アーカイブ: 2009年10月

ショー前日の様子

朝からカノンとキートンが来ました。
テンコーはキートンのお母さんが持ってきたケーキの袋を番をしています。キートンが近づくと怒っています。

カノンのトリミングが終わりました。お母さんに抱かれて満足そうな表情です。

親子3頭で仲良くご挨拶。お弁当を買ってくると、またテンコーはお弁当の番をしていました。

栃木から友達が来ました。キートンの大好きなダックスもいっしょです。カノンも仲良くみんなで遊びました。

ようやくキートンが完成です。友達のポルもがんばってトリミングされています。もっと薄暗くなってようやくポルも終わりました。

そして、友達を私は恵那峡温泉へ行き、夫は我が家のワンコたちの世話をして忙しい一日が終わりを迎えました。
さあ、明日が早いので早く寝ましょう。 

こっちも準備完了だけど・・・

パーマリンク 2009/10/30 20:26:58 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

毎朝起きて触ってみる。昼間も何回も触ってみる。ウィローのそけい部です。時にはそんなにたいしたことないかな?と思ったり、あれあれこれはひどい、と心配になったり、私の気持ちも落ち着きません。

ちょうど今の時期はクラブの用事で忙しく、自分の犬をトリミングすることもできず(5頭もいるとね)、結局今悲惨な状態なのはウィローとダイアンです。
まん丸になったダイアンの顔を見ると、“はあー”とため気が漏れそうです。
“ごめんね、ダイアン。来週になったらぜったいきれいにしてやるからね”ダイアンは何とも感じてないかもしれませんが・・・

ウィローも同じくモコモコしてきました。身体もほこりで薄汚れているようです。でも来週手術をしたら、当分洗ってやることもトリミングもできません。傷口に汚い毛がついたらどうしよう?そう思って床に寝かせたまま少し毛の整理をしました。トリミングと言うほどのことでもありません。トリミング台には乗せられないので大変です。顔をもう少し何とかしてやりたいけど、あまり無理させてもかわいそうなのであきらめました。
身体も洗ってやりました。わき腹を触ると痛がるので、あまりきれいに洗えません。それでも少しはほこりも落ちたことでしょう。
さあ、これでウィローも準備完了。あとは月曜日を待つだけです。

明日からの2日間は、忙しくなりそうです。その間にウィローが急変したりしませんように、と祈るばかりです。

準備完了!

パーマリンク 2009/10/29 21:15:06 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

ようやく次の日曜日のエアデールテリアクラブ オブ ジャパン本部チャンピオンシップショーの準備ができあがりました。プログラムも作って、ゼッケンも作って、ロゼッタもいっぱい用意して、商品も色々箱に詰めました。それを玄関に運んだら、こんな風になりました。これは毎回ショーの前の我が家の玄関の様子です。

我が家の玄関はそんなに狭い方ではありません。そこそこの広さがあるんですが、それでも足の踏み場もないほど・・・という感じです。この中には遠く九州からミカンの差し入れもあります。高く積まれたビルジャックからの箱は入賞犬へのご褒美です。お花は当日本部席を飾り、写真撮影するときに添えられます。

愛知県のベリアーのお家でも我が家と同じ状況になっているはずです。ビルジャックやアイムスからの参加者へのサンプルもそこにもたくさんあります。

こうやっていろんな方から寄付をいただいたり、それを運んでいただいたり、また当日たくさんの仕事を手分けしてやっていただいたり、本当に多くの方の協力があってショーを開くことができます。

今回の本部展は25回目となります。その他にもほとんど毎年1回は東京でも地区展が行われたり、また他の地域で行われたりしたここともあり、今までにたぶん35回以上はショーを開催したことになります。
そんなにたくさん開催していても、毎回“何がいるんだっけ?”とか“忘れ物ないかな?”とバタバタします。

日曜日の天気があまり良くないようなので心配です。ちょっと寒いかもしれません。ホッカイロも入れておかなくちゃ!

散歩するならダムがいい

パーマリンク 2009/10/28 20:38:24 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今度の日曜日の本部展の準備のため、今週は学校もお休み、予定していたTタッチもお休み、今日は一日働くぞ!と思っていたら、朝、同じ町内の友達から電話。“ダムへ散歩に行かない?”

こんな山の中に住んでいて、周りは自然がいっぱいだけど、散歩するところがないんです。町の人が聞いたら“ウッソー”と思うかもしれませんが、本当にそうです。
今の時期、熊が怖いのであまり静かな山の中を歩く気にはなりません。そうかといって車がよく通るところは歩道もなく、車は人なんていないと思ってビュンビュン走りますから、恐ろしくて歩行者なんかにはなれません。
それで、わざわざ散歩しに車で出かけるわけです。彼女は自分が歩きたいため、私はワンコを散歩させたいためですが、もちろん私自身も歩く必要があります。

そんなわけで、今日の散歩はちゃんと歩きそうなので、最近ちょっぴりポチャッとして運動が必要なテンコーを連れて行きました。
我が家では朝からファンヒーターを付け、外に出ても寒いので、厚着をして出かけましたが、阿木川ダムまで来ると、来ているものが暑苦しいと感じるようなポカポカ陽気でした。

ダムの上は風がさわやかで、おしゃべりしながら歩くのは気持ちいいものです。ダムを渡りきると、向こう側の道へ入りました。こちらを歩くのは私は初めてです。夫は以前折りたたみ自転車を持ってきて、テンコーやマーイアとぐるっとダムの周りを走っていました。
友達にリードを持ってもらって、テンコーといっしょにパチリ。

この辺りはもちろん誰もいません。一人で歩くにはやっぱりちょっと怖いかもしれません。昨年か一昨年はダム湖の広場入り口の所に大きな「熊注意」の看板がありましたが、今日は見かけませんでしたから、最近は目撃されていないようです。
国道へはあともう少しというところで、出ました!ヘビが・・・
思わず私の“ギャアーーー”という悲鳴に友達もテンコーもビックリ。
今時のヘビは冬眠前ですから、動作がのろいんです。ゆっくり隠れるので、いつまでもその姿が視界から消えないので、嫌いな者にとっては拷問のような気がします。
さあ、Uターンして来た道を帰ります。1時間も歩いたかな?
私にとっても良い運動になりました。

ウィローと獣医へ

パーマリンク 2009/10/27 20:37:47 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

朝から出かける用意をしていると、誰もが“自分の番”だと勘違いします。
テンコーは学校へ行くのかと思い、ダイアンやマーイアは今日こそ私だと思い、メイプルもソワソワし出しました。
ウィローは昨日から“いっしょに行こうね”と何度も言われているせいか、確信を持ってバタバタしています。
行き先は獣医だろうが、何だろうが、とにかくいっしょに行くならどこでもいいんです。

ウィローのお腹の下からすっと手を入れてそけい部を触ってみると、昨日よりは大きくないような気がします。
獣医に着いて、診察台に乗せようとするとまた“ヒャン”。後ろを抱えるようにすると、逃げだそうとします。
こんなことはウィローにしては珍しいことです。やっぱり痛いんでしょう。

結局、手術することに決めました。筋肉の裂けたところを縫うと、また他が薄くなったり、裂けやすくなったりするので、再発することも多いようですが、そうかといって痛がるようになればこのまま放っておくこともできません。また、もっと大きな臓器が出てしまったりすると、危険な状態になったりするみたいです。
ついでに去勢もすることにしました。毎回我が家の女の子のヒートが来ると、前立腺が腫れたりするようで、出血したり(これは今までに1度だけですが)、うんpが細ーくなって、何度もしたりしている姿はかわいそうでした。これ以上問題が起きないためにも、その方がいいような気がします。

とりあえず今のところ食欲もあり、元気もあるので、緊急を要するわけではありません。そこで次の日曜日がクラブのショーで、私もとても忙しいので、それが終わってから、11月2日に手術をすることに決めました。
診察が終わったウィローは嬉しそうに、期待に満ちあふれた目で私を見ます。
“わかってるって、行けばいいんでしょ、公園に”

ひっちゃかめっちゃか

パーマリンク 2009/10/26 21:58:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨日持っていった荷物はそのまま。次の日曜日にまた必要なクラブのものや商品は、ちょっとぐちゃぐちゃ。
プログラムの原稿を作る。これが思ったよりも時間がかかる。頭の中もぐちゃぐちゃ。その辺にメモや覚え書き、みんなから送られてきたFAXが散らばってぐちゃぐちゃ。

外は雨。どの子もみんな大急ぎでトイレをすませ部屋に帰ってきます。ウィローの左前足を拭いたとたんまた小さな声で“ヒャン”。右のお腹の脇の後ろの方をスッと触ると、“ヒャン”。“足が痛いのだろうか?”でも、普通に歩くし、引きずるようなこともありません。あの夜、夢でも見たのだろうかと思いましたが、どこかおかしいところがあるのにちがいありません。

数ヶ月前、ウィローのそけい部がピンポン球ぐらいふくれているのに気がつきました。獣医はそれをそけいヘルニアだと言いました。筋肉の裂け目から脂肪や内蔵が飛び出してきます。犬の構造上どうしても落ちやすいのがよく分かります。その時はそんなにひどくなかったので、様子を見ることにしました。
それから、ウィローは何の変わりもなくいつもどおりよく食べ、元気でした。それですっかり私の頭からそのことが飛んでいました。
今、お腹の下から手を当てると、それはテニスボールぐらいの大きさにふくれていました。これがきっと彼の痛みの原因でしょう。獣医に相談して、明日見せに連れて行くことにしました。

さあ、まだプログラムの原稿はできていない。続きをやらなくちゃ。ウィローとマーイアがリビングにいる。マーイアがクッションを持ってきて、中身を引きずり始めた。あー、部屋はひっちゃかめっちゃか。マーイアの散らかした物を片付けしているだけで、時間が過ぎる。

もうダメ!ウィローとマーイアはワンコ部屋へ、代わりにダイアンとテンコーがリビングに来る。
さっきまで私が見ると、お山の大将のように立ちはだかって“またいたずらするよ!”とやんちゃな目で見ていたマーイアが、ウィローの陰に隠れて小さくなっている。これでちょっと静かになって仕事が進みそう。

関西地区トリミング勉強会2回目

パーマリンク 2009/10/25 22:54:19 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

昨日に引き続き、今日は関西のトリミング勉強会です。
まずはまあまあの参加者、半分以上が初心者です。昨日は私ものんびりおしゃべりしていましたが、今日はお手伝いのため、手を動かしながらのおしゃべりで、手も口も疲れました。
前回に引き続き、岡山から来てくださった会員さんもいました。

ピアスは岡山から来ました。今日でまだ2回目の参加ですが、ずいぶんきれいになりました。写真はまだ途中です。最後はもっと可愛くなりましたよ。

キャットはお母さんと自転車で来ました。お母さんがちょっと離れると、心配そうにすぐに“おかあさーん”と呼びます。

テンコーの息子、マイティも来ました(右下)。とってもハンサムなんですが、写真を撮るのを忘れました。というか、今日はお手伝いが忙しくて写真があまり撮れませんでした。


さて、今日は関東地区のファンデーも茨城県水戸市で開催されました。こちらは散歩会と撮影会です。
テンコーの息子アッサムのお母さんはプロのカメラマンです。スタジオもあります。そこで、今日のファンデーでは皆さんのワンコをスタジオで撮影してもらったのです。
帰りの車の中で、イベント係からファンデーの様子をお聞きしました。撮影会の後、みんなでランチをしたり、海岸を散歩したりしたとのことでした。あちらもとても楽しそうでした。
う~ん、あっちも行きたかった。

朝7時出発、夜9時半無事に我が家に着きました。我が家のワンコたち、お留守番お疲れ様でした。

東海地区トリミング勉強会2回目

パーマリンク 2009/10/24 20:29:32 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

東海地区の秋のトリミング勉強会2回目が我が家で行われました。この地区での勉強会は今日が今年は最後となります。お天気は曇りで少し肌寒いぐらいでしたが、いっしょうけんめいトリミングする人と、される犬たちにとってはちょうど良いぐらいでした。

我が家の犬たちは勉強会がある日は、それぞれの部屋から出ることができなかったりとか不自由な思いをしますから、好きなはずはありませんが、それでも私たちが忙しそうに準備しているのを見て興奮気味です。
マーイアもそのひとりです。誰かお客さんが来ることは大好きです。もしかしたら先日泊まりに行った名古屋の友達だと思ったかもしれません。いつにもまして興奮気味でしたので、テンコーの同胎犬ベリアーが来たときに、少しエアデールパークでマーイアと遊んでもらいました。

