーマリンク 2010/06/06 20:53:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

毎日長袖を着ていて、やっと昨日暑いと感じました。
4,5日前までは一日に1回か2回、短時間ですがファンヒーターを使っていたぐらいです。
今日からは半袖にしようと、朝起きてTシャツを着ましたが、今日は午後から曇ってきたので、ちょっと少し小寒い感じでした。さすがにファンヒーターはいりませんでしたが、ホットカーペットは必要でした。
今頃が一番日向と日陰の温度差が激しい時です。天気が良くてお日さまがガンガン当たるところは暑いくらいになりますが、木陰に入ってさっーと風でも吹くと、一枚上に羽織らなければなりません。
この6月頃がここに住んでいて一番快適だと思う季節かもしれません。

それにしても今年は寒かったせいか、我が家の庭の木も花付きが良くありません。ナツツバキも姫シャラもいつもよりずっと花の数も少なく、何だか寂しげです。
白のモッコウバラがようやく咲き出しました。黄色のモッコウバラはすでに咲き終わりました。

梅の木も今年は梅の実が極端に少ないような気がします。4本の梅の木から毎年20kg近い梅が取れますが、今年ははたしてどのくらい取れるでしょうか。
4本のうち、1本だけがフェンスに囲まれた庭の中にあり、これが一番ましかもしれません。

ヨーロッパに出張に行っていた夫が今晩帰ってきます。ワンコたちもきれいにしてお出迎えと思い、今日はシャンプーの予定でしたが、結局午後になっても気温が上がらず中止にしました。
ヨーロッパも思ったより寒かったそうです。
家に到着予定は12時頃なので、みんな静かに出迎えてね。
(まあ、無理かな・・・)

1ヶ月が過ぎました

パーマリンク 2010/06/05 21:51:49 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

メイプルを失ってから、1ヶ月が過ぎました。
心にぽっかりと空いた大きな穴を埋めるものはなく、人が来てバタバタと忙しいときはいいのですが、それ以外は時間が過ぎるのをじっと待っているだけのような気がします。

どうしてももう一度考えてみたくて、獣医にメールを出しました。あの日の出来事を細かく書いて、もう一度獣医の考えを聞かせて欲しいとお願いしました。どうしたってもう帰ってくるわけではありませんが、その経験を次の子たちに生かしたいと思うからです。
でも、本当にそうなのか? あの時、ああすればよかった、こうすればよかったと、ただ自分を責めたいだけじゃないのか?
思いは錯綜しますが、何かをしないと前に進めません。

亡くなった愛犬が夢の中に出てきたり、すぐ近くに来て何かで知らせたり、という話を聞くことがあります。
私はそういうものを今までに何も感じたことがないのがとても残念です。せめて夢だけでも出てきてくれたらいいのに・・・

ダイアンとウィローはあれからやっぱり元気がないような気がします。

単に9歳半ともうすぐ9歳では普段から元気満々というはずもありませんが、メイプルがいなくなったことが影響しているのかもしれません。

明日は6月6日でレッドの命日です。レッドが亡くなってからはもう8年が過ぎました。彼女が亡くなったとき、メイプルは4歳でした。年が離れていたので、特に仲が良かった記憶はありませんが、きっとレインボーブリッジでメイプルを迎えてくれたことでしょう。

まとわりつくウィローとマーイア

パーマリンク 2010/06/04 21:26:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“どこかへ連れてって!!”、とまとわりつくのはいつもウィローとマーイアです。
ダイアンとテンコーはそのアピールの仕方がちょっと違っています。ダイアンはちょっと乱暴に飛びついたり、壁に掛けてあるリードを落として行きたいことを表現します。テンコーは“私が行く!”、と吠えたり、あとはジトッとした目で迫ってきます。

話を戻して、このウィローとマーイアがまとわりついてくるとちょっと大変です。もちろんその時にはダイアンのように時々乱暴に飛びついてきたり、むしろしがみついたりもしますから、こちらの動きが取れなくなってしまいます。

今日はマーイアを犬の学校へ連れて行く日でした。いったんウィローもマーイアも家の中に入れて、落ち着いてからマーイアだけをリードを付けて外に出すべきでしたが、ついつい手抜きをして2頭が庭にいる状態で、出かける支度をしました。もちろんみんな気づきますから、特に庭にいるウィローとマーイアは私から離れず、バタバタするばかりです。

それを振り切ってウィローを部屋に入れ、マーイアを車に乗せました。それだけでマーイアは勝利に酔いしれ、いつもより興奮状態のまま出かけることとなりました。

そんな状態ですから、今日は車の中でもバイクが見えると吠えたりと、悪い子のマーイアが現れました。
このところボッーとしている私のせいです。ほんの些細なことなのに、ワンコはすぐに反応して良い子になったり、悪い子になったり・・・
先生のところで練習をしながら、反省、反省(私がです)。

ソファに乗らないはずのマーイアが、2日ほど前ソファの上で大暴れです。カバーはずり落ちるし、ダイアンの柄のブランケットもクシャクシャ。時々、私の反応を伺っています。自分に目を向けて欲しいんですね、ホント小さな子どもといっしょです。

それぞれの怖いもの

パーマリンク 2010/06/03 22:06:37 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

田舎暮らしがしたくて、愛知県から引っ越してきたある女性と話をしていると、
“山道が怖くて一人で運転できない。特に夜は”、と言いました。
たしかに、山道は暗いから夜は運転しにくいかなあ・・・と思いつつ話を聞いていると、どうやら運転しやすいとか、しにくいとかの問題ではないようです。どうやら不気味なものがダメらしいのです。非常に漠然としているようですが、風でガサガサ揺れる山、木々の間の暗い闇、そんな訳が分からないものが彼女を怖がらせるようです。

“ふ~ん、分かるようで分からない・・・。私はヘビの方がずっと怖い”
“ヘビ?家で飼っているようなものだよ。始終いるから・・・。カエルもイモリも触っても怖くない。ヘビだって全然怖くないよ”、その人は形のある物は怖くなくて、形のない不気味な物が怖いそうです。

ガサガサ揺れる木々が怖いので山の中を歩きたくない人、ヘビが出そうだからと山の中を歩きたくない私、みんなそれぞれ怖いものがあるようです。

我が家のワンコだって、みんなそれぞれ怖い物が違っています。
テンコーの怖い物はやっぱりダイアンお母さんでしょう。お母さんがあっちの方にいると、リラックスしています。

ダイアンの怖い物は、実はウィローと何かに立てかけてある物でしょう。通せんぼしたり、また触ってはいけない物の前に立てかけある網などが、倒れてくるのがとっても怖いのです。

ウィローとマーイアの怖い物はどうやら雷のようです。マーイアは以前は怖がることもありませんでしたが、昨日少しゴロゴロ鳴ったときに、ウィローといっしょになって私の身体によじ登ってきました。
“そんなもの、何が怖いの?”、と言ってきましたが、やっぱり怖い物はなんと言われても怖いんですね。

ゴロリでトリミング

パーマリンク 2010/06/02 21:19:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

テンコーはモシャモシャ、他の子たちが一通りきれいになったのでなおさら気になります。
テンコーにストレスはかけたくないけど、こちらの方がストレスがたまりそう。ほんの少しだけでも、テンコーのストレスにならない方法でトリミングをしよう。

エアデールパークへトリミングの道具の入った小さな箱を持って行きました。ダイアンはめざとく私の手元を見つめ、ぎょっとした顔です。“こんな所に来てまでやるの?”
“テンコー”、って呼ぶとダイアンは安心しました。
テンコーをデッキの上に乗せて、座った姿勢で頭の後ろからやりかけると、すぐにゴロン。
“まっ、いいか。やれるところだけをやろう”
テンコーの姿勢にあわせてのトリミングが始まりました。すぐにリラックスモードに入ったテンコーはデッキから身体がずり落ちそうです。

“テンちゃん、これじゃあ背中ができないよ。フセしてくれる?”、テンコーは躊躇せず言うとおりにしてくれます。こうやって、トリミングしてもらっていることが気持ちよさそうです。

ふたたびゴロンとすると、時々スースーと寝息が聞こえてきます。ダイアンも自分の番じゃないことにホッとして、テーブルの下でリラックスしています。
そよそよ吹く風が心地よく、私もテンコーの横でいっしょにゴロリとしたくなりました。

ゴロリでトリミングは、犬はリラックスできますが、少々難しいことと、腰が痛くなるので長時間できないことが難点です。
あーあ、そろそろ腰が痛くなってきました。もう止めようか?ちょっとはましになったかな?今日はほとんど顔ができなかったので、今度は顔をやろうね。道具を片付け出すと、テンコーはもう帰るつもりで待っていました。 

シャクヤクの花が咲いた

パーマリンク 2010/06/01 21:42:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

エアデールパークの塀の外側に、シャクヤクが2株植わっています。一日中陽が当たるわけでもなく、またこの寒い地域のその場所に、何を植えたらいいかずいぶん考えて、結局3年前試しに植えてみたシャクヤクが、しっかりとした株となりきれいな花を咲かせてくれるようになりました。
日曜日のファンデーの時にはまだつぼみで開いていませんでしたが、今日は何本かがきれいに咲いていました。切ってメイプルに供えようかと思いましたが、きれいな赤がこの場所に似合っていたので、そのままにしておくことにしました。

エアデールパークへ来る前は、あんなに興奮して騒いでいたのに、もうここへ来たらウィローもマーイアも静かなこと。ふだん部屋の中だと、こちょこちょふざけて遊ぶ父と娘ですが、9歳半と5歳ではもう追いかけっこなどするはずもなく、日曜日にたくさんの犬たちがここで走り回った光景は夢のようです。

めったに通ることのない自転車が通りました。それに興奮してひとりで走り回るのはマーイアです。ウィローは目もくれません。それでも、こうやってここに来ただけでもウィローも満足しているようです。

ダイアンとテンコーはもっと静かです。日曜日に遊んだ犬の痕跡を嗅ぐと、あとはすぐにリラックス。

テンコーはテーブルの下で一休み。ダイアンはなぜだか花壇の中に入り込んでジッとしています。

“カーカーカー”、カラスが近くで鳴きました。
テンコーがテーブルの下から出てきました。
“ねえ、もっと鳴いて”、少しはテンコーだって動かなくちゃ。
カラスも今日は静かです。私が鳴き真似しました。“カーカーカー”
テンコーは私をちらっと見ると、知らん顔でまたテーブルの下に潜り込みました。
何だかエアデールパークの静けさがもの悲しくなりました。
“メイプルが最後にここに来たのはいつだっただろう??”

ほら、またこんな事考えてしまう。
“さあ、もう帰るよ!”

2010年6月
 << < 現在> >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS