アーカイブ: 2009年4月

家の仕事がいっぱい!

パーマリンク 2009/04/30 20:36:28 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

夫が休日の日は、それだけでワンコたちはみんなテンションが高く、朝からソワソワし出します。
昨日お出かけしたウィローとマーイアは今日も行きたがり、ダイアンとテンコーは今日こそ連れてってとアピールします。メイプルは今朝も自分だけ近所を散歩に連れて行ってもらったので、昨日のようにしらっーとした顔をしています。
しかし私たちだけが出かけるとなると、何となく「あー今日は行かないんだ」とあきらめ顔です。

午前中、あちらこちらで用事や買い物をすませ、家に帰るとワンコたちはまた大騒ぎ。「どこ行ってたの?」「天気いいのにつまんないよ~」「早く遊ぼう!」などなどそれぞれ好き勝手なことを言っているようです。
午後から夫は車のワックスがけに、草刈り、私は手で草取りです。ワンコたちはもう今日は出かけないことを知っていますが、外での仕事をするときはいっしょに参加している気分になっています。私はフェンスの中で草取りをしていますが、夫はフェンスの外での仕事です。夫があちらこちらへ動く度に犬たちもいっしょに走ります。

さんざん走り回ったダイアンはもうすっかりお疲れ。井戸の上で休憩です。この井戸はここへ越してきたとき、まだ水道が引かれていなかったので、1年間は我が家の大事な水源でした。1年後水道が引けるようになると、今では駐車場の蛇口からしか出てきません。ここに昔ながらの手動のポンプを付けたいと思っていますが、なかなか手が回りません。


テンコーもダイアンと一緒に走り回り休憩です。彼女はここの日陰が大好きです。


メイプルは早々に家の中に引き上げました。ダイアンとテンコーたちも家に入ると、今度はウィローとマーイアが外で私たちと一緒です。マーイアはほとんど休むことなく、あちらへこちらへと動き回ります。


ここへ来て初めて草刈機を手にした夫ですが、最近はとっても上手になりました。と言っても、地元の人が聞いたら“10年早い!”と言われそうです。何しろ地元の人は上手です。この辺りは皆さんよく草刈をしていて、斜面などは本当に短くて同じ長さに揃っていてとてもきれいです。やはり年季ですね。
私も自分の草刈機を持っています。私のは電動でもう2代目です。それも何回も修理に出しています。もっと草の勢いがよくなったら、手伝うことにしましょう。

連休が始まった/乗鞍高原

パーマリンク 2009/04/29 19:01:58 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, 私のお気に入り

今日から夫の連休が始まりました。どこ行っても混んでるからこんな時は家でワンコたちとのんびり過ごそう、と思っていましたが、天気予報を見るとやっぱりムズムズ・・・

というわけで、乗鞍高原へ行ってきました。今日のお供はウィローとマーイアの父と娘コンビでした。
朝、なぜか自分たちが今日は選ばれたと本能的に感じたマーイアは、喜びに震えて不思議な奇声をあげ、ウィローもグルグルと家の中で回ります。その中で朝一番にすでに家の近くを散歩に行ったメイプルはしらっ~とし、悔しさに地団駄踏んでいるようなダイアンとテンコーを残して、7時過ぎに出発しました。

乗鞍高原は我が家からは微妙な位置で、回ってでも高速を使った方がいいのか、直線的に国道から行った方がいいのか迷うところですが、今回はやはり高速道路1,000円の恩恵にあずかりたくて高速を使っていくことにしました。松本インターで降りて国道158号線へはいるルートです。高速はさすがに朝から多くの車が走っていました。特に中央道を長野方面に入ると車の多さを感じましたが、松本で降りた車はそうは多くはありませんでした。きっと長野の善光寺へ行く車も多かったのでしょう。上高地へ行く車で混んでいるかと思った国道158号線も意外に空いていました。
乗鞍高原まで3時間、まあまあ順調でした。

乗鞍高原は私たちの一番のお気に入りの場所です。我が家の歴代のワンコたちでここへ連れてきてもらったことのない犬は1頭もいません。どの子もみんなここが好きでした。今日のお供、ウィローとマーイアも嬉しそうです。


以前は1年に数回来ていましたが、最近では1年に1回がやっと。でもこんなに空いているときは初めてでした。私たちが来るときは、夏か秋が多く、この時期に来たのは初めてです。なぜこんなに空いているのか?きっと、ここにはまだ春が来ていないからでしょう。森の中は新緑もなく、花もありません。でも白樺の中は美しく、真っ白の乗鞍岳を見ながら犬と散歩するには最高のところです。


道の横を少しはいると、あちらこちらに小川が流れています。この水がとてもきれいです。


たくさん歩いてのどの渇いたウィローとマーイアは水の中に入っておいしそうに飲んでいます。足が冷たそう。

絶対必要なのがお弁当。おにぎりに玉子焼き、ここで食べたら本当においしい。ウィローもマーイアもお裾分けを待っています。


湿地帯もあり、板の上を歩きますが、その板もちょっと傷んでいて壊れそうなところが何カ所かありました。ウィローは弱虫なので、ビビリながら歩いていました。


どこから見ても乗鞍岳が美しい。この季節の乗鞍高原はちょっと拾いものかもしれません。


2時間以上散歩したり、お弁当を食べたりして、帰りは高速は使わず、薮原へ出て、国道19号線から帰るルートにしました。距離的にはこちらの方がずっと近道です。国道19号線は案の定空いていました。途中2カ所道の駅によっても、家まで約3時間。結局高速を使っても使わなくても同じでした。

家に帰ってビックリ。今日はメイプルを信用して(?)リビングに置いてきたのですが、それが間違いでした。
リビングにはゴミ箱から引きずり出されたゴミが散乱し、中には台所に片付けておいてあった生ゴミまで引きずり出されてグシャグシャになっていました。
ソファに沈み込むように座って、じっと動かない年老いた犬がこんなイタズラするとは、誰が思うでしょう。
メイプルは健在でした!

テンコー初レッスン

パーマリンク 2009/04/28 20:49:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

前回犬の学校へのテンコーの初登校の日、残念ながら雨が降ってしまいました。そして、いよいよ今日は天気も良く絶好の学校日和(?)となりました。

「テンコーが学校へ行くよ」と言うと、知っている人は「どうして?」と帰ってきます。みんなが知っているテンコーはおとなしくて、おりこうさんというイメージが強いみたいです。たしかに、ある一面ではその通りです。
そういえば静岡での勉強会の時のこと、寒かったので車でお弁当を買いに参加した奥さんといっしょに行きました。その時もテンコーはフリーの状態で後ろの席に乗っていました。その方が乗っても興奮するわけでもなく、それどころか私たちが降りたり乗ったりする時にも、また車が走っている時も少しもバタバタせず、テンコーが乗っていることを忘れそうなぐらい静かだったので、一緒に買い物に行った奥さんがとても驚いていました。

一方ある意味存在感の強いマーイアが学校へ行くと言えば、きっと知っている人は「うんうん、たしかに元気が良すぎるからね」と納得するでしょう。
マーイアもテンコーも全然性格は違いますが、もちろん良い面も、悪い面も持っています。私はなるべくワンコたちの良い面を見せるようにして、悪い面は出さないようにしたいと考えています。でもそれは時々難しいと実感することもよくあります。だから「私がテンコーと学校へ行くよ」なのです。少し慣れたら次は「マーイアと学校へ行くよ」にしたいと思います。

テンコーの悪い面の一つに“犬嫌い”があります。人には本当に愛想のいいテンコーなのですが・・・小さい頃から他の犬に出会う機会が少なかったのが大きな原因だと思いますが、ともかく少しはなおしたいものです。


さて、私も先生からたくさんの宿題をもらいました。次回までに練習しなければなりませんが、明日から夫は休みに突入です。なんだかんだと出かける日も多く、練習できるかなあ。。。

雑草との戦い

パーマリンク 2009/04/27 21:36:53 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ここに越してきて初めて必要になったものの一つに草刈機があります。
これから11月頃までは雑草との戦いが始まります。まだ今年は一度も草刈りはしていませんが、そろそろやり始めなければなりません。ちょっと油断したらあっという間に草だらけです。

草刈りも大切ですが、庭やエアデールパークは小石が敷いてありますから手で雑草を抜かなければなりません。毎日庭に出ると“やらなきゃ、やらなきゃ”と思いつつ、このところ寒いし、風が強いし、などなど言い訳をしては少ししかやっていません。連休中はがんばらなくちゃ、ね、夫よ!

足腰の弱くなったメイプルを少しでも歩かせるため、ブラブラ歩いて山の上の方へ散歩に行き、帰りにエアデールパークへ寄ってみると・・・なんと、小石の間からものすごい数の雑草が芽を出しています。

今年はエアデールパークが完成して2回目の夏を迎えます。昨年は小石の間からこんな芽は出ていなかったのに・・・いったい何なんでしょう。これを放っておいたらそれこそ大変なことになります。ウィローとマーイアもここに連れてきて、1本1本これを手で抜きました。完全には抜ききれませんから、これからも頻繁にやらなければ・・・


メイプルは散歩の時は元気よく歩くくせに、ここにいるとすぐにゴロンと横になってしまいます。何だかそれが身体が辛そうに見えて・・・でも秋の頃もここでゴロゴロ転がっていたっけ。たしかに陽が当たって気持ちがいいのかも。
上の方に山桜がきれいに咲いています。ちょっと隣の土地ですが。それがずいぶん上の方なので、意外に気がつきません。離れたところからの方がきれいに見えます。

静岡を満喫

パーマリンク 2009/04/26 22:07:09 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 私のお気に入り

静岡と言えば、富士山、新茶、桜エビ、しらす、マグロ・・・満喫してきちゃいました。

静岡へ行った目的は、エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの静岡地区トリミング勉強会を開くためでした。ここではクラブ創立以来11年以上、春と夏にトリミング勉強会を安倍川の河川敷で行っています。今参加している方たちはその初めの頃からずっと来ている方たちで、その愛犬たちは10歳を越えている子もいます。そのため、しっかり一日トリミングをするというよりは、ファンデーのような意味合いも兼ねています。人数は多くありませんが、そうやって常連さんが集まっているのです。

風が強く、トリミング台ごと吹っ飛んでしまいそうな悪条件の中での勉強会でした。いつもあまり気づいたことがなかったのに、今日は妙に富士山がきれいに見えました。残念だったのは、かかっている雲がどうしても取れなかったことです。


私はお昼のお弁当を買ってくる以外にお手伝いすることがありませんので、連れてきたテンコーと一緒に散歩したりしてのんびり過ごします。


安倍川はいつももっと川の水が少なく、下まで降りてずっと歩いていくことができたりするのですが、昨日の大雨のせいで水かさが増し、流れも速いので降りることができませんでした。

風があまりに強いので、結局いつもより1時間ほど早めに3時頃には勉強会も終わりました。それで、帰りに焼津さかなセンターへ寄りました。1年に2回は必ず静岡へ来るのに、めったに観光したり買い物したりする時間など取れませんから、今日はラッキーでした。
桜エビ、シラス、新茶や他にも色々と財布片手に市場の中を回ります。最後にやっぱり焼津へ来たからにはこれでしょう。本マグロの中トロのすしを買って車の中で“おやつ”にいただきました。夫は嫌いなので、私ひとりで。

獣医さん

パーマリンク 2009/04/25 20:09:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家のワンコたちの主治医は愛知県のみわしペットクリニックです。先生とのお付き合いは私たちが今の家に越してきてから始まったので、8年越しのお付き合いです。それまで愛知県の西の方に住んでいた頃は車で15分ぐらいのところの病院に通っていました。その先生もとても信頼できる方でしたので、正直こちらに越してきたとき、獣医をどうするかが一番の悩みでした。

エアデールテリアはとても丈夫な犬で、めったに病院通いすることはありません。特に歴代の我が家のワンコたちを思い出しても、年を取ってからはともかく若い頃に重大な病気にかかるということはありませんでした。それでも、春からは予防注射にはじまり、病気でなくても獣医のお世話になることはたくさんあります。また、我が家では繁殖もしますからその時も色々とお世話にならなければなりません。それで以前からトレーニングのインストラクターとしての奥さまを存じ上げていたことがきっかけで、愛知県ではありますが我が家からは1時間で行ける今の先生のところに行くようになりました。正直少し遠いので、急な時は気持ちが焦るときもありますが、そうかといってそんな時こそ知らない獣医のところには行く気がしません。そんな気持ちになったのは、ただ1回ダイアンの難産の時でした。
あとはそれほど急を要することはありませんでしたので助かっています。

犬たちが年を取ったとき、信頼できる獣医がいることはとても大事なことです。いくら犬たちが長生きになったと言っても、犬の寿命は短いものです。それでも私たちは最後まで何とかもう少しという希望を捨てきれません。だからこそ信頼できる獣医が本当に必要だと思います。それは技術ももちろんのこと、人間的に信頼できるということもとても大切だと思います。

ここまで書いていたら、先生から電話がありました。今日メイプルが血液検査を受けましたが、その結果が少し心配でそれについてのお話でした。私の何となく感じていた不安が少し当たっていました。今のところ急を要することではありませんが、今後先生ともよく相談して少しでもメイプルががんばれるようにしてやろうと思います。

食べ物の番をするマーイア

パーマリンク 2009/04/24 20:08:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午前中にマーイアをトリミングして、そのままいっしょにランチを食べるつもりで、岩村町のシャトーアキコへ寄りパンを買って阿木川ダムへ行きました。マーイアはすごく嬉しそうです。車の中でも買ってきたパンをフンフンと確認するようにして「これあたしのね?」という顔をしていました。

桜の咲いていた頃と違って、ダムの横の広場にはパラパラと人がいるぐらいでしたが、やはり外のテーブルの上にランチを広げて食べていました。せっかく美味しそうなパンなので、テーブルの上に並べて写真を撮りました。ちょっとたくさん買ったのはもちろんマーイアのためです。(ホント)

マーイアは待ちきれないような顔をして、まぜか暑いわけでもないのにテーブルの下に潜り込んでいました。

この時に、すでに彼女は番犬モードに入っていたのでしょう。
その時向こうから少し年配の男の人がこちらに近づいてきました。“近づいた”と思ったのは、マーイアと私だけで本当はその人の向かう方向の途中に私たちが座っていただけでした。

彼女の緊張をリードに感じたとたん、一瞬のうちにマーイアの性格を思い出しました。そうです、彼女は食べ物の番をしたがる傾向にあるのです。キッチンの流しの前は彼女が好きな場所です。そして私たちが食事をしているとき、彼女は隣の部屋にいて柵で仕切られていますが、他の犬が私たちの食べ物に近づくだけで大騒ぎをします。これも自分だけ疎外されるのが嫌ということもありますが、それよりも私たちの食べ物の番をしているつもりなのかもしれません。

マーイアは普段外で人に吠えるようなことがないので、少し油断していました。テーブルの下から出て、男の人に向かって勢いよく吠え出しました。それほど近づいていませんから、危ないことはありませんが、ビックリされたことでしょう。私は2,3度静かにきつく叱ると何とか落ち着きました。
「ごめんなさい。。。」
「大きい犬だね」
(そんなに大きくないけど・・・)「すみません、パンがあるので取られると思ってしまって。。。」
「フンフン」
なんかかみ合わない会話をしているうちに、マーイアがすっーと落ち着いてくるのがリードを通して伝わってきました。この場合、私の方から「こんにちは」と声をかけてマーイアを安心させておくべきでした。

食事の後、ダムの方まで散歩してきました。この間マーイアとここに来たときには、車いすのお年寄りに静かに接することができて、とてもいい子だったので、今日のシチュエーションを作ってしまったことがとても残念でした。
このまま、失敗したまま帰るのは嫌だなと思っていたら、小さな女の子を連れた若い夫婦が来ました。女の子はお母さんの手から離れて、マーイアのところへ駆け寄ろうとしました。マーイアは子どもは好きですが、飛びついたら困るので、「飛びつくと危ないから離れててね」と子どもを制しました。女の子は「ワンちゃん、バイバイ」と手を振ってくれたので、私はその子に「マーちゃん」って呼んでもらうようにお願いしました。女の子は今度は「マーちゃん、バイバイ」とまた手を振ってくれました。
マーイアはそれを聞いて、ちぎれんばかりにしっぽを振って答えました。

膨大な写真

パーマリンク 2009/04/23 20:35:32 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 私のお気に入り

昨日、栃木の友人よりチャンピオンシップショーの写真のデータが送られてきました。その数はおよそ450枚、私の撮った写真とあわせるとなんと軽く800枚は超えています。これが最近のチャンピオンシップショー後に整理しなければならない写真の数なんです。これだけあるおかげで、クラブのホームページや会報にそれぞれ色々な写真を選ぶことができるようになりました。デジカメのない昔なら考えられないことでした。当時は36枚撮りで約6本、200枚ちょっとが限界でした。そのためあとであの犬の写真が欲しいと思っても、みんな向こうを向いていたり、良く写っていなかったりと、なかなか気に入ったものを探すのは大変なことでした。それに比べれば、最近では写真探しはずいぶん楽になりましたが、それを選ぶまでの手間は以前とは考えられないほど時間のかかるものとなりました。

まずは、写真をシーンごとに分けます。その中で、使えそうもないものは捨てるようにします。ただし、クラスごとなどの複数の犬が写っている写真は要注意です。1頭がむこう向いていても、隅に写っている1頭がとてもきれいに見えることもあります。クラブの会報では、出陳したすべての犬がどこかに載っているようにしています。できることなら、なるべく犬がきれいに写っている写真がいいに決まっています。そのため、小さくてもきれいな写真は会報用で使うので、覚えておかなければなりません。出陳した方は今度会報を手に取ったら、チャンピオンシップショーの記事の中に自分の犬を探してください。必ずどこかに載っています。
そんなわけで編集する際には、私は何度も何度もコロコロとマウスを動かしながら画像を見る作業が延々と続くことになります。

とにかく写真が揃ったので、遅くても連休中にはクラブのホームペ-ジはUPするようにしましょう。
ところで、当日撮った写真の中にこんな写真がありました。新聞を持っている人は蛇蔵さんこと倫太郎のママさんで、ショーの時にスチュアードとしてお手伝いしてくれました。新聞は天下の読売新聞で、その中に大きく彼女の書いた本の宣伝が載っていました。そうです、3月11日にこのブログで紹介した「日本人の知らない日本語」です。こんな大きな宣伝が出るなんて、彼女は売れっ子作家ですね。あまり忙しすぎて、クラブの行事に来られなくなるといけないので、ほどほどにしてください。

エアデールグッズ

パーマリンク 2009/04/22 21:42:16 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 海外の友人たち

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンでは会員に様々な商品を提供しています。トリミングの道具に始まり、おやつ類、エアデールグッズなど多岐にわたっています。ただ商売ではありませんから、何を取ってみてもかなり安くなっているはずです。それでも少しはクラブに収益がもたらされるようにしています。これらの収益はクラブの運営費の一部として重要な役割を果たしています。会員はクラブのホームページや会報を通じて、またショーやファンデー、勉強会などで直接色々な商品を見たり、購入したりすることができます。

またクラブでは、商品ばかりでなくフォトコンテストの賞品、ファンデーやビンゴゲームの景品、また参加賞などに使うグッズなども必要です。
トリミングの道具やおやつ類などは、いつも決まった物ばかりですから問題はありません。足らなくなれば、注文すればいいのです。それでも食べ物以外はほとんど海外からの購入ですから、何かと面倒は多いものです。少しでも安く買うために何度も交渉したり、色々と工夫もしています。
一番の問題はエアデールグッズです。オリジナルのものは、以前こういったグッズがあまり売っていない頃は人気がありましたが、最近ではなかなか難しくなりました。そのため何か記念の時にしか作りません。

これはクラブの創立10周年の時に作ったオリジナルのステッカーです。これはスコットランドの友人でアーチストのAnn Curran(Ragtail)が描いたイラストを元に作ったものです。彼女は世界的にも有名なテリアアーチストですが、私たちのクラブのために特別に許可してくれた物です。また、これをモチーフにしたお散歩トートバッグは、10周年記念のチャンピオンシップショーの参加賞として皆さんに配られた物で、こちらは非売品なのでロイヤリティもおまけしてもらいました。その代わりに彼女がサポートしているエアデールレスキューの方へ寄付をしました。

彼女のイラストやクリスマスカードもクラブでは人気商品です。
このタオルは同じくイギリスから購入している物ですが、定番の人気商品となっています。タオル自体がとてもしっかりとしていて、色も豊富なので、ひとりで何枚も購入してくれます。


今日、私がインターネットで探していた物は、商品としても使えるもの、また色々な賞品にもなり得るものです。
これが一日中かかってしまいましたが、いくつかこれはと思う物を見つけましたので、商品か賞品かどちらになるかわかりませんが、会員の皆さんは楽しみにしててください。

車の中のワンコたち

パーマリンク 2009/04/21 21:16:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

何で今日雨降るの!せっかく今日はテンコーと一緒に犬の学校へ通う初日だったのに。
午後1時からだったので、午前中の曇り空に希望を託して出かけましたが、車で学校までの3分の2ほど走ったところで雨が降り出しました。それも天気予報には1mm,2mmと書いてあったのに、そんなもんじゃありません。学校に着いた頃にはすでに本降りとなってしまったのです。残念ながら今日はお休みです。それでもとりあえずおじゃまして、先生と我が家の環境やテンコーのレッスンなどについて話をしました。
テンコーにとっては車の中ばかりでしたが、昨日からお出かけだよとずっと話していたので、何とか約束は果たしたというところでしょうか。

車にワンコたちを乗せたときに(何頭かをバリケンなどに入れていっしょに乗せるときではなく、1頭もしくは2頭を座席に乗せるとき)一番落ち着いているのはテンコーでしょう。だいたいどんなときでも静かにしています。運転中はもとより車の中での留守番も一番安心です。
これは先月キートンとショーに行ったときの写真です。外には犬がいっぱいいましたが、車の中では落ち着いていました。

ウィローもとても静かに乗っていますが、いったん車において私が離れると、大きな声でなき出すので、買い物に行くときは少し恥ずかしい思いをしなければなりません。この2頭は私と車に乗っているだけでも満足そうです。
マーイアも普段は静かに乗っているのですが、外に犬を見つけたり、人が近づいてきたりするとたまに警戒モードに入るときがあるので注意は欠かせません。それでも、車の中での留守番もちゃんとできます。
一方、ダイアンは運転中もずっと「ヒャーヒャー」というような言葉にならないような不思議な声をずっとあげています。喜びが抑えきれないのです。仔犬の頃からそうでした。帰りはいいのですが、行きはどこかへ着くまでこんな感じです。その気持ちが伝わってくるだけに、少々プレッシャーを感じます。今日のようなお出かけだとダイアンも私もストレスになったかもしれません。それに車の中での留守番は、以前車のシートをかじった前科があるので、一番信用がおけません。
メイプルは最近はめっぽう車に弱くなり、乗っている間中「ハアハア」言っているので、こちらも落ち着きません。

いずれにしても1頭、2頭の犬といっしょに車で出かける分には、そんなに騒ぐこともないので楽なものですが、これが犬たち全部をバリケンに入れて出かけなければならないときは、どうしても騒ぎ出すこともあり、これは本当にストレスに感じます。最近はそんな機会が減ったのが嬉しいです。

鼻が苦しい、花は美しい

パーマリンク 2009/04/20 22:35:32 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

変なタイトルを付けてしまいましたが、まさしくその通り。最近では、明け方4時頃になると鼻が苦しくて目が覚めます。それからは鼻が苦しい苦しいと思いながらウトウトして朝を迎えます。それは午前中いっぱい続きますが、たいてい午後になるとほぼスッキリした状態に変わるのです。ところが、今日はなぜか一日中鼻が苦しく、電話で話をしてもフガフガフガと鼻声になってしまいました。

週末の賑やかさが嘘のように朝から静かな一日です。もっとも犬たちにとっては、昨日も一日留守番でしたから静かだったかもしれません。でも私にとっては、昨日一日ショーの会場であたふたと動き回っていたので、今日の静けさが身にしみました。ショーも無事に終わり、これから写真の整理やホームページの更新などやることはたくさんありますが、ほんのしばらくはのんびりすることにしましょう。
犬たちと一緒に庭に出て、ゆっくり見渡してみると今まで裸だった木々に小さな若葉がつき始めました。きれいな緑の若葉はこれから連休にかけて楽しませてくれることでしょう。

山の斜面には山ツツジがきれいに咲いています。これがもっと増えてくれると嬉しいです。


バイカウツギも咲き始めました。これはどんどん増えるので切ってしまいますが、白い花は本当にきれいです。


今年はハナミズキがあまり芳しくありません。かろうじてパラパラ咲いていますが、花も小さくみすぼらしい感じです。昨年はもっときれいでした。


コブシかモクレンか?たぶんコブシです。これもお気に入りの木ですが、案外花の時期が短くてきれいに開くとあっという間に終わってしまうのが残念です。


そういえば、栃木の友達がアーモンドの木をおみやげに持ってきてくれました。昨日夕方、エアデールパークの真ん中にその木を植えました。寒い地域なので、冬が越せるかどうか分かりませんが、来年花が咲くと嬉しいです。

仔犬たちのショーデビュー

パーマリンク 2009/04/19 21:17:17 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

さあ、今日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの春期チャンピオンシップショーです。夕べ我が家に泊まった栃木と東京の友達も一緒に出かけます。我が家のワンコは今回はお休みです。その代わり、テンコーの仔犬たちアポロ、マイティ、マーカス、カノンがショーデビューします。

みんなまだ4ヶ月前の赤ちゃんたちですから、マイナーパピーというクラスに出陳します。その前に、飼い主さんもワンコも一緒にショーってこんな風にするんだよ、というハンドリングの練習をします。リングに入った仔犬たちは、“わあ、ここで遊ぶんだ”って楽しそう。


練習が終わったら本番だけど、やっぱり遊びた~い。飼い主さんも初めてだからちょっとどうしたらいいかわかりません。でも、みんな楽しそうにできました。


こうやって遊んでる方が楽しいね、なんて言わないで・・・

いつかはキートンパパのようにかっこよくできるようにしようね。


テンコーの兄弟のベリアーも出ました。

栃木から来たポルはウィローの娘で、メイプルの孫です。とても落ち着いてできました。

チャンピオンシップショー前日は大騒ぎ

パーマリンク 2009/04/18 22:50:21 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

明日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンのチャンピオンシップショーが滋賀県のグリーンパーク山東で行われます。
それに参加するために、今日は栃木と東京から友達が泊まりに来ました。このところ海外からのジャッジが続き、日本のお客様とあわせると、ショーの前日は多い時は7,8人ぐらいのお客様を迎えることもありました。今日は4人のお客様に囲まれ、我が家は昼すぎから大騒ぎです。
明日の朝のパンを買いに、岩村町の“シャトーアキコ”へ。いつもここのパンは皆さんに好評です。


せっかく、この地域に遊びに来ていただいているので、お昼ご飯に五平餅を買ってきました。私が一番おすすめの“あまから本店”のものです。恵那駅のすぐそばにあります。


夕方には夫を留守番に残して、みんなで一緒に恵那峡温泉に入りに恵那峡の“かんぽの宿”に行ってきました。ここへ来るのは私も初めてで、露天風呂から恵那峡が見えるものと思っていましたが、何も見えなかったので、夕涼みがてら恵那峡まで散歩しました。