今日は土曜日ということで仕事だったり、子どもさんが病気になって来れなくなったりと、参加者は前回よりは少なかったです。それだけに集中してみんな勉強できました。

テンコーの息子アポロもすっかりきれいになりました。カノンと雰囲気の似た子です。

本当はもう少しみんなエアデールパークで遊びたいけど、もうそろそろ薄暗くなってきたので、さよならですね。陽が沈むのが本当に早くなりました。

カメムシの季節

パーマリンク 2009/10/23 21:16:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

小春日和の気持ちの良い日差しの中で、ワンコたちは外に出るとみんなのんびりしています。
メイプルもフラフラ歩いたり、デッキで寝そべったりしながら、身体に陽を取り込み、エネルギーに変えているようです。

気持ちよいと思っているのはどうやら犬たちばかりではないようで、この時期カメムシが良く現れます。冬眠する前にたくさん陽に当たっておこうと思うのか、暖かい日には特によく飛んできます。

“カメムシの多い年は大雪が降る”と地元の人から聞きましたが、実はここに越してきた最初の年がそうでした。白の外壁がドット柄になってしまうぐらいの数の多さに、驚いたものでした。
私はそれまでカメムシがいる地域に住んでいなかったので、初めてのカメムシで悩まされました。
ある晩、夫が出張中で私一人だったときです。風呂に湯を入れながら、暖房をつけていました。しばらくしてから、風呂に入ろうと洗面所を開けました。その時目に飛び込んできたものは・・・換気扇からポタポタとカメムシが落ちてくる恐ろしい光景でした。風呂の中の天井の換気扇にも無数のカメムシが張り付き、時々湯船にポタッと落ちていきます。それはまるでホラー映画のようでした。。。
そのままにして置くわけにもいかず、私は掃除機でカメムシを吸い取りました。あとで分かったことですが、これをやると今度は掃除機が臭くて大変です。

次の日、家を建ててくれた建築屋に換気扇の外側に網を張ってもらったので、それからは入ってこなくなりましたが、完ぺきというわけではありません。ほんの隙間や、またドアを開け閉めしたときにどうしても家の中に入ってきてしまいます。シャッターの中にたくさんのカメムシが入っているときもあります。シャッターを閉めると、上からポタポタポタと落ちてきたり・・・
1匹だけなら怖いとは思いませんが、こうやってまとまって出てくるのは嫌ですね。
本当にこの匂いはたまりません。。。

こんなカマキリなら毒にも害にもならないので、嫌いじゃないです。

マーイアとメイプルの親子関係

パーマリンク 2009/10/22 22:00:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ダイアンとテンコーの親子関係を見てみると、ダイアンがお節介焼きなせいか、いつも2頭がいっしょにいるイメージです。そのせいで、テンコーだけどこかへ連れて行くと、ダイアンはヤキモチをやいてテンコーにそれを表現することもあります。帰ってきたときに、しつこく“どこへ行ってたの?”と問いただすような仕草をします。

一方、メイプルとマーイアの親子関係は、メイプルがあまり干渉しないたちなので、2頭がつるんでいるという感じはありません。最近は特にメイプルがマーイアの動きについていけない事もあり、2頭が一緒にいてもくっついていることもなく、淡々としています。
マーイアはきっとメイプルと遊びたいのかもしれませんが、遊べないのだということがよく分かっています。
それでもマーイアはメイプルといっしょに庭にいると、すごく嬉しそうです。ひとりでふざけて走り回ったりします。

ウィローとふたりでいるときと、メイプルがいるときとは明らかに違っています。ウィローには遠慮がありますが、メイプルには心から安心している感じです。

先日、マーイアが1週間友達の家に行っていたときも、私たちには分かりませんでしたが、メイプルはとても寂しかったのだと思います。マーイアが帰ってきたとき、メイプルが心底切ない声を出してなきました。

メイプルとマーイア、彼らの親子関係は強い絆で結ばれているようでした。

ウィローが見た夢は?

パーマリンク 2009/10/21 21:28:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨夜というよりは明け方のことです。朝4時半頃(これは後で時計を見て分かったことです)、突然「ガリガリガリ」と絨毯をひっかく音がしました。ウィローです。ドアを開けたいときにこうやって絨毯をひっかく悪い癖があります。

以前、私たちの寝室に閉じこめておいたときに、これをやられ、大変なことになったことがありました。私たちの寝室は敷き込みの絨毯なので、ガリガリされると打ち付けられた細かい金具が外れ、中のクッションの下敷きまでボロボロになってしまいます。ドアは内開きなので、中でこれをやられると外れた絨毯などにドアがつっかえて、外から開かなくなってしまうのです。
何回かそんなことが起き、もうウィローを部屋に入れてドアを閉めることはしなくなりました。

そんな事があるので、絨毯をひっかく音には私たちは敏感です。私はさっと起き上がりました。
“ウィロー、どうしたの?おしっこなの?”
部屋にいっしょにいるのに、こんなことするなんてよほどのことです。ドアを開けて欲しければ起こしに来ればいいのですから。
ウィローは“ヒャン”と短い悲鳴を上げて、私のベッドの横へ逃げてきました。しっぽを尾の中にしっかり挟み込んで怯えた様子です。

ドアを開け、ウィローを促しました。“ウィロー、行くよ”
でも、ウィローはベッドの横から動きません。
私はついでにドアを開けっ放しにしたまま、自分がトイレへ行ってきました。部屋に戻ってくると、ウィローは自分のベッドに戻って寝ていました。

“何だったんだろう?”おかげでそれからしばらく眠れなくなりました。
犬も夢を見るんだろうか? もし見たとすれば怖い夢だったに違いありませんが、ウィローにとって怖い夢って何なんでしょう?

ウィロー、今日は起こさないでね。

留守番だった犬

パーマリンク 2009/10/20 20:44:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

日曜日、夜8時半頃家に帰ってくると、留守番だったワンコたちはみんな大喜びです。
キートンが帰り、カノンが待っていたテンコーといっしょにワンコ部屋に落ち着くと、ふとメイプルがおとなしいことに気がつきました。何だか元気がありません。身体を触ってみると、明らかに熱があります。
“昨日まであんなに元気になったのに・・・”
留守番していた母によると、ドッグベッドの上で寝ていてもよくヒーヒーないていたそうです。それがどこか辛いのか、寂しいのか、母には分からないので、ただただ身体をなでてくれていたそうです。
立ち上げると、昨日まで地面に付けていた右足を、また宙に浮かせて3本足で歩いています。
“えっ、足までまた調子悪いなんて・・・”
私もメイプルの姿を見て、ガックリ来ました。このところ調子がいいので、ホッとしていたところだったのに・・・

私たちの姿を見て本当にホッとした様子で、穏やかな表情で安心して眠っています。どうやらメイプルは不安だったようです。母が来ていたので、私たちがしばらく帰ってこないと思ったかもしれません。

朝になると、メイプルの熱は下がり、元気を取り戻しました。また足も前のように少し床に付けて歩けるようになりました。前はここまで寂しがることもなかったような気がしますが、やはり年のせいなのかもしれません。

さて、名古屋の友達の所に行っていたマーイアは、昨日の朝友達が送ってきてくれました。
友達にマーイアを預かった感想を、次の3つの中から選んでもらいました。
1.もう2度と預かるのは嫌だ。
2.たまになら預かっても良い。
3.ずっと預かっても良い。

答えは2番でした。“よかったね、マーイア”

大好きなキートンやカノンといっしょに居たのに、その中で自分だけ連れて行ってもらえなかったテンコーはちょっぴりすねていたかもしれません。
今日はいっしょに学校へ行ってきました。帰りに少し他のワンコがいるところで練習したくて、土岐のアウトレットへ寄りました。週末ここに来ると、ワンコ連れがいっぱいです。ここなら平日といえども1頭や2頭のワンコはいるだろうと思いましたが、何と1頭もワンコには会えませんでした。

どこかにワンコいないかなー

ショーに来た犬

パーマリンク 2009/10/19 20:40:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

さて、昨日に引き続きショーに来た犬のお話をもう少し・・・
愛知県からクラブの荷物を運んでくれたのは、テンコーの同胎犬ベリアーのご家族です。すごい荷物でした。もちろんベリアーもがんばりました。

横浜に住むブーアはメイプルとウィローの息子で、もう7歳になりました。飼い主のお父さんは昨日は司会を手伝ってくれました。

栃木に住むポルはウィローとダイアンの同胎犬の娘です。飼い主のお母さんは今日はカメラを私と一緒にずっと撮っていてくれたので、出番が来たら大忙しです。

小型犬に囲まれてご機嫌なのは、キートンです。
「今から出番なんだよ」キートンが言います。
「がんばってねー」お膝の上の犬たちが答えます。

ベストビッチに輝いたクララのお母さんはメイプルやキートンと同じイギリスの実家です。お父さんはメイプルの息子のテットリーで、要するにメイプルの孫ということになります。

明日は留守番したワンコたちのことを少し書こうと思います。

東京地区チャンピオンシップショー

パーマリンク 2009/10/18 23:21:24 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

朝の新宿、眠い目をこすりながら“あと、もー少し”と、やってきました。
ところが“もー少し”のはずが葛西ジャンクションでひどい渋滞に遭い、会場はすぐそこなのに、高速からなかなか降りられず、予定よりも遅い到着でした。

新左近川親水公園の会場は、KCジャパン、日本スピッツ協会、天然記念物柴犬保存会といっしょの会場ですから、とても賑やかです。キートンは長距離ドライブで少し酔ったのか、はじめのうちは元気がありませんでした。でも、あちらこちらの犬たちの中を散歩しているうちにだんだん元気が出てきました。

そして、がんばってベストインショーをいただきました。

カノンはどこへ行っても明るくて元気です。色々な犬たちに会ってとても楽しそうでした。

そして、彼女はベストパピーインショーに輝きました。

私も久しぶりに東京のメンバーに会い、とても楽しかったです。
帰りは少し渋滞はありましたが、ほぼ順調に帰ってきました。そして、キートンはお父さんとお母さんが早速迎えに来てくださったので、もう家に帰りました。
今頃きっと疲れて眠りこけていることでしょう。カノンはもう一晩お泊まりです。テンコーは帰ってきたカノンに大喜びで、仲良く休んでいます。

出かける準備は忙しい!

パーマリンク 2009/10/17 19:23:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

毎度のことですが、ショーの前日は本当に忙しい。特に今回は朝が早いので、それに伴う事前準備が色々必要なのです。朝4時には出発しなければなりません。メイプルや他の犬たちもですが、そんな時間から夜まで、外にも出さないで放っておくわけにはいきません。そのため愛知県に住む母に留守番を頼みました。

明日連れて行くのはキートンとカノンです。テンコーは残念ながら車に乗せるスペースがないので、連れて行けません。
朝からキートンとカノンがやってきました。今日はせめてテンコーも一緒に遊びましょう。

3頭ともふざけて走り回ります。
母も昼には到着しました。母を恵那駅までキートンのお母さん、お友達と一緒に迎えに行き、そのまま“きじや”でランチをいただきました。10月のランチは新米、里芋など秋の味覚を堪能できるものでした。帰りに“あまから本店”で五平餅をみんなでそれぞれ買って帰ってきました。

ところで、名古屋の友達の所にいるマーイアは・・・友達からこんな写真が送られてきました。あーあ、やっぱりやってる、こんな事を・・・

さあ、もう今日は早く寝ましょう!

マーイアの新しい経験

パーマリンク 2009/10/16 19:28:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

マーイアが私たちの友達のところに泊まりに行って早くも5日目です。一昨日辺りからそろそろ本性、いやそれ以上のものが出てきたようです。

はじめは、
“ほら、マーちゃん、パン食べて”と友達がパンをちぎってマーイアにやろうとすると、まわりをキョロキョロ。
いつ他の犬が出てきて、“こら!おまえの番じゃないだろ!”って怒られるかもしれないと思ったようです。
“誰もいないから、大丈夫だよ”と励まされてあわてて飲み込むマーイア。
以前ここに遊びに来たときには、サムがいました。でも、もうサムはレインボーブリッジに行ってしまいました。
マーイアはそれを知りませんでした。

3日目になると、マーイアは気づきました。
“ここにはもう他の犬はいないんだ!”
そして、彼女の態度が変わりました。“ひとりだから何したっていいんだ・・・。誰にも叱られない”
マーイアは人に叱られるのはあまり怖くありません。犬に叱られる方が怖いからです。
それからマーイアは友達に思いっきり甘えて、思いっきりイタズラもするようになりました。

ついでにこの家を自分が守らなければと思い始めました。オートバイからも、自転車からも、聞いたことのない物音からも。山の中で暮らしているマーイアにとって、新しい刺激がいっぱいで、新しい仕事が楽しくて仕方がありません。

