アーカイブ: 2009年8月

夏の終わり

パーマリンク 2009/08/31 20:55:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨日、今日と8月の最後を迎え、思いっきり暑くなりました。
土曜日には扇風機も片付けようかと思ったぐらいの気候でしたが、その晩からまた活躍するようになりました。
どんなに日中暑くなっても、夕方になると本当に気持ちの良い風がそよそよと吹いてきます。
そんな中で我が家のワンコたちは庭で夕涼みをしています。

と、思ったらダイアンとテンコーはふざけて遊んでいます。テンコーはまるでカノンがそうするように、ダイアンには逆らいません。それでもダイアンに遊んでもらいたいと言わんばかりに、次から次へとダイアンを誘ってじゃれています。後ろでメイプルが不安そうに見ています。2つの固まりが自分の方に転がってきたらどうしよう、と心配しています。

ようやく遊びは終わり、ダイアンも疲れた様子です。メイプルはやっと安心して休めそうです。

庭で草むしりをしていると、時々ピョーンとカエルが逃げていきます。小さいのは平気ですが、大きいのはやっぱりダメです。
“こんな所にいて、ヘビが来たらどうすんの?”と思わずカエルに腹が立ちました。この辺りには水辺がないのに、どうしてカエルがいるんでしょうか?いつも不思議です。

こうやって涼しくなると、私も外に出る機会が多くなり、色々な動物たちも活動しやすくなるせいか出会う事が多くなります。
昨日の朝、夫がまた竹酢液を敷地の周囲にまいてくれました。
これのおかげでヘビが来ないように祈っています。
だから、カエルも帰ってね。
もしかすると竹酢液のおかげで外に出られないって? 
まさか、アンタを追ってきたヘビまで庭にいないでしょうね。
あーどうしよう。。。
もう、メイプル、家に入ろう!

もうひとりの娘

パーマリンク 2009/08/30 21:09:20 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

台所の隅におしゃべりするボールが転がっています。ちょっと触ったりすると、アメリカ製なので英語ですが簡単な言葉をいくつか話します。昨年暮れに生まれたテンコーの仔犬たちに買った物でした。
ずいぶんたくさんこれで遊びました。2つありましたが、両方とも一時は雲隠れしていました。最近になって、なぜか台所の隅にそれはあります。今は半分壊れそうで、触ってもいないのに突然話し出したりします。もう捨てようかと思いながら、なぜかそのままにしてあります。
おもちゃの声を聞く度に、ここにいた仔犬たちを思い出します。特に台所で思い出すせいか、彼らにいっしょうけんめい毎日離乳食を作っていたのを懐かしく思い出します。

先日郡山へ行ったもうひとりのテンコーの娘、ラッキーの写真が送られてきました。いつもお母さんがトリミングしています。

テンコーに似ているのでしょうか?それともキートン似かな?
写真ではあまりよくわかりませんが、優しそうな表情ですね。いつか会いに行きたいと思います。

テンコーとカノンの関係

今までのエアデールの中で、出産経験のある犬は5頭。そのうちペリ、メイプル、ダイアンの3頭は、初めて産んだ仔犬の中の女の子の1頭と暮らしています。
子どもを残してもらえなかったのは、ラフティとテンコーです。ラフティが出産したときは、引っ越しなどが重なって、仔犬を残すことができませんでした。結局ラフティは1回しか出産しませんでしたから、彼女は生涯自分の子と暮らすことはありませんでした。親子で暮らすことのすばらしさを私は知っていますから、それをラフティに経験させられなかったことは、今でも心に引っかかっています。

昨年暮れのテンコーの初めての出産。もちろん誰かを残してやりたいと思いました。でも5頭のワンコたちが6頭になるには、ちょっと重荷です。特にその頃はまだメイプルも元気いっぱいでしたから、どう考えても仔犬を残す選択は良いことだとは思いませんでした。

ダイアンにとっては娘のテンコーがいつもいっしょです。でも、テンコーには娘がいてもいっしょには暮らしていません。
そんなテンコーにとって、カノンがちょこちょこ遊びに来てくれることは、とても嬉しいことです。
しばらく離れていれば、例え娘でも忘れてしまいます。けれど、テンコーはカノンのことを今でも娘だと認識しているのがよく分かります。

前はただ母親風をふかすだけでしたが、最近では少し対等に遊ぶときもあります。

こういった経験はもちろんテンコーにもプラスになっていますが、カノンにとっても非常に良い経験です。

思いっきり遊んだ後は、ぐっすり休みます。テンコーが砂の中に沈み込むようにして寝ていますが、本当に幸せそうなゆったりとした表情です。

勇敢なのはだーれ?

パーマリンク 2009/08/28 20:03:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昔、犬種辞典のような本で、エアデールテリアについてこう書かれたのを読んだことがあります。
“唯一ピューマに立ち向かうことのできる犬種”
それだけ勇敢だということだと思います。さあ、今まで私が暮らした10頭近いエアデールの中で、こんな勇敢な子はいたでしょうか?

とりあえず“誰が一番勇敢か?”と考えると、やっぱりダイアンでしょうか。勇敢というよりは好奇心が強いだけなのかもしれませんが、たとえば家の周りに(フェンスの外)何かいたとします。たぶん動物かなんかでしょう。ダイアンが真っ先に気づき、颯爽と匂いをかぎ、追いかけようとしてフェンスの周りで走ります。だからダイアンがそんな仕草をするときは、“外に何かいるのかも・・・”と注意します。
こんな風にエアデールパークでも匂いをかぎながら緊張していると、私もいっしょに緊張しそうです。(ヘビだったらどうしよう・・・)
実際、クマかなんかが出てきたら、一目散に逃げそうですが・・・

ただ一番勇敢そうなダイアンでも、すごく怯えるときがあります。
それが動物病院です。今日は予防注射のために、ダイアンを連れて行きました。車から降りたとたん、駐車場から逃げるようにします。何とか待合室に入りましたが、次に名前を呼ばれて、これまた引きずられてようやく診察室に入りました。
診察台に乗っても体中力を入れて固くなっています。こんなに病院が怖いのは我が家ではダイアンだけです。
まるで先生がいかにもひどいことをしたような態度ですが、2回も命を救ってもらっているのです。1度目はかみちぎったおもちゃが詰まったとき、2度目はテンコーが生まれたときです。ただ、2度目の時があまり辛かったので、病院恐怖症になったのは仕方がないかもしれません。

では、ダイアンを一番“勇敢”から外すと、次にマーイアが浮かんできます。
たしかにウィローと一緒にいるマーイアはいつもビクビクしているように見えます。でも、それが案外平気なことが折に触れ見て取れます。
たしかにマーイアは色々なことにあまり動じません。何かを怖がったりすることもあまりありません。その気になれば柵を蹴破ってでも(足ではなく頭突きです)部屋から飛び出すこともあります。また、ご主人さまの目の前から食べ物を取ったりします。
これを単なる“向こう見ず”と見るか“勇敢”と見るか、今後気をつけて見ていきましょう。

我が家のササユリ

パーマリンク 2009/08/27 20:48:38 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ササユリがこの辺りではあちらこちらに咲いています。道路を車で走っていると、山の斜面にたくさん咲いているのを見つけることができます。
ササユリは町の花だそうです。水車のある道の駅“山岡おばあちゃん市”では、ササユリのソフトクリームも売っています。食べたことはありませんが・・・

ここに引っ越してきた翌年、1本のササユリが我が家の外回りの枕木と、道路のアスファルトの間のほんのわずかな隙間から出てきました。最初は何か分かりませんでしたが、細いササのような葉っぱでヒョロヒョロと伸びながら、先っぽにユリの花を付けました。でも、それはあまりに細くてあまりに小さな花でしたので、咲くこともなく終わりました。
そして次の年、再び同じ所から出てたササユリは少し元気で小さな花を咲かせました。そうやって、年々1本ずつ増えていったかのように、今は10本近い花が同じようにほんのわずかな土の隙間から出て、並んで咲いています。

今日はワンコたちを順番にエアデールパークへ連れて行きました。母も一緒にパークでのんびりと過ごしました。心地よい風に眠くなりそうです。
メイプルも何とか連れて行こうとしましたが、やはり玄関を下りたところで止まってしまいます。エアデールパークへ行くには、道路がゆるかな上りになっていますから、それが嫌なんでしょう。
一度だけでも心地よい風の吹くあのエアデールパークのデッキの上で、メイプルをのんびりと休ませてやりたいものです。

どこへ連れて行こう?

パーマリンク 2009/08/26 21:23:07 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

せっかく愛知県から母が泊まりに来ているので、どこかに連れて行ってやりたいのですが、どこにも行くところがありません。あまり遠いところは疲れますから1時間ぐらいで行けるところ・・・
木曽の方はもう何回も行ったし、温泉は結構疲れるから等々・・・結局我が家にいる方が涼しくてのんびりできる、と言っては朝から外回りの掃除をしたり、草むしりをしています。

それで出かけたのは買い物とランチです。昨日行くつもりでしたが、テンコーがいたので行けなかった多治見のシンフーまで、またまた行ってきました。
それにしてもここはすごい!11時半過ぎに行ったのに、もうお席はあと2つぐらいしか空いていません。もともと小さなお店ですから、皆さん早めに来るようでした。11時45分にはもう満席で、来てはお帰りになった方が何組もいました。

今日は私は“海老と青菜のあんかけ焼きそば”です。これにデザートをつけていただきました。

母は“海老チリソースのランチセット”です。たくさんのプリプリな海老に初めて来た母も美味しい美味しいと驚いていました。

帰りには瑞浪でスーパーへお買い物。多治見も瑞浪もやっぱり暑いです。
二人で我が家に到着すると、その涼しさにホッとして“やっぱりここがいいね”と顔を見合わせました。

お墓参り

このところめっきり涼しくなり、今朝は長袖が必要なぐらいでした。朝の天気予報でも“さわやかな晴天”って言っています。
お盆が過ぎてしまいましたが、今日は母と一緒にお墓参りに行く予定でした。そして、帰りに美味しいものでも食べてくるつもりでした。でも、せっかくこんなに涼しくなったのだからと思うと、誰かワンコを連れて行ってやりたくなりました。

車に乗っていてもさわやかな風が気持ちいい。山のドライブには最高な日和です。後ろの座席にかけてあるカバーが風でひるがえって、テンコーはちょっぴり嫌そうです。
ところが・・・山を下り、だんだん愛知県が近づくに連れ、ボワッーとした生ぬるい空気が車に入ってきます。
やっぱり、こっちは暑いんだ。。。
お墓には木陰がほとんどないので、暑いこと。テンコーは変わったところに来たので、落ち着きません。

「もうダメ、暑いヨー、こんな所つまんない」

お参りした後で、お墓の裏山をぐるりと母とテンコーといっしょに散歩しました。

愛知県にいた頃、ここには毎月のように来ていました。その頃はペリやレッド、ラフティがいっしょでした。
半分散歩が目的でしたから、お参りが終わってからあちらこちら山の中を歩き回ったものでした。
今日は暑いので少ししか歩けませんでしたが、歩きながら彼らといっしょにここへ来たときのことを思い出していました。

ダグラスからのビデオレター

パーマリンク 2009/08/24 20:48:35 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

ダグラスは北海道に住むダイアンの同胎犬です。この8月16日に彼もまた8歳になりました。
DVDには“ダグラス8歳の誕生日記念ビデオ”が入っていました。
家族のみんなに8歳の誕生日をスイカで祝ってもらっている楽しそうな映像が映っています。横には真っ黒の少し小さな子が・・・
ダグラスは今年の4月から妹ができました。妹はエアデールテリアではなくてケリーブルテリアです。

ダグラスが妹と遊んでいる姿などがたくさん入っていました。実はダグラスのお父さんもこんなにダグラスが面倒見が良いとは思っていなかったそうです。8歳にしてまた違った面が発見できたようです。妹が来てからは今までよりも若返ったようだとお父さんも喜んでいました。

ビデオの中のダグラスを見ていると、雰囲気がダイアンにそっくりです。
同胎犬ってお互いに似ているんですね。もちろん後天的な要素でずいぶん変わってきますが、それでも基本的なところが似ているのですぐに分かります。
このダイアンの同胎犬もよく似ている子がたくさんいます。みんなメイプルの子なのに、“メイプルに似てる”というよりも“ダイアンに似てる”と思うのは不思議です。

マイティの初めての里帰り

パーマリンク 2009/08/23 21:00:24 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーの息子マイティとは彼が3月に兵庫に行ってからも、クラブの行事などで何度も会っていましたが、我が家まで遊びに来るのは初めてのことです。
マイティのお母さんとお姉さんのふたりといっしょに朝10時過ぎに到着しました。マイティは長時間のドライブにも疲れを見せず、エアデールパークへ行ってさっそくひとりで走って遊びます。
でも残念、マイティはすぐにトリミング台の上に乗せられました。そして、こんな風になりました。ハンサムになったね!

ちょうどその頃、愛知からカノンが遊びに来ました。関西ファンデーの時もカノンとは遊んだからふたりとも覚えてるかな?

すぐに猛烈なスピードで追いかけっこが始まりました。

走って疲れると、ふたりでじゃれ合って遊びます。そしてまた走り、またじゃれ合いと遊びはエンドレスに続きます。

じゃれ合いも少々乱暴そうに見えますが、どちらも嫌がる様子もないことから、ちゃんと加減してるんだと分かります。

とうとうふたりともバテバテです。背中をくっつけて休憩。彼らが我が家にいた頃、マイティは一番身体が大きく、カノンは一番チビさんでした。そのため互角に遊べなかったのですが、ようやく今いっしょに遊べるようになりました。また今度会った時にもこんな風に遊べるといいね。

マイティが帰って、お母さんのテンコーがやってきました。本当に不思議です。カノンはマイティと遊んでいるときとは全然違っていました。マイティの時は仲間という感じでしたが、テンコーには遠慮して明らかにお母さんといるという感じでした。

一方テンコーはダイアンといるときより、ずっと楽しそうに、ずっと偉そうに、子分を引き連れるように遊んでいました。

マーイア! やっぱり・・・

パーマリンク 2009/08/22 21:33:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

先ほどまでリビングにいたダイアンとテンコーたちは、今度はワンコ部屋に行きました。そして、入れ替わりにウィローとマーイアがリビングにやってきました。

夕食後のデザートに、夫とふたりで巨峰をリビングのテーブルで食べ始めました。テーブルの周りをウロウロとマーイアがし始めました。ウィローはこっちへやってくると、そんなマーイアをチラチラと見ています。
これは警戒信号です。ウィローがいつマーイアに厳重注意をするか分からないからです。最近ウィローの力が以前ほどマーイアに効かなくなってきています。前ならウィローの前で食べ物の周りをウロウロするようなことはできませんでした。ところが今日はそんなウィローを気にもとめず、マーイアはただブドウだけを見つめています。

このふたりに限らず、食事をしているときはたいていワンコたちは隣の部屋かケージに入れられます。食べているそばにいるのはメイプルだけです(もちろん以前はメイプルが一番信用できなかったので、いの一番にどこかに入れられていました)。
でも、おやつを食べたりするぐらいでは、そこまでする必要もなく、ワンコたちに囲まれて食べています。

ただ、やはり要注意はマーイアです。彼女だけは食べ物に対しては全く信用ができません。
今日スーパーから帰ってきて、買ってきた物を冷蔵庫に入れている間にも、彼女はパックに入ったイカをパックごとくわえて持っていこうとしました。

チラチラとマーイアを見ているウィローの前に夫は座り直しました。万一にもマーイアにウィローの厳重注意が入らないようにするためです。
マーイアはそんな私たちの気持ちも知らず、ただただブドウを見つめています。
そして、それはあっという間に起こりました。
マーイアがブドウを皿から房ごと引きずって口にくわえ、持って行ったのです。いくつかのブドウが飛び散り床に転げ落ちました。夫があわててブドウの固まりをマーイアの口から引きずり出そうとしています。
私があわてて床に転げ落ちたブドウを拾っている間、ウィローもメイプルも誰も動こうとしません。
ダイアンもテンコーも誰ひとり声も出しません。とっさの信じられない出来事に他の犬たちも唖然としていたようでした。
結局、ブドウは夫に取り上げられましたが、全く悪びれた様子のないマーイアでした。

テンコーの大好きなトマトをフェンスの反対側から何とか食べようとするマーイア。

ウィロー、最近君はちょっとナメられてるよ。

もうすぐビルの命日

パーマリンク 2009/08/21 20:21:32 著者: airedale メール
カテゴリ: レインボーブリッジのエアデールテリア

8年前、ダイアンがそろそろ生後1週間になった頃、ワンコ部屋の隣のリビングではビーグル犬のビルが15歳7ヶ月の命をゆっくりと閉じようとしていました。

ビルの容態が悪くなってきたのは7月頃からでした。ご飯も少ししか食べなくなり、少しずつ衰弱していきました。
そして、ほとんど寝たきりとなりました。ちょうどダイアンが生まれた頃にはもう歩くこともできず、排泄も寝たままする状態でした。いくらビーグルとはいえ、寝ている身体を持ち上げて、きれいに拭いてやることは重労働でした。
私は仔犬の世話とビルの世話に追われ、疲れていました。

ビルももしかすると、レッドがそうだったように最後はもうぼけていたのかもしれません。昼間はぐっすり寝るのですが、夜中になると突然“オオオーーー”となき出します。ただでさえ、ビーグルの声は高くてオットセイのような声ですが、しーんとした夜中では一層この声が響きます。いくら山の中とはいえ、民家だってあります。しんとしているからこそ、どこまで聞こえるか分かりません。それでも町の中に住んでいることを思えばずっと気は楽ですが。

抱き上げて身体をさすってやると、静かになりました。でも、それが夜中に何度も続くのです。仔犬が生まれて1週間はただでさえ寝不足が続くときです。言ってもわからないと思っていても、思わず“うるさい!”と怒鳴ったこともありました。
我が儘を言っていると思っていたのです。でも、きっとビルはそうしたくてしていたわけではなかったのでしょう。
何頭も見送って、やっとそのことが分かってきました。
いいえ、もしかしたらその時も分かっていたかもしれません。
ただ、私自身が疲れ果てていただけかもしれません。

ダイアンが生後8日目、まるで、もうこれ以上迷惑をかけたくないと言わんばかりに、私の腕の中でひっそりと静かに息を引き取りました。

平和な犬でした。誰とでも仲良くできて、絶対に出しゃばらない。もちろんエアデールの中で暮らしていますから、出しゃばることは難しいですが・・・
今もきっとレインボーブリッジで、ペリ、レッドやラフティといっしょにくっついていることでしょう。

メイちゃんを踏むな!

パーマリンク 2009/08/20 20:47:05 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

メイプルはほとんど一日中、リビングとキッチンに置いてある2つのドッグベッドのどちらかで過ごします。
そしてウィローとマーイア、ダイアンとテンコーの2組が、ほぼ半日ずつ交代でリビングの方に来ます。
メイプルはいったいどちらの組がいいのでしょうか?

メイプルは一日中ほとんど寝ています。でもみんなが吠え出したり、ソワソワしたりすると目を覚まします。他の犬たちが外へ出るときは、メイプルも水を飲みにいっしょに外に出ます(自発的ではありませんが)。ついでにおしっこに庭におり、そしてすぐにまた戻って部屋に入り、また横になります。
キッチンのベッドは壁際に置いてありますから、ここで寝ていれば他の犬たちが暴れても大丈夫です。
ところがメイプルはデッキから家の中に入ると、たくさん歩くのが辛いせいか、すぐ近くのリビングのドッグベッドで寝る癖があります。
すると、同じくあとを追って家の中に入ってくるウィローがメイプルのそばでバタバタするのです。それがメイプルはとても嫌そうです。そりゃ、仕方ありません。ウィローの動きは本当にバタバタしていて、メイプルがすぐ横で寝ていることなどお構いなしですから。
“ウィロー、メイちゃんの方へ行かないの!”

最近ダイアンとテンコーに悪い癖が付きました。庭に出ているときはちっともふたりとも遊んだりしないくせに、家の中に入ってくるとふたりでリビングやキッチンで走り回って遊ぶのです。“もう!!”と外へ出すと、またふたりともすぐに座っています。家の中に入れると、再び遊び出します。

こともあろうに、ダイアンはメイプルまで遊びに誘おうとします。
そんな時に玄関のチャイムが鳴りました。興奮してメイプルも起き上がりました。ところが、バタバタするダイアンにメイプルは突き飛ばされました。メイプルは簡単にコロンと転がってしまったのです。

再びベッドに横になったメイプルの上を、今度はテンコーが飛び越えようとしました。
“テンコー、メイちゃんを踏まないで!”

もう少し安全な場所へ移動してやりたいのですが、結局メイプルが自分でまたこのリビングの真ん中に戻ってきてしまうのです。ドッグベッドを移動しても、やはりここで寝ようとします。
どうしても彼女はリビングの中心、みんなの中心にいたいのでしょう。

清内路の清水

パーマリンク 2009/08/19 22:24:02 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, 旅行

木曽の妻籠をそのまま北へ登ると、清内路というところに出ます。
先日駒ヶ岳へ行く途中で通った道です。今回は何となくこちらから回りましたが、普段なら中央道で駒ヶ根まで行ってしまうので、滅多に通ることはないところです。
“清内路”という名前から何だか清々しい感じがしますが、そこを通ったとき、ある場所で人々が水をくんでいるのを見つけました。
私は水にはそんなにこだわったりはしませんが、偶然見つけたその場所の水に少し惹かれてしまい、2回目に行ったときに帰りにホームセンターでポリタンクを買って、そこに水汲みに寄りました。
大きなポリタンクに1杯と、ちょうど空になった小さなペットボトルに水を入れると、さっそく飲んでみました。
もちろんワンコたちにも飲ませました。たしかに美味しい・・・何というかまろやかなんです。

8年前、ここに越してきたとき、我が家には水道が引けていませんでした。1年後には引けることは分かっていましたが、1年間水がなくては生きていけません。そのため庭には井戸が掘られました。いかにも冷たくて美味しそうなその井戸水は水質検査をすると、大腸菌が検出され飲み水として使うには煮沸が必要でした。
それが分かると、何となく煮沸をしても飲む気にはならず、結局口に入れる水は、歯磨きの時でさえもペットボトルの水を使うようになりました。それがちょうど1年間続きました。
それ以来、私はどうやら山の水が少し信用できなくなりました。

清内路にはいくつもの清水がわき出ていることで有名だとインターネットに書いてあります。
県内や遠く県外からもその水を求めて多くの人が来るそうです。もちろんそんなに多くの人が飲んでいるんだから、水質検査はしていることでしょう。それでもまだ少し心配な気がします。

台所に置いてある20リットルのポリタンクを見ながら、いろんな事が浮かんできました。
“どのぐらい大丈夫だろう? せっかく美味しい水だからってこのまま置いておいたら何の意味もないな、でもこんなにたくさんの水、何に使おう??? 結局ワンコたちに飲ませるのかな・・・”

ダイアンは難しい??

パーマリンク 2009/08/18 21:08:09 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨夜、寝る前にワンコたちをトイレのために庭に出しました。
どの子も用が済むと、まっすぐに戻ってきます。ところが、ダイアンだけが・・・
デッキのはき出しの窓の所まで戻ってくるのですが、中に入ろうとしません。呼べば呼ぶほど躊躇しています。
ダイアンは時々こういう事があります。強引に入れようと手を伸ばせば、さっと身をひるがえし、庭の方へ走っていきます。もう寝る前ですから、こちらも焦ったりします。すると、いよいよ中に入らなくなります。

我が家のワンコたちは、みんな色々と私たちに話しかけてきます。それはひとりひとり違っています。
一番わかりやすいのは吠え声を伴うものです。
ご飯の前に“早くしてよ!”と吠えるメイプル(最近はそれが少なくなりましたが)。
出かけようとすると“僕をい置いていくな!”と怒るウィロー。
自分だけどこかに閉じこめられたときの“ずるーーーい”と抗議するマーイア。

また、声を出さなくても目や態度で表すもの。
おもちゃの前にじっと座って“あれ取って”とおもちゃをひたすら見つめるテンコー。
こんな風にみんな自分の言いたいことを色々な方法で表現してくれます。私たちはそのほとんどを理解することができますが、たまにどうしても分からないことがあるのです。

それが、このダイアンの態度です。昨日の車の中でのようにヒャアヒャア言うダイアンはとてもわかりやすいのですが、無言で窓に近づいては“おいで”と言われると、逃げるようにあっちへ行こうとする。これが何を表すものなのか分かりません。
ようやくワンコ部屋の方からダイアンを入れると、夫が言いました。
「もしかすると大地震が来るんじゃないか? ダイアンはそれが分かっていて、外の方が安全だと思ってるんじゃないのだろうか?」

ま・さ・か・・・この間の地震の時だって、ダイアンに何の変化もなかったし・・・
そう思いながら不安な気持ちで私も眠りにつきました。

朝、目が覚めてホッとしました。
「やっぱりダイアンのただの我が儘だったんだわ」

ダイアンの誕生日プレゼント

パーマリンク 2009/08/17 21:13:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“ヒャア、ヒー、ヒャア、ヒョー”訳の分からない声をずっと発しているのはダイアン。車の中のダイアンは本当にうるさい。テンコーとは対照的です。テンコーはまるで息を潜めているかのように静かに乗っています。

ダイアンの誕生日プレゼントはもちろん彼女の大好きな“お出かけ”です。でも車に乗ったとたんこの調子です。
“ダイちゃん、今日は近くじゃないよ。遠いところだから・・・”
そう言ってもまだうれし泣き(?)が止まりません。ところが車が高速に入ると、この声がピタリと止まりました。
高速に乗るとすぐには着かないことを、彼女は経験上知っているのです。これはダイアンの特技かもしれません。
そして車が高速を降りると、また例の声が始まりました。

行き先は一昨日と同じ駒ヶ根高原の川です。暑いときはここが一番楽しめるような気がします。
一昨日見つけた別のところから川に下りました。こちらの方が人が少なくて静かです。
ダイアンは水の中に入ってすっかりご満悦です。

この川は山から流れてきた雪解け水ですから、本当に冷たい。

夫に連れられて、水の中を散歩します。

テンコーも連れて行ってもらいました。どうやらちょっと深いところはテンコーは苦手のようです。ふたりは順番に繰り返し川の中で遊びました。

ようやく上がってきて、日陰のところでおやつをいただきます。

身体をしっかり拭いてもらい、次に芝生の広場で今度はソフトクリームです。

帰りに「大平高原」の方へ回ってみました。標識に「大平高原」とあったのですが、行ってみるとあまりよくわからない所でした。若い頃、四駆を買ったばかりの時に、オフロードを探して大平峠へ行ったことがありました。その時のことを思い出しながら登っていきました。大平峠にある茶屋は当時のことを少し思い出させてくれました。

ダイアンが疲れが取れたのか、それとも、もう1カ所どこかへ連れて行ってもらえるかもと察したのか、またヒャアヒャアが始まりました。こんな山の中ではなかなかおろせるところが見つかりませんでしたが、ようやく広場を見つけたので少し散歩しました。

こうやって、ダイアンの誕生日と夫の夏休みは幕を閉じました。

ダイアン8歳の誕生日おめでとう!

パーマリンク 2009/08/16 21:23:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ダイアンが今日で8歳になりました。ダイアン、おめでとう!
そして、ダイアンの兄弟姉妹たちもおめでとう!

先日11歳の誕生日を迎えたメイプルとダイアンの誕生会をやりました。誕生会と言ってもただケーキを食べるだけの行事ですが。
今日のケーキは恵那川上屋さんです。

ダイアン、おめでとう!

メイプルも起き上がってきました。メイプル、おめでとう!

美味しそう、もう我慢できない!

外では誕生日を祝うかのように、盛大に花火が鳴っています。
まあ、これはダイアンとは関係ありませんが・・・実は毎年8月16日は近所で、爪切地蔵尊奉納花火大会が開かれます。250年ぐらい続く、伝統的な手法で行われる花火だそうで、年々観光客が増えてきています。
私も何度か見に行ったことがありますが、何しろ会場まで山を下るのに歩いて20分、帰りは上りで30分ぐらいかかりますから、最近はちょっと音だけ楽しんでいます。

ダイアンが生まれたのは、ここへ越してきて最初の夏でした。この花火のことは皆さんから聞いていたので、何とか出産がこの時間帯に重ならないことを願っていました。幸い、花火が始まる頃にはみんな生み終わり、メイプルはあまりこういった大きな音にも動じないので、何事もなく赤ちゃんたちも初めての晩を過ごすことができたものでした。そのせいか、ダイアンも大きな音を怖がったりすることはありません。

ダイアンの誕生日プレゼントは明日のお楽しみです。

ご機嫌!ウィロー&マーイア

パーマリンク 2009/08/15 21:03:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

夫の夏休みも残り少なくなってきました。あとはできるだけワンコたちにご奉仕かな??
今日はウィローとマーイアを連れて、駒ヶ根高原まで出かけました。東名の通行止めに伴って中央道はやはり混雑しているようです。その上、事故やまた今日の諏訪湖の花火大会と重なり、中央道はかなり渋滞していました。私たちはそれを避けて初めからのんびり下道を通っていきました。妻籠から昼神温泉を抜けて駒ヶ根までひたすら山道を走り抜けるルートです。

駒ヶ根のロープウェイへ行くバス乗り場の手前に駐車場があります。ここに車を止めて外に出ると、暑いこと!えっ駒ヶ根でもこんなに暑いの?と思わずうんざりする気分でした。
それでもウィローとマーイアは嬉しそうに、暑い中を足取りも軽く歩いていきます。ここは下の川に降りることができて、ここで水遊びができるのです。子どもたちがたくさん遊んでいます。
私たちもなるべく人が少ないところに降りていきました。

“さっ、マーイア行くよ!”夫が言うと
“ええー、ここ降りるの?”マーイアはなかばとまどっています。そうでした、確かここへマーイアを連れてくるのは初めてかもしれません。

水はそれは冷たいのです(夫談)。部分的にはかなり流れも早いところがあります。

“アチャー、流されるヨー”
“マーイア、がんばれ!”

私と一緒に大きな石のところで、楽しそうな姿のマーイアをうらやましそうにウィローが見ています。すぐ足下は水が流れているのに、私が入らないのでウィローも絶対に入ろうとはしません。

今度はウィローが水の中に連れて行ってもらう番です。マーイアよりももっとへっぴりなウィローです。

さんざん水遊びをした後、近くを少し散歩します。この先にまた川へ降りられるところがあり、こちらの方が人が少なくて静かでした。

車を止めた駐車場は、おみやげ屋や色々なお店が揃っていますから、ベンチに座ってソフトクリームを買ってきました。
ウィローの満足して幸せそうな顔です。

帰りはふたりとも車の中で爆睡でした。

君たちの日じゃないよ

今日のお楽しみは人間主体です。残念ながらワンコたちに主役は回ってきませんでした。
愛知県から二家族がお楽しみのために我が家にやってきました。彼らのうち1件はダイアンの息子ベリアーを連れてきました。
まずはダイアン、テンコーとご挨拶です。ベリアーはテンコーには強気です。

でも、お母さんダイアンにはとことん頭が上がりません。すぐに脅されてビクビクしています。

緊張したせいでのどが渇いたかな?デッキの上で水を美味しそうに飲んでいます。
さあさあ、家に入って。今日はみんなでお留守番です。
私たちは恵那の「きじや」までランチを食べに行くのです。

8月のランチは道の駅「らっせいみさと」で打った手打ちの蕎麦を使ったお料理です。

初めにこの3品は一つずつ出てきます。
なすのすり流し、しそみそとなす白和え、恵那どりともろこしの寄せ南瓜、どれも手の込んだ一品でした。

そしてメインは夏野菜天、揚げそばがき、手打ち蕎麦、松茸ご飯でした。このあとデザートにきゅうりのシャーベットにコーヒー、意表を突くデザートでしたが、さっぱりとして美味しかったです。

9月のランチは「栗」がテーマです。恵那栗は栗きんとんに代表されるようにこの地域の特産品です。
何だか楽しみです。また来月もランチ食べに行かなくちゃ。それにしても1,260円はがんばっていますね。

ベリアー、せっかく遊びに来たのに怖い母さんと一緒にお留守番でごめんね。今度来るときはテンコーとだけもっと遊ぼう!

知らないところがいっぱい

パーマリンク 2009/08/13 21:35:33 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ここ東濃地域は言うまでもなく山の多いところです。
そのため地図がよく頭に入っていないと、位置関係が分からなくなるときがあります。
“岩村はどっち?明智はどっち?”と聞かれても“あっち”と指を指して言うしかありません。山の中をクルクル回っていくと、方角があまり分からないのです。

そういえば、これは都会の東京でも一緒です。
愛知県に住んでいた頃は、場所を説明するときに「方角」をよく入れて説明しました。たとえば、“そこを西の方に行って”とか、“その建物の南側です”と言うと、さっと地図が浮かんできて、位置関係がはっきりするのです。ところがこれが東京の人と話をすると、「南」とか「西」とか方角を言うと、“えっ?南ってどっちか分からない”と言われたりします。これはきっと、名古屋の道が東西南北に走っていて、東西南北がはっきりしているからだと思います。

山の中でもこれと同じで、東西南北の感じがあまりありません。
そのため、地図がないと迷うときがあります。
今日は瑞浪から明智へ行く用事がありました。なるべく近道をと、ナビが壊れて地図が分からない車で山の中をウロウロしました。ひとりぼっちでこれをすると、ちょっと不安になることがあります。山道が狭くなっていき、対向車も来なくなったら、“どうしよう、この道行けるのかな?”。引き返すに引き返せないときはハンドルを握る手が緊張したりします。
でも今日は夫といっしょだったので、むしろ知らない道を探検気分で眺めていました。
山道はどこでも同じような風景です。道の脇には川が流れていました。

今度犬たちを連れてきて遊ばせれるかな?と見ていましたが、ちょっと下に降りることができない感じでした。それに、ここはとても暑そう。

かなり走って、ようやく知っている道に出ました。
近道どころかずいぶん大回りしたようです。でも、知らないところを走るのも楽しいものです。

やっぱり千疋屋!

パーマリンク 2009/08/12 21:26:03 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り

夫は先週土曜日から夏休みに入っていますが、今日は仕事があって東京へ出かけました。帰りはお約束のスウィーツ!

今日は千疋屋のマンゴプリンと杏仁豆腐です。暑いときはこんなフルーツたっぷり、ツルンと食べられるスウィーツは嬉しいですね。特に、ここの果物は本当に美味しいです。

もちろん2つずつ買ってきてくれましたが、今晩はどちらを食べようか迷ってしまいます。

先日、夫が同じように東京からの帰りにスウィーツを買ってきました。モンブランのロールケーキ型みたいなものでした。デパートに入っている六本木のあるお店のものです。
ちょうど次の日、私の友達がやってきました。と、言うよりも
“東京で買ってきたケーキがあるから食べない?”
とお誘いしたのでした。
コーヒーを入れて、ケーキにナイフを入れると “ん?”
ちょっと固いような気がします。“昨日買ってきたからかしら?”
そして友達と二人で食べ始めました。
一口食べたとたん、お互いに “ん?”
まあ、こんな事もあるものです。東京で売ってるからと言って全部美味しいわけではありません。でも、お誘いして失礼しました。。。

さてさて、今日はマンゴプリンと決めてテーブルに座ると、周りにダイアンとテンコーがじっとこちらを見つめて座っています。あらあら、メイプルまで起き上がってきました。
“今日のはアンタたちには贅沢すぎるでしょう?”
するどい視線の中で、美味しくいただきました。

我が家も今年一番暑かった!

パーマリンク 2009/08/11 21:08:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ビックリしました!地震。もちろん飛び起きました。でもワンコたちは不思議に誰も騒ぎませんでした。
地震が治まってから、また布団の中にもぐりこむ私同様、ワンコたちもまた眠りにつきました。

再び目が覚めると外は良い天気です。どうやら今日はとても暑くなりそうです。朝食の前にメイプルとマーイアを車で近くへ連れて行くことにしました。外はすでに陽が高く、もう散歩するには時間が遅いかもしれません。
こんな時はエアデールパークの方が絶対涼しいことは分かっていますが、気分転換にどこかへ連れてってやりたいのです。
日陰があって、坂のない平らなところ、普通の公園のようなところでいいんです。日陰でウロウロしてのんびりできればいいんです。それがこの辺りにはありません。結局“坂のない平らなところ”小里川ダムへ行きました。

駐車場で車のドアを開けると、外はもうムッとしています。我が家の方とは明らかに空気が違います。
それでもマーイアはもちろんですが、メイプルも降りると積極的に歩こうとします。
ダムの上に見つけたわずかな日陰、ここは風も通り少し涼しげです。メイプルも右後足も軽く地面に付きながら、歩き出しました。

ダムの真ん中あたりまできました。“もう、暑いから帰ろう”
メイプルは帰る気がありません。疲れて動く気がないのか、それとももっと先まで行きたいのかよく分かりません。結局ここまで車で迎えに来てもらいました。

やっぱり甘く考えていました。こんなに暑いなんて、うちにいると分からなくなります。

家に帰って駐車場に着いたとたん、思わず言葉が出ました。
「あーあ、やっぱりここは涼しい」

今日、ここから1時間ぐらい離れた多治見市が日本で一番暑い町となりました。
我が家もさすがに午後から3時間ぐらいクーラーが必要でした。
それでも夕方5時を過ぎ、クーラーを止めて窓を開けると、すでに外は気持ちのよい風に変わっていました。

携帯ストラップと手作り陶器

私の携帯にはたくさんのストラップが付いています。その全部がいただきもので、それぞれに大事なものですから、どれも外すことはできません。
中にはストラップだけではなくて、二つブレスレットがくっついています。そのうちの一つは夫がロシアから買ってきた琥珀のブレスレットで、もう一つはアメリカの友人ナンシーからいただいたもので、ハート型のロケットが付いています。彼女から、この中にレインボーブリッジに行ってしまった犬たちの写真を入れるのよ、と聞いて、その通りビル、ペリ、レッド、ラフティの写真がこの中に入っています。

何かの時にいつでも彼らを見ることができるのが嬉しいです。
ストラップの中にはもちろんエアデールのものもいくつか付いています。そして今日新しい仲間が増えました。
メイプルとウィローの娘バニーのお母さんが送ってくださいました。革の犬のストラップはよく見ますが、エアデールテリアは見たことがありませんでした。
ちょっとおとぼけなひょうきんな顔が私は大好きです。

この顔を見て思い出しましたが、ずいぶん前に私が作った陶器のエアデールテリアです。何だかとぼけた表情がストラップのワンコに似ていませんか?

このシリーズはクラブでもよく売りました。また、海外のエアデールの友達にもたくさん持って行きました。我が家の飾り棚の中にも数体残っていますが、もうほとんどが手元にはありません。もうすっかり陶芸からも離れてしまったので、もう作ることはないかもしれません。ちょっぴり残念です。

キートンと我が家の女の子

パーマリンク 2009/08/09 21:12:01 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

名古屋からキートンがやってきました。
テンコーは久しぶりに会うキートンに大喜びです。
ところが、そこへテンコーの母ダイアンがやってきました。
ダイアンも若い男の子に大興奮。テンコーを押しのけて
“私が遊ぶわ!”
みんなすぐに疲れ果てて休憩です。テンコーは大好きなキートンを取られてテーブルの下でつまらさそうに、ダイアンは遊び疲れて満足そうに寝ています。

みんなで家に帰って、ワンコ部屋へキートンもやってきました。
ダイアンはまた偉そうに言います。
“この部屋にいたかったら私の子分になってね”
ふたりでコチョコチョと遊び出しました。

“ん、もうー、私のキートンなのに・・・”テンコーはふてくされて横目で遊んでいるふたりを眺めています。

空気の読めないダイアンは
“テンコー、大丈夫よ。私が守ってあげる。キートンはこの中には入れないわ”
“ちがうって・・・私がキートンと遊びたいんだって”心の中でテンコーはつぶやきながらケージの中でじっとしています。

さて、ずっと自分の番を待っていたマーイアとキートンがエアデールパークで会いました。“キートンも好きだけど・・・”

“キートンのお父さんの方がもっと好き!”
“僕のお父さんに甘えちゃダメ!”キートンは焦ります。

マーイアは自分とキートンだけなので、嬉しそうでした。

今日はキートンはみんなにモテモテの日でした。

今日の訪問ワンコ

パーマリンク 2009/08/08 21:08:51 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

テンコーとキートンの息子、アポロとマーカス、そして名古屋に住むグラウカとテットリーの娘ミシアの3頭が遊びにやってきました。
テットリーとテンコーの母ダイアンは同胎犬ですから、テンコーとミシアは従姉妹という関係になります。先週来ることになっていましたが、天気が悪く中止になったりしていたので、私も楽しみにしていました。

今日は朝から天気も良く、エアデールパークでもいつもより気温が上がってきましたが、それでも日陰に入れば時折吹く風が気持ちよく感じました。
トリミングしてきれいになったアポロです。もう7ヶ月半になります。

愛知県から来たミシアは6ヶ月になったばかりでほんのちょっとだけアポロやマーカスより若い可愛い女の子です。来たときはちょっぴりモコモコしていましたが、ずいぶんスッキリしました。

アポロとマーカスは小さい頃からよく遊んでいるせいか、今でもまだ仲良しです。ふたりでずっとくっついたまま遊んでいます。これが飽きると、ふたりで山の斜面を走ったりします。

ミシアも仲間に入りました。テーブルの下にもぐっているのがミシアです。決していじめられているわけではありません。アポロもマーカスもミシアにはちょっと遠慮して優しく接しているのがよく分かります。

ほら、ミシアも飛び出して先頭を走っています。(半分逃げてるみたいだけど・・・)

思う存分走り回った彼らは、みんなぐったり!
今頃きっと家で爆睡していることでしょう。

メイプル11歳の誕生日おめでとう!

パーマリンク 2009/08/07 22:39:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

8月7日、メイプルが11歳になりました。
“メイプル、お誕生日おめでとう!!”
今までに迎えた誰のいくつの誕生日よりも一番嬉しいかもしれません。メイプル本当にありがとう、よく頑張ったね。そして、神様本当にありがとうございました。メイプルに力を与えてくれて。
つい2ヶ月近く前、もしかしたらこの日が迎えられないかもしれないと、かすかに心の中で不安に思ったときもありました。でも、あれから比べると、ヒョコヒョコと3本足でよく動くようになりました。外にはあまり出たがりませんが、家の中では今までよりも楽に立ち上がれるようになりました。ご飯もよく食べるようになりました。
こうやって次の誕生日までまたがんばって欲しいものです。

誕生会は夫が夏休みの間に、ダイアンと合同ですることにしましょう。

我が家の犬たちの中でメイプルとウィローは私が繁殖したわけではありませんから、彼らの赤ちゃんの時のことは知りません。特にメイプルは100日で日本に来ていますから、それまでのことは写真でしか知らないのです。
これって普通の人にとっては全く当たり前のことなんですが、自分で繁殖している者にとっては、赤ちゃんの時を知らないということはちょっと不思議な気がします。

そのせいか、100日を過ぎて日本に来て私に初めて出会ったときが、私にとっての赤ちゃんメイプルの始まりだったんです。我が家で生まれた子なら、100日目になればずいぶん大きくなってきたなあ、と赤ちゃんから幼犬に変わる時期です。ところがメイプルは家に来てからもまだ赤ちゃん扱いをされていたのです。日本に来たときはちょうど10kgぐらいでした。それなのに、私は抱いて散歩に行ったことをよく覚えています。遠くイギリスの実家のアレインやマーチンと離れて寂しいだろうと思い、いっぱいいっぱい甘えさせました。

今、また前よりもよく甘えるようになりました。きっと赤ちゃんに戻ってきているのかもしれません。
これから何年生きるか分かりませんが、思う存分甘えさせてやりたいと思います。

私にとっての8月6日

8月6日は故ラフティの誕生日です。私はレインボーブリッジに行ってしまった子の誕生日もよく覚えていて、“あー、今日はあの子の誕生日だったなあ”と思い出したりします。特に我が家で生まれた子の誕生日は、それぞれにドラマがありますから忘れるはずもありません。
でも、ラフティの誕生日は特別です。それはいくつかの理由があります。まずは8月6日の原爆記念日というのも大きいかもしれません。あの時、私は彼女の名前(血統書名)の中に「ピース(平和)」という言葉を入れたかったのですが、色々検討した結果、当時行われていたバルセロナオリンピックにちなんで、「バルセロナ」という言葉を入れることにしました。それはそれで、ラフティが生まれたときはバルセロナオリンピックの最中だったなあ、と思い出すことができるので楽しいのですが、なぜか「ピース」という言葉を入れそびれたことに、後々まで事あるごとにそれを思い出すようになりました。

さてもう一つ、8月6日のラフティの誕生日が忘れられない理由に、次の日、すなわち8月7日がメイプルの誕生日だということがあります。メイプルがイギリスから来てから7回いっしょに誕生日を祝ったのですから、忘れるはずもありません。途中からは8月16日生まれのダイアンも交えて、合同で誕生日を祝ったものです。
一時は我が家の女の子は全員8月生まれだったわけです。

ラフティの最後の誕生日となった2005年8月7日にメイプルと合同で誕生会をしたときの写真です。その時13歳になりました。

一方、当時のメイプルはまだ7歳になったところでした。ケーキを目の前にしてどうしても我慢できないメイプルの顔がつい最近のように思い出されます。

誕生日のプレゼントと言えば、若い頃はガムやおもちゃですが、だんだん年を取ってくるとそんなものは喜びませんから、だいたい誕生日のプレゼントは「お出かけ」になります。

さあ、明日のメイプルの11歳の誕生日にはいったい何をプレゼントしたらいいでしょう。

Coachのカラー

パーマリンク 2009/08/05 20:51:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち

アメリカの友達ナンシーから私の誕生日プレゼントが届きました。
実は私の誕生日は4月なんですが、あまり細かいことはお互いこだわりません。10年以上こうやってプレゼント交換をしていますが、お互いにこんな感じです。

さて、送ってくれたプレゼントの中にCoachのカラーが3つも入っていました。以前にもCoachのカラーとリードを2組送ってくれたんですが、昨年夏、我が家に来たときに私が大事にしているのを見て、また送ってくれたのでしょう。ただ今回のサイズは全部Lでした。電話で話したときにも、彼女はLだから大きすぎるかもしれないと心配していました。

我が家でカラーが必要な子はマーイアです。ともかく今日トリミングしてスッキリしたマーイアに付けてみました。3本のうち、一番夏らしく女の子っぽいの色のものにしました。
とっても可愛いけど、うーん、やっぱりだいぶ余っています。。。
ちょっと大きいかな?

このサイズがピッタリしそうなのはウィローでしょう。でも、彼は今モコモコ!マーイアがきれいになったら余計に目立つこと。これは早々に何とかしなくてはなりません。

実は、メイプルも先週末に少しだけトリミングしました。この間から寝たまま何とかしようと思っていたので、私たちもやりにくく、メイプルも不安になってしまっていました。それで思い切ってメイプルをトリミング台に乗せてみると・・・やはりこれが慣れているせいか、メイプルも安心していました。私がメイプルの体を支え、夫がとにかく簡単にこざっぱりとさせてやりました。そのスッキリしたメイプルにも前にナンシーからいただいて、大事にしまってあったCoachのカラーを付けてやりました。

エアデールテリアクラブの会報届いたかな?

パーマリンク 2009/08/04 21:28:17 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

一昨日、エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報“エアデールつうしん”を発送しました。もうそろそろ各会員さんのお宅に届いていることでしょう。
今回の会報にも、また様々な新商品が並んでいます。早速、これを見て今日商品の注文をくれた方がいました。もうすでにエアデールファンデーなどで見た方もいますが、遠くてイベントに参加できない方などはこの会報で初めて見ることになります。
私はいつもそういった会員さんたちが、どんな気持ちで新しい会報を開くんだろう?と想像します。もし私だったら、真っ先にクラブセールを見るかもしれない。初めて見る商品だったら何でも欲しいけど、きっとどーしようか、こーしようかと迷うに違いありません。そんなことを考えながら商品を探したり、買った商品を少しでもよく見えるように写真を撮ったりします。
この商品の写真を撮るというのは本当に難しくて、なかなか実物の良さが伝えられません。試行錯誤をしていますが、なかなかうまくならないものです。

では、一部の商品をここでお見せしましょう。
これはロシアからきたものです。お友達に教えられて買った物で、それほど大きくありませんが、光が反射するのでとてもきれいなクリスタルです。

こちらはロンドンから来たワイングラスです。これは写真よりも実物の方が断然良いと思います。ところでこのワイングラス、遠くロンドンから送られてくるのにとっても簡易包装なんです。本当にビックリするぐらい。でも一度も割れていたりしたことはありません。上手に包装してあります。日本で過剰包装が慣れていると、海外から物を買ったときに驚くことがよくあります。

こちらもイギリスの動物アーティストのVicさんが描いたイラストを額装したものです。彼の描くエアデールはとても可愛いですね。

こちらもイギリスからです。ちょっとアンティークなイラストです。

最後はアメリカから来たアフガン編みのコットンブランケットです。これも実物を見るととてもしっかりしていて、質が良いので皆さんビックリします。なかなか写真ではその質感が伝わらないのが残念です。

もちろんクラブセールだけでなくて、他の記事も皆さん楽しんでくれると嬉しいですね。

こっちの親子は家庭内別居

パーマリンク 2009/08/03 21:30:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ウィローとメイプル、マーイアが父母と娘の親子なら、ウィローとダイアン、テンコーも同じく親子の関係です。ところがウィローとダイアンの仲があまりよくないので、こちらの親子は家庭内別居の状態です。

エアデールパークにダイアンとテンコーが遊んでいます。たまにはそこにウィローを連れて行ってみましょう。
ダイアン「ちょっとちょっと、誰かと思ったら、ウィローが来たよ」
テンコー「うそー」

スッと入ってきたウィローは誰とも目線を会わせません。ダイアンとテンコーはあたふたしています。
テンコー「いつも、家の中で意地悪言ってごめんなさい」
ウィロー「・・・」

テンコー「遊ぶ?」
ウィロー「おまえと遊ぶと、あいつがヒーヒー言うぞ」
テンコー「大丈夫だって」

ダイアン「何やってんの?早くこっちへ逃げてきなさい」
ダイアンは離れたところからテンコーのことを心配そうに見守っています。
結局この状態がずっと続きました。ウィローとテンコーも特に遊ぶわけでもなく、テンコーがずっとご機嫌取りをしていました。

ダイアンとテンコーが帰って、マーイアを連れてきました。マーイアは一目散に斜面に上り、ササを食い尽くすような勢いで食べています。しばらくすると、これまたウィローとは遊ぶわけではありませんが、ふたりとも安心していっしょにいます。

カノン、大きくなったね

パーマリンク 2009/08/02 20:36:01 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

今日はテンコーの子どもたちが、トリミングの練習がてら遊びに来る予定でした。でも昨日に引き続き雨が降りそうでしたので、今度の土曜日に延期にしました。ただ、カノンだけは都合があって午後にやってきました。
テンコーとは先月19日の東海地区ファンデー以来ですから、2週間ぶりということになります。たった2週間の間に何だか急に大きくなったような気がしました。
テンコーとカノンは仲良く遊びだしていましたが、ワンコ部屋に入ってトリミング台が出されると、テンコーはさっさとケージに入って、“私じゃないよ”って知らん顔です。


トリミングが終わると、そこにはまるでテンコーを一回り小さくしたそっくりさんが立っていました。今までは赤ちゃん体型だったのが、一気におねえさんになったようです。

でも、やることは赤ちゃんの時のまま。ふたの溝にたまった雨水を飲みたがります。なぜか仔犬たちはこれをしたがるので、私は雨が降ると溝の水を拭いていたものです。

“こっちの水を飲みなさい”水道から水を出すと、その水に直接口を付けて飲むカノン。テンコーはあまりこれをやりません。この飲み方が大好きなのはひいおばあちゃんのメイプルです。

ワンコ部屋に戻ると、テンコーとこちょこちょ遊びます。それは、カノンの2ヶ月の時と変わらない遊び方です。
でも、もうカノンはもう7ヶ月になりました。いつまでも仲良くできるといいね。

天気予報は当たらな~い

パーマリンク 2009/08/01 21:20:38 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝起きると意外に外が明るい。もっと天気悪いと思っていたのに、なんだ、悪くないじゃない。
朝のうちにメイプルを車で少し連れ出してあげたい。
そう思ったのに、メイプルは車に乗ることを拒否しています。
じゃあ、エアデールパークかこの辺でも散歩しよう。
それも、ほんの少し歩いただけで、家に帰りたがりました。

メイプルを家に入れると、今日はダイアンを愛知県の獣医の所へ予防注射に連れて行くことにしました。
その前に、ちょっと待って外はたまに日も照るし、天気予報では曇りってなっていたから、悪くても雨は降らないわ。
家の中に干してあった半がわきの洗濯物を外に干していきました。

多治見あたりから雨がポツポツとしてきました。愛知県に入る頃には土砂降りになりました。きっとうちの方は大丈夫かも・・・
ダイアンは結局獣医へ行っても帰りに近くの公園に寄ることもできませんでした。
帰り道、瑞浪あたりまで来ると、雨は小雨になってきました。ダイアンがかわいそうなので、少しだけ小里川ダムのおばあちゃん市へ寄ることにしました。

駐車場で出会ったお店の人が二人で話しています。
“まあ、よう降ったねえ”
やっぱり・・・この辺もたくさん降ったのね。じゃあ、うちもやっぱり降ったのかしら。
少しでも散歩ができたダイアンは嬉しそうです。獣医なんかつまらない。(特にダイアンは難産の時のことがあるので、獣医が嫌いです)こうやって遊びに来なくちゃ!

家に帰ると、たくさんの洗濯物は持ち上げるのも重いほど、雨水をたっぷり吸っていました。。。

2009年8月
 << < 現在> >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog tool