アーカイブ: 2009年7月

エアデールつうしん 第46号

パーマリンク 2009/07/31 21:04:54 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報誌“エアデールつうしん”が印刷所からできあがってきました。今回は40ページで、いつものように内容も多岐にわたっています。

まずは春期本部チャンピオンシップショーの報告です。出陳した犬たちはどこかに写真が載っています。犬だけという場合もありますから、出陳した方はよく愛犬を探してみてください。
前回から連載の始まった“ペットの法律相談、転ばぬ先の知恵”はメイプルとウィローの息子でクラブの有名犬「倫太郎」のパパが、弁護士としてのアドバイスなどを書いてくれています。これも皆さんのお楽しみになることでしょう。
ところで、話がそれますが「倫太郎」のママの方はと言えば、「日本人の知らない日本語」がベストセラーとなり、超多忙な毎日を過ごしているようです。そのうち倫太郎はまた彼女の本に載るかもしれませんね。

また毎回連載中の獣医さんからのお話は、今回は熱中症です。これからも一番気をつけなければならないことですから、良く読んでください。
他には本年度のフォトコンテストの応募のご案内もあります。今回はまた素敵な賞品が用意されています。会報には載せてありますので、お楽しみに。ブログでもまた賞品の写真をお見せします。
また、クラブセールも新商品がたくさんあります。

そして、関西、関東、東海で行われた3つのエアデールテリアファンデーの様子も楽しそうです。
また、連載中のトレーニングの話はイギリスのエアデールトレーニングクラブのトレーナーのKarinさんから提供していただいたもので、皆さんのお役に立つことを願っています。イギリスからは他にも先日ここに書いたMISS PERFECTIONも連載中です。

そして、最後に特集として各地のお花見散歩コースを取り上げています。春や秋にエアデールテリアを連れて出かけるために、皆さんから寄せられた色々な情報を提供しています。私も愛知緑化センター、阿木川ダム、恵那峡について書いています。

この週末、せっせと封筒に詰めることにしましょう。

大きくなった木

パーマリンク 2009/07/30 21:07:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

外で人の声がします。ウィローとマーイアがワンワン吠えながら庭を走ります。
ピンポーン、とチャイムが鳴りました。
中部電力の人が立っていました。今からこの近くの木の枝を切るので、うるさい音がしますから、犬を吠えさせるかもしれません、と丁寧な挨拶でした。
この時期に一気に伸びた枝、それらが雨の重みで垂れ下がったりして、電線のじゃまになるのでしょう。
枝と言ってもハサミでチョンチョンというようなかわいい物ではありません。チェンソーを使わなければ切れないような太い枝にすぐに成長します。

我が家の玄関の横をふと見ると、ヒマラヤシーダ(たぶん)が大きく大きくなってきています。
大きな木が欲しくて植えた物ですが、こんなになるとは・・・初めにシンボルツリーで植えたはずのこぶしが隠れてしまいそうです。
木の一番先はもう電線を越えてしまいました。今に、これもじゃまだから少し切らせてください、なんて中部電力から言われるかもしれません。


しばらくすると、今度は国道側でチェンソーや草刈機の音がします。昼頃出かけるときは道路を片側ずつふさいでの作業でした。夕方帰ってくると、国道側がとてもスッキリしました。道路脇の草刈もしてあるようです。
8月16日にこの近くにある爪切り地蔵で大きな花火大会が行われます。その時、ちょうど我が家の所から国道は通行止めになり、道路が駐車場に変貌します。道路脇の草刈はそのための準備なんでしょう。
やっと夏がやってきたという実感がわいてきました。

うるさいカラスとヒグラシ

パーマリンク 2009/07/29 21:01:18 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今日もまた冴えない天気です。日中ポツポツ何度か来ましたが、夕方は雲が雨の重さをかろうじて支えているような日でした。
我が家のワンコたちも、今ひとつテンションが上がらず、静かに過ごせたのはいいことかもしれませんが、庭に出してもすぐに家に入りたがる始末です。
夕方になって、ヒグラシが鳴き始めました。このヒグラシ、どういうときに鳴くのかはよく分かりませんが、鳴き出すと本当にうるさい。一つが鳴き出すと、それにつられて全員が鳴き出すような感じです。たまに夜が明ける前に鳴き始めると、私はこれで目が覚めてしまい眠れなくなってしまいます。

今日はこれに加えて、カラスのうるさいこと。カラスはよく我が家のワンコたちをからかいに来ます。あっちの木、こっちの木と飛び移ってはワンコたちと鳴きあいっこをしています。ただ、これがワンコたちの運動には結構役立っているので、ワンコたちが吠えなければカラスはワンコたちのエクササイズトレーナーとして歓迎します。
私はダイアンとテンコーのお尻を押して、庭に出しました。テンコーは特にカラスのケンカ友達ですから、少しはこれで庭中走ってもらうつもりでした。ところが・・・

テンコーはすぐに窓にへばりつき、ダイアンもテンションが上がりません。
“何やってるの!カラスがカーカー鳴いてるよ。早く見てきて”

私も外に出ました。いつもカラスが止まっているところを見ても、どこにもいません。すると、空をカラスがカーカーと飛んでいきました。しばらくすると、また次のカラスが同じ方向に飛んでいきました。いつもは1羽しか来ないのに、今日はたくさんのカラスがいます。それも我が家のワンコのことは無視して飛んでいます。
やっぱり仲間の方が大事なのね。

それにしても相手にしてくれないカラスのことは、ダイアンもテンコーも相手にしないんだと妙なところで感心しました。
我が家の夏の花、ムクゲが咲いています。いつもなら次から次へと咲くのに、今年はポツポツとゆっくりしか咲きません。

早く明るい日差しの元でムクゲの花を楽しみたいものです。


今晩はメイプルがご飯を半分ぐらい残しました。
私もテンション下がりそうですが、きっと明日はまたちゃんと食べてくれるだろうと信じることにします。

Tタッチ

パーマリンク 2009/07/28 21:43:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 私のお気に入り

今日はTタッチを本格的に勉強している友達に、我が家まで来ていただきました。
“Tタッチ”なかなかなじみがありませんが、犬の健康法の一つです。
彼女が作ってきたくださったテキストの中から引用すると、“非習慣的な刺激を与えることにより、細胞の機能と活力を刺激し、脳への神経回路を活性化します”“動物の行動と性格、意欲、学習能力に効果的な影響を与えます”等々です。

毎日できるだけメイプルの身体を触るようにしています。静かになでていることで、彼女が少しでも楽になれるようにと願っています。でも、それならもう少し効果的に触ることを覚えたいと思います。

さて、メイプルは元気になってきましたが、以前よりも頑固になりなかなかお客様を受け入れてはくれません。しばらくはテリトリーへの侵入者にピリピリしています。私たちはしばらくTタッチの話などをして、少し犬たちが落ち着くのを待ちました。そして、初めにマーイアにリーディングエクササイズを少しやって見せていただきました。
そしてメイプルの番です。彼女は基本的に小さい頃からトリミングで慣れていますから、病院の台の上に乗れば、先生がどこを触っても怒ることはありません。でも今日は自分のテリトリーで、まして台の上にも乗りません。また、足が痛くなってからは、彼女は体に触られることを極度に警戒しています。

立たせておいて、ボディラップをしてもらいました。その状態で横になりました。ボディラップは自分の体に意識を向けさせ、自信をつけさせるそうです。また、何よりも‘安心感’を与えてくれる物です。意外にこれを付けられても嫌がることもありません。横になった状態で、彼女がTタッチを行いました。時々、“そこはダメ”と軽く意思表示はしますが、ほとんど黙ってリラックスした状態でやらせてくれました。きっとメイプルの体が必要としていたのでしょう。

終わってから、具体的なやり方についても色々教えていただきました。少しずつ私もやってみようと思います。

彼女は愛犬を連れてきたので、初めに少しエアデールパークで遊んでもらいました。

中山道 水戸屋

パーマリンク 2009/07/27 21:44:00 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

瑞浪から国道19号を恵那に向かって走り、恵那市街地へ少し入った中山道にその店はありました。
この道は私もそれほどよく通る道ではありませんが、何かの折に何度か見かけた店でした。
大きなのれんに“中山道 水戸屋”とありますが、どうやらカフェらしいというだけで、どんな感じの店なのかは道路からはうかがい知ることができません。

でも、今日は友達とその店に行ってきました。カフェですが、自家製の自然薯が美味しいということです。自然薯のランチは予約が必要ですから、友達が昨日のうちにしておいてくれました。

まずは、冷たいお蕎麦にも自然薯を乗せていただきました。お蕎麦もおいしい!自然薯は香りが良くご飯に乗せると、いくらでも食べられそうです。。。

食事は他にもサンドイッチなどがあり、それもとても手の込んだ感じです。シフォンケーキや紅茶も人気があるそうです。今日は特別のコーヒー豆があるということでしたので、コーヒーをいただきました。カップはマイセンや大倉陶園のものです。私たちはマイセンのカップでいただきました。

恵那の地域情報サイト“なもねっと”にも中山道 水戸屋が紹介されています。お店のホームページもありますが、こちらの方が美味しそうなシフォンケーキの写真が載っています。
あっ、マンゴレアチーズケーキをテイクアウトしてきましたので、今からいただきましょう。

東濃牧場の動物とダイアン、テンコー

パーマリンク 2009/07/26 21:01:44 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今日もメイプルをどこかに連れて行きたいと思ったのに、ちょっとこれでは天気が良すぎです。
今の時期、我が家のエアデールパークより涼しいところへ行こうと思うならば、信州まで出かけなければなりません。いつも行くようなこのあたりの所なら、日陰がふんだんにあるエアデールパークにいる方がずっと涼しいのです。それでもワンコたちはどこかに連れて行って欲しいと思っています。(そのはずです)

昨日はメイプルの散歩の後、ウィローとマーイアを阿木川ダムまで連れて行っていました。今日はメイプルが出かけるには暑すぎたので、結局ダイアンとテンコーを東濃牧場まで連れて行きました。
久しぶりにダイアンとテンコーを乗用車の後ろの座席に乗せると、テンコーは私が乗る前にササッと助手席へ移動。どうしても後ろの席に戻りません。ダイアンと並んで乗るのがイヤなんです。
じゃあ、と私と交代したら今度は陽が当たって暑いのがイヤなのか、この姿。結局牧場までこのままでした。

東濃牧場は今日は草が少し刈ってあったので、やぎの牧場の方へ行ってみました。ダイアンもテンコーも匂いに少し興奮します。だから、あまり近づけません。たしか、ここには4頭の山羊がいるはずです。今日は全部外にいました。

2頭ずつ離れているのは仲が悪いのかな?
横顔を見ていたら、“あごのひげがちょっと多すぎませんか?”と抜きたくなりました。

暑いので、きょうもやっぱりソフトクリームをみんなで食べました。私がダイアンに、夫がテンコーにお裾分けですが、絶対にダイアンの方が得しています。

“テンコー、首を長くして待ったって、もうもらったでしょう”

放牧場には今日はたくさんの牛がのんびりとしていました。
それにしても、あんな真っ黒で暑くないかしら???

メイプル散歩に行く!

パーマリンク 2009/07/25 20:36:00 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

少し元気になったメイプルを、思い切って車でどこかに連れて行くことにしました。
毎日、家にいるばかりではつまらないでしょう。外の風景も見せてやりたいと思ったのです。車で回ってくるだけでもいい・・・
車から降りたら軽く歩くこともできるように、なるべく平坦なところを、と小里川ダムへ行きました。

初め車に乗っても座りにくそうにしていましたが、何とか楽な格好を見つけたようです。車の窓にあごを乗せ、外を見ています。

まずは、おばあちゃん市へ寄ったので、そこでソフトクリームを買いました。車の中でメイプルにもお裾分け。美味しそうに食べています。車の中はベトベトになりました。

ダムの駐車場へ止めて、メイプルを下ろしてみました。歩きたがらなければすぐに車に乗せよう、と思っていましたが、メイプルはゆっくり休みながら歩き出しました。

気温はそれほど高くありませんが、時々陽が差し暑くなります。日陰で休ませ、水を飲ませました。水を飲むとその場でコロンと転がり、少し休憩です。

駐車場へ戻ろうとすると、しきりにフェンスの方へ行きたがります。外の景色が見たかったようです。まるでかみしめるように見て歩いています。”

このあとも駐車場の方へ行きたがらず、いつも散歩する方へ行こうとしました。
“どこ行くの?メイちゃん”
“あっちへ行くの?”
“もう、無理だよ。帰ろう。明日も来ようね。”

少し右足も使って歩いています。こうやってリハビリする方がいいのか、それとも無理しない方がいいのか、
正直私たちにもよく分かりません。
ただ、今日のメイプルは嬉しそうでした。

犬を触ること

パーマリンク 2009/07/24 20:03:47 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

久しぶりに少し時間に余裕が出てきたので、やたらに犬の身体を触っています。
メイプルの横に座って、ただただなでてやります。なでているうちに愛おしさがより一層強くなります。
メイプルも目を閉じて、リラックスしています。なでているうちに私の心もやんわりとします。
私はメイプルのためになでてやっているつもりでした。ところが、これって私のためにもなっているかもしれません。メイプルの身体から伝わってくる暖かさが手の中で息づいています。
セラピードッグってこんな事なんだな、ってボッーと考えていました。
メイプルは他の人のためのセラピードッグにはなれませんが、立派に私のセラピードッグを努めていることになります。果たして私はメイプルを癒やしてやれているでしょうか。

トリミングも同じ意味がありそうです。トリミングやっている時って、結構私の気持ちが和らいでいます。もちろん意図していることもあります。こちらがあわただしくバタバタやると、犬もゴソゴソが多すぎて困ります。だから私は出来るだけのんびりとかまえて、無理をしないように心がけています。
まあ、それでもやってもらっている方は癒やされてるとは思っていないかも。ただ、私を独り占めすることはできます。

今日トリミングをされたダイアンです。3時間以上しましたが、まだ終わっていません。続きはまた近いうちに。
“ダイアン、トリミングされてる時って癒やされてる?”
“早く終わって欲しいだけ・・・”

やっと終わった・・・

パーマリンク 2009/07/23 22:04:44 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

今日、やっと印刷所へエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報の原稿を送りました。
毎回のことですが、やっぱり疲れました。特に肩こりや首の痛みなどが蓄積されています。
正直パソコンの前にいたくない気持ちですが、そんなわけにもいきません。

我が家のワンコたちは、月曜日に身体を洗ったせいか、妙にみんなモコモコして見えます。実際そうかもしれませんが・・・
明日からは少しずつトリミングするかな??? ワンコたちにとってみたら、私がパソコンの前にいてくれた方がいいかもしれません。

メイプルは相変わらずですが、結構3本足で歩くことにも慣れたようです。前よりも起き上がるのも素早く、ウィローに対して気に入らないときは、起きていって文句を言っています。
庭に出るときはトイレの時だけ。すぐに入れてもらうのを待っていますが、たまには外の空気にもう少し触れていたら?と放っておいたら仕方なくデッキに横になりました。でも、この姿勢は辛いらしく、すぐに起き上がってしまいました。

この枕木は我が家の一番角っこにあります。ここから下の交差点がよく見えます。交差点と言っても信号はないですよ。ここはいわば見張り台のようなところです。ウィローもずっと向こうを見ていましたが、いつのまにかお休み体勢です。久しぶりの気持ちのよい天気についついウトウトしてしまうんでしょうね。

大きな落とし物

パーマリンク 2009/07/22 22:11:29 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨夜のことです。
2階の寝室へ入り、すっと部屋を横切ろうとしたとき、ふっと異変を感じて私の左足が空中で止まりました。
そして、その左足を下ろすはずだったところをみると、何と大きな落とし物が・・・
我が家には仔犬はいませんし、こんな落とし物をするような子はいないはず、でも心当たりがありました。
“テンコー”です。
以前も何度かやられました。それで、テンコーが勝手に2階へ上がれないようにしてあったんですが、最近ずっとこんなことはなかったので、すっかり忘れていました。

昨日は天気が悪く、ほとんど一日中みんなでゴロゴロしていました。テンコーは一番若いくせにナマケモノで、あまり外へ出たがりません。特に天気が悪いと、外に出してもドアのすぐ横でじっと座って入れてもらえるのを待っていたりします。だからトイレもしそびれてしまうこともあり、そんな時にこっそり忍び足で2階へ上がっていくのです。
本当に忍び足という言葉がピッタリ。実際に現場を目撃したことはありません。しかし確たる状況証拠が、テンコーが犯人だと物語っているのです。昨日もそうでした。チャンスがあったのは、ウィロー、ダイアン、テンコーの3頭でした。でも、ウィローやダイアンがそんなことをするはずがありません。
まあ、100%間違いなくテンコーの仕業でしょう。
ところがこのテンコー、犯行後も挙動不審の様子もありません。
いたって普通でした。今までにこんな悪い癖を持って子はかつていませんでした。なぜこんなことをするのか分かりませんが、犯行現場は決まって私たちの寝室の敷物の上です。他では一切ありません。

今日は夕方一緒に庭に出て、テンコーがドアにへばりつかないように見張っていました。
ところが、今度は・・・トマトの前で・・・へばりついています。

“トマト取って”無邪気にそう言ってきます。そのままずっと座っています。

テンコーは何かに執着するところがあります。おもちゃだったり、おかしだったり、それも同じことをきちんと繰り返します。

あっ、2階に行く柵をしめておかなくちゃ!

休み明けはゴロゴロ

パーマリンク 2009/07/21 21:29:04 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

3連休が終わりました。休みの日は我が家のワンコたちも疲れるようです。
日曜日はテンコー以外は、一日中みんなゴロゴロしていたはずですが、留守番というのはそれはそれで気が休まらないのかもしれません。
そして昨日、朝から晴れていたので、夫は草むしりや草刈りに大忙しでした。もちろん飼い主が外で働いているのに、ワンコが家の中でゴロゴロはできませんから、交代で夫の手伝いです。(外にいるだけですが・・・)
その上、せっかくのお天気だからということで、全員シャンプーされました。
いつもは私が一人でシャンプーすることが多いのですが、昨日は夫がほとんどやってくれたので、私は少し楽ができました。
一番洗ってやりたかったのは、メイプルです。寝てばかりですが、身体が何だか汚いので二人で支えながら洗ってやりました。もともとメイプルはシャンプーが好きな方で、気持ちよさそうにじっとしています。
昨日もまた、洗っている間中目を細めていました。ただ、じっと立っているのも今の彼女にとっては辛いことなので、少し疲れたかもしれません。

きっとみんな昨日の疲れが出たのかもしれません。休み明けの今日はみんなナマケモノのようにだらだら過ごしています。夕べから降っていた強い雨は上がっていましたが、時々パラパラ来たり、また庭はまだ濡れています。

せっかくきれいに洗ったから、まっ、いいか。家でゴロゴロするのも・・・
ウィローはソファの隅っこの方をぐいぐい押しのけて狭いところで寝ています。昨日洗ったばかりなのにベタベタなひげで、目をむいて寝ています。これどんな風に寝ているかというと・・・

この姿、ソファで逆さまになっているんです。頭からずり落ちそう。

一日中こんな風にだらだら過ごしていました、ワンコたちは。
私は違いますよ。まだまだ編集の仕事が残っているので、だらだらするのはもう少し先です。

エアデールテリアファンデー(続き)

さて、昨夜写真をUPしようとしたところ、何度もエラーが出てしまい、とうとう最後までできませんでした。
その上、今朝起きたら、今度はブログ自体も開かなくなってしまいました。
“えっーどうなってるの?”とイライラ。。。コンピューターの不具合って本当に嫌なものです。
ところが今後は午後になって突然何もなかったかのようになおっていました。それはそれでいいんですが、じゃあ、あの困った困ったと焦ったのは何だったでしょう?
まああまり考えないでおきましょう。今はちゃんとなおっていますから。

それで昨日UPできなかったファンデーの写真を少し載せましょう。

参加者約30名、参加犬12、3頭とたくさんの方が集まりました。屋根のあるところは日陰にもなっているので、皆さんその中でバーベキューをいただきます。お肉や貝などはもちろん、生のウナギも登場です。それに五平餅もありました。次から次へと焼けてくる美味しそうなお料理に皆さん大満足。でも、焼いている人は汗だくです。本当にお疲れ様でした。

手前にいるのがカノン、向こう側がテンコーです。バーベキューの時間は少し我慢しててね。でも、結構いろんな物をもらっていましたよ。

テンコーの同胎のベリアーです。お父さんもお母さんもみんなのお世話で忙しくてつまんないね。

テンコーはようやくケージから出してもらってご機嫌になりました。

今度はカノンも同じぐらいの年の子と遊びました。

このあと、みんなで少しだけドッグゲームをしました。そのうちの一つが、お皿にお肉を乗せて犬の目の前に置き、“待て”をかけて誰が一番最後まで我慢できるかというものでした。
美味しそうなお肉と、いつもと違う楽しそうな雰囲気で、きっとみんなすぐに食べちゃうかな?と思っていましたが、意外にほとんどの子が飼い主さんの“待て”に目の前のお肉を見つめ、いつまでもじっと我慢していました。賞品も用意されてましたが、とうとう勝負がつかなかったので、最後はじゃんけんで決めました。
テンコーも何度も誘惑に負けそうでしたが、ちゃんとこらえていました。
みんな、良い子でしたね。

ほとんどの方が雨が降り出して、一番ひどい頃にお帰りになったので、道中は大変だったと思います。特に、遠方からの出席者も多かったので、皆さん昨夜はきっと家に帰ったのは遅かったのではないでしょうか。
遠いところを参加していただいてどうもありがとうございました。また、いつも皆さんのお世話をしていただいているイベント係の方々も本当にありがとうございました。

東海地区エアデールテリアファンデー

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区エアデールテリアファンデーが岐阜県郡上市和良町で行われました。クラブの会員の親戚の方が作った手作りハウスが会場となりました。

私たちはテンコーとカノン、そしてカノンのお母さんと一緒に参加しました。参加者は東海地区の方ばかりでなく、関西からの参加者もかなりいました。また、昨夜から泊まりがけでいらっしゃっている方も何組かいました。距離的には我が家が一番近いかもしれません。ずっと山の中を北西に70kmほど行ったところです。

天気予報では曇りのち雨ということでしたので心配しましたが、時折ポツポツ来たもののバーベキューの間、そしてドッグゲームをやっている間も何とか持ってくれました。しかし、その度やはり予想通りに土砂降りになりました。

5月の関西地区ファンデーの時、突然の大雨に大変でしたので、今日は着替えも持って万全の準備をしてきましたが、私たちがいたところは屋根もあり、車も横付けして荷物を入れることが出来たので、ほんの少し濡れただけですみました。

写真を何枚かアップしようとしましたが、なぜかどうしてもアップロードできません。
また明日できたら写真を紹介します。

ダイアンの最愛の人

パーマリンク 2009/07/18 20:47:56 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

“MISS PERFECTION”のベティは、最愛の人と離れてもずっとその人のことを忘れられません。
我が家のダイアンは幸せにも最愛の人と一緒に住んでいます。その最愛の人とは、どうやら私ではなくて夫のようです。

ダイアン、忘れたの?
あなたが難産で一番苦しんだとき、そばにずっといて助けたのは私だったでしょう?
その時、彼はドイツに行ってて(出張ですが・・・)何も助けてくれなかったでしょう?
それなのに、なぜ彼が一番なの?

メイプルのためにリビングで寝るようになってから、夫の当番の時はダイアンとテンコーもリビングに入れて、みんなで寝ています。
ダイアンはそれが嬉しくて仕方がないのです。
ダイアンは夜が明けるとすぐに目を覚まします。だから、夏は早起きです。そして隣で寝ている夫を起こします。それも顔中ペロペロとなめて。
週末、夫のそばにいる姿は幸せに満ちあふれています。
“最愛の人といっしょにいるだけでいい”まるでベティのようにそう思っていることが、よく伝わってきます。

ダイアンの目尻と耳の先に白い毛が目立ってきました。目尻の白い毛は、まるで目尻のしわのようです。
きっといくつになっても夫が彼女の“最愛の人”なんでしょう。

雨の合間に

パーマリンク 2009/07/17 19:50:21 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

このところ、朝起きると気持ちの良い日が続いていましたが、今朝は雨の音が悲しく聞こえてきます。
昼間雨が降っても、せめて朝だけは、ワンコたちのトイレタイムの間だけでも止んでて欲しいものです。
しかし、今日は容赦なく雨が降り続いています。ワンコたちは雨の中、大急ぎで庭に出ると、大急ぎでトイレをすませ帰ってきます。中には“我慢するから行かない!”と言い張る子も出てきます。そんな子のお尻を押して、“さあ”と促します。

いつまでたっても雨が止む様子はありません。私はずっとパソコンの前で編集の仕事をし、ワンコたちはみんなし~んとして寝ています。

午後から少し雨が上がりました。雨の合間にワンコたちと庭に出ました。
庭の木々は昨日のようなかんかん照りの時と違って、葉っぱが雨に濡れて一息ついているように見えました。

ふと見ると、ネムノキの花が咲いていました。この木は植えたわけではなく、山から種が落ちたのか、自然に生えてきたものです。芽を出したばかりの若い頃に何度も切りましたが、少し切りそびれたらあっという間に木になってしまいました。それでも、ただでさえ他の木で混み合っているところにぐいぐい伸びてきたので、つい先週も夫に根元から切ってもらうように頼んだばかりでした。
夫は“こんなに大きくなったんだぞ、それも他の木に遠慮して伸びてるだろう”と言って、このまましておくつもりのようでした。
たしかにそうなんですが、こんな山の中でそんな優しいこと言っていたら、今に家ごと木に飲み込まれちゃうから・・・
でも、こんなにきれいな花がたくさん咲くので、やはりこのままにしておく方がいいかもしれません。

この木もここにはたくさんあります。名前が分からなくてまたこのきなんのき で教えていただきました。“リョウブ”と言うのだそうです。

庭を歩いていたら、またポツポツと雨が落ちてきました。さあ、また閉じこもりましょう。

MISS PERFECTION

パーマリンク 2009/07/16 20:58:53 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 私のお気に入り

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの次号の会報の編集に取りかかって早2週間。まだまだがんばっています。何とか今月中に脱稿するつもりでいます。
今日はその中の話題を一つ。毎回掲載されている“MISS PERFACTION”は1920年頃にイギリスで書かれたあるエアデールテリアのショードッグの物語です。この物語はフィクションですが、登場するエアデールテリアたちは作者の愛犬がモデルとなっています。

あらすじは、主人公のベティが生まれたばかりの頃から始まります。ベティはある男の人に買われます。初めは母犬と離れて寂しがっていましたが、すぐに新しい生活に慣れ、新しい飼い主のことが大好きになりました。彼女はその人のことを“最愛の人”と思うようになっていきます。
最愛の人といっしょに行くドッグショーはベティにとっても楽しいものでした。
彼女は何度も優勝してみんなから“MISS PERFECTION”と呼ばれるようになります。
でも、そんな楽しい生活は長くは続きませんでした。飼い主の勤め先の工場が閉鎖になったため、彼女は売られることになりました。

新しいお家には他にも数頭のエアデールテリアがいました。そこで初めて他のエアデールとの生活を経験することになります。そこで、ショーの時にあこがれてい見ていたスーパーショードッグの女の子のバッキーに出会います。
バッキーも同じように新しいお家へ売られてきました。
新しい飼い主のアイリーンはとても優しくて、ベティは閉ざされた心を次第に開いていきます。しかし、アイリーンの夫ジムのことはあまり好きではありませんでした。そこでの生活がようやく慣れた頃、ジムが浮気をして、その浮気相手と一緒に家を出ることになりました。
その時にベティとバッキーは一緒に行くことになったのです。彼らは長い旅をして、ようやくジムの友人が住むフランスにたどり着きました。

ここでもまた先住犬のエアデールテリアがいました。そのエアデールテリアと飼い主との絆を見せつけられ、ベティはまた最愛の人を思い出します。彼女はずっと最愛の人のことを忘れたことがないのです。
そして、いつも誰かひとりの人から本当に愛されたいと願っています。
一方、バッキーはとてもさっぱりしていて、飼い主が変わってもあまり気にしていません。そんなひとりの人を思っているなんてバカげていると考えています。今の飼い主から可愛がってもらえるようにすればいいんだと、常に無邪気に振る舞います。そのため、ベティの心を傷つけたりもしますが、それでも何だか憎めません。

さて、話はいよいよ15章に入りました。このあと、ベティとバッキーはどうなっていくのか、ベティはいつか本当の最愛の人に出会えるのか・・・

他にも色々なエアデールテリアが出てきます。この本を読んでいると、あーこんなところはメイプルみたい、いや、こっちはダイアンかな?などと我が家のエアデールとついつい照らし合わせてしまいます。
それにしてもベティって本当にいい子。最愛の人に早く出会えるように、と思いながら読み進めています。

北海道はやっぱり涼しい

パーマリンク 2009/07/15 20:56:04 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

昨日、今日とここでもとても暑くなりました。
お天気がいいと、我が家の庭の方は日が照りつけ、日中の温度も上がります。幸いなことに部屋に入ればまだ涼しく、風さえあれば家の中を風が吹き抜け気持ちよく過ごせます。ただ昨夜は風もなく、妙に湿度が高かったので、我が家にしては「暑い暑い」と感じた夜でした。それでも名古屋から比べると、5度は気温が低いので(夜はもっと気温差があるかもしれません)、過ごしやすいはずです。
今日は風が冷たくて気持ちいい夜です。でも、暑い日中は誰も外には出たがりません。家の中で、涼しところにゴロッと寝るのが彼らの仕事です。

そんな中、北海道のキッピスとタピオのお母さんからメールが来ました。北海道はやっぱり涼しそうです。
*********************************
只今、昼休みで自宅。昼チョロ終了したところです。
昼チョロ?ウフフ。。散歩っていうには短い。。。ちょっとそこまでチョロチョロっていうぐらいの距離のお散歩のことです。タピオが来てから加わった我が家の言葉です。
今日も雨模様。半袖じゃ寒いくらいの気温です。
暑いの苦手なキッピにとっては、極楽の状態みたい。
「え?もう帰るの?まだ歩く。。。」と頑張るキッピス。
「だよね~」と、同意するタピオ。
「仕事戻らなくちゃ行けないから、勘弁!」と頼む私。
「おやつあげるから。。。」と、手を打ちました。
はい。毎日の昼休みの会話です。
*********************************
暑いところでハアハア言っている同胎犬が聞いたら、みんなうらやましがるかもしれません。

メイプルも寝てばかりいますが、結構元気です。ピンポーンとドアのチャイムが鳴ると、すぐに立ち上がってみんなと一緒に吠えています。

テンコーはメイプルの隣に置いてあるケージが好きです。ここに入っていると落ち着くのかもしれません。

マーイアはもうウィローとまた一緒に過ごすようになりました。この狭い場所がマーイアの落ち着くところです。

家の中にいても、何だか落ち着かずよく動いているのがダイアンです。だから暑いんだよ、ダイアン。

犯人はテンコー

パーマリンク 2009/07/14 20:53:56 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

我が家で作っているミニトマト、はじめて赤くなったときから2回ほど収穫しました。数にしたら10個ちょっとでしょう。そのミニトマトが次の収穫がさっぱりできなくなってしまいました。
確かにもう少し実を付けていたはずなのに・・・

先日6個収穫したときがありました。それで、思わず横にいたダイアンとテンコーの口に一つずつ放り込んでやったのです。すると、ダイアンはパッとはき出しました。彼女はトマトが嫌いというわけではありません。ご飯の中に入っているときもあります。でもいくら小さくても丸のままだと食感がちがうのかもしれません。こういったことはよくあります。たとえば、みかんも薄皮が破れていてみかんの果汁が出ていればすぐに食べますが、薄皮のままだとやはりいったん下に落としたりしてどうしようか迷ったりします。
さて、一方トマトを口に入れられたテンコーはすぐに美味しそうに食べました。ダイアンが口から落としたものまで取ってしまいました。
これで、テンコーは“そこになっているトマト”が食べられる物だと気づいたのでした。

ワンコの部屋を開けて、ダイアンやテンコーを外に出すと、テンコーは決まってトマトのところへまず一目散に走っていきます。そしてどうやらまだ青いものまで食べているようでした。

せっかく取り立てのトマトを楽しもうと思っていたのに残念です。ところが、最近この辺りでもようやくトマトがよく取れるようになったのか、おばあちゃんの店へ行くと大きなトマトが4つか5つ入って、250円という安さで売っているようになりました。1週間に1度ほど買うと、もうそれだけで私たちは十分なので、ミニトマトはテンコーのお楽しみにさせておきましょう。

嵐の後は虚脱状態

パーマリンク 2009/07/13 21:01:59 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

マーイアのシーズンがほぼ終わりに近づきました。まだウィローとは別居状態です。今度はマーイアの方がウィローに対して攻撃的です。何かの時に近づくと、それだけで歯をむき出さんばかりに怒ります。この時期が終わるといよいよ本当にシーズンも終わりとなります。すると、マーイアはきっとまたウィローのあとをついて、ご機嫌取りをするようになります。

今までの嵐のような時が過ぎ去って、ウィローはどっと疲れが出ています。今日は一日本当に静かでした。

実はウィロー、静かにしていてほしい重大な理由があるのです。
2週間ほど前、甘えて足を開いてお腹を見せるウィローのそけい部がぷくっと腫れているのを見つけました。2日ほど様子を見ましたが、腫れは引きません。それどころか、テニスボールの半分ぐらいの大きさになっています。
私はウィローを獣医へ連れて行きました。診察の結果、どうやらヘルニアのようでした。
いつのまにこんな風になったのかは分かりません。年のせいで筋肉が弱り、その隙間から脂肪などが出てきたのかもしれません。手術してそこを縫い合わせても、また他のところに穴があいてしまうことがあるそうです。今のところ、とにかく様子を見るしかなさそうです。固くなったり、痛がったりすればまたすぐに獣医へ連れて行かなければなりません。

先生の話では、お腹に力が入ると中身が出て来る可能性があります。
「お腹に力が入る」これって、吠え続けたりして大騒ぎしてもそうなります。
“もーウィロー、ぜったいないちゃダメ!お腹の中が出てきちゃうよ・・・”
ウィローが吠える度に私はハラハラします。前からウィローはうるさいので、バークコントロールも使っていました。でも最近はこれを上手に回避する技を覚えたらしく、何にも効きません。
そして、マーイアのシーズン。“なくな、吠えるな、騒ぐな”と言っても無理です。
気になって毎日腫れたところを触っていましたが、あれからそれほどひどくはなっていないようです。

今日のようにずっと静かだといいけど・・・でもあんまり静かだとそれはそれで心配になってしまいます。

マーイアと東濃牧場へ

パーマリンク 2009/07/12 20:15:50 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

久しぶりにマーイアを連れて東濃牧場へ行ってきました。東濃牧場へは我が家の前の道を8kmほど山を登っていくと着きますが、そのほとんどが狭い道で、途中すれ違いがきついところが何カ所もあります。国道257号線からのアプローチが一番楽なので、今日は大回りしていきました。

実際、東濃牧場にはまきば館というステーキレストランがあるだけで、あとは数頭の山羊がいるぐらいです。牛舎や牛の放牧地はありますが、犬の散歩には適していません。そうそう、山羊の近くもです。今日は1頭しか山羊の姿を見かけませんでしたが、以前来たときには山羊はその辺にフリーにしていました。

私たちはいつもまきば館の横から伸びる道をまっすぐ歩いていきます。ちょっと信州のような広々とした草原が広がっています。今日は草原の草が伸びきっています。

ここまで来たら、冬なら草原の中を歩けますが、今のように草がおおい茂っているときはちょっと怖いのでここで引き返します。今日はそんなに日が照っていませんでしたが、お昼近くでしたので少しムッとしていました。マーイアは暑そうですが、それでも嬉しそうでした。

Uターンして、まきば館へ向かって戻ります。

恵那山や周辺の山がきれいに見渡せます。まきば館でソフトクリームを買って、マーイアにもお裾分けをしてみんなでいただきました。

ここからほんの少し離れたところは一帯が放牧地となっています。牛たちがのんびりとしています。
あ、いけないいけない。マーイアが車の中から吠えたおかげで、牛たちがこちらへやってきました。

ゆっくり老いてね

私たちの2番目のエアデールのレッドや3番目のエアデールのラフティのことは、亡くなる数年前から“今年の夏は乗り切れるだろうか?”と心配したものでした。老いて弱った身体に夏はきついかもしれない、と思ったからです。でも、実際彼女たちが亡くなったのは、レッドが6月6日、そしてラフティが4月20日ですから、夏が来る前でした。それに彼女たちが亡くなったのは、ここに越してきてからですから、少なくとも最後の数年は夏でも彼女たちの環境は悪くありませんでした。

ただ最後の数年は、そうやって身を案じるような要素があったのでした。私たちは彼女たちを“おばあちゃん”と見ていました。

ところが私たちはメイプルのことを少しも“おばあちゃん”と思っていなかったのです。まだ11歳前ということもあるかもしれませんが、それよりも彼女は実際若かったからでした。他の犬たちの先頭を切って走り、吠え、大騒ぎする。
それゆえに、彼女が倒れ、急に“おばあちゃん”になったことを受け入れるのは大変でした。
だから、あたふたしました。

先週から病院でいただく薬を、アメリカの友人ナンシーが教えてくれたものに替えてもらいました。
彼女の前の2頭のエアデールたちが年を取って、足腰が弱ってから飲んでいたもので、ずいぶんこれが良く効いたと教えてくれました。
私は先生と相談し、試しにこれを飲ませることにしました。それが本当に少し効き出したようです。
前よりも起き上がる回数が増えました。フラフラと動く回数が増えました。顔つきが明るくなりました。

相変わらず3本足で歩いています。でもほんの少しですが、小走りになることがあります。(耳がフワッとしてるでしょう)

みんながエアデールパークへ行ったら、メイプルも行きたそうだったので外へ出ましたが、さすがに駐車場まで来るともう帰りたがりました。

これからも良くなったり、悪くなったりを繰り返すのかもしれません。そのたびに喜んだり悲しんだりするんでしょう。

ダイアンも来月には8歳になります。つまんなさそうな姿の中に、ちょっとだけ老いを見ることがあります。

少しずつ、ゆっくり、ゆっくり老いてね。

辛い時期

パーマリンク 2009/07/10 21:56:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 私のお気に入り

せっかく昨日美味しいランチに出会って、豊かな気持ちになれたのに、夜になると我が家の環境は最悪なものとなっていきました。
数日前からマーイアのヒートのせいで、家の中はなんだかドタバタしています。マーイアもウィローも私の言うことなど聞く耳も持たず、何を言われても上の空。特に2日ほど前からはウィローがもっと辛い時期に入っていきました。そんな状態が他の犬たちもよく分かっているらしく、ウィローの態度に誰もが落ち着きません。
ただでさえ外は雨が多く、ついつい家の中に閉じこもりがちです。家中に不穏な空気が漂っているような感じです。

夜になってもウィローはソワソワして、“ヒューヒュー”と言う声を出し続けています。その声が次第に大きくなってきて、ついに押さえきれないように“ワーンワーン”とマーイアを呼び出します。
すると、私の“うるさい!”と言う声と共に他の犬たちも“うるさいワンワン”と怒り出します。
夜中になっても“ヒューヒュー”は途絶えることがありませんでした。(実際は少しは寝ていたと思うけど)

そんなわけで、今日は寝不足です。“ウィロー、辛いのはアンタだけじゃない、私だって眠れないと辛いのよ”

一日中スッキリしない頭でしたが、楽しい話題を一つ。
クラブの友達が教えてくれた「エアデールとネコ」のついたバッグです。中にはペットボトルを入れるところがあり、その横には保冷剤が入るポケットもあります。保冷剤も付いていました。
思わずネットで見て、あまり可愛いので買ってしまいましたが、正直ちょっと可愛すぎるかもしれません。
でも、ワンコといっしょにお出かけの時なら、いいかもしれません。

隣にかけてあるトートバッグは2年前にクラブの10周年を記念して作ったもので、チャンピオンシップショーの参加賞となりました。デザインはスコットランドのアン・カーランのもので、特別にデザインしてもらったものです。
お散歩バッグにとても可愛いと思って、ずっとかけてありますが、残念ながらまだ一度も使っていません。
使っていない“エアデールのついた○○”いっぱいありますが、まあ持っているだけでうれしいのかもしれません。

明日はウィローの気分が少しでも治まりますように。

きじやのらんち

パーマリンク 2009/07/09 22:30:37 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, 私のお気に入り

ずいぶん前でしたが、何気なく見たテレビで恵那の色々なお店を紹介していました。
その中で「きじや」という和食のお店が映し出されていました。
どうやら恵那駅の近くのようですが、見たことがありません。でもいつか行ってみたい・・・その時、テレビを見てそう思いました。

今日お友達からのランチのお誘いはここでした。恵那のバローの駐車場のすぐ裏側。広重美術館の道を入ったすぐでした。この辺りに来るときはほとんど車ですから、あまり歩き回ることもなく、今まで気づかなかったのも不思議ではありません。

さて、月替わりのランチを注文すると、まずお料理について書かれたものが来ました。なんかそれだけで、ワクワクします。
今月のテーマは“特産 木塾トマト”です。

トマトサラダ。豆腐とトマト、キュウリのサラダですが、しっかり味のあるトマトやキュウリは本当に美味しい。

鮎の酢味噌です。酢味噌の味も良かったです。

トマトの揚げ出しです。初めていただきました。絶妙なお味でした。

そして、お盆にのった鮎飯、なす田楽、野菜の天ぷら、味噌汁がやってきました。食べ終わっておかみさんとお話をしました。“恵那の地元の食材を大切にして、皆さんに紹介したい”という言葉通り、恵那産の野菜を使い、一つ一つのお料理がとても丁寧で、野菜のおいしさを一層引き出していて、心のこもったものでした。

最後はまたおいしいわらびアイスとコーヒーをいただきました。これで全部で1,260円です。手間のかかったお料理ばかりでしたが、このお値段はとてもお値打ちだと思いました。

お食事をいただいたあと、お腹だけでなく、心も豊かになったような気がしました。

旬菜旬魚きじや
恵那市大井町154-3
TEL0573-25-4128

ん、もー、またモコモコ??

パーマリンク 2009/07/08 20:51:14 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

この間から気づいていたけど、気づかないふりをしていましたが、もーダメ、気になって仕方がない。
マーイアがモコモコ・・・この間トリミングしたのはいつだっけ?
台湾へ行く前にみんな順番にしていたはずだけど、なんだかんだ言っても1ヶ月以上前かもしれません。
“会報の編集をしなくちゃいけないし、トリミングなんかやっている時間ない”でも、編集は来週だって、再来週だってまだ続きそうです。それなのにずっとトリミングしなかったら??想像しただけで恐ろしい気がします。
何が恐ろしいって、結局いつかはやらなくちゃいけないから恐ろしいのです。その時に“どっから手を付けようか??”なんてことになりたくないからです。本当のモコちゃんをトリミングするのは、すごく大変だって知っているからです。

昔、冗談でよく考えていました。車の洗車機のようにスッーと動いているうちに、自動でトリミングする機会が発明されたらいいなあとか、毛生えない薬はどうだろうかとか。
そんなにトリミングが嫌ならどうして5頭もエアデールなんて飼うの?と言われそうです。
たしかに、こんな面倒な犬たちを好きになったのはどうしてだろう?と思うこともあります。
まあ、あーだのこーだの言っても、結局はやるんだから手遅れにならないうちにやりましょう。

と、いうことで今日はマーイアと親密な時間を過ごしました。終わってからダイアンやテンコーを見たら、今度は彼女たちがモコモコに見え始めました。

家族バラバラ

パーマリンク 2009/07/07 19:04:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

このところダイアンとテンコーの母娘、ウィローとマーイアの父娘の2組に分かれて行動することが多くありました。メイプルはどちらの組にも入っているようで、入っていない。すなわち、いっしょにいてもいっしょに行動するわけではありません。彼女は今は特別なポジションにいます。

ところがどうやらマーイアにヒートが来ました。父親のウィローにお尻から寄っていくようでは、もういっしょにはさせられません。ウィローの方はまだそれほどではありませんが、今後いい匂いが強くなるに従って、辛い思いをしなければならないでしょう。
それで、今日からこのふたりを離しました。
ウィロー、マーイア、それぞれひとりぼっち。テンコーは今朝私からもらった新しいおもちゃに夢中で、ダイアンとはしっかり距離を置いています。すると5頭もいるのに、みんなひとりぼっちになりました。

実は先週から エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報の編集に追われています。山のような量があり、少しずつしか進まず、時々私もイライラしたりします。そんな時にワンコたちの楽しそうな姿を見ると癒やされるんですが、彼らはひとりぼっちでつまらなそう。

夕方、ダイアン、ウィロー、テンコーを庭でいっしょにさせました。
ところが・・・誰も目を合わせようとせず、ウィローとダイアン、ウィローとテンコーの間の空気はしらっ~

ウィローが向こうへ行くと、ホッとするダイアン。“早くあっちへ行って”と言わんばかりです。ウィローもかわいそう。どうしてみんなに嫌われるのでしょうか。
ウィローは人に対しては気遣いができ、いつも私たちの方を見て“これでいい?”と問うことができるのですが、犬に対しては気遣いができないのです。他の犬が飲んでいる水を横取りしたり、誰かが家に入ろうとすると押しのけたり・・・人間で言えば、空気が読めないんですね、そんなことが嫌われる原因かもしれません。

それでも子分のようなマーイアとは割にうまくやっていけます。そのマーイアと離されたので、しばらくはみんなバラバラですね。
ダイアンのウィロー嫌いは徹底していて、この写真の後ウィローが家の中に先に入ると、ダイアンは家の中に入れないんです。デッキのところで入りたそうにしますが、勇気が出ない。そんなところでしょうか。
ダイアンの声が聞こえてきます。
“ウィローがそこにいるなら私外の方がまし”
30分後、寂しそうにデッキに座っているダイアンに煮干しをひとつかみ見せて、ようやく家の中に入れました。ダイアンもまた哀れでした。

もう一つの収穫

パーマリンク 2009/07/06 19:41:47 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, レインボーブリッジのエアデールテリア

昨日、梅の大豊作について書きましたが、実はもう一つ収穫したものがありました。
これが我が家で取れた初めての野菜、プチトマトです。我が家には広い土地がありながら、野菜を作るスペースが少しもありません。玄関周りや駐車場をのぞいて、ほとんど犬たちが自由に走り回れるようになっています。そのため、野菜はおろか植物だってワンコたちの犠牲になる可能性があります。この庭の中で生き残っていくにはとても強くなくてはなりません。

ただ野菜の場合、生き残ればいいというものじゃありません。私たちがいくらワンコたちが大好きだからといっても、おしっこがかかったかもしれない野菜を食べる気にはなりません。
そんな訳で野菜作りができないのです。それでも、今年はプランターにプチトマトを植えてみました。
ワンコたちが来れない玄関の方へ置いて作ってみました。

15年ほど近く前ですが、まだ愛知県に住んでいた頃、私は家から少し離れたところに5、60坪ぐらいの畑を借りていました。1年中色々な物を作っていました。この時期は夏野菜が主ですが、スイカもひと夏に20個ぐらいは取れました。

その頃いたエアデールたちはみんな畑へ行くのが大好きでした。特にレッドが一番好きだったような気がします。朝の散歩で畑の近くへ来ると、自分ちの畑へ続く細い道をよく知っていて、その前で立ち止まります。
仕方なく細い道へ入ると、自分ちの畑までずんずん進んでいきます。手前にも畑があるのに、まるで区別がつくようです。
ここで、春はイチゴ、夏になるとトマトやキュウリをその場で食べたりしました。スイカは多すぎて食べきれず、犬たちが水代わりに食べるという贅沢なことをしていました。

今でもまた近くに畑を借りて作りたい、なんて思うときもありますが、もうよしましょう。
これ以上忙しくなっては、大好きなワンコたちと過ごす時間が減ってしまいます。

豊作だあ!

パーマリンク 2009/07/05 20:40:22 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

私たちがここに越してきて今年で9回目の夏を迎えています。
この辺り一帯は、40年ほど前別荘地として売り出されたところでした。しかし誰も別荘も建てることもなく、長い歳月はここをまた元の山の姿に戻しつつあったんだろうと思います。現実に他のところはもう山の一部のように見えます。ただ、ここは何本かの梅の木が植えられていたようです。それをここを整地する際に5本だけ土地の斜面に植え替えてくれました。
はじめの頃はほとんど実もならず、みすぼらしい姿でした。でも年々木はしっかりしてきて、数年前からは一つ一つの梅も大きくなってきました。

名古屋から友達ご夫妻が梅の収穫に来ました。ほとんど毎年彼らに収穫してもらい、我が家はジュースや梅干しをいただきます。斜面なので収穫は少し大変です。

高いところにもたくさんあるので、脚立に乗って取っています。今年は昨年よりも良い梅が多いような気がします。

ジャン!!これだけ取れました。全部で30kg以上ありました。いくらここが涼しいといってもこんなにたくさん働くと(ほとんど友達と夫ですが)、暑い暑い! エアデールパークへ行ってアイスクリームと冷たいお茶で休憩します。

彼らが来ると、どうしても会いたい犬がいます。マーイアです。マーイアは何回か彼らの家へ泊まりに行ったりしているので、彼らのことが大好きです。声を聞いて、家の中でないていました。
マーイアだけエアデールパークへ連れてきてもらい大喜びです。みんながアイスクリームを食べている間をもらって回りました。
まずはお客さんから、なんと言っても甘いですから。

次はもちろん夫です。何だかとても幸せそうです。

こうやって今年の梅の収穫は終わりました。

エアデールパークでリラックス

パーマリンク 2009/07/04 20:57:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

久しぶりに朝から晴れていました。今日は涼しいうちにエアデールパークへみんなを連れて行きましょう。
と言っても、もう朝の9時過ぎ。それでもエアデールパークなら大丈夫です。
まずはダイアンとテンコーを連れて行きます。陽の当たるところはまだこれだけです。あとは山の木々たちが涼しい空間を作ってくれています。

何するわけではありませんが、ダイアンとテンコーも楽しそうです。ふたりでイスをなめています。私の腰に付けたきびだんご(トリーツです)が落ちたのかもしれません。
草むしりをしながら心地よい風に帰る時間を忘れそうです。
あー、まだウィローとマーイアを連れてこなくちゃ・・・

ウィローとマーイアに交代してもまだ日陰はたくさんあります。それでもさっきより少し暑くなってきたかな?? マーイアがハアハア暑そう。そりゃひとりで走り回っていれば暑いはずです。

テーブルの下で一休み。だーれも帰りたがりません。でもそろそろ帰らなくちゃ。もうお昼近くになってしまいました。

メイプルが何やら気になるみたいで、起き上がりました。これが精一杯です。ご飯とお水、トイレの時以外はいつもゴロンと横になっています。ほとんど何も興味を示しません。みんながエアデールパークへ行っているときも、前なら自分の番が来るまで我慢ができなかったのに、今日は静かに寝ていました。
本当に悲しいです。

テンコーの息子アッサムの写真

パーマリンク 2009/07/03 18:34:16 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

先週、テンコーの息子で茨城に住むアッサムのお母さんからメールとたくさんの写真を送っていただきました。どれもこれも可愛いものばかり。許可をいただきましたので、全部ここでお見せしましょう。

メール本文から;
最近のアッサムの写真を送ります。とにかく毎日どんだけいたずらするの?てな感じです。
昨日まで届かないだろうと思っていると、今日はいつの間にか何かをくわえサッーとにげます。
このサッー!は絶対いたずらです。ヤバッてな顔して見えないように前足で口を隠します。
家にはとにかく2才のチビのおもちゃがいっぱい!アッサムにはたまりません。特に音の出る物には目がないのです。最近おもちゃのピアノを買ってもらい、チビが得意げに弾くと、ウオ~~ン♪ウオ~~♪とアッサムが始まり、チビは邪魔されて「うるさ~い!!もうアッサムは!」。
ま、兄妹のように楽しくやってます。;

以前にも書いたように、アッサムのお母さんはカメラマンです。

スタジオを持っています。ここでは犬の写真も撮ってくれます。
それで、一つの企画が持ち上がりました。

秋に関東地区のエアデールテリアファンデーとして、彼女のスタジオで撮影会を計画しています。

ちゃんと写真を撮ってもらうチャンスなんてなかなかありません。

きっと皆さん楽しんでくれることでしょう。

それにしても、アッサムはホント色々な物を狙っていますね。
チビちゃんとも仲良しで、ホント兄弟みたいです。

studio MONO
茨城県ひたちなか市三反田3903-1
029-212-3184

テンコーとカノンの親子な関係

パーマリンク 2009/07/02 21:40:31 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

久しぶりにワンコの話に戻ります。
今まで我が家のエアデールの中でお母さん経験のある子は5頭いました。その中で、新しいお家へ行ったメスの子どもと仲良くできたケースはありませんでした。出て行ってから1,2ヶ月なら遊びに来ても大丈夫かもしれません。しかしずっと会わなくなると母親はまるで子どものことを忘れたかのように振る舞います。すると私たちも心配なのでいっしょにさせないようにします。するとどんどん溝ができて、再びいっしょにすることが難しくなってきます。まして我が家にメスの仔犬を残した場合、その子との関係が強くなり、そこに他の姉妹が入り込む余地がなくなってきます。

私たちが今までに繁殖したのは9回で、そのうち5頭のメスが我が家の子として残っていますから、仔犬を残さなかった繁殖は、テンコーの繁殖を含めてもたった4回となります。実際、新しいお家へ行ったメスの子どもと母親を会わせる機会は非常に少ないものでした。遠くのお家へ行ったりすれば、なかなか会うこともありません。ところが今回のテンコーとカノンの間には、それができるチャンスに恵まれました。
カノンのお家は我が家から車で1時間。4月にもお預かりしたり、学校でもたまに会ったり、また我が家にも遊びに来てくれます。そのため、6ヶ月が過ぎた今もテンコーはカノンのことを今でも自分の子どもと認識しているようです。カノンもまたテンコーがお母さんであることを覚えているようです。

テンコーはカノンが遊びに来ても、とても自然体でいられます。いつもカノンがそこにいるように振る舞えるのです。いっしょに追いかけっこしたり、カノンを押さえつけてみたりするのもほんの一時。

あとは我が家の他の犬と同じように、お互い勝手に過ごしています。カノンがすることにいちいち緊張したりすることもありません。すぐ横でカノンがゴショゴショしていますが、テンコーはいたって落ち着いて見えます。

カノンもまたマイペースです。お母さんが遊んでくれるなら嬉しいけど、無理強いはしません。また、お母さんから押さえつけられたときは、じっとして動かないようにすることを覚えています。反発はしません。それで、ふたりの親子な関係はうまくいっています。

私はこの関係が末永く続いてくれることを願っています。
来月の東海地区のファンデーの時は、カノンと飼い主さんをいっしょに我が家の車に乗せて出かけるつもりです。もちろん私たちはテンコーだけを連れて行きます。

台湾・・・最終編

パーマリンク 2009/07/01 21:11:39 著者: airedale メール
カテゴリ: 旅行

台北の町では、様々な日本の物を見つけることができます。
日本のお店もたくさんあります。その中で初日に台北駅の地下で見つけた高山ラーメンです。他にも東京文字焼というもんじゃ焼き(ショーウインドウにはお好み焼きばかりがあったような?)のお店もありました。
また、地下の本屋さん(ほとんど雑誌ばかりのところ)へ行くと3分の1から半分ぐらいは日本の雑誌でした。

台湾に行って絶対やってみたかったことはマッサージとシャンプーです。両方とも体験してきました。マッサージは初日に空港から直接ガイドさんに連れて行ってもらいました。全身マッサージ(60分)と足裏マッサージ、美顔マッサージ、シャンプーをやってもらって日本円で約10,000ぐらいですから、まあ安いかもしれません。
それぞれ何分と時間が書いてありますが、シャンプー以外はいっしょにやるので、何だかすごいことになります。私はたまに“痛っ、痛っ”なんて思わず言ってしまいましたが、結構ハードでした。
マッサージは台湾式の背中の上で立ってやってもらうものもありました。正直つぶれそうでしたが、“ダイジョウブ?ダイジョウブ?”と聞いてくるのに、“重いよー”とは言えませんでした。

シャンプーはその時にもやっていただきましたが、美容院にも行きました。美容院の方が若干値段も安くて、上手だったような気がします。洗面台のないところでシャンプーの泡を立てますから、こうやって上の方へびゅーんと髪の毛を伸ばします。美容師さんはこうやって泡を手にとって、洗面台のあるところへ捨てに行きます。このあと、私たちも洗面台の方へ移ってすすぎをしてもらいます。美容院は日本人の客が多かったです。

これは台北101近くで見つけたレンタル自転車でした。カードを買ってそれを使って自転車を借りるようです。とてもいいアイデアだと思いましたが、台北の町で自転車走っているのって見たっけ?あまりにもスクーターばかりだったので、自転車は気づきませんでした。

これは台湾のお墓です。土葬が多いらしく、台湾のお墓は家のように大きいみたいです。まるで住宅地のようでした。

これは変わった鳥だと思って写真を撮ったのですが、日本にもいる鳥かもしれません。

最後にトイレの話です。この写真はトイレの中で見つけたものです。台湾には和式トイレが多かったのですが、ご丁寧に使い方の図は初めて見ました。
トイレと言えば、台湾ではトイレに使用済みのトイレットペーパーは流せません。横に置いてある汚物入れに捨てます。これがまた蓋付きならまだしもただの大きなバケツのようなものだったりします。
百貨店なら?高級ホテルなら?博物館なら?空港なら?と流せるところはないかと色々見ましたが、どこもかもダメでした。これは最後までとってもストレスになりました。

初めての台湾旅行はいろいろ見て、いろいろ食べて、いろいろ体験して、いろんな人に出会って幕を閉じました。

2009年7月
 << < 現在> >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog tool