毎日電話で友達からマーイアの様子を聞いていると、私の知らないマーイアの一面も見えてきました。友達はホント疲れることでしょう。どうもありがとうございます。
そして、友達のご近所さん、ご迷惑をお掛けしております。あとしばらくですので、ご辛抱ください。。。

腰に来た・・・

パーマリンク 2009/10/15 21:42:53 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

今度の日曜日にエアデールテリアクラブ オブ ジャパン東京地区のチャンピオンシップショーを控え、準備が色々大変です。
考えてみたら、3年前、2年前にはイギリスから、昨年はオーストラリアから友達が審査に来ていて、我が家に滞在していましたから、今よりももっと忙しかったはずです。それを思えば、今年はのんびりしているはずなんですが、だんだん自分の動きが悪くなってきたのか、ギリギリになってあれもしていない、これもまだだっけ、とあわてています。

ようやくプログラムはできあがりました。そして今日はロゼッタの準備です。1席、2席のロゼッタから、ベストインショーのロゼッタまで色々な種類のものがあります。小さいものはそのままで、大きいものは台紙に貼り付けてセロファンをかけます。ロゼッタが入っている大きな箱を棚から下ろして、一つずつ準備していきます。


すべての作業が終わってみると、妙に腰が疲れた感じがしました。重い物を持ったり、中腰で作業したのがいけなかったようです。

ショーを開くためにはたくさんの荷物が必要です。同じくクラブの役員の友達は、机やテント、トロフィーなど様々な備品を運んでくれることになっています。クラブの商品やドッグフードの試供品なども山のようにあります。それを車に積み込むだけで大変な作業です。
だんだん人間も一つずつ年を重ねていくので、どんどん作業が大変になってきます。

当日、腰が痛くて動けないなんてことのないように、明日、明後日は気をつけて動くことにしましょう。

久しぶりの学校

パーマリンク 2009/10/14 19:53:38 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

長ーい夏休みが終わってようやくテンコーの2学期が始まりました。
本当は先週マーイアを学校へ連れて行くはずでしたが、ちょうど台風が来る前で雨のため中止となってしまいました。
それで、今週ようやく行くことになりました。ただ、今度の日曜日のショーの準備などで今週はとても忙しく、どうしようかな?と迷いましたが、こうやって「忙しい、忙しい」と言っていると、結局何もできそうもないので、ここはがんばって行くしかありません!

久しぶりの学校ですが、テンコーはとても嬉しそうです。先生や助手のお姉さんに会ってフリフリしています。
先生と一緒に練習してもとても反応が良いように見えます。楽しそうに付いて行きます。

最近テンコーが少しずつ変わってきたような気がします。テンコーの持っている良い部分がもっと現れてきたのではないでしょうか。本当にワンコたちっていくつになっても変わっていきます。奥に眠っている良い部分を十分に引き出してやれたらすばらしいですね。
最後にキートンに会いました。キートンも今日から2学期です。

せっかく勉強した後なので、ワンコたちがたくさんいるような公園でも行ってみたいと思いますが、なんと言っても我が家は遠いので、ついつい早く家の方へ行きたくなります。それで結局寄ったのは小里川ダムでした。

びっくりしたのは、平日にもかかわらず人の多いこと。皆さんダムの上やおばあちゃん市の方へ歩いています。
“えっ?今日って何かあったっけ?”と思うほど。
紅葉にはまだ早いけど、皆さんこの辺に観光に来るんですね。
でも結局ワンちゃんには会えなくて残念でした。

静か・・・

パーマリンク 2009/10/13 21:37:39 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

マーイアが友達の家に行って2日目。
家の中は何だか静かです。時々思い出したようにダイアンやテンコーがウィローといがみ合う他は、みんなし~んとしています。
そんなにマーイアってうるさかったっけ?
そういう訳じゃないんです。マーイアが家の中でゴソゴソすることがないので、ダイアンもテンコーも緊張することがなく、のんびりしています。ウィローはいつもいっしょにいるマーイアがいないので、ちょっと元気がありません。

さて、マーイアはどうしているんでしょう?友達から写真が送ってきました。

マーイアは普段我が家では、ソファに乗ったことがないのに、あらあらどかーんとソファの真ん中でのんびりしています。
家では特にソファに乗ることを叱ったわけではありませんが、ウィローやメイプルの目があるので、きっとできないんでしょう。ひとりっ子を満喫していますね。
ただ昨夜や留守番しているときは少しないているようです。不安になるんでしょう。
でも朝も夜も散歩に連れて行ってもらい、自分だけ可愛がってもらっているときは、楽しくて仕方がないかもしれません。

今晩もまたいつもと同じだけおかずを作ってしまいました。5頭分を4頭で分けたら、みんないつもよりたくさんです。
マーイアもたくさんご飯もいただいているようですし、他の子たちもいつもよりご飯の量が多くなって、1週間後にはみんなちょっとプックリしているかもしれません。

マーイア、ご迷惑をお掛けしないように、良い子でいてください。

マーイア、ホームステイに行く

パーマリンク 2009/10/12 20:43:31 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

今日は3組の友達と、2頭のワンコが我が家のお客様です。

その前に、メイプルを夫と二人で大急ぎでこざっぱりトリミングをします。台の上ではどちらかが支えていないといけないので、二人でやらなくてはなりません。なるべく負担のかからないように、とにかくスピーディーにします。
カノンがやってきたので、今日はこれで終わりにしました。
カノンとテンコーが遊んでいるエアデールパークまで歩いていきます。足取りもずいぶんしっかりしてきました。

うちの駐車場に栗が落ちていました。それをエアデールパークに持ってくると、カノンもテンコーも興味津々です。
“あっ!カノン、痛いからダメ!”

ふたりはいつも楽しそうです。カノンがだんだん大きくなってきたので、走り回っている姿はどちらがどちらか分からなくなりそうです。

テンコーの同胎犬ベリアーも来ました。ベリアーはマーイアといっしょにエアデールパークで走り回って遊びました。
さて、マーイアは今日から友達の家にホームステイです。来週の日曜日、東京でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンのチャンピオンシップショーが開かれます。今回は私も一緒に出かけなければなりません。母に留守番を頼むので、1頭でも少ない方がお世話をするのが楽ですから、マーイアをホームステイさせることになりました。
マーイアの大好きな人たちで、以前にも泊まったことのあるおうちですから、1週間ひとりっ子を満喫するでしょう。
“行ってくるねー!”

夕方になり、もう少しで陽が落ちそうです。ベリアーはなぜかウルウルと陽の沈む方を見つめていました。

関東地区トリミング勉強会

パーマリンク 2009/10/11 20:44:51 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

今日は関東地区のトリミング勉強会が川崎市で行われました。
前回の横浜に続いて秋の2回目の勉強会です。
エアデールテリアクラブ オブ ジャパンでは、春と秋に関東、東海、関西で年4回ずつ、そして静岡で2回、合計14回の勉強会が行われます。今年の秋はどうしても予定がつかなくて、静岡の勉強会は中止になりました。
この他にも要望があれば、特別トリミング勉強会としてもっと遠方で開催することもあります。ただ、どちらにしても会場や参加者を確保することが難しいので、特別勉強会は数年に1度ぐらいしか行われていません。

私は今回も欠席です。関東地区の勉強会もいつもとても楽しいので、本当に行きたいのですが、メイプルが心配なのでなかなか出かけられません。
会場から早速写真を送ってきてくれました。写真を見ると、まるで私もそこにいるような気がします。

以前は私がお昼ご飯の当番で、多摩センター近くの学校で行われていたときは、いつも駅前の三越まで何人かでお弁当を買いに行っていました。最近は買いに行く人がいないことと、会場の近くにお店がないので、皆さんお弁当持参になりました。

そろそろみんなきれいになってきたようです。犬も人間も一日お疲れ様でした。

1997年10月10日

1997年10月10日、この日に私たちの最初のエアデールテリア、ペリが亡くなりました。
彼女の様子がおかしくなったのは、たしか9月20日過ぎでした。
食器にほんの少しご飯が残っていました。
今までそんな事がなかったので、心配になり獣医へ連れて行きました。それほど元気がなかったような記憶もありません。獣医で検査して、彼女がガンだということが分かりました。そしてそれはもう末期でした。

何一つ手が打てず、ただ見守るしかありませんでした。なぜもっと早く気づかなかったんだろう、という自責の念に駆られて泣いてばかりいました。その時、獣医に言われました。
“今まで犬からたくさん助けてもらったんだから、今度はあなたのエネルギーをその子にいっぱいあげなさい”
苦しくて横になることもできず、フセをしたまま眠るペリにどうやって私のエネルギーを与えたらいいの?
私はパニックになりました。自分の悲しみばかりでした。

少しでもペリが楽になるように助けてやれただろうか?ペリを安心させることができただろうか?
何もできませんでした。今でも「ごめんなさい」と言う気持ちでいっぱいです。

ペリが最初のエアデールだったからこそ、家族が増えていきました。そんなペリに似た子はなかなかいませんが、今いる子の中ではテンコーが一番近いような気がします。落ち着いていて、人が大好きで、誰かが寄ってくるのをいつも待っています。

う~ん、マーイアタイプではないですね。(マーちゃん、汚いからスリスリしないで!)

ウィローはオスですが、落ち着いたところなどは、どちらかというと似ているかもしれません。

ペリはレッド、ラフティと2頭の娘に囲まれて暮らしていました。
それはきっと幸せだったと思います。

今日はマーイア!

パーマリンク 2009/10/09 21:31:38 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

彼らは毎日私の一挙一動を見ていて、ほんの小さな変化も見逃しません。私の行動は彼らにはすべてお見通しなので、彼らをごまかすことは難しいのです。

マーイアのトリミングが終わった後、部屋の掃除をしながら考えていました。
“あーあ、疲れたからもうマーイアをどこかへ連れて行くのはやめよう” そして、お昼ご飯を食べてからエアデールパークでもみんなを連れて行こうかな?と・・・
いったん庭に出したウィローとマーイアを部屋に入れようとすると、マーイアと目が合いました。
“どこかへ連れてってくれるって言ったよね”
あー、そうでした。トリミングやっている間、何度も彼女の耳元で私は囁いたのでした。
“終わったらどっか行こうね。どこがいい?”
マーイアの目には私への信頼があふれていました。これはエアデールパークではごまかされないぞ、と内心思いました。

他の子たちもみんな一斉に興奮し出しました。
“私が行く!”
“僕も行く!”
私が出かけるかもしれないと言うことを嗅ぎ取ったようです。一言もそんなこと言っていないのに・・・
こうなったら仕方ありません。彼らの余分な期待を抱かさないために、さっさと事を運ぶ必要があります。
“だ~~~め!!今日はマーイアだから”

途中でパンを買って阿木川ダムへ行きました。本当なら芝生広場のテーブルで、景色を見ながらパンを食べたいところです。ところがマーイアは食べ物が絡むと、急に番犬の要素が強くなってしまうのです。以前もここでパンを食べていたときに、遠くの方から歩いてきた人に吠えたことがあります。そんな悪い癖を繰り返したくないので、車の中で食べることにしました。
車の中でパンのお裾分けをもらうマーイアの顔は満足そうでした。

パンを食べ終わって散歩です。すばらしい天気でダム湖もとてもきれい。昨日の台風が嘘みたいです。

せっかく気持ちの良い日なので、今日はしっかり散歩しよう!
ダムの上から左を見ると湖と上を通る橋がきれいです。向こうに見える山も、そして空に浮かぶ雲も妙に美しい感じがしました。

右側はずっと下の方に恵那の町が見えます。

マーイアは昨日のいたずらっ子とは打って変わって、本当に良い子で歩いています。食べ物もないので、すれ違う人を警戒することもありません。以前のように引っ張ろうともしなくなりました。エアデールパークへ連れて行く度に、学校の先生に言われていることを練習したからでしょうか。あまりの快適さに、向こうの橋を回って一周しようかと思いましたが、山側を歩くと熊がいるかもしれないとあきらめました。

台風の被害はないけれど

パーマリンク 2009/10/08 19:54:01 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

伊勢湾台風と同じぐらいの台風と聞いて、今回ばかりは少し緊張していました。
以前愛知県に住んでいたときは、台風の度に東向きの出窓がギシギシ揺れて、今にも壊れそうで怖い思いを何度もしました。
ここへ来てからは、愛知県よりも内陸部で山の中ということもあり、風もあまりひどくなったことがないので、安心していました。ただ怖いのは雨で土砂がゆるんで、土砂崩れが起こることです。
夜遅くなると、風の音がし始めました。木がガサガサと揺れているのが分かります。シャッターを閉めていても、その気配に犬たちが少し興奮気味です。普段夜は本当に静かなところですから、異様な感じに警戒しているようでした。

そんな中、またしてもまた別の意味で興奮していた子がいます。マーイアです。
私が動く度に、後について回り、行った先々で何かを見つけては口にくわえます。それを見せびらかしては、私に取り返されるのを待っているのです。
“マーちゃん、相手なんかしてられないって。忙しいんだから・・・”
そうは言っても、スリッパや、帽子や、はたまたゴミ箱の中のゴミや、色々な物を持って走っていきますから、ほおって置くわけにもいきません。
“もー、ダメ! ノー!!!!!”こうなると、マーイアの方が断然有利です。マーイアの思うつぼで、私はどうしたってマーイアを相手にせざるを得ません。彼女は明らかに私に対してしつこい態度を取っています。こんな状態が彼女をゲージに入れて寝かせるまで続きました。

オオカミ男が満月の夜に変身するように、マーイアは台風か気圧の変化に反応するのかもしれないと思いました。
朝になるとちょうど台風が通過中でした。マーイアは依然ハイテンションで、朝からイタズラしまくります。
台風が去った後、庭に出たマーイアはようやくいつもの状態に戻りました。

庭には葉っぱがたくさん落ちていましたが、せいぜい小枝が折れたくらいで、大きな木も倒れることもなく、被害はありませんでした。庭の水も思ったより早く引きました。

夜になって、我が家にも嵐の後の静けさが戻ってきました。

お誕生日おめでとう!

パーマリンク 2009/10/07 20:05:49 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, ブリーディング

今日6歳になったメイプルとウィローの子どもたち、お誕生日おめでとう!
6頭の同胎犬は、男の子と女の子が3対3と同数でした。その前が9頭と多かっただけに、6頭の子育てはとても楽ができたのを覚えています。
彼らには大好きなロード オブ ザ リングから名前をもらって、フロド、サムワイズ、メリアドク、アルウェン、エオウィン、ガラドリエルと名付けました。男の子にはホビットのように明るくて、優しく、そして勇敢に、女の子には美しく、賢く、そしてまた勇敢になってほしいと思いました。みんなそんな風になっていますか?

メイプルはもうベテラン母さんで、子育ても余裕が出てきました。

このたらいはみんなのおもちゃです。誰もこれで遊ぶことを教えていないのに、仔犬たちはいつもこれを引きずり出して遊んでいます。

6歳はちょうど犬生の折り返し地点でしょうか。これからは落ち着いたおとなの犬として、飼い主さんを助けていきましょう。

台風18号が近づいてきました。ちょうど明日の朝がピークのようです。もうすでに外は少し強い雨で、夕飯後も外へ行ってもおしっこをしなかった子がいるような・・・きっと朝起きても荒れ狂う中へ出ていかないだろうなあ・・・
そういえば、今日の夕方有線で放送がありました。また近くで熊が出たって。。。
台風が近づいているのに、こんなところウロウロしていないで、早くうちに帰らないと・・・自分の家にね。

退屈な一日

パーマリンク 2009/10/06 21:37:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

朝から雨がポツポツとしているだけで、我が家のワンコたちはテンションが低い。
朝のトイレも大急ぎで行ってきては、すぐに部屋に入りたがります。“こんな日は外には出たくない”と言わんばかりに引きこもりたがります。
先週もこんな日が続きましたが、カノンがいたのでテンコーもテンションが高く、雨でも楽しそうでした。
今日は久しぶりに犬の学校の予約が取ってありましたが、これも中止。今日はマーイアを連れて行くつもりでした。私もワンコたちと同じようにテンションが下がります。元気なのはマーイアだけです。家の中で私について歩いて、楽しそうにしています。スリッパをくわえてみたり、何か引きずり出してイタズラしてみたり、私の注意が自分だけに向くことに満足しています。

午後からはウィローとマーイアはワンコ部屋に行き、交代でダイアンとテンコーがリビングに来ました。
テンコーはメイプルと並んでゴロゴロ寝てばかりです。

ダイアンはヒート中です。本当はこの時期はワンコ部屋にいてほしいのですが、かわいそうなのでパンツをはいてやってきました。でも、パンツ脱げそう・・・

マーイアもワンコ部屋にいる間はとても静かです。ウィローがいっしょにいるせいです。夕飯後、またマーイアが戻ってきました。こうやってガムをガリガリしている間は平和ですが、次には何をやり出すやら・・・

ウィローも今日は静かです。絨毯をしきりにフンフンしているのは、さっきまでダイアンがいたからでしょう。ウィローにとってはこれからしばらく辛い時期が続きそうです。

台風が来ているようなので、明日からしっかり雨が降り続くでしょう。ワンコたちも当分静かで退屈な日を過ごさなくてはなりません。

元気だけど要介護?

パーマリンク 2009/10/05 20:41:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

最近メイプルが元気です。
朝も夜も食事の時間は自分で起き上がって要求するようになりました。食べ方もしっかりしてきました。
寝ていても水が飲みたくなると、食器の所まで自分で歩いてきて、そこで大きな声で“水、ちょーだい”と催促します。

今日はエアデールパークへ連れて行きました。パークでは結構フラフラと自分で歩いています。足取りも軽くなりました。まだ右足は十分使えていませんが、それでも地面に着くようになりました。
ここは細かい砂利が敷かれていますから、これはかなり足に来ます。実際私でもここで落ち葉掃きをしていると、海で砂浜を歩いたように、足がどーんと疲れます。

さすがに疲れたのでしょう、横座りになりました。以前はこの格好が辛くて、起きるか寝るかでした。
こんな元気な面を見せる反面、手がかかることもあります。

時々横になっていて、“ヒャアヒャア”と言う声を出すときがあります。どこか痛いのか、それとも不安になるのか・・・そばに行って身体をTタッチで軽くなでてやると、安心してすっーと眠っていきます。だから、リビングにいるときはほとんどメイプルの横に座っています。

そして、困るのが時々お漏らしすることです。ご飯を食べていたかと思うと、その横に水たまりがあったりします。どうやら漏れてしまったようです。ちょっと他の子の面倒を見ている間に、ドッグベッドの上でお漏らしして、それも気づいていないのかその上で横になっています。でも、オムツをして寝たきりにならないように、失敗しても自分でトイレに行かせたいと思っています。

耳も遠くなりました。呼ぶときはすぐそばで大きな声で呼ばないと気づきません。
どんどん年を取っていくのがわかります。でも、できる限り自分で何でもやらせたいし、そうさせるつもりです。

テンコーの変化

パーマリンク 2009/10/04 21:14:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

この写真、テンコーと遊んでいるのはキートンです。キートンが来たときにはよく見る風景です。でも、何かがちょっと違っています。いつもとほんの少し違うのです。
それは、テンコーがとってもよく遊んでいるんです。テンコーはどちらかというとキートンに対しては少し冷たいところがありました。
キートンが“遊ぼう!遊ぼう!”と誘っても、ちょっと軽くあしらったり、時には“ヤダヨー”みたいに態度の悪いこともありました。ところが今日はそんな態度は見せません。いっしょうけんめい遊んでいます。

おもちゃを持つと、少し“ひとり占め”っぽい態度が出ますが、以前ほどではありません。
これはきっとカノンの影響だと思います。毎日カノンと遊んでいるうちに、他の犬と“うまく”遊んでいく術を学んだに違いありません。
子どもに教えられたんですね、きっと。 

キートンのお父さんがテンコーの口に付いた葉っぱを取ろうとしたら、ひっくり返って甘えています。テンコーは人が大好きで、人の輪の中に入っていたい子です。そして人の輪の中ではじゃまにならず静かにできる子なんです。でも犬づきあいは下手でした。

ワンコたちっていくつになっても、いろんな事を覚え変化していきます。こうやって他の犬との交わりの中で新しいことが学べたら、テンコーにとってすばらしいことかもしれません。

カノン、また来てね

パーマリンク 2009/10/03 21:16:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

雨上がりの朝、テンコーとカノンが庭の匂いを嗅いでいます。
さあ、今日は朝のうちにお母さんがカノンを迎えに来ることになっています。

それまでもう少し遊ぼう!
井戸の上に乗るのはダイアンの得意技。なぜか他の子は誰もしません。テンコーも乗りません。ここはカノン、おばあちゃん似だね。

そうだ、もう少し練習もしよう。きれいに立てるようになりました。

そして、お母さんが迎えに来ました。1週間ぶりに会うお母さんにカノンは体いっぱいクネクネさせて大喜びです。テンコーのことを振り向きもせずお母さんと帰りました。テンコーはフェンスの間から道路の方へ歩いていったカノンをじっと見つめていました。
“テンちゃん、カノンはまたすぐ遊びに来るよ”

カノン、君は破壊魔?

パーマリンク 2009/10/02 20:55:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

それは昨夜始まりました。夕飯ができてワンコ部屋へ持って行くと、床一面カーペットの残骸で埋め尽くされています。
“ヒャーーー!誰これ?これ誰?”意味不明なことを叫びながら交互にテンコーとカノンを見ます。
カノンのあどけない笑顔は“私じゃないよ”と言っているようでした。
たしかにテンコーは子どもの頃こんなことをやりました。でも、最近は・・・

事の始まりはダイアンでした。仔犬の頃から毛布でも絨毯でも破壊してきました。いや、8歳になった今でもし続けています。そして、マーイアは部屋中敷き詰めた大きなビニールのフロアカーペットを、買ってきたその日に破壊しました。そして、テンコーも同じようなことをしました。おかげで一時はワンコ部屋には何も敷かず、今でも布団類は夜寝るときだけ出しています。
2年ほど前からようやくタイルカーペットが敷けるようになりました。でも、タイルカーペットです、どこまでも。破れたらそこだけ捨てることができるタイルカーペットでなくてはなりません。
それが何と今日になって次から次へと・・・はがしては壊し、はがしては壊しを繰り返しています。短時間の間に、それも静かにやっているのです。

なんて雨でしょう。朝からずっと降り続いています。カノンのエネルギーを発散する場所がありません。
小降りの時に外に出すと、テンコーは絶対に濡れないところから動きません。カノンは少々の雨は平気なようです。
“テンコー、おしっこしてらっしゃい”テコでも動きません。なぜ?いつも水の入ったたらいに顔をつっこんでも平気な子が、雨の中はおろか、雨に濡れたところも歩くのが嫌だなんて。

カノンは雨の中、庭中を散策しています。可愛い顔で見つめるカノンはとても良い子に見えます。

あれれ?壊れかけのベンチに飛び乗ったと思ったら、本当に壊し始めました。
“こら~”口に木をくわえて逃げ出します。ようやくつかまえて口の中から木くずを取り出しました。

ワンコ部屋に戻って、新しいおもちゃを出したら、今度はテンコーが独り占めです。

テンコーからそれを取り上げたら、ようやくいっしょに遊び出しました。床のカーペットは全部はがしました。今日は小寒いからかわいそうですが、もうこれ以上壊されないようにしなくては。

カノンのホームステイもいよいよ終わりです。明日はお母さんが迎えに来ます。

カノン、やっと完食

パーマリンク 2009/10/01 20:37:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

カノンがやっと夕飯を完食しました。まあ、マーイアが食べた後のピッカピカの食器に比べればまだまだですが、それでも最後は、食器に付いた大根を何とかはがそうとしていましたから、上出来です。
カノンのホームステイ6日目、昨日の雨が上がり、天気予報では今日一日の曇り&晴れだそうです。
この貴重な日を有意義に過ごさせてやりたいので、出かける用事をキャンセルして、ワンコたちと共に過ごします。

午前中は交代で庭で遊びます。外が完全に乾いた午後になってテンコーとカノンをエアデールパークへ連れて行きました。その間、庭にはメイプル、ウィロー、ダイアン、マーイアがいます。
珍しくこの4頭が同じ写真に収まりました。少しダイアンの頭が切れていますが・・・ウィローが庭に出ると、みんなスッーと離れてしまうので、なかなかいっしょに写真は取れないんです。

エアデールパークのテンコーとカノンは、またまた大はしゃぎ。どうやらカノンはここへ来ると、思いっきりお母さんに体当たりしていいと思っているようです。テンコーは少しお疲れ気味。カノンはひとりでも走って、塀の所でピョンピョン跳んでいます。塀の上から出ている葉っぱが欲しかったようですが、思わずヒヤッとするほどの跳躍力でした。

庭に戻ってきても、またテンコーがおもちゃをくわえて遊んでやります。せっかくの晴れ間ですから、好きなだけ遊ばせましょう。

カノンのお水の飲み方は至って豪快です。水道水を直接口に入れるか、はたまた下のたらいにたまった水を飲むときは、口を開けたままガバガバっと飲みます。(これはテンコー譲りかも・・・)

では、夜はゆっくり休んでね、カノン。

2009年10月
 << < 現在> >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS