アーカイブ: 2009年5月

アポロ、マーカス、ミシア

パーマリンク 2009/05/31 21:11:05 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

テンコーの息子のアポロとマーカス、そして名古屋の友人宅で産まれた女の子ミシアが遊びに来ました。
ミシアの父テットリーはテンコーの母ダイアンと同胎犬ですから親戚同士となります。
遊びに来ても我が家に来るとまずはやっぱりトリミングです。雨が降っていたので、ワンコ部屋で3頭順番にトリミングしました。

まずはマーカスが終わりました。とってもスッキリしてかっこよくなりました。

そしてアポロが終わった頃には雨が上がっていました。

次にミシアの番なので、アポロとマーカスはエアデールパークへ行って遊びました。初めはふたりでこちょこちょじゃれ合って遊んでばかりいましたが、ようやく追いかけっこをしたりして走り回って遊びました。

ふたりは本当に仲良しです。お水を飲むときもふたりでいっしょに飲んでいます。こうやっていつまでも仲良くできると良いね。雨上がりのエアデールパークでひっくり返ったりしたため、ふたりとも泥だらけ。せっかくきれいにトリミングしたのに・・・シャワーで足を洗い、身体をきれいに拭いてもらって帰りました。

ミシアもトリミングが終わりました。もう一度耳をセットしてもらいました。このあと、ミシアもエアデールパークで少し遊んでから帰りました。

もーやだー、ヘトヘト~~

パーマリンク 2009/05/30 21:44:43 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

“シャクヤクがきれい”昨年エアデールパークの脇に何本かの苗を植えました。その中に2本のシャクヤクがありました。午前中、この写真を撮ったときは、私もまだまだ元気でした。

朝から夫と二人で外仕事。草刈り、草むしり、木の剪定、そして山のような木の枝や葉っぱの片付け。お昼になってもキリが付かず、昼食は2時過ぎ。ワンコたちはずっと私たちと一緒に外にいましたが、もううんざりと言った表情です。家の中に入れると、みんなホッとして早速お昼寝タイム。時折雨が降る中で、夫はまた仕事の続きをします。私も結局外に行きます。ワンコたちはだーれも外へ行きたがりません。
5時半になりました。ようやく夫は外仕事が終わって、今度はデッキ作りの続きをするつもりです。“今からー?? まだやるの? もーやめよう、今度にしよう”私の叫びは無駄でした。

1時間後、だいたい固定が終わりました。これでホッとするのもつかの間、はがした御影石をまだ戻す作業が残っていました。それから2度目のペンキ塗り。全部終わったのは7時過ぎでした。

“先週の大阪の土砂降りにあったときの方がまだ楽だった”
“トリミング勉強会より大変だ”
“あー何でこんなにやることがあるんだろう・・・”
山に住んでいると、外仕事って本当に多いんです。もうヘトヘト・・・

テンコー学校の日

パーマリンク 2009/05/29 20:00:41 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

今日はテンコーを学校へ連れて行く日です。
朝から出かけるとなると、例のごとくみんなが連れて行ってもらえるのは自分だ自分だと勘違いを始めるので大変です。これって私にとってもとても大きなストレスで、それだけで出かけるのがイヤになるときさえあるほどです。
特にマーイアが心から悲しそうになくのは、ちょっと憂鬱な気分にさせます。

さて、気持ちを切り替えて出発!
今までテンコーやマーイアといっしょに宿題をやってきましたが、果たして成果はいかがでしょう?
ご褒美にはチーズとレバートリーツを持ってきました。家で練習するときは、小さなドッグフードの一粒でもOKなんですが、外に来るとちょっとやそっとの物では見向きもしません。今日はちょっとチーズの匂いに鼻を動かしています。

本当は宿題では声も視符もなしで、チョークチェーンの合図だけで練習するはずでしたが、どうしてもついつい声も視符も入ってしていました。今日は先生と助手の女の子といっしょに練習しました。

人にはとても優しいテンコーなのですが、いつのまにか他の犬が嫌いになっていました。誰とでも仲良くできなくても、他の犬がそばにいても平気でいて欲しいと思います。

鳥の巣作り

パーマリンク 2009/05/28 21:05:50 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

昨日のヘビ出現以来、外へ出る度にキョロキョロキョロと辺りを見るようになりました。特にワンコの部屋のドアを開けるときは、まずいったん窓を開けて、そこから下を見て確認してからドアを開けています。ワンコたちを外に出そうとしたら、そこでヘビと鉢合わせしたなんていうのは絶対避けたいですから。

雨がやんだので、少しワンコたちを外に出すことにしました。窓を開けると、バタバタッと音がして1羽の鳥が窓の下から飛び立ちました。窓の下には木で作った棚だけの下駄箱があります。どうやらそこから出てきたようでした。
私はハッと思い出しました。実は昨日ヘビ出現のあと、その棚の後ろに隠れているのではないかと、置いてあったデッキブラシでその辺をバタバタたたいて歩いていると、ふっとその棚の何段かが汚れているのに気づきました。木の葉っぱや、むしったような草が所々に押し込まれていたのです。一瞬気になったものの、掃除する気分ではなかったので、そのままにしておきました。

飛び立った鳥を見て、この棚に巣を作るつもりだということがわかりました。
この辺りには様々な野鳥がいます。残念ながら何一つ鳥の名前も知らなくて、いつも庭に来ている鳥を見て、なんだろうなあ?と思うだけです。ウグイスは毎日よく鳴いています。そういえば、先日娘が旅行で行ったジャワ島で竹の笛を買ってきてくれました。それは鳥の鳴き声に似ていて、それを吹いてやると、ウグイスがまた“ホーホケキョ”と鳴き返します。面白くてエアデールパークへワンコたちを連れて行ってはピーピー吹いていましたが、3日もしたら飽きました・・・

ドアを開けて外に出て、棚を見ると1カ所の巣はかなり進行していて、完成間近のようでした。
だから、ヘビが来ていたんです。鳥がよく出入りするのを知っていたんでしょう。そして、もうすぐ卵が産まれることも。
せっかくここまで作った巣で鳥には申し訳ありませんが、撤去させていただくことにしました。何もこんなところに作らなくても、他にもいい場所がたくさんあるはずです。

ヘビのために私の行動が制限されるのが悔しいので、こちらにも撤退していただくために忌避剤をまこうと思います。我が家は周りが全部山ですから、確実にすることはできないかもしれませんが、できるかぎり入る場所をなくしたいと思います。
インターネットで調べると、スネイクアウェイという忌避剤がよく効きそうな感じですが、すでに売り切れでした。(えー、そんなに必要なの??)それで、他にも調べてみましたが何だか効くのか効かないのか???
その中で私が選んだ物は竹酢液です。木酢液と共にヘビやムカデが嫌うそうです。今度の週末にはこれを家の周りにまいて出入り禁止にするつもりです。

自然の営み

パーマリンク 2009/05/27 20:28:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

今日は、自然の営みを十分に味わった一日でした。

① エアデールパークのエゴノキの花はすでに満開寸前。朝から陽が当たる花の周りには、ハチがブーンブーンと飛んできて仕事中です。私はもう一度カメラを持って写真を撮りました。外から見ても白い花がいっぱい付いている様子が分かります。

エゴノキはこの辺りにもかなりたくさん自生しています。花が咲いているときに車で走ってもなかなか気づかないのですが、花が終わって落ちるとその辺りの道路が真っ白になっていて、“あら、ここにもこの木があったんだ”と気づいたりします。

② 今晩から天気が下り坂なようなので、ワンコたちを全員シャンプーすることにしました。まずはマーイア。ワンコ部屋から外に出たコンクリートの運動場の一画に、水道と暖かいお湯の出るところがあります。
その洗い場まで来ると、“ギャアーーーーー” いました、ヘビが。。。マーイアが気づいてくわえるとイヤなので、もう一度マーイアを部屋に押し戻しました。ヘビもあわててフェンスの外側に逃げました。私は家の中からハチ専用の強力スプレーをフェンスの外側に向かって思いっきり噴射しました。これってヘビには効かないですよね。でも何かしないといられないという気持ちです。そのあとどこへ行ったのか見ていないので、これがまた怖い。ヘビが逃げていった方をおびえながらチラチラ見てのシャンプーでした。
ウィローと後ろに見えるのはマーイア。

暖かな日差しがあるので、タオルで拭くだけで十分です。ダイアンとテンコー。メイプルはすぐに家の中に入りました。

③ エアデールパークへ行ったり、シャンプーしたり、ワンコたちはみんな疲れたようです。家の中に入ってしばらくすると、突然天気が変わりました。
バラバラバラという音と共に降ってきたのは無数のあられ。その後すぐに土砂降りの雨が降り出しました。あられも雨と共に、時に強く時に弱くなりながら降り続きました。雷も鳴り出し、ウィローにとっては最悪の天気でした。

雨がやんで外に出てみると、まだ地面にはあられが溶けずに残っています。まるでシリカゲルのように見えますが、触ってみたられっきとした氷の粒でした。


あーあ、この雨でせっかくのエゴノキの花もずいぶん落ちてしまったに違いありません。見に行きたいけど、何だかヘビが怖くて今日はもう外に出たくない気分でした。誰かヘビよけの良い方法を知っていたら教えてください。

やっとわかった!エゴノキ

パーマリンク 2009/05/26 19:57:04 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, 私のお気に入り

今までずっと気になっていたあのエアデールパークの大きな木の名前がやっと分かりました。エゴノキでした。
無数のつぼみを付け、ようやくちらほらと花が開き出したので、写真を撮って「このきなんのき」という樹木鑑定サイトに投稿したら、すぐに教えていただきました。今まで他の植物図鑑のサイトでもずいぶん探してみましたが、よく分からなかったのです。エゴノキのページも何度も見ていたのに気づかなかったのです。でも、教えていただいてからもう一度それを見ると、“あー、そうだ、これこれ”なんて・・・どうして気づかなかったのかな??
それにしても、世の中には本当に色々なことを知っている方がたくさんいて、また親切だなあとつくづく感じました。

まだまだほとんどがつぼみですが、きっと2,3日中には満開になることでしょう。この花は葉っぱの下に垂れ下がるので、離れて見てもあまりよく分からないのですが、木の下に入って見上げると、それはそれはたくさんの小さな花が咲き乱れて美しいものです。また満開になって写真がきれいに撮れたら載せましょう。

木の下に作ったデッキも先週の土曜日にペンキ塗りも終わりました。今度の土曜日にはもう一度ペンキを塗って、きちんとした場所に固定します。今日はメイプルがほんの少しだけデッキの上に乗っていましたが、また降りてしまいました。ここで寝転がってこのエゴノキの花を見上げたら最高かも・・・いやいやこのデッキはワンコたちのために作った物です。

みんなワンコたちはこのベンチの周りや机の下が好きなんです。涼しいからでしょう。ダイアンもこの場所が好きです。風がそよ吹いてエゴノキの葉っぱや花が揺れるのが心地いいのかもしれません。

ラフティのこどもたち、12歳のお誕生日おめでとう!

13歳8ヶ月でレインボーブリッジに渡ったラフティの子どもたちが、今日で12歳になりました。
お誕生日おめでとうございます!
ラフティの初産はとても遅く5歳の時でした。でも彼女はとても安産で、元気な仔犬たちを9頭産みました。
ラフティはそれまでお母さんのペリやお姉ちゃんのレッドに囲まれて、お姫様のような存在でしたから、出産の時も産室の隣に敷いてあった私たちの仮眠用の布団の上で産もうとして布団をガリガリし始めました。何度も何度も産室へ戻しましたが、あわやもう少しで布団の上で産みそうだったことを、ついこの間のように思い出します。
子どもたちの中にはもうレインボーブリッジに行ってしまった子もいますが、きっと今頃はラフティと再会して楽しく遊んでいることでしょう。
テンコーの息子で北海道に行ったタピオのおうちのキッピスも今日はお誕生日を迎えました。きっとタピオも交えてみんなで誕生日を祝っていることと思います。ひょっとしたらキッピスへのご馳走もタピオが横取りしたりして・・・

さて、我が家では土曜日からお泊まりしたカノンが帰ります。お母さんが迎えにくるまで、テンコーとまた遊びました。

置きっぱなしになっていたトンネルですが、久しぶりにカノンが入って遊びました。

テンコーお母さんがおもちゃをくれないので、ちゃんと待っています。

土曜日から動いてばかりのカノンは、迎えに来たお母さんの車に乗ったらすぐにゴロンと寝る体勢に入りました。
テンコーはカノンが帰ってからはつまらなそうに寝ています。見ていると可愛そうなぐらい落ち込んでいます。カノンまた遊びに来てね!
他の犬たちはカノンがいなくなって、ホッとしたかのように寝ています。5頭が6頭に増えたらどうしよう、これ以上もう犬はいらないよ・・・と心配していたかもしれません。

関西地区エアデールファンデー 晴れのち雨

パーマリンク 2009/05/24 22:03:16 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関西地区のエアデールファンデーが淀川河川公園太子橋地区で行われました。
昨日までの天気予報では今日は曇り時々晴れの絶好のバーベキュー日和でしたが、朝の予報では曇りのち雨、11時半に大阪に着くには8時には家を出なければなりません。少々不安に思いながら、テンコーとカノンを連れて出かけました。
大阪が近づくにつれ、天気もよく思ったよりも暑そうでした。この河川敷公園はいつもとても混んでいるのですが、今日は新型インフルエンザのせいもあり空いているかもしれないと思っていました。たしかにべーベキューができる広場は例年よりも空いていましたが、他のイベントをやっていて駐車場は満車だったので、うちを含め参加者の皆さんも車を止めるのに思ったよりも時間がかかってしまったようでした。

日差しもあり、参加したワンちゃんたちも暑そうな中バーベキューが始まりました。

兵庫に住むマイティもやってきました。テンコーは3月末にも大阪でのショーの時にマイティに会って遊んだのに、今日は初めだけ少し遊びかけましたが、ちょっと忘れてしまったようでした。カノンは嬉しそうにマイティと遊び出しました。

バーベキューが済んでセミナーが始まりました。カノンもお利口にしています。3,40分過ぎた頃でしょうか? 突然、ポツポツと雨が降り出し、あっという間に土砂降りになってしましました。しばらくはみんなでテントの下に固まり、雨が上がるのを待っていましたが、どんどん雨はひどくなり、足下は川のように水があふれてきたので、これで中止としました。

突然の雨に気温も下がり、皆さん寒さに震えてビニール袋をかぶったりして雨をしのぎながら何とか土砂降りの中で片付けをしました。せっかくの楽しいファンデーでしたが、最後は皆さんずぶ濡れで片付けに追われてしまいました。私たちもずぶ濡れのまま家に帰りました。

カノンお泊まり

パーマリンク 2009/05/23 22:07:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

カノンが飼い主さんの都合で、2泊3日のお泊まりにやってきました。
カノンは車から降りて夫に会ったとたん、うれションを。。。私に会ってもしなかったくせに、とちょっぴりヤキモチをやきます。お母さんのことを振り返りもしないで、夫とエアデールパークへまっしぐら。
カノン、お母さんが寂しがっているのに・・・

夫はデッキ制作の真っ最中です。前回作った物と同じ物をもう一つ作っていっしょに並べる予定です。丸ノコが“ヒュウウウン”と鳴ると、こっそり近づいて見ていたカノンは飛び退きます。

テンコーを連れてきました。テンコーも大喜びです。いつもはダイアンのご機嫌伺いをしていますが、今日はちょっぴりいばっています。

ボールもなかなかカノンには貸しません。でも、少し隙を見せてはカノンの気を引いています。

大騒ぎでパーク中走り回った後は、ちょっと静かにリラックスします。

あらあら、カノンが身体を地面にスリスリしています。こんな汚いことしてたらもうここには連れてきてもらえなくなっちゃうよ。

テンコーお母さんに追いかけられたら、ここに入って一休み。

夕方はトリミングをしてもらって、今は静かにテンコーとふたりでワンコ部屋にいます。今晩はふたりで寝ましょう。

残りの4頭は、月曜日までちょっと我慢が続きます。でも、今日は朝からみんなも順番に散歩に行き、テンコーとカノンがエアデールパークで遊んでいる間中、彼らも庭の方でずっと走り回っていました。みんなすっかり疲れたようです。

ウィローをめぐって

ウィローが初めて悲しくて泣いたのは、彼がまだ生後数ヶ月、遠いイギリスから我が家にやってきてまだほんの数日、あるいは数十日たった頃でした。到着したその日から夜だって泣くこともなかったのに・・・

ウィローがやって来たとき、我が家にはレッド、ラフティ、ビーグルのビル、そしてメイプルがいました。ラフティ8歳半、メイプル2歳半の時でした。今思えば、初めにラフティとウィローを会わせるべきでしたが、その時に最初にメイプルを会わせてしまったのがそもそもの間違いでした。
メイプルはウィローを大歓迎し、お母さんのように面倒を見ました。

ラフティもすぐにウィローと対面しましたが、その時にはすでにメイプルとウィローの絆というか、メイプルがウィローを自分のものと思うようになっていたのでした。それまではラフティがメイプルのお母さん代わりで、彼女のことを本当に自分の子どものように可愛がっていました。ラフティはそんな状況にきっとむかついていたのかもしれませんが、私たちが見ているときは悪いことはしませんから、じっと我慢していました。

ある日、ウィローとラフティがふたりっきりになったとき、事件が起こりました。どんな状況でそうなったのか分かりませんが、とにかくウィローがラフティに噛まれたのです。首に穴が開き、ウィローは泣き叫びました。
“痛いよー、痛いよー”無邪気なウィローはずっと悲痛な声で泣いていました。

その日以来、ラフティがウィローが近づこうとすると、メイプルがさっと割って入るようになりました。いつもメイプルはウィローを守っていました。そして、ラフティとメイプルの親密な関係は崩れ去りました。

ウィローが来る前のラフティとメイプルの写真です。それまではいつもこうやって仲良く一緒にいました。

ふたりはその後ちょっとしたことがきっかけで、2度大きなケンカをし、それ以後は一緒になることはありませんでした。でも不思議といつ火が付くかは分かりませんが、常ににらみあっていたわけでもなく、いつも隣の部屋にいて柵越しに吠え合うようなことも滅多にありませんでした。
それから何年も経ったある日、私は間違えてふたりを一緒に庭に出したことがありました。ふたりともすれ違ってお互いに顔を見合わせ、なぜここにいるんだろう?とでもいうような不思議な顔をしたあと、お互いに目をそらせ気づかぬふりをしていたことがありました。

ラフティはメイプル以外とは仲良しだったので、メイプルの娘ダイアンともうまくやっていました。と言ってもダイアンとは9歳も離れているので、もうケンカ相手にはならなかったんでしょう。
ラフティ11歳、ダイアン2歳、いっしょに乗鞍高原へ行ったときの写真です。

さてウィローが犬嫌いになった理由が、もしこの幼少期の出来事に起因しているのであれば、本当にかわいそうなことをしました。
あの日のウィローの泣き声、本当に幼児が泣きじゃくったような姿が今でも思い出されます。あれからもう8年が過ぎました。

関東地区トリミング勉強会

パーマリンク 2009/05/21 21:38:59 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

先日の日曜日、17日に川崎市でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区トリミング勉強会が行われました。関東地区では春と秋に2回ずつ、年4回トリミング勉強会を開催しています。以前は京王多摩センター近くのトリミングスクールをお借りしていましたが、今年1月に閉校になったので、開催場所の変更を余儀なくされました。前回は4月に横浜のトリミングスクールで行われました。ここも駅からも近く、まわりに駐車場もたくさんあるところなので便利なところでした。そして、今回は川崎市である場所をお借りすることができました。駐車スペースもたくさんあり、トリミングは屋根があるところでできるので天候にも左右されることもありません。

今回は参加者19名、参加犬11頭と盛況でした。私は前回に続いて今回も欠席で、夫だけが行きました。お手伝いができないのは心苦しい気持ちですが、最近では皆さんがとてもよく手伝ってくださるので、私が行く必要もなくなりました。もっとも私のお手伝いというのは、もっぱらおしゃべり担当でしたので、それがないのはちょっと寂しいです。
その時の写真が届きましたので、ここでも少し載せましょう。

何よりも行けなくて残念だったことは、テンコーの息子アッサムに会えなかったからです。東京に住む私の娘はアッサムに会いたいので、午後から会場まで行きました。彼女は仔犬たちがいる間、何度もこちらまで来て仔犬の面倒をよく見てくれていたので、会えてうれしかったことでしょう。

ようやくアッサムのトリミングも終わったようです。前の方に小さく見える子は横浜に住むブーアです。彼はメイプルとウィローの初めての仔犬たちで、今年の9月でもう7歳になります。早いですね・・・

もうひとりのパピーの参加犬は、名古屋で2月に生まれたバディです。彼は千葉へ行きました。電話では飼い主さんが“やんちゃです”なんて言っておられましたが、おりこうさんにトリミングできたでしょうか。

大きな木の下で

パーマリンク 2009/05/20 21:08:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, 私のお気に入り

エアデールパークにあるこの木、これが私の一番お気に入りの木です。もうすぐ真っ白い花が連なって咲き始めます。
花が咲いている間はハチも多く飛んできますから、ちょっとうっとおしかったりしますが、この木の下から見上げると、葉っぱがサワサワと風に揺らめき、チラチラと陽の明かりが木陰の間から光る様は、まるでおとぎ話に出てくる森の中にいるような気がします。

5頭のワンコたちを連れてこようと思うと、ゆっくり座って楽しむ暇もなく、次のワンコを迎えに行かなければなりません。ダイアンはご機嫌で山の斜面を探検すると、なにやら手で落ち葉を除けては興奮しています。
「ダイアン、止めて!なんかいる?」せっかくのゆったりした気持ちが吹っ飛んで、私はビビリまくります。
勝手なことを言うようですが、植物と共生するのはいいですが、ヘビや気持ちの悪い虫はお断りです。探検を止めたダイアンは今度はテンコーに“遊ぼうよ”と誘います。

この間は何となくテンコーが仲間はずれでしたが、こんな風にふたりが遊び始めると、今度はメイプルがついていけません。乱暴に走るふたりをかわしながらとても嫌そうにしています。しばらくしたらメンバー交代です。テンコーとダイアンがうちに帰り、代わりにウィローとマーイアがやってきました。

ウィローは一回りチェックすると、真ん中でリラックスして休み始めました。メイプルもちょっと離れたところで休んでいます。残念ながらまだデッキには座ろうとはしません。

その合間を縫うようにマーイアがひとりで走り回ります。昼近くまで遊んでまたひとりずつうちに連れ帰りました。

ほんの近くだけど、結局私は何往復したんだろうか?

マーイアとテンコーの宿題

パーマリンク 2009/05/19 21:00:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨日はウィローがやっつける話ばかりになりましたが、実は小さい頃一度だけやっつけられたことがあります。
これはその後の我が家の犬の関係を大きく変えることとなりました。ちょっと長くなりそうなので、この話はまた今度。

犬の学校の先生から宿題をもらっています。正確にはマーイアとテンコーの宿題ではなく、マーイアとテンコーと一緒にする私の宿題なのです。毎日やらなくてはと思いつつ、この5頭の大家族、それぞれ1頭だけと向き合う時間を作るのは簡単そうで結構大変なのです。雨が降ればもちろん外には出かけられないし、家の中で練習するには他の子がじゃまだし、などなど理由を付けてはたまにしか練習できていないのが本当のところです。
もちろんどちらかの子と出かけるときは、外で練習します。

昨日あれからマーイアを連れて郵便局へ行きがてら、小里川ダムまで行ってきました。
本当はメイプルを連れて行くつもりでしたが、ウィローとテンコーの騒ぎでメイプルまで何だか疲れたようで、どうしようかな?と私が迷っているうちに、さっさと気配を感じたマーイアが“わたしだよね!”と大アピールを始めたのでした。途中おばあちゃんの店でお寿司を買ってランチはまたここでいただくことにしました。ランチの前にベンチにお寿司をおいて、そこで宿題を練習します。不思議なことにマーイアはそれを待っているようでした。暑い中なのに彼女は集中できるんです。彼女は私と宿題の練習をするのがとても楽しそうでした。

食事の後は、少し散歩します。ダム湖は久しぶりに並々と水をたたえています。前日まで土砂降りにうんざりしていましたが、やはり雨はふってもらわないといけませんね。

今日もまたマーイアの視線を感じます。“どこ行くの?”“いつ?”“練習する?”それに負けて、エアデールパークへ連れて行って練習をしました。最近、練習のためにエアデールパークへ行くときはリードは外さないで、練習が終わったらそのまま帰ってきます。次にテンコーも連れて行きました。テンコーは何となく無難にこなせるのですが、マーイアほどの集中力がなく、少し冷めています。
さあ、こんなに性格の違うこのふたり、これからもますます楽しませてくれそうです。

初対面???

パーマリンク 2009/05/18 22:08:22 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家の唯一の男の子ウィローとその娘テンコーは、未だに一度も会ったことがありませんでした。会ったことがないというのは、ちょっと間違っていますが、要するにフリーでいっしょになったことがないのです。家の中でも必ず分けられていて、顔を見るのはいつも柵越しです。そのせいかテンコーはウィローが絶対に近づいてこないことが分かっているので、ウィローに対してけんか腰の態度を取っています。

なぜこんな事になっているかというと、それはウィローに前科があるからです。今いる女の子のうちテンコーをのぞいて、みんなウィローに噛まれた経験があります。こうやって書くと、ウィローが極悪犬に思われそうなので少し弁解します。ウィローは確かに犬づきあいの悪い犬です。でも、家族の中でいつも我慢しているのはウィローです。メイプルやダイアンに吠えられても、いっしょうけんめい逆らわないようにしているのが分かります。ところがいったん火が付いてケンカにでもなろうものなら、どうしたって男の子なので力もあり、結果的に他の女の子がやられちゃった、という具合になってしまうのです。ケンカになっても私たちに叱られると、すぐにウィローはあきらめるのですが、加減をすることが下手なのか、女の子たちに怪我をさせるときがあるのです。そのため私たちもついつい慎重になっていたのでした。

メイプルが一番ウィローとは仲良くしていましたが、最近では自分が弱ってきたせいかウィローのそばにいることをあまり好みません。ダイアンは年が半年しか離れていないせいか、仔犬の頃から衝突も多く一時は完全に離していましたが、最近ではまた時々一緒にいます。マーイアが一番上手にウィローとつきあっているようです。たまにガッーとやられそうになると、恐ろしく大げさな悲鳴をあげて逃げたりしていますが、すぐにまた自分から近づいています。

そんな状況の中、今日は一つ勇気を出して(私が)ウィローとテンコーを庭で一緒にしてみることにしました。なぜならテンコーは今シーズン中なので、たとえテンコーがケンカを仕掛けてきたとしても、ウィローがそれを買うはずがないからです。

庭にメイプル、ダイアン、テンコーがいました。カーテンを開けたリビングの向こう側にはテンコーがデッキの上にいてこちらを見ています。ウィローが窓に近づきました。まさかウィローが出てくるはずはないと信じているテンコーが、ウィローを見て一瞬構えました。私は間髪を入れず窓を開けウィローを外に出しました。
テンコーのビックリした様子が分かります。ダイアンも飛んできました。でも少し興奮したウィローに腰が引けています。ウィローはすぐにテンコーのお尻の匂いをかいて求愛行動に出ます。
もちろん父娘ですから過ちのないように私も外に出て一緒に見ています。実際シーズンもそろそろ終わりで、もう一番いい時期は過ぎたと思ったので実行したことですが、どうやらまだまだのようでした。
テンコーは上手にかわしながら、庭を走ってウィローの追いかけてくるのを待っています。ふたりとも追いかけては逃げられ、逃げられては追いかけています。案の定、何ともなくうまくやっています。(当たり前ですが・・・)
メイプルとダイアンはシラッーとして、彼らを遠巻きに眺めながら固まって座っていました。こういったときに間に入ることは危険だと承知しているからです。ダイアンは困惑した表情で私を見つめます。
“いったいどうするの?”

しばらく様子を見ていました。過ちが起きるほどの状況ではありませんが、たしかにダイアンもメイプルも外にいるので、うまくいかなくてイライラしたウィローがふたりに当たっても困りますから、上手にテンコーだけを家の中に入れて、今日のご対面を終了させました。ふたりが仲良くしているツーショットの写真が撮れそうでしたが、あいにくカメラも家の中で、それを取りに行くことができなかったのが残念でした。
テンコーと入れ替わりにマーイアが登場しましたが、ウィローは疲れた様子で他には何も関心がなく、外にいる4頭の間にはしらけた空気だけが流れていました。

熊が出た!

パーマリンク 2009/05/17 20:17:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

夕方、スピーカーから恵那市の広報からの声が聞こえてきました。
恵那市のどの家庭にも市からの連絡が入るスピーカーが設置されています。我が家はそれがワンコの部屋についているので、聞こうとしないと聞き逃します。それほど重要じゃないことも流れてきますから、いつもはあまり気にしていませんが、昨日から雨が降り続いているので、土砂崩れとかそんな情報かもしれないと思い、聞き耳を立てました。
“山岡町の明智鉄道沿いに子熊が目撃されたので、外出の際は気をつけてください”という内容でした。

子熊がこの雨の中で母熊からはぐれてしまったのだろうか?それとも影に母熊は隠れていたのだろうか?かわいそうには思うものの、近くには来ないでと願うばかりです。
このところあまり熊の情報はなかったので、ちょっと安心していましたが、たしかにもう冬眠から覚めてどこかで活動しているんですよね。昨年の秋はドングリがすごくたくさん落ちていましたが、今頃は何を食べているんでしょうか?

さて、我が家のワンコたちは雨の中退屈な一日を過ごしました。テンコーはトリミングされたので、退屈ではなかったと思いますが。
トリミングのご褒美とつまらなそうなワンコたちのために、チョーとっておきのおもちゃを出して遊んでやりました。
おもちゃは全部わたしのもの、とテンコーが独り占めします。サイコロ型の箱の中には4つのピーピーなるボールが入っています。

ダイアンも青いボールを取りましたが、めったに出てこないおもちゃですから、この箱の中身はなんだろう?と興味津々。

ようやくテンコーから箱を取ることができました。テンコーは上手に中からボールを出しますが、ダイアンはなかなか取れません。このあと、箱ごとブルンブルン振り回して中のボールを落とそうとします。

次にマーイアです。彼女は箱から取り出す行為よりも、集中的にひとつをくわえて壊そうとします。私に箱を取られないように、自分の身体で押さえています。壊されないうちに終わりにしましょう。

特別な意味

パーマリンク 2009/05/16 18:35:34 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 海外の友人たち

“○○は特別・・・”
気づいてみると、どの子にも同じようにこう言っています。5頭いれば5頭とも私たちにとっては特別な存在で、特別である意味があります。

“メイプルは特別”
イギリスのジェイドルド犬舎が初めて日本に出した子がメイプルです。ジェイドルドのアレインとマーチン夫妻は私たちの初めてのイギリス人の友達です。私たちのことを信頼して、世界の西の果てへ大事な仔犬を送った気持ちはいかばかりだったかと思うと、感謝の念に堪えません。
だからメイプルは特別なんです。

“ウィローは特別”
同じくイギリスのロブロイド犬舎が日本に出した最初で最後の犬がウィローです。私たちはトムとジャネット夫妻が自信を持って日本に送ることのできる犬が生まれるまで、1年半以上待っていました。そしてウィローが日本に来る前には、私はジャネットといくつか約束を交わしました。もちろん今でもその約束は生きています。
だからウィローは特別なんです。

このふたりは私たちに同時にすばらしい友人関係をもたらし、これまでも、そして今後もこの信頼関係は変わることがないでしょう。

“マーイアは特別”
以前も書いたように彼女は4年前の5月1日にたった150gという小さな身体で生まれてきました。それでも生命力にあふれ、病気一つすることなく今日までがんばってきました。
だからマーイアは特別なんです。

“テンコーは特別”
そう、テンコーも奇跡の元に生まれた子です。あのダイアンの難産の中で、たったひとり正常分娩で生まれてきたのがテンコーでした。彼女は2番目に出てきた子だったので、その時まだ悲劇は始まったばかりでした。あとで考えると、どうして彼女だけが無事に生まれたか分からないほどの惨状がその後起きました。
だからテンコーは特別なんです。

“ダイアンは特別”
彼女のことが一番最後になってしまいました。ダイアンはメイプルの初めての出産の時にとても健やかに生まれました。その後も順調に育ち、何一つ問題もなく、平々凡々とした犬生を歩んでいました。
ところが、彼女が5歳の時、深刻な問題が起こりました。ある日、彼女は下痢をして激しくもどしました。獣医へ連れて行って色々と調べましたが、よくわからずとにかく薬を飲ませることになりました。その後はひどい症状は改善されたものの、それは単に食事をほとんどしなくなったためでした。元気のない毎日で、私たちはあの手この手で何かを食べさせようとしましたが、受け付けませんでした。1週間近くそんな日が続き、もう限界でした。絶対に何か重大なことがあると思い、獣医と相談してバリウムを飲ませてレントゲンを撮り、そして開腹手術をした結果、腸に大きなゴムの固まりが見つかりました。おもちゃをかじって飲んだものでした。それもずいぶん前から胃の中にあり、それが腸に降りてつまってしまったようでした。

そして約1年後、今度は難産でした。彼女の同胎の姉妹たちもちょうど少し前に出産しており、ダイアンより小柄な彼女たちがみんな正常な出産でしたので、ダイアンが難産になることなど考えることもできませんでした。
それは、長い長い一日でした。今でもこの様子を書き表す気にもなれない恐ろしい出産でした。
その時に痛くて、苦しくて、獣医に行っても私にしがみついて我慢したダイアンを思い出すと、今でも胸が痛くなります。

元気で丈夫だったダイアンが2度も辛い思いをして、手術をしなければならなかったことは、本当にかわいそうなことでした。
だからダイアンは特別なんです。

我慢できるウィローが我慢できない日々

パーマリンク 2009/05/15 21:39:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ウィローはとても我慢強い、と言うよりも私たちがウィローに我慢を強いる時が間々あります。
それは彼が打たれ強いというか、シュンとなるようなことがあまりないからかもしれません。
今週ウィローのトリミングをしたとき、終わってからのご褒美のお出かけは暑かったので取りやめ、次の日にパン屋へ出かけたときには車に乗せて連れて行ったけど、どこにも降りず、ウィローにとってはただのドライブ。
そんなウィローを朝一番で愛知県の獣医まで予防注射のために連れて行きました。どこへ行くかも知らず、天にも昇るようなハイテンションで車に乗り込みました。例え獣医で注射を打たれようが、とにかく私と一緒に出かけるのは彼にとっては最高の出来事、と言わんばかりの姿を見ていると本当に健気です。

獣医へ行った帰りにはお約束の公園での散歩。獣医の近くの朝宮公園です。野球場や競技場、児童公園などがあります。

芝生広場もかなり広々として、お年寄りもたくさん散歩に来ています。30分ほどブラブラして帰りました。

車の中でもとても静かに乗っています。これってテンコーそっくり、いやテンコーがウィローそっくりと言うべきでしょうか。ただ違いは、車の中で留守番させられるときがウィローは我慢できないんですね。駐車場で“ウオオー”とないたりしますから恥ずかしい思いをします。ところがなぜか、今日もたくさん寄り道しましたが、今日は静かに待っていることができました。

ご機嫌で帰ってきたウィローでしたが、家に帰ったとたん我慢できないことが待っていました。
それは、テンコーのシーズンが一番いいところに来てしまっているのです。その間だいたい4,5日ですが、ウィローにとっては辛い日です。“ピーピー”と少々耳に付く嫌ななき声がしばらくは続くでしょう。

薫風

パーマリンク 2009/05/14 21:07:03 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

風薫る5月、文字通り若葉の匂いがそこら中から風に乗ってやってきます。
こんなさわやかな日は、実は家の中はかなり寒かったりします。
ワンコたちと一緒に庭に出て花を見たり、草をむしったりするのがふさわしい日かもしれません。

私はあまり園芸が上手ではなくて、可愛い花で玄関周りを飾るとか、色々な花を増やすとかができません。海外から友達を迎えるときは、にわかに色々な鉢を買ってきて玄関に並べたりするのが精一杯です。
家の周りのたくさんの庭木を剪定するのはもっぱら夫の役目。私はただ眺めるだけです。
ここは冬が寒いので、それを越せることができる植物も限られてきます。それでも我が家に根付いてくれた植物が花を咲かせる時期が来ました。

この辺りは今山藤がとてもきれいです。大きな木に張って花を咲かせるので、上を向いていないと気づかなかったりしますが、山のあちらこちらにこの山藤が咲いています。これはうちの木ではありませんが、家の前にある大きな杉の木に白と紫の2種類の山藤が咲いています。写真が小さくてよく分かりませんが、想像してください。

ここに越してきたとき、土地を整地したので木はほとんど刈ってあり、家を建てた後も当初はフェンスの外はセイタカアワダチソウのような雑草が多い茂っていました。庭の南側のちょうど夏に陽が良く当たるところにも、木陰ひとつなく殺伐としていました。それが数年間の間にどこからか飛んできた種が芽を出したのか、少しずつ木が生えて、その中で気に入ったものを残しました。これは図鑑で調べたらウワズミザクラと出ていました(自信ありませんが)。
この木が作る木陰は今では無くてはならないものとなりました。

花が咲いたのはちょうどゴールデンウィークの頃で、こんな花が咲きました。

裏山の方には高い木が多く、花が咲いても見上げないと気づきません。調べたらヤマズミのようでした。山の木に咲く花は決して豪華ではありませんが、見ていてあきない美しさを持っています。

玄関脇にあるのはモッコウバラです。これはしっかり根付くのにかなりの年数がかかりましたが、昨年あたりからはとてもきれいに咲くようになりました。

斜面にはあちらこちらにイチハツが植えられています。鮮やかな紫色がきれいで目立っていいのですが、すぐにバタッと倒れてしまうのが残念です。切り花にして部屋の中に飾ろうと思いながら、思うだけでそろそろ終わりに近づいてしまいました。

このフクリンツルニチニチソウはワンコたちも走る庭の中に植えられています。これはかなり丈夫で、切っても切ってもまた出てきます。ウィローがもしかしたらこの上で片足をあげることもあるかもしれません。

このウノハナも同じくワンコたちが走る庭の中にあります。花が満開になると、ハチも寄ってくるようになり、ワンコたちはそのハチを追いかけて遊んでいます。

フェンスの中でワンコたちと場所を共有している植物は、踏まれたり、かじられたり、はたまた足を上げられたりするので、丈夫なものではないと生き残れません。ずいぶんダメになってしまったものも多くありました。それでもこうやって美しい姿を見せてくれるのはとても嬉しいです。

3頭はむずかしい?

朝からメイプル(10歳9ヶ月)、娘のダイアン(7歳9ヶ月)、そしてダイアンの娘テンコー(3歳1ヶ月)をエアデールパークへ連れて行きました。昨夜降った雨でまだ土のところは濡れていますが、一面に敷いたこまかい砂利の上はほとんど乾いています。たまに風が吹くと、木の葉っぱの上にたまった雨がパラパラと音を立てて落ちてきます。
今日はメイプルもとても元気そうで、気持ちよさそうにパークの中をうろうろしています。早速、先日作ったデッキの上に座らせました。少し木が濡れているせいで、写真を撮ったらすぐに降りてしまいました。もう一つのデッキも完成したら、きれいに色も塗って、そこにちょっとタオルでも敷いてやりましょう。きっとお気に入りの場所になるでしょう。

メイプルがいるせいか、ダイアンもテンコーも走り回って遊ぶという気分ではなさそうです。何となく3頭が私についてうろうろしています。ところが、テンコーは少しずつ離れて向こうへ行きました。メイプルとダイアンの間に入れない感じです。

ダイアンはメイプルをとても気遣っています。そばでご機嫌を取りながら寄り添っています。

テンコーが近づいてきました。でもダイアンが必ずふたりの間に入ってくるので、テンコーは何だかひとりぼっちって感じです。

こんな光景を見て、レインボーブリッジにいるペリ、レッド、ラフティを思い出しました。レッドとラフティは父親違いの姉妹でしたが、ちょうど今ここにいる3頭と同じような年の差でした。彼女たちも仲良しでしたが、やはりペリとレッドの親子が絆が強すぎて、ラフティはこのふたりの間に入れない感じでした。そのせいかラフティは私たちのそばにいるのをより好むようになっていました。テンコーを見ていたら、ラフティの姿と重なりました。テンコーもたぶんダイアンたちといるよりも、私たちのそばにいる方が気分が落ち着くでしょう。ただ、ラフティの時は私たちにベッタリできる状況でしたが、今のテンコーは生まれたときから他にもウィローやマーイアがいて、私たちを独り占めすることなどとうてい無理なので、何だか哀れな気がしてきました。

これからが・・・

パーマリンク 2009/05/12 21:17:37 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

これからが、ここに住んでいてよかったと思う季節です。
我が家のあるところは標高が500mほどですから、それほど高いわけではありませんが、山の中のせいかとても涼しいんです。町の方と比べたら5度は低いでしょう。これはほとんど1年中そうですから、冬はそれだけ寒いということです。
真夏になって町の方が37度とかになれば、ここだって32度はあるわけですからそれは暑いです。でもそんな日は町に比べたらそれほど多いわけではなく、時間帯も短いので全然違います。そして、どんなに暑い日でも日陰はそれなりに涼しく、家の中が朝から暑くて暑くてなんてことは、まず滅多になく、暑くなるのは午後からです。
だからここに越してきて我が家には扇風機が増えました。これがちょうどよくて活躍しています。家中の窓を開け放して扇風機を使えば、それだけでだいたいの暑さはしのげます。どうしてもクーラーが欲しいのはひと夏に10日間ぐらい、それも午後から日が暮れるまでです。私にとってはワンコたちがクーラーをつける一つの指針となります。彼らが家の中でもハアハアやり出したら、つけた方がいいかもしれません。
こんな生活は愛知県に住んでいた頃には考えられないことでした。一日中クーラー全開にしても、その下でワンコたちはハアハア言っていました。彼らにとっては今の生活は本当に贅沢なものだと思います。

この2,3日は暑くなりましたが、まだ雨が降ったりするとファンヒーターが必要なときもあるので、今はファンヒーターと扇風機がいっしょに置いてあります。
こんな今のような時期に犬を連れて出るのは一番迷うときでもあります。昨日中津川へ用事があったので、ダイアンを連れて出かけました。午前11時を過ぎていましたが、我が家が涼しかったので、まだそれほど暑くないと思っていたのは大間違い。途中で阿木川ダムへ寄りましたが、相当な暑さになっていました。ほとんど日陰もないので、陽の当たるところをずっと歩いていました。

この阿木川ダムはロックフィルダムですが、これが遠くから見ると急斜面に見えますが、近くで見るととても傾斜が緩いんです。これは真上から見たところです。

こちらの少し横から見た方がわかりやすいかもしれません。これが岩や石でできているだけあって、ところどころに草が生え始めました。どうやって草むしりをするのか、知りたいのですが、いつももっと草だらけになると、次にはいつのまにかきれいになっています。斜面を降りて作業するにはちょっと恐ろしい気がしますが、でもたぶんそうやってするんだと思います。

途中で帰ろうとダイアンに言ったのに、ダイアンは意地を張って歩いていました。でも、ほら、もうそろそろギブアップのようです。駐車場までちゃんと歩いてよ!

このあと、中津川のアピタで上の屋内駐車場に車を止めて、ダイアンに少し買い物の間待っていてもらいました。暑さを心配していましたが、やはり屋内駐車場はまだ涼しかったので、ホッとしました。これからはだんだん買い物のお供にワンコを連れてくるのが難しくなり残念です。

最近のアッサム

パーマリンク 2009/05/11 21:28:40 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

今日は昨日のタピオに続きテンコーの息子の話です。
我が家のいる頃は首に黄色に丸を付けたリボンを付けていたアッサム、彼のお母さんからメールと写真が届きました。
許可をいただきましたのでご紹介します。
********************************
さてわんぱくアッサムですが、毎日元気に遊んでいます。家族を、友達、妹、お母さん、としっかり区別して接してきます。孫とはおもちゃの取り合い、息子とはプロレス、娘とはお勉強などなど。

車に慣れるようになるべく連れて歩いてますが、3度程吐かれました。とにかく別人?いや別犬のようにおとなしく、目が合うと『お願いもう帰ろう、、』てな具合です。
もちろん車に乗せる時も『僕は行かなーい!!』と踏ん張ります。最近少し長い時間でも耐えられるようにはなりましたが。よく岐阜から頑張って茨城まで来たと思いました。

先日ドックランデビューしました。最初はアッサムだけだったのでもうルンルン、ビュンビュンよろこんでいましたが、いっきに7頭位のチビッちゃいのと、スタンダードプードル、ラブなどやって来たらもう大変。ベンチの下にもぐり出てきません。だんだんには慣れてきましたが、あまり近くへは行きません。最後に4頭のアメリカンコッカースパニエルに襲撃され泣きそうになり、帰ってきました。
2度目は入り口の前でヤダ-!!と踏ん張ってました。その襲撃したやつらがいたからです。
離れて少し遊んできました。人には誰にでも懐くのにな~?

2日前にアッサムの部屋を大きくしました。気持ち良さそうに大の字になり、ひっくり返って寝ています。ついでに孫も遊ぼ~、とおじゃましたり。

ではまた~。

タピオのゴールデンウェーク

パーマリンク 2009/05/10 20:29:16 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

北海道に住むテンコーの息子タピオのお母さんからメールが来ました。
生後4ヶ月を過ぎたタピオのゴールデンウェークの出来事を写真と共に知らせてくれました。猫のKazと仲良く(?)やっているようです。最後の写真のキッピスはもうすぐ12歳です。ボディも黒々として若々しい感じがします。許可をいただいたので紹介します。

Tapio「ねぇ、ねぇ、カッちゃーん、遊ぼうよぉぉぉ!!」

Kaz「うるっさいなぁ!寝てんだろーがー!」 
Tapio「うわっ!」

Kaz「ねー、何やってんの?」 Tapio「トリミングぅぅ」

Kaz「ふーん。エアデールって大変だね。」 
Tapio「もうすぐ終わるから、待ってて!」 Kaz「ん、わかった。」

疲れてぐっすり。Kippisのムートン、仲良く半分こ。

パーマリンク 2009/05/09 20:57:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝からいい天気。今日のお休みはのんびりできるかな?と思うと、何かやることが次から次へとわいてくるのが我が家です。
朝からメイプルとウィローのふたりを連れて近所を散歩。ここまで来たらUターンです。ウィローはもっと行きたいのですが、メイプルにお付き合いしてあきらめてもらいます。

「ふたりで並んで座って。写真取るよ」「くっつくのイヤだ」ふたりとも離れて座ります。

帰りにエアデールパークへ。また少し草取りやら汚い葉っぱを片付けなければなりません。メイプルは疲れたようなので、家に連れ帰って代わりにマーイアを連れてきました。マーイアはいっしょに働いている気分であちらこちらへついて回ります。

さあ、今度は庭や外回りのそうじを夫がします。庭にはダイアンとテンコーが夫のお付き合いをしています。その間に私は山のような洗濯を干します。冬物でまだ洗っていなかった物もあるので、すごい量です。ベランダで洗濯を干していると、マーイアも来ました。
「お洗濯干すの手伝おうか?」「マーちゃん、なんにも触らないで!」マーイアはベランダから下のダイアンたちをのぞき込んでいます。

ここまでで今日の主な仕事は終わりのはずでした。でも予定が変わりました。実は前からワンコたちのために、エアデールパークにデッキのような休める場所を作ってやりたいと思っていました。近所からパレットをいただいたので、これを利用して作ることにしました。森林組合で足らない材料を調達して作業開始です。

またまたお付き合いにはダイアンとテンコーが連れてこられました。初めは楽しそうなダイアンでした。

いつまでたっても作業は終わらないので、テンコーも少し飽きてきました。
「早く帰ろう」ふたりとも言い出し始めました。でも夫はまだ作っています。

結局今日のところは一つはほとんどできあがりました。二つ作るつもりです。色を塗ってきれいにできたら写真を撮って披露しましょう。

ピンチヒッター、マーイア

パーマリンク 2009/05/08 21:50:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

いつのまにまたマーイアは2階に上がっていったのだろうか?
あー、きっと私がダイアンとテンコーと一緒に庭にいるときだろう。
私は寝室のベッドの横にあるマーイアのケージいっぱいに散らばっている綿のような残骸を見つめながら考えていました。でも、そんなに長い時間じゃありません。
私が庭に出たとたん、2階に駆け上がりゲストルームを開けて入り、羊のぬいぐるみを持ち出して、自分のケージの中でバラバラにしているマーイアが浮かんできました。

そんなマーイアを今日はテンコーのピンチヒッターとして、犬の学校へ連れて行きました。テンコーがちょうどシーズン中であり、天気も悪かったので今日はお休みするつもりでした。ところが、朝天気も回復してグランドコンディションも大丈夫とのことだったので、急遽マーイアを連れて行ったのでした。

ところで、私が出かける準備をすると、今日は一斉にみんなが期待して大騒ぎをし始めました。そうです、連休中誰もがあちらこちらに連れて行ってもらったので、みんなの気持ちの中で「今日もわたし!」と期待感がふくらんだに違いありません。こんな時に1頭だけ連れて出るのは、後ろ髪を引かれるものですが、これだけは割り切るしかありません。どんなにがんばったって5頭をいっしょに連れて行く事なんてできないのですから。

さて、学校ではマーイアはとても良い子。意欲満々のところを見せ、先生からもいっぱい褒められました。私はテンコーよりも大変だろうと思っていましたが、それがとてもやりやすく、おかげで私もたくさん練習できました。ピンチヒッターどころか、先生から“今度はテンコーとマーイアとふたり連れてきたら?”なんて言われてしまいました。

1時間みっちり動き回っていたマーイアは、本当に嬉しそうでした。帰りに小里川ダムに寄り、ランチを買って持っていきました。
今日のダムはこの角度からです。

学校でもたくさん水を飲みましたが、またここでもいっぱい飲みました。普段は外に出るとあまり水は飲みたがらないのですが、さすがによく動いたからでしょう。

そして、ランチを食べた後もまたダムの上を散歩。疲れたからなのか、練習してきたからなのか、とてもお利口でした。褒められ通しの今日はとってもいい顔です。

朝、ぬいぐるみを壊したことは忘れることにしましょう。

赤いクマが消えた

パーマリンク 2009/05/07 21:03:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

数年前アメリカへ行ったとき、友達のナンシーが赤い小さなクマのぬいぐるみをくれました。私はそれを2階のゲストルームの机に飾っていました。そのクマが消えました。犯人は分かっています。マーイアしかいません。彼女だけがその部屋に自由に出入りできるからです。

クラブの人たちと話をすると、自分で自由にドアを開けることができる犬が多いことに驚きます。ドアノブを下へ押して開けるタイプのものだけでなく、回すものまで開けることができる犬がいます。
我が家の歴代ワンコの中では唯一2番目のエアデールのレッドだけが前足でドアノブを下へ押して、ドアに体重をかけて開けることができました。ドアを引くことはできませんから、反対側からは開けることはできませんでした。しかし、現在いるワンコたちの中では、残念ながらというか、よかったというべきか、誰も前足を使ってドアを開けることはできません。ただマーイアだけは頭を使って(考えてと言う意味ではなく、文字通り頭でコンコンと押して)ある特定のドアやケージを開けてしまうことができるのです。

家の中でマーイアの開けることのできる部屋は、その2階のゲストルームだけです。たぶん初めは偶然だったのに違いありません。とりあえず頭で押してみたらドアが開いて、そこには大好きなぬいぐるみなどがあって、楽しかったのでしょう。それ以来、彼女は2階へ行くとその部屋をさっさと開けてイタズラをしようとします。そのドアは、いくら私たちがきちんと閉めて確認しても、マーイアの頭のひと突きでスッと開いてしまいます。試しに鍵をかけてもなぜか同じです。防ぐ方法はただ一つ、マーイアをひとりで2階に行かせない、これだけです。

今月1日に4歳になったマーイアですが、今でもそのイタズラぶりは仔犬の時とほとんど変わりません。スリッパをくわえて持って行きバラバラにする(今朝も一つやられました)、テーブルの上から何かを引きずり下ろし、持って行く。メイプルも食べ物が絡んだイタズラなら10歳を過ぎた今でもしていますが、4歳にもなってただ物を壊したりする子は、今まででマーイアだけです。
家の中で「マーーーイア!!!!」という叫び声が聞こえたら、そこには無惨に壊れた何かが転げ落ちているのです。
もしマーイアが何かくわえるのを見たら、すぐさま捕まえなければなりません。瞬時に壊される前にです。だから、彼女にはいつも首輪を付けておく必要があります。何しろ逃げ足も早いのです。

でもいったん捕まって、私たちの手が口にくわえている物に触れると、彼女はすぐにあきらめてポトッと口から離します。どんなに欲しい物でもです。
だから、いっぱいイタズラしても、それがまた可愛かったりするので困ったものです。

家の中にはまだ赤い残骸はどこにも見あたりません。クマは今のところ無事のようですが、はたしてどこへ行ったのか?

連休最後の日

パーマリンク 2009/05/06 19:56:10 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家も夫の連休は今日が最後です。
朝から降りしきる雨を見つめながら、「最後なのに・・・あーあ、どこにも行けない・・・」とつぶやきます。特にどこかへ行く予定があったわけではありませんが、きっと晴れていたらやっぱりどこかへ出かけたでしょう。今日は日本中の多くの家庭で、きっとこんな光景が見られたに違いありません。

こんな日は、ワンコたちのトリミングをするのに限ります。メイプルは少しぞろっとしていて、よけいに元気がなくてみすぼらしい感じがするので、まず一番にメイプルのトリミングです。昨夜からご飯もよく食べて結構元気ですが、長い時間トリミングするのはかわいそうなので、夫と私とふたりでしました。午後からはモコモコになったダイアンの番です。ふたりでやるとやっぱり早いです。ちょうどダイアンも終わった頃には少し雨が上がりました。
せっかくなので、メイプルとダイアンをトリミングのご褒美に、恵那峡まで連れて出かけることにしました。

ここには大きな藤棚があってちょうど藤の花が満開だと先日テレビで見たばかりでした。でも、藤の花は昨日からの雨でたくさん落ちてしまい、もう終わりそうでした。

今日はメイプルとダイアンの親子です。両方ともそれぞれマーイアとテンコーという娘がいるので、最近ではこの組み合わせで出かけることは珍しいかもしれません。ふたりともさっぱりときれいになりました。ワンコたちは鏡を見るわけではありませんが、私たちが「きれいだね、可愛くなったね」を連発するので、きっといい気分になっていることでしょう。

せっかく来たのにまたまた雨が降り出しましたので、帰ることにしました。


今日の夜もメイプルはしっかりご飯を食べました。少し元気が出てきたかな??

親子3頭で散歩

パーマリンク 2009/05/05 20:56:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

メイプルの調子は何となく芳しくありません。かといって、すこぶる悪いというほどでもありません。そのため私たちは、メイプルが朝の散歩でよく歩いたとか、ごはんの食べ方が悪かったとか、ごはんの催促をしなかったとか、彼女のちょっとした行動によって一喜一憂する毎日です。
彼女の食事は最近野菜入りのおじやを主体にしていますが、昨夜はごはんの支度中も側に来ることもなく、少し元気がなさそうでしたので、フードを入れずにおじやのみにしました。すると、器の中のおじやを半分ほど残しました。
今朝は夫が散歩に連れて行っても、すぐに戻ってきてしまいましたが、ドッグフードをやるとしっかり食べたのです。

そして、ウィローとマーイアを散歩に連れて行こうとしたら、いっしょに行きたがったので、今日は3頭を連れて小里川ダムまで行ってきました。私たちは3頭を一緒に散歩に連れて行くということはほとんどありませんから、もしかしたらこの親子3頭で散歩に来たのは初めてのことかもしれません。メイプルはゆっくりですが、ウィローと一緒にがんばって歩いています。

マーイアとメイプルです。メイプルはダムを渡ってきたら、少し疲れたようです。

みんなでダムの真ん中のベンチがあるところで休憩します。
「メイプル、大丈夫か? 元気出せよ!」

雨がポツポツしたので、帰ることにしました。今日は帰りに標識で見たことのあるか“イワクラの森”へちょっと回ってみることにしました。町内にあるところなのですが、未だに行ったことがありません。狭い山道を登ってたどり着いたところは“田沢ダム”でした。
「だーれも来ない」ような静かなところで、イワクラの森はここから遊歩道で900m行ったところが入り口だと書いてありました。今日はメイプルもいますし、雨も降ってきたのでここで引き返しました。


山を降りると、今度は“イワクラ公園”へ行ってみました。そんなに大きくはありませんが、きれいに整備されています。雨が降っていなければ園内の遊歩道をのんびり歩けそうでした。
まだまだ近くにもこんなに知らないところがあるなんて驚きでした。また今度来てみましょう。

今晩メイプルはごはんの支度中に横でギャンギャン催促し、もらったご飯はあっという間にガツガツ食べてしまいました。いつもは我慢のできないメイプルを叱りながら支度をしていましたが、最近はこれが彼女の元気のバロメーターになっている感じです。

亀崎潮干祭

パーマリンク 2009/05/04 21:17:12 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 私のお気に入り

こんにちは、今日はわたしテンコーがおしゃべりします。
わたしの弟ベリアーが住む愛知県半田市にお祭りを見に行ってきました。亀崎潮干祭ってとってもにぎやかなお祭りです。わたしが連れてきてもらったのは今日で2回目。前行ったときも人が多くてビックリ。それにそこら中においしい匂いが漂っているの。
さあ、今日も楽しみだわ。

それにしてもすごい人!わたしはどうやって歩いていいかわかんない。前が全然見えないよー。見えるのは人の足ばっかり。突然止まったと思ったら、動かなくなっちゃった。しばらくすると大きな山車が動き始め、そのあとからみんなの足も動き出しました。

山車について海の方へ行くと、あっ、ベリアーのおじさんがいた。

浜辺は広くて足の壁から逃れられたと思ったら、あちらこちらにわたしの嫌いなワンコがいる。ワンコたちから離れて、お父さんと静かな場所へ避難しました。

お母さんとベリアーのおばさんは浜辺で山車が5台曳き下ろしするのを見ていました。あんなに混んでるのに何が面白いのかなあ??

いつもはこのあと山車が神社前で曳き回されるのも全部見るんだけど、今日はもう帰ることにしました。
なぜか、ここへ来ると子どもたちがいっぱいで、結構わたし人気者なの。みんな寄ってきて触ってくれるけど、中にはポコンと頭たたく子もいるのよ。でも怒ったりしないわ。

帰る前にベリアーのおじさんにさよならを言いに行きました。なんか今日のおじさんいつもと違っていて、少し変な感じがしました。

ベリアーのお家に帰ってから、車に乗って帰りました。ベリアーと全然遊べなかったけど、また今度はうちへ遊びにおいでね。

エアデールの仔犬を見に

パーマリンク 2009/05/03 21:16:04 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り, ブリーディング

名古屋の友人の仔犬を見に行くついでに、彼らの近所に最近オープンした「MOZO」ワンダーシティに行ってきました。ここにL.L.Beanが入ったので、楽しみにしていました。L.L.Beanは夫も私もお気に入りの一つですが、名古屋には店舗がなく(ずっと以前にはありましたが)、東京か大阪でしか見ることができませんでした。これからはここならちょこちょこ見に行けそうです。
さすがに「MOZO」はオープンしたばかりなのですごい人です。12時前にレストラン街へ行きましたが、すでにどこもかも30分以上待たなければなりませんでした。でもちょっと気になるお店が何軒かあったので、また今度来てみたいです。


ようやく食事もすんで、友人のところへ行きました。玄関を開けると、そこにはテットリーとグラウカがお出迎えです。テットリーはうちのメイプルの息子、そしてグラウカはイギリスサレドン犬舎から来た女の子です。
2月2日に彼らの仔犬が生まれてから、私たちは2回目の訪問です。ちょうど、新しいお家に行った子も遊びに来ていて、リビングには3頭の子犬が遊んでいました。
1頭はジェリカという名前で、友人のところの3頭目のエアデールとなりました。あと1頭はまだ新しい飼い主さんが決まっていません。とても可愛くて、首抜けの良い美しい子です。友人は彼女にミシアと言う名前を付けました。


ミシアも甘えん坊で、人間のお母さんに抱っこされるのが大好き。今日は、トリミングをして耳のセットをしました。この時期になると、エアデールの仔犬たちはみんな耳のセットをしてもらいます。


いつもこうやってジェリカとふたりで仲良く遊んでいるそうです。


ミシアの飼い主さんを募集中です。友人はふたりともとても可愛がっていて、何が何でもとことん可愛がってくれる方に譲りたいと言っています。
興味のある方は、atcj_info@ybb.ne.jpまでメールください。

マーイア4歳のお誕生日おめでとう!

パーマリンク 2009/05/01 22:04:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

マーイア、ブレッド、4歳の誕生日おめでとう!
あの小さい小さいマーイアが4歳になりました。一緒に生まれた兄弟はただひとり男の子のブレッド。マーイアが生まれたとき、彼女はたった150g、ブレッドの半分でした。私たちにとって、1回に2頭しか生まれなかった繁殖も初めてなら、150gの仔犬も初めてのことでした。マーイアは3日間私たちの手の中で生きて命を繋ぎました。私たちの願いはただ一つ、生きていて欲しい。そうして彼女はメイプルの末っ子として、私たちとメイプルにずっと守られて大きくなりました。今でも彼女は赤ちゃんのような気がします。だから思わずこう言ってしまうのです。
「よくがんばって大きくなったね!」

お誕生日だけど、マーイアにとってはあまり楽しくない日だったかもしれません。今日は、一日テンコーの仔犬たちアポロ、マーカス、カノンが遊びに来ていました。
ご飯はちょっとだけお誕生日らしいかな。いつもの野菜がたっぷりとフードの上に、いつもよりたくさんの牛肉のトッピングと大きなささみが一つ。プレゼントはまたいつかどこかに連れて行くから、楽しみにしてね。

こんにちは!アポロ。いつも元気だね。


カノンはやっぱりお母さんが好き。あとについて何でも真似します。


マーカスは来る途中で車の中でちょっぴり気持ち悪くなってしまいました。でも、すっかり元気になってカノンちゃんに興味いっぱい。

でも、やっぱり男同士で遊ぶ方が楽しい。アポロとマーカスは山の斜面を登ったり降りたり楽しそう。


今日は勉強会じゃないけど、やっぱりここに来るとトリミングされるのね。

皆さんが帰ってから、夕方ダイアンだけを連れて、阿木川ダムへ散歩に行きました。なぜ“ダイアンだけ”かって?
それはまた明日。

2009年5月
 << < 現在> >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     b2