アーカイブ: 2010年4月

北海道へ!(最終編)

パーマリンク 2010/04/30 20:18:05 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

私は飛行機に乗ると、機長の挨拶が好きです。だいたい機長の挨拶は乗るとすぐに始まります。この挨拶を聞くと、“あー、旅に出るんだ~”という思いがわき、“がんばって操縦してください!”なんて応答したくなります。
ところが、セントレアから乗ってもこれがありません。“なーんだ、国内線はないのか・・・”、ちょっとガッカリしました。そう言えば30数年前に北海道に行ったときに国内線に乗って以来、国内線には乗ったことがありませんでした。
飛行機と言えば、国際線しか思い出せませんが、アメリカの国内線の小さな小さな飛行機の乗ったときでさえ、機長は後から来て、乗客に挨拶していました。

飛行機が女満別に近づくと、相当に揺れ始めました。その時、機長の声が流れてきました。
“今頃になってやっと挨拶?”
それは飛行機が揺れるけど、安全には何の支障もないことを説明したものでした。
そしてしばらくすると、まだ到着30分前だというのに、すべての電源を切るように言われました。そして客室乗務員の追い打ちを掛けるような、“先ほど機長も申し上げましたが・・・”と続いてもう一度これから揺れること、だけど何の問題もないことを言いました。
“2回も同じ事を言うなんて、そんなに揺れるの?”、それが引き金となってipodの電源を切った今、し~んとした静寂の中で、飛行機のエンジン音を不安な気持ちで聞くことになりました。

女満別空港は農地の真ん中にあるとても小さな空港です。帰りの便はセントレアから来た便です。飛行機は到着すると、ほんの10分ほどで帰りの支度をして、今度はセントレアに向かって離陸です。帰りの飛行機は行きほどは揺れませんでした。

北海道で買ってきた物
2日目に知床半島の方へ行ったときに、斜里窯へ連れて行ってもらいました。そこで普段使いの湯飲みを2つ買いました。ざっくりとした形で、大きめなのが好きです。

空港で自分のおやつを買いました。今時、北海道物産展やデパートならいつでも手に入る物ですが、それでも北海道のお菓子は大好きなんです。もうこれで機内持ち込みのバッグは満タンです。

斜里へ行ったときに、友人たちお墨付きの魚をクールで送ってもらいました。これは5月30日に行われるエアデールテリアクラブ オブ ジャパンのファンデーの時のバーベキューで焼くつもりです。
絶対美味しいと思います。味わいたい方は、ぜひファンデーに参加してください。
でも、お菓子の方はそれまでには残っていないと思います。

北海道へ!(食べ物編)

パーマリンク 2010/04/29 19:33:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

北海道には美味しい食べ物がいっぱい。お魚類も好きだけど、生ものはあれはダメ、これはいい、なんて色々難しいので、友人は私を面白いところへ連れて行ってくれました。
真っ暗な海のすぐ横の建物に入りました。中へ入っても魚の木箱が山積みしてあって漁港の倉庫のようです。
ここから2階へ上がったところに五十集屋(いさばや)がありました。

店内には大きなテーブルがあり、真ん中には炭があります。ここで色々な物を焼いてくれます。
まずは、なんと言っても焼きガニでしょう。焼き方も上手で、ほとんどレアなので甘くて美味しい。。。それから、ホタテ、ホッケ、ししゃも等々。どれもこれも北海道の味です。

“ほかに北海道で何が食べたい?”、友人の問いに思わず“スープカレーとラーメンかな・・・”と答えました。来るまであまり考えてもいなかったのですが、ふとこの2つが口をついて出てしまいました。以前テレビでスープカレーを見たときに、食べた~い、思ったからでしょう。
“じゃあ・・”と連れて行ってもらったのが、ここ「Suiba」です。何もかもが手作りで、とても楽しいお店です。店内もすべて手作り。料理も色々な物があります。

“わあ、初めてのスープカレーだ”、辛さもちょうど良く美味しかったです。

そしてやっぱりラーメンも外せない、ということで来たのが楽愛麺屋(らあめんや)です。これは友人の注文した辛味噌ラーメン。

私は塩味のコーンバターです。

最後の日に、空港へ行く前に立ち寄ったアイスクリームの人気店。名前は忘れました。。。朝から雪が降って寒い日でしたが、おいしいアイスクリームに大満足。

感動したのは、空港のレストラン。カフェのような小さなお店でしたが、カニチャーハンは、本物のカニがたっぷり入っていました!
たった3日間の滞在でしたが、美味しい北海道の味を堪能させていただきました。ごちそうさま!

北海道へ!(行ったところ編)

パーマリンク 2010/04/28 22:11:41 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

北海道は2回目。前回は何と30数年前、道東の方へ行きました。
今回のオホーツクの方は、私にとってはまさに異国の地です。
空港から友人の家まで、見る景色はとても新鮮です。
普段山の中に住んでいますから、広ーい農地がずっーと広がっているのを見ると、思わず“ほっかいどー、でっかいどー”と叫んでしまいそうです。

友人の家から割に近いオホーツク公園です。まだまだ北海道は冬のようで、緑がほとんど見えません。前に友人が送ってくれたこの辺りの写真は雪に包まれ、荘厳な感じがしましたが、今が一番中途半端な姿かもしれません。雪もほとんど溶けてきて、カラマツ林の雪化粧もすっかり落ち、裸の木々が寂しそうです。

車から見る海の景色は美しく、180度海を眺めることができる能取岬(のとろ岬)へ来ました。流氷の季節にはここで見ることができるそうです。真っ青な海は穏やかで、ここ一帯が真っ白になるのがどうしても想像できませんでした。

美しい水平線にお日さまが沈んでいくところです。息を飲むような光景にしばらくたたずんでしまいます。

2日目はあいにく朝から雨でした。知床半島の方へ連れて行ってもらいましたが、向こうに見える知床半島の山々も、雨で煙ってほとんど見ることができませんでした。
左手に海を見ながらの海岸線のドライブは、行けども行けども水平線が続き、ただただ北海道の広さに驚くだけです。オシンコシンの滝まで行ってここで車を降りました。雪解けの水が轟々と勢いよく流れていました。ここでUターンすることにしました。

車に乗っているキッピスとタピオは雨のせいでなかなか降りることができず可愛そうでしたが、それでもきっと一緒に出かけるのが嬉しいのでしょう。
“あっ、シカだ!”、その声に窓の外を見ると・・・いました、いました。
“ウオーン”、タピオがシカに気づいて騒ぎ始めました。

網走に来たから網走湖はみておかなくちゃ、ということで最後の日に空港へ行くときに寄ってもらいました。

2日目の夜に温泉に連れて行ってもらいましたが、それがとてもすばらしいところでした。
網走の山水というホテルのお風呂ですが、値段もめちゃくちゃ安くて、それでいて本当に良いお湯でした。「美肌の湯」というだけあって、肌がツルツル。このお湯、お取り寄せしたーい・・・
明日は食べ物編です。

北海道へ!(キッピスとタピオ編)

パーマリンク 2010/04/27 17:52:56 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 旅行

その網走の友人と始めて知り合ったのは、今から15年以上前のこと。ニフティのパソコン通信でした。
当時彼女のところには初代のエアデールテリアがいました。
それから2000年にはイギリスもいっしょに行き、彼女が我が家を訪れたのは4回ほどあるかもしれません。最後に会ったのは、2002年にイギリスのロブロイド犬舎のトムとジャネットがエアデールセミナーのために来日した際に、通訳として来てくれました。
ということは、8年近く会っていないということですが、始終メールや電話でのやりとりをしているので、とってもそんな感じがしませんでした。
ご主人は初対面ですが、長年電話でお声も聞いているので、やはり初めてという気がしません。

空港にはみんなで揃って迎えに来てくれました。車の後ろにはキッピスとタピオが乗っていて、まずは大騒ぎです。
家に着いてからもタピオの歓迎ぶりは大変なものです。

途中で買ったケーキで、少し早いキッピスの13歳の誕生日をみんなで祝いました。
最近のキッピスは目もよく見えないようで、また耳もだいぶ遠くなってきています。そのせいで少し神経質になっていて、私に触られるのは嫌がりますが、それでも側にいて甘えたい気持ちが伝わってきます。
一時食欲が落ち心配しましたが、最近ではまた食欲も戻ってきたそうです。キッピスのためのチーズケーキもぺろり。お腹を壊すこともありませんでした。

散歩に行っても、キッピスは足はとてもしっかりしていて、ゆっくりですがかなりの距離を歩きました。タピオは6月に100kmマラソンに参加するお父さんといっしょに、ビュンビュン走って行ってしまいました。

タピオはおみやげに持ってきた亀のぬいぐるみが気に入り、ずっとこれで遊んでいました。寝るときもあごの下に入れています。
これってテンコーと同じです。

あらあら、こんな格好をするのもテンコーによく似ています。

タピオはベッドの上で寝るって聞いていましたが、やっぱり私の布団の上にもしっかり乗ってきました。この晩、初め私と一緒に寝ていましたが、いつのまにか部屋から出て行きました。それでも朝になると、ドアの前で鼻を付けて“ヒューヒュー”とないて起こしてくれました。

せっかく来たので、タピオをみんなでトリミングしました。部屋の隅にはキッピスが寝ています。いつもならキッピスはこのトリミングをする部屋にはなかなか入ろうとしないそうですが、今日は自分でヒョコヒョコ入ってきました。
ここで忘れてならないのが、猫のカッちゃんです。タピオがトリミング中にも台の上に2度ほど上って邪魔してくれました。

すっきりしたせいか、さっきまでやんちゃ坊主だったのが、坊ちゃん風になりました。

タピオと猫のカッちゃんは良い遊び相手というか、ケンカ相手というか・・・タピオの方からちょっかい出す方が多いようですが、カッちゃんもしっかり相手をしています。たしかに少々激しく見えるときもありますが、お互いに手加減をしているようでした。

こんな時は、キッピスは机の下やケージの中にすっと入って、バトルに巻き込まれるのを避けていました。
キッピス、お母さんのラフティを超えるように長生きしてね。

明日はもう少し北海道らしい話をしましょう。

キッピスとタピオ

パーマリンク 2010/04/23 19:54:57 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

明日、キッピスとタピオに会いに北海道網走まで行ってきます。
キッピスはもうすぐ13歳、いつか行こうと思いながらなかなか実現できませんでしたが、ようやく念願がかないました。
キッピスの方は我が家から巣立ってから2回ほど里帰りをしました。1998年と2000年のことです。エアデールテリアクラブ オブ ジャパンのショーに出るためです。1時間ちょっととはいえ、飛行機に乗ってくるのは彼にとっても大変だったでしょう。ということで、最後に会ったのが10年前のことです。
これは1回目の時か、2回目の時か忘れましたが、どちらかでしょう。

タピオはテンコーの息子、仔犬たちの写真を見るとテンコーの側にくっついていることが多かったタピオ。今でも甘えん坊でしょうか?

タピオはカノンと一緒に一番最後まで我が家にいたので、テンコーにもよく遊んでもらいました。あれから1年以上、もう私のことは覚えていないかもしれませんが、会うのが楽しみです。

さて、今から仕事で中国へ行った夫を迎えにセントレアへ行ってきます。9時10分到着でしたが、何やら飛行機を乗り換えるそうで、大幅に遅れそうです。
何としても今日中に連れて帰らなければ、私が明日の朝出発できません。。。
それにしても、私は空港のロビーにでも寝た方が楽かも・・・

インド料理 ナンハウス

パーマリンク 2010/04/22 22:08:06 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

同じ町内の友人と一緒に恵那市東野にあるインド料理ナンハウスにランチに行ってきました。
そこは、恵那から岩村町へ向かっていくと、阿木川ダムに上っていく少し手前にあります。

ずっと前、そこは中華料理のお店でした。味もよく、値段もリーズナブルで大盛況でした。週末ともなると、駐車場は満たんで、長く待たされることもよくありました。私たちはしばしば行っていました。ところが、いつの間にか閉店になり、新しい店が入っても、何だか足が遠のいたままでした。いつのまにかそのお店も消え、次に気づいたときには「ナンハウス」という大きな看板が立っていました。
たまに通ると、駐車場には車がいっぱい、このところ見たことのない光景でした。今日もたくさん雨が降っているにもかかわらず、主婦らしい女性で賑わっていました。
経営者はネパール人らしく、数人のネパール人らしい従業員がいました。
本日のランチはサラダ、カレー、ナン、ドリンクで780円だったかな?

従業員も笑顔で親切でした。私が「本日のカレーは何ですか?」と聞くと、「ほうれん草とチキンのカレーです」って日本語で答えてくれましたが、その“ほうれん草とチキン”と言う言葉が聞き取れなくて、それって何語?ってしばらく考えてしまいました。
カレーもナンも美味しかったので、今度は夫と来ましょう。

ダイアンの変な癖

パーマリンク 2010/04/21 21:29:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

みんなどの子も色々な癖を持っています。
市指定のゴミ袋を持つとウィローが騒ぎ出すのもその一つですが、これはそのあとゴミ出しに車で出かけるという行動が伴い(この辺は歩いてゴミ出しには行けません)、出かけることにウィローが反応しているので分かる気がします。
でも、中には理解しがたい癖があります。ダイアンのこの癖もその一つです。我が家には冷蔵庫の他にもう一つ冷凍庫があります。なぜかダイアンはこの冷凍庫を開けると、興奮して飛んでくるのです。寝ていても飛び起きてきます。たしかにこの中にワンコたち用のお肉が入っているときもありますが、それは冷蔵庫にも入っていて、いくら冷蔵庫から肉を取り出しても興奮することはありません。私が冷凍庫の前に立っただけで、すぐに飛んでくることもあります。もちろん中の物はすべて冷凍ですから、ここから何かを出してそのままやったこともありません。
これは本当に不思議な癖です。

雨上がりの朝、昨日ほとんど家に閉じこもっていたワンコたちが、庭はまだ濡れていても、外にいるのを楽しんでいるかのようです。ワンコたちのトリミングは来週からするつもりでしたが、ダイアンを見ていたら我慢できなくなりました。。。

10時過ぎから始めて3時間。モコモコさがひどかったので、3時間では完全に時間不足ですが、とりあえず今日はここまでにしておきましょう。

夕方みんなで外にいたら、今度はメイプルが目に付きました。

メイプルはこのままリードを付けて、デッキの上で超特急トリミングです。30分だけするつもりが、それでも50分ぐらいかかってしまいました。
もう、イヤだ!お家に入りたい・・・おばあさんメイプルがむくれています。

ラフティの命日

4年前、テンコーが生まれて1週間が過ぎた頃、ようやくダイアンも手術の傷も癒え、子育てに励むようになっていました。その1週間の間にクラブのトリミング勉強会があったりバタバタ過ごしたおかげで、私の心も少しずつ悪夢から解放され、亡くした仔犬たちの分もテンコーや3頭の兄弟姉妹たちに元気に育ってもらいたいと願って、ダイアンと一緒に仔犬の世話に追われていました。

当時13歳8ヶ月になったラフティは、少し前あたりから庭におしっこに行くと、倒れてしまうことがありました。
ちっとも帰ってこないので、庭を探すと地面の上に横たわり、意識ももうろうとしていることがたまに起きるようになりました。抱きかかえて部屋に入り、ベッドに寝かすと目を覚ましますが、しばらくはじっとしていました。
どうやら心臓が弱っているらしく、獣医からいただいた薬を飲ませるようになったばかりでした。
16日に行われたトリミング勉強会では、息子のサムに会えて嬉しそうにしていました。

20日の朝も、いつもと同じように朝ご飯を食べましたが、いつもの半分ぐらいを残してしまいました。
そして、またベッドに横たわると静かに寝息を立ててスースー寝始めました。
しばらくして、起き上がって水を飲み、また庭におしっこに出て、そのまま倒れてしまいました。いつものように抱きかかえて連れて帰り、ベッドに寝かすとまたスースー寝息を立てて寝始めました。
それがラフティの最後でした。
落ち着いたように見えたラフティを残し、部屋の掃除をし始めました。そして、数分後もう一度様子を見に行くと、寝息が消えていました。

最後は腕の中で行かせたかったと思うと、悔しくてなりませんでしたが、彼女は本当に静かに眠るように行けたので幸せだったかもしれません。

翌日、夫一人でテフティをお寺に連れて行きました。私は仔犬を見ていなければならなかったので、一緒に行ってやることができませんでした。そのせいで、どうしてもラフティを失ったことを長い間実感することができませんでした。
そして、今でも彼女を最後まで見送れなかったことが、私の心の中にしこりとなっています。

またお客さんはだ~れ?

パーマリンク 2010/04/19 22:07:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

週末は次から次へとお客さんが訪れた我が家でした。
我が家のワンコ達も落ち着かない2日間が続きました。夫も仕事に出かけたら、ワンコたちも普段の一日が戻ってきたと思ったことでしょう。

でも、“ピンポーン”
“ん??今度はいったい誰?”
ワンコたちがまた一斉に騒ぎ出しました。
今日のお客さんは君たちに会いに来たんだよ・・・

Tタッチの先生がやってきました。久しぶりにメイプルに会って、彼女もビックリです。
“元気になったねー”
メイプルはもうすっかり彼女のことを覚えているので、すぐに身体を触ってもらいに側に寄っていきました。
ちょっと気になる腰や足もタッチしてもらいます。メイプルはすっかり満足げな表情です。

次にダイアンです。昨夜も何となく元気のなかったダイアン。友達もダイアンが気になる様子です。
いつもなら私にお尻から迫ってきて、タッチを要求するダイアンですが、今日はタッチをされるのを少し嫌がっています。食欲もあり、うんPだって悪くないのですが、片耳を相変わらず少し下げ、足が少し震え、どことなく調子が良いとはいえません。ついつい、そろそろ年かな?とすませてしまいがちですが、何か病気の症状ではないのか??と思うと、不安な気がします。気になるところに静かにタッチをして、ダイアンもだんだん落ち着いてきました。目を閉じて、うっとりしています。

テンコーは相変わらず、タッチをしてもらいながらひっくり返ってお腹を見せていました。

午後から休憩して、友達の連れてきたシュシュをエアデールパークで遊ばせました。シュシュは友達がTタッチをしている間、玄関のところでケージ入って静かに待っていて、とてもお利口さんなワイヤーです。
持参のおもちゃで一人遊びが大好きなシュシュです。ずっと、ボールを転がしながらいつまでも走っています。この執着心とパワーはあきっぽい我が家のエアデールにはないかもしれません。

ようやくボールをしまったので、あきらめました。顔も手も真っ黒になってしまいました。

午後からはマーイアを時間を掛けて見ていただきました。タッチだけでなく、バランスリードをかけて部屋の中で落ち着いてゆっくりゆっくり歩く練習です。

こうやって、友達が犬たちを1頭ずつ触っている様子を見ているだけで、それぞれの性格がまたよく見えてきます。
本当は甘えん坊なメイプル、片意地張ってるダイアン、弱さをおちゃらけで表現するマーイア・・・などなど。いつも気づかないことも見えたりします。
今日はウィローは少ししか触ってもらえませんでしたが、みんな1頭ずつ自分が注目されて触ってもらったので、満足したことでしょう。

みんながんばりました!

パーマリンク 2010/04/18 21:37:40 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

さあ、ショー当日がやってきました。
かみいしづ緑の村のウッディドームは陽が当たらず、壁がないので時々冷たい風がふきます。隅の方は陽が当たっているので、少しだけ暖かさを味わえます。みんなまるで真冬のような格好です。
テンコーの息子、アポロもやってきました。先日の勉強会以来ですが、アポロの飼い主さんがトリミングもがんばってきました。最後に行われるトリミングコンテストではベストトリミングもいただきました。

まずは少し練習です。

ウィナーズ戦でもがんばりました。昨年秋よりは少しずつ落ち着いてきました。すっと立った姿はパパのキートンにもそっくりです。

カノンもがんばりましたが、良い写真が見つかりませんでした。
最後にパパのキートンがまたがんばってくれました。昨年秋からの3回連続のベストインショーです。おめでとう!キートン。

ワンコたちもがんばりましたが、人間のみんなも一日中お手伝いお疲れ様でした!

ショーの前日

パーマリンク 2010/04/17 22:35:31 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

明日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンのチャンピオンシップショーです。今日も色々お友達が来て忙しい日になりました。

まずは、テンコーの娘のカノンです。

そしてパパのキートンです。こうやって見ると、カノンとキートンはよく似ています。

テンコーの従姉妹にあたるミシアも来ました。彼女はカノンより2ヶ月年下の1歳になったばかりの子です。

そして栃木からはテンコーとは異母姉妹で従姉妹のポルが来ました。今朝早く家を出てきた友達は、雪のため途中高速もチェーン規制の中をがんばって走ってきました。毎回ショーの時には来てくれますが、4月にこんな雪が降るのは初めてのことです。

写真はまだトリミングの途中です。友達のダックスのはづきとは仲良し。
このあと、ポルももっときれいになりましたが、すっかり辺りは暗くなったので、写真を撮ることができませんでした。

ウィローの熱意に負けた

パーマリンク 2010/04/16 23:04:50 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

今日はテンコーを学校へ連れて行くつもりで、予約を入れてありました。ショーの準備もあとわずか、何とか帰ってきてからがんばれば大丈夫です。
ところが、朝起きると外は小雨。いったん止んだもののいつ降り出すか分からない状態です。どうしようかな?と迷っていたら、先生から電話がありました。結局今日の学校は中止。いつもなら、本当に残念に思うのに、さすがに今日は“あーこれで、色々できる”とちょっとホッとしました。

ただ、どうしてもスーパーにだけは買い物に行きたいので、昼近くに出かけることにしました。
空は依然としてどんより曇り空です。誰かを連れて行っても、途中で雨が降り出すかもしれないし・・・こんな風に迷っているときは、すぐに犬たちに伝わります。私が出かける気配がすると、みんなで大騒ぎです。知らん顔して寝ているのはメイプルだけ。あとはアピール合戦。
私は誰の顔も見ないようにして、変な誤解を与えないようにします。それでも彼らは、しつこく“連れてって!”と私に回り込むように身体を寄せてきます。
“僕は最近どこも行ってないよ!”とウィローが強引に迫ってきました。私は負けました。

車の中でもウィローはハアハアハアハア・・・もう興奮しすぎ!小里川ダムに着くまでに疲れそうでしょう?

駐車場には鯉のぼりがありました。もっともっとたくさんあったらいいのに・・・

30分足らずの散歩だけど、とっても満足そうなウィローでした。
このあともスーパーでも車の中でおとなしく待っていました。

午後、家の中はし~んと静まりかえっています。ウィローは一緒に出かけたので、満足して疲れが出たかな?
他の子たちもヤキモチ焼いてバタバタしていたから疲れたのかな?

そうではなくて、雨が降り出したからです。雨が降ると、もうどこにも行けないとあきらめるのか、それとも動物って(人間も含めて)雨の時は本能的にテンションが下がるのか・・・どうなんでしょう?

誕生日プレゼント?

パーマリンク 2010/04/15 22:16:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り

4月中旬なのに何と毎日寒いことでしょう。当然我が家は毎日ファンヒーターを付けっぱなしで、ワンコたちもちょっと長い間庭にいると、“ヒューーン、早く入れてよ~”って悲しそうな声でないています。
特にテンコーは、デッキの窓の前で頭をガラスに付けるようにして、家に入れてもらうのを待っていたりします。
午後2時近く、一日で一番気温の高い時間になっても、近くの道路の温度計は7度を指していました。
3月と4月に我が家で行ったトリミング勉強会の時はもっと暖かい日でした。今日みたいな日でなくて良かった・・・つくづく思いました。
日曜日はかみいしづ緑の村でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの春期チャンピオンシップショーが開かれます。ここも山の中で、特にドームの中は陽が当たらないので寒く感じます。少しでも気温が上がると良いのですが・・・

午前中、ヤマト運輸が荷物を持ってきました。一作日から金沢へ出張に行った夫が送ったものです。
夫は魚が嫌いです。中には食べれる物もありますが、ほとんどの物が食べれません。でも、買うのは大好きです。だから、食べるのは私です。

荷物を部屋に持ってくると、ワンコたちの鼻がフンフンと動きました。冷凍で真空ですが、よくわかるのものです。
桜干しなんて初めて見ました。桜の葉が入っています。香りがいいのかもしれません。

夫が言いました。
“あっそうだ、これ誕生日プレゼントにしよう”
えっーーー?誕生日プレゼントはまだもらっていなかったけど、干物なんていやだ!

当分私のおかずには困らない我が家です。

最近のウィローはうるさい

パーマリンク 2010/04/14 21:58:01 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ウィローがうるさい時、それは食事の前と私が出かけようとする時です。

ちょうどワンコたちの夕飯を準備するときは、ウィローとマーイアがワンコ部屋にいることがよくあります。
以前は私たちの食事が終わると同時にメイプルが“ギャンギャン”と催促し出しましたが、最近ではメイプルは寝ていることが多くなりました。(それでも実際準備が始まると、たいていは起き出して近くへ来てうるさくしていますが)
それに代わってうるさくなったのがウィローです。ワンコ部屋の入り口にあるフェンスをガンガン頭や腕で叩いたりして大騒ぎが始まります。その横で、マーイアはダイアンのように毛布をくわえて、というよりもマーイアの場合は口いっぱいに毛布を押し込んでバタバタしています。何だかふたりを見ていると、クマが暴れているようです。

そこで、マーイアをケージへ、ウィローをサークルへ入れます。さらにウィローがサークルを頭で押せないように、入り口にフェンスを不安定に立てかけておきます。これだけで、マーイアは興奮が静まり、ウィローは吠え声が“キュ~ンキュ~ン”に変わりました。
さあ、これで夕飯の準備に取りかかりましょう。

そもそもウィローは基本的に私から離れることが嫌いなんです。いつもどんなときも側にいたいだけです。
だから、私が出かけようとすることには敏感です。
そこで彼の中で結びついたものに、市指定のゴミ袋を持つと、私が出かけるということです。他のビニール袋をゴソゴソやっても知らん顔なのに、市指定のゴミ袋を持っただけで大騒ぎになります。

彼らが学習することには誤解もいっぱい。でも、それが誤解だよって言っても納得するわけはないし・・・特に年を取ってくると、思いこみも激しくなってくるような気がします。

こら~~!マーイアとは言いません

パーマリンク 2010/04/13 22:23:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

確かに今日も忙しかった。次の日曜日のチャンピオンシップショーまでは、あれもこれもと準備が忙しい・・・
ようやくプログラムが終わり、あとは印刷して製本するだけ。まだゼッケンを作り、ロゼッタを準備し、商品を整理して・・・と何とか金曜日までには終わらせなければなりません。

一日中家にいても、忙しそうな私にワンコたちはつまらなさそうです。
“ごめんね、今週はちょっと我慢してね”
でも天気が良くなったので、ワンコたちは交代で庭に出ています。
午前中をほとんど庭で過ごしたウィローとマーイア。午後からはリビングで過ごさせましょう。
忙しいときにマーイアをリビングに置いておくのは不安ですが、午前中庭にいて疲れたでしょうから、きっと昼寝でもするでしょう。。。と、思ったのが大間違い。

“こらー、マーイア”、心の中で叫びました。
いっしょうけんめい引きちぎっているのは、昨日買ってきたばかりのスリッパです。
今履いている物も、マーイアに半分ほど引きちぎられたので買ってきたものでした。それも、すぐにまたマーイアにやられたらイヤだから、と思って置いてあったのでした。
“もー、どうせやるなら両方やって!”片方だけ新品だって何の役にも立たない。

夕飯後、リビングから“ハアハア”と荒い息づかいが聞こえてきます。
マーイアがハアハア言いながら、クッションから綿を引きちぎっては放り投げています。
“こらー、マーイア”、心の中で叫びました。

夜、電話がありました。電話で話をしていると、“ガリガリガリ”、隣で音が聞こえてきます。
バリケンをかじって壊しています。
“こらー、マーイア”、心の中で叫びました。

そうなんです。“こらー、マーイア”って言うと、よけいに動きが速くなり、何かをかじっているときは破壊力が増し、口の中にものをいっぱい詰め込んでしまうのです。
だから、何も言わずにだまって取り上げるのが一番なんです。

こんな忙しいときに、マーイアの相手をするのは骨が折れます。
そう、マーイアは仔犬ではありません。来月には5歳になります。。。

お誕生日おめでとう! テンコー&同胎

パーマリンク 2010/04/12 20:46:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

テンコー、ベリアー、レオン、フヌイユ、4歳のお誕生日おめでとう!
4年前の朝辛い辛い一日が始まりました。私にとっては8回目のお産で、ダイアンにとっては初めてのお産、しかもそれは大変な難産でした。

ダイアンはその1年前に腸におもちゃが詰まり、手術でようやく助かりました。そして、今度は難産でまた獣医に命を助けてもらいました。本当に感謝です。それなのにダイアンはすっかり恩を忘れ、獣医のことが嫌いになってしまいました。いいえ、先生が嫌いなわけではありませんが、病院が嫌いなんです。でも、それも仕方がないかもしれません。

難産の末、やっと助かった同胎犬4頭は大きな運をつかんだ犬たちです。私はその運を信じています。みんなきっと元気で長生きするよ!

久しぶりに彼らの写真を初めから見てみました。すると、一番最初の写真が16日のものでした。一度もこの世を見ることなく去った子どもたち、そして痛々しい手術跡があるにもかかわらず一生懸命仔犬の面倒を見ようとするダイアン、それを思うと初めの4日間は写真を撮ることができませんでした。

4頭だと仔犬の世話もとても楽でした。お母さんのドッグベッドに4頭が寝てもまだまだいっぱいあまっています。

この前の土曜日に、テンコーと私の誕生会をするはずでしたが、時間がなくてできませんでした。
でもテンコーは土曜日にはキートンやカノンとたっぷり遊んで、昨日はトリミング勉強会へ連れて行ってもらったので、これを誕生日プレゼント代わりにしておきましょう。

2回目関西地区トリミング勉強会

パーマリンク 2010/04/11 23:03:08 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

朝7時大阪へ向けて出発、関西地区のトリミング勉強会が大阪市内で行われました。
そして、夜9時、ようやく家に到着です。家が近づいてくると、
“メイプルはおしっこ漏らしてないだろうか?”“具合悪くなっていないだろうか?”などなど、不安が頭をよぎります。
玄関の前に立っても家の中はシ~ンとしています。カチャッと鍵を鍵穴に差し込むと、中からワンコたちの吠える声が聞こえてきました。その中にはメイプルの声も混じっています。
“あー良かった・・・”

3週間前の第1回勉強会に参加した犬たち、しなかった犬たち、みんなモコモコになっていました。さあ、今日もがんばりましょう!

10時過ぎから始まった勉強会、最後の子が終わったのは5時を過ぎていました。途中、みんなでテーブルを囲んで楽しくおしゃべりしながらの昼食時間だけが休憩時間でした。
みんな来たときとは打って変わってきれいになりました。テンコーの息子マイティもやっとハンサムボーイに変身です。
皆さん、お疲れ様でした。

テンコーは今日もモデル犬で参加です。ボディはきれいになりましたが、顔が時間切れとなってしまいました。

帰り道、多賀サービスエリアで休憩がてらテンコーも車から降ろしました。一日中がんばったテンコーに売店で買ったちくわを・・・


家の中に入ると、それからはドタバタ大忙しです。みんなを順番に庭に出しておしっこをさせたり、ワンコたちの夕飯作りをしなければなりません。夫と私の夕飯はサービスエリアで買ってきたお寿司でした。
こうやって忙しかった一日が終わりました。

キートンとカノンが来た

パーマリンク 2010/04/10 22:22:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

“ほら、キートンとカノンが来るよ”
テンコーは外を見ながらソワソワし出します。テンコーは本当にカノンが大好きです。カノンに会うと心から嬉しそうにしています。ふたりでワンコ部屋に入ってきても、とても自然体です。その姿はまるでいつもいっしょにいる親子のようです。

キートンがやってきました。メイプルがすくっと起き上がりました。メイプルはすっかりキートンのファンです。小走りでキートンに近寄っていきます。キートンが走ると、そのあとを追おうとさえします。向こうへ行ってしまったキートンに“こっちへ来て”と吠えたりもします。

ダイアンもキートンの所に飛んでいきました。歓迎はしていますが、メイプルが甘えるようなやさしい感じはありません。
“いい?分かってると思うけど、私の言うこと聞くのよ”そう言っているかのようです。

“この場所はね、私のテリトリーなの”じっと伏せているダイアンは自分の場所だと主張しているので、キートンはこれ以上ここには近づけません。

キートンの気配に、家の中から切なそうなマーイアの声が聞こえてきます。マーイアを庭に出すと一目散にキートンに飛んできました。無邪気なマーイアとキートンは庭中をかけだして遊びます。

キートン、テンコー、カノンの父母娘がいっしょに庭で遊びました。3頭は追いかけたり、もつれあったりしています。

3頭の動きが速すぎて、カメラに納めることも難しい。いつまでもこうやって親子で遊べるといいですね。

しっとりと褒める

パーマリンク 2010/04/09 21:16:03 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

愛知県の五条川も桜の名所です。名前は知っていましたが、近くで見ることはありませんでした。
昨年、犬の学校へ行くときに道を間違えて、ちらっと車の中から桜を見ることがありました。ちょうど満開の時で、車から見ただけでも息をのむような美しさでした。

今年は、何とか近くで見たいと思い、学校が終わってからマーイアと見に行こうと思っていましたが、何しろ名所ですから、人混みも多く、犬連れも多いに違いありません。
人混みはともかく、犬連れはなあ・・・ということで、今日は学校の先生にお願いして、先生のところから歩いて行ける五条川の桜を見に行くことになりました。桜並木は五条川沿いにずっと続いているので、みんなが花見に行くところから、少し外れたところに行きます。

まずは、少し学校で練習してから出発です。車の往来がある道路の狭い歩道、歩道のないところ、自転車やバイクも通ります。マーイアはこういったところをめったに歩いたことがありません。家の周りにはこういったシチュエーションはなく、車でどこかへ連れて行っても、駐車場からすぐに車が来ないところに入ってしまいます。

道の狭い住宅路へ入ると、あちらにもこちらの家にも犬がいます。家の中から聞こえる吠え声だけでなく、門の所からこちらを見て吠える犬もいます。それらを一つ一つクリアしていかなければなりません。タイミングを逃さず教えなければなりませんから、マーイアから目は離せません。

ふー、ようやく五条川にたどり着きました。
桜は美しいのに、私にはそれを見る余裕がありません。今歩いてきた時の反省や、細かい点が頭に引っかかっています。

マーイアはそんなに緊張することもなく、楽しそうでした。

“ちょっと褒め方が淡泊すぎるから、もっとたくさん褒めてやって”
何度か言われました。
“でも、褒めすぎるとテンション上がりそうだから・・・”
“そう、テンション上げるような褒め方じゃなくて、しっとりと褒めて”
“しっとりとね・・・”
先生がしっとりと褒めると、犬たちはみんなとろんと溶けそうな表情になります。
“えっ?催眠術掛けてるの?”と思わずそんな風に思ったりします。

「しっとりと褒める」きっと桜の優しさのような感じかもしれません。

メイプルの実家、ウィローの実家

パーマリンク 2010/04/08 22:11:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち, レインボーブリッジのエアデールテリア

メイプルがイギリスのジェイドルド犬舎からやってきてから、もう11年以上が過ぎました。ジェイドルド犬舎のマーチンとアレインとの付き合いも12年以上過ぎたことになります。彼らが遠い日本に大事な繁殖犬を出そうと決意してくれたおかげで、今の我が家の犬たちがいるのです。

ウィローが同じくイギリスのロブロイド犬舎から来てからは、9年の月日が流れました。ロブロイド犬舎のトムとジャネットも、ジェイドルド犬舎と同じぐらいのお付き合いですから、彼らとの友情も12年を超えることになります。たった1頭だけ日本に出してくれたウィロー。その子たちが今我が家にも、クラブにもたくさんいます。

このところ、色々と用事があって、電話で話をすることが何回かありました。メールでのやりとりもずっーと続いています。アレインはメイプルがもうすぐ12歳になるのをとても喜んでくれています。本当にありがたいことです。

ウィローとメイプルがいなかったら、このお転婆娘マーイアは生まれてきませんでした。この子がメイプルの最後の子となりました。

午前中、こんな事を考えながら、エアデールパークの外側の花を植え替えたり、草をむしっていました。パークの上には山桜が咲き始めました。今年はいつもより花の数が多いような感じですが、ソメイヨシノのような華やかさはありません。
それでも美しいと思いました。

玄関脇のしだれ桜、こちらもそろそろ9年ぐらい過ぎようとしています。ようやく花がつきだしましたが、まだまだみすぼらしい木です。少しずつきれいになっていくんでしょうね。

桜とユキヤナギ、そして無粋な話

パーマリンク 2010/04/07 21:35:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

愛知県緑化センターは、この時期桜とユキヤナギのプロムナードが有名です。
昨年のちょうど同じ頃、キートンが我が家に泊まりに来た時、いっしょに見に行きましたが、今年はテンコーを連れて行きました。
天気予報に反して朝からショボショボ雨が降り、行こうかどうしようか迷いながら、昼近くになって出かけました。

四季桜で有名な小原村を通って緑化センターまで行きます。小原村はどちらかというと、秋の紅葉をバックにした四季桜のイメージが強いのですが、今日は春の桜もたいそう美しく、これだけでもう桜を堪能した気分です。

緑化センターは桜の木はそれほど多いわけではなく、このユキヤナギとの相性がすばらしいので人気があるんだと思います。

雨は上がっていましたが、曇り空で桜もユキヤナギもピークを少し過ぎたような感じでした。昨日だったら、白とピンクのコントラストがもっと美しかったことでしょう。

ここを通り抜けて、なだらかに下ってくると日本庭園があります。この日本庭園の前に東屋があり、ここは絶景ポイントなので、大勢の人がここでお弁当を開いていました。私も一つだけ空いていたベンチに座り、途中コンビニで買ってきたおにぎりをテンコーといっしょにいただきました。

私の後ろに4人のおばさんグループがいました。彼女たちが大きな声でタケノコの話をし始めました。
私はちょうどここへ来る前に近くのJAへ寄り、新鮮なタケノコを買ったばかりでした。

おばさんたちの会話
「あそこのJAへ行けば、野菜がいろいろあるんじゃない?」
「タケノコもあるかも・・・」
「私の妹の近くでさあ、たくさんタケノコ取れるところがあるんだわ。だから送ってって言ったけど、ダメだった」
「どうして?」
「変なおじさんが立っとって、タケノコ取ったらいかんって言われたんだって」
「えっ?そこの人?」
「知らん。でもどうせ竹藪になるだけだから良いと思わん?」
「タケノコって勝手に取ったっていいんでしょう?」

さあ、テンコーと立ちあがり、今度はオーストラリア庭園の方へ散歩に行きました。ここにはアカシアの木が4,5本あり、きれいな黄色の小さな花をいっぱい咲かせています。

ぐるりと回って、今度は外壁にパンジーがきれいに植えられている所まで行って、最後の写真をパチリ。

帰りもまた小原村周辺のきれいな桜を横目で見ながら、美味しい豆腐を買って家に帰ってきました。

恵那峡でダイアンとお花見

パーマリンク 2010/04/06 21:20:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今年も桜が満開のうちに恵那峡へ行こうって決めていました。
天気も良くって暖かく、絶好のお花見日和です。
まずはお出かけ前の“私を連れてって”アピールで車に乗ったときから、ハアハアとすでに息が上がっているダイアン。例のごとく、ヒャア~~ア~と喜びが抑えられない様子。家を出て、夫を駅に降ろしてから恵那峡へ着くまで45分ぐらいずっとこれでした。
それで恵那峡へ着いたときには、もうハアハアハアハア・・・

さすがにこれだけ満開だと平日といえどもかなりの観光客が来ていました。

ジェット船もかなり混んでいました。

弁天島の方をぐるっと回ってきました。平日なので、年配の観光客が目立ちました。
“良い犬だね”と年配の男の人が何人か声を掛けてくれました。

たしかにちょっと暑いぐらいだけど、そんなにハアハアするほどじゃないよ。口閉じて!

ちょっと離れたところから見るのもきれいです。

とうとう、ダイアンはベンチで休憩です。
ダイアンにとっても大満足の花見でした。駐車場まで戻ってくると、いつのまにか車でいっぱいでした。

せっかく暖かい日なので、家に帰って全員シャンプーしました。
みんな久しぶりのシャンプーに、どの子も洗っている間うっとりしていました。

トリミングは楽しい??

パーマリンク 2010/04/05 21:41:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨日トリミング勉強会で、参加者の皆さんと愛犬たちを見ていて、妙にうらやましく思いました。
一日中愛犬の側に寄り添い、少しずつきれいになっていくワンコたちの姿に嬉しそうな飼い主さん。思うようにいかず大変だったりしますが、自分のワンコを見つめる目は優しい気持ちにあふれ、お互いに気持ちが通じ合ってるなーとほほえましい光景でした。
みんなきれいになったワンコたちを見たせいか、振り返って我が家のワンコたちを見ると、“まあ!!こりゃだめだ!”

どうしても5頭のワンコがいると、1頭ずつ向き合う時間は散歩かトリミングの時間しかありません。だから、トリミングが好きなわけではありませんが、この時間は1頭のワンコだけをじっと見つめることができて、ずっと身体を触ってやれる貴重な時間で、私にとっても充実した時間となります。

“マーイア、可愛い!!”
モコモコのマーイアを時々ムギュウっと抱きしめながらトリミングします。
これは時間かかりそうだなあ・・・と心の中で、フーとため息をつきます。昨日からずっとトリミングしているせいか、ちょっと右腕が痛くなってきました。足も疲れてきました。
マーイアだって疲れてきたようです。立ったままウトウトしています。落ちないように支えながらやるのも大変です。こんなことが本当に楽しいはずはないのに、よく我慢しているなあ・・・と思うと、愛おしさが一層増してきます。

一通り抜いただけで4時間が経過。もうダメ、疲れた~。昼ご飯を食べてからエアデールパークへウィローとマーイアを連れて行きました。
マーイアも疲れたはずなのに、すぐに斜面に上ってまたクマザサをむしゃむしゃ。

ウィローは昨日ここで遊んだ他の犬たちの匂いのチェックに忙しい。

マーイアはじっとしていません。せっかく可愛い写真を撮ろうと思っても、動いてばかりで写真も撮れません。

ようやく座りましたが、向こうの方を見ています。ここへ来てから30分後のことでした。トリミング台の上で、4時間もじっとしていた反動かもしれません。

東海トリミング勉強会2回目

パーマリンク 2010/04/04 22:02:00 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

今日は東海地区トリミング勉強会の第2回目です。あおいとミシアが少し早めにやってきました。
まずは時間までエアデールパークで遊ぼう!
あれ?これはトリミングテーブルではありませんよ。ただのテーブルです。

そこへメイサとマーカスがやってきました。マーカスは女の子3頭に囲まれて少したじたじです。

でも、一番小柄なミシアには少し男らしいところを見せています。
“ちょっと怖いなあ・・・”とミシア。そこへあおいが割り込んできました。
さあ、この辺で遊びは終わり!みんながんばってトリミングしよう!

メイサも今日で2回目の参加です。少しはトリミングに慣れたかな?

アポロは少し来るのが遅かったので、みんなと遊べませんでしたが、夕方終わってからマーカスと兄弟同士でしっかり走り回りました。

人間のお昼ご飯の時間です。みんな少し休憩です。

この間にメイプルをおしっこさせるため庭に出しました。そのまま少しエアデールパークまで行きます。大好きなキートンに会って、寝ぼけた頭もすっきり!

トリミングが終わったあおいはお父さんとのんびり。

ところで、今日はベリアーとテンコーの誕生会の予定でした。(といってもいつもケーキを前に写真を撮るだけですが)ところが、トリミングが忙しくてそんな時間が取れないままおやつの時間になってしまいました。
ということで、まずは皆さんにお裾分けです。もちろんベリアーとテンコーの分も残しておきました。

ということで、誕生ケーキはあるのに、肝心なふたりの写真が撮れませんでした。。。ごめんね。

咲き始めました

パーマリンク 2010/04/03 21:22:44 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

水曜日にテンコーと阿木川ダムへ行ったとき、まだまだ桜の花はつぼみで、1本だけ咲いていただけでした。今日ウィローとマーイアを連れて行くと、ほとんどの桜が5分咲きぐらいになっていました。ダム脇の建物の横にはテントが張られ、桜まつりの旗も立っていました。

朝からのお天気で、ワンコたちはみんなウキウキしていました。今日が週末で夫もいっしょだということを、彼らは知っているようです。
“どこへ連れてってくれるの?”
真剣なまなざしに押され、買い物のお供に選ばれたのは、ウィローとマーイアです。
このふたり、朝から寝室のベッド脇で大暴れです。9歳と5歳(もうすぐマーイアも5歳になるなんて信じられませんが)、父と娘(これは本人たちには分からないと思います)、何だかんだと言っても結構仲良しです。こんな風にガブガブしながら気を許してふざけて遊べるのは、ウィローにとってはマーイアだけ、マーイアにとってもメイプルが年を取った今はウィローだけかもしれません。

来週ぐらいが一番の見頃になるのかもしれません。また平日に誰か連れてきましょう。

恵那峡の桜もきっときれいに咲き出しているに違いありません。あちらは駐車場があまりたくさんないので、週末行くのは難しいかもしれません。
夫がポツンと言いました。
“じゃあ、僕は見に行けないんだ・・・”

やっと何とか・・・

パーマリンク 2010/04/02 22:08:38 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

“あれ?もうこんな時間?”
ワンコたちが静かなので、外が暗くなっていたのも気づきません。
“あー、今日はもう終わっちゃたんだ・・・”
私が家にいても、何やら忙しそうなときは、ワンコたちも心得たものでひたすら静かにしています。

昨日、エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報エアデールつうしん第48号が印刷所から届きました。
早速、今日封筒に詰めて発送する作業をしようとしたときから躓き出しました。
クロネコヤマトのメール便の宛名を打ち出そうとしたら、プリンターがきれいに印字が出ません。バーコードも印刷するので、かすれたような印字では困ります。以前からこのプリンターは紙送りにも問題があり、1枚ずつ紙を手差しで入れないといけません。とうとうこのプリンターを使うことをあきらめて、もう一つのプリンターを使うために、今度はヤマトのB2という宛名のソフトを別のパソコンに入れ替えることになりました。
この作業が延々とかかって、結局やっと印刷ができるようになったのが午後。それから袋詰めをして、ようやく大部分は夕方の便で発送することができました。まだ少し残りがありますが、これらはまた明日以降になります。

さて、会報の中身と言えば、今回一番のお勧めの記事はイギリスのWest of England & South Wales Airedale Terrier Clubからお借りして掲載した「Airedales in The Great War」です。今回から5回にわたって掲載する予定です。第1次世界大戦で軍用犬としてエアデールがどのように活躍したのかを、同クラブのMrs.Ann Griffithsが古い文献を元に調査研究して書いた記事です。今まで知らなかったことがたくさん出てきて、なかなかエアデールの歴史を知る上でも興味深い記事だと思います。
またこれを読むと、いかにエアデールテリアが優秀で役に立つ犬かを改めて知らされます。今後の展開が楽しみな記事です。

もう一つハンドメイド特集があります。皆さんが作ったワンコに直接役立つもの、あんまりワンコには役に立たないものなど色々紹介しています。
そんなのを見て、また何かハンドメイドで作るのも楽しいですね。

そうそうMiss Perfectionもお楽しみに。お話はだんだん佳境に入ってきました。登場するエアデール、みんなそれぞれ性格の違う彼らは、我が家のワンコたちのようでもあります。

昼間は寝てばかりだったメイプルが、夜になって水ばかり飲みに台所でうろうろしています。

“アン、アン”
“はいはい、お水ね。待ってて。今行くから”

エイプリルフール

パーマリンク 2010/04/01 21:02:35 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

エイプリルフールの面白い話を友人から聞きました。今日の新聞に載っていた話らしいです。細かいことは忘れましたが、だいたいこんな事です。

・・・・イギリスでは海外からの学生が来たときに、どのくらい英語ができるかを判断するために、発音のテストに犬を使うことになりました。英語の発音が正しければ犬はコマンドを聞いてアクションを起こします。正しくなければ犬は何もしません。これは経費も抑えられてとても良い方法です。・・・・

たしかに、メイプルがイギリスから来たとき、向こうで生まれてから100日間ずっと“メイプル”って呼ばれていたのに、私たちが“メイプル”って呼んでもあまり反応しなかった記憶があります。なので、これはうまい方法かも?と思いました。それにしても、イギリスの犬は初めての人がコマンドを出しても、ちゃんと言うこと聞くなんてすごい!って感心してしまいました。

エイプリルフールの話でした。

今度は本当の話です。
“ウウウウ・・・”ウィローのうなり声がワンコ部屋から聞こえてきます。マーイアに言っているようです。
“コラ、ウィロー”
見に行くと、ウィローがナイラボーンをくわえていました。その後ろにマーイアが部屋の隅に追いやられて、動けなくなっています。マーイアにはそれを横取りしようなんて気持ちはないはず。ただ、ウィローが疑心暗鬼でうなっているに決まっています。
このままではマーイアが可愛そうです。何とかその隅っこの方から出してやらないと・・・
“ウィロー、こっちおいで”
素直なウィローはいっしょうけんめいガリガリやっていたボーンを、ぽろりと口から離して私の所へ来ました。
私がマーイアに目で合図をすると、ウィローの後ろをすり抜け、サークルの中へ飛び込みました。ところが、ふと振り返ると、もう一度サークルから出てウィローの落としたボーンを拾いに行きました。そしてそっと口にくわえると、今度はサークルの中のケージに入ってそれを自分の手元に置きました。ほんの短い間のことでした。

“ウィロー、お利口だね、マーちゃんにウーウー言ってダメよ。さ、もういいよ”
ウィローはボーンを落としたところへ戻ると、キョロキョロ探し出しました。
“あれ?あっちじゃなし、こっちじゃないし・・・”
突然、マーイアがすました顔で自分の手元に置いたボーンをガリガリとかじり出しました。
ウィローはそれをだまってじっと見ていました。どちらもちょっと可愛い光景でした。

そういえば、ワンコたちはいくら自分の方が上だからって、持っている物を強引に取ることはしません。
ただ、落とすのを待っていることは多々あります。
最近では、朝メイプルがパンをもらうとき、寄り添っているのはダイアンです。時々メイプルが口からパンを落とすのを待っています。

物に対する執着強いテンコー。寝るときも大事な物は自分の側に置いてあります。

2010年4月
 << < 現在> >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software