さあ、明日は朝も早いのでもう寝ることにしましょう。

メイプルのひとりごと2

パーマリンク 2009/04/17 17:52:34 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

メイプルです。昨日の続きをもう少し・・・
わたしの今の一番の楽しみはのんびり昼寝することと、食べることかしら?もちろんお出かけも好きよ。でも、車に乗るのが最近ちょっとね、頭がグラグラしちゃって、気持ち悪くなっちゃうし・・・前はそんなことなかったのに・・・
気持ちの良い日だったら外のデッキの上で寝るのも最高。お日様の下でとろけちゃいそうになるわ。家の中なら、もちろん私専用のソファでゆったり寝るのがわたしの決まりなの。だからダイアンや、マーイア、テンコーだってこのソファには絶対座らないわ。それなのに、ウィローったら時々わたしがどいた隙に、さっと座ってしまうのよ。こういうところが彼は無神経だわ。もう今さら争いは嫌だから我慢してるけど。そう言えば、マーイアやテンコーはソファには座らないんだった。一応、ソファはわたしたちが座ってはダメなことになっているの。でも、それも若いうちだけ。8歳ぐらいになるとね、やってはいけないこともだんだん許されるというか、お母さんがあきらめるようになるの。最近ではダイアンも座るようになってきたわ。彼女ももうすぐ8歳だから。マーイアとテンコーの若いふたりがソファに座れるようになるには、まだまだね。


これは8歳の時の誕生日。こうやって、デッキの上で昼寝するのも気持ちいい。


ウィローとのツーショット。これだといかにも亭主関白って感じに見えるけど、これを撮った2年前はまだ私の方が強かったと思うわ。


食事の時間は最大の楽しみ。だから、どうしても静かに待ってるなんてできないの。この時間のために一日中のんびりしてエネルギーをためてるんだから。でも最近ちょっと悲しい。前は食べるスピードだって誰にも負けていなかった。それなのに、このところ食べるのに時間がかかっちゃって。食欲はあるし、何でも食べれるんだけど・・・先に食べ終わったダイアンがこそっと様子を見に来ると、自分が情けなくなってしまうわ。

それと最近少し耳が遠い気がするの。それでどうしても自分も大声になっちゃって。食事の時間もそうだけど、玄関のチャイムが鳴ったらお母さんに知らせるのは犬としての立派な仕事だとわたしは思っているわけ。これだけは死ぬまでがんばらなきゃ。でもお母さんは「メイプル、うるさい!」って理解のないこと言うのよ。本当に分かってないんだから。それで、やっぱりこんな仕事は若い子に譲った方がいいかなって静かにしていると、お母さんが今度は「メイプル、大丈夫?具合悪いの?」って言うのよね。

この間なんか、夜中にマーイアがヒューンって泣き出したわけ。彼女、寝る前に外へ行っておしっこしたふりをしてたから、それで夜中にしたくなったみたい。そうしたら、お母さんが起き出して「メイプル、どうしたの?大丈夫?」って身体を揺するもんだからすっかり目が覚めちゃった。お母さんは勘違いだって分かったみたいだけど、わたしは夜中に目が覚めると、眠れなくなるのよ。勘弁して欲しいわ。

わたしは26頭の子どもを産んだの。そのうち2頭がダイアンとマーイア。このふたりと一緒に暮らせることに本当に感謝しているわ。この間テンコーが仔犬たちとの辛い別れをしたのが、とても可愛そうだった。そう思うと、ふたりの子どもと一緒なんてわたしは幸せなのね。
わたしは少なくてもあと2,3年はがんばるつもり。だからお母さん、安心して。

この写真はマーイアがまだ5ヶ月ぐらいの時。いつもこうやって甘えてたの。今も変わらないけど。

メイプルのひとりごと1

パーマリンク 2009/04/16 20:44:01 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

わたし、メイプルです。今年の夏にはもう11歳になるのよね。そのせいか、最近ちょっと疲れ気味で・・・
わたしは生後100日の時にイギリスからやってきました。今でも忘れないわ、あの飛行機のゴーゴーという恐ろしい響きを。お母さんは今でもわたしに「遠いところから来てくれてありがとう」とか、「日本へ来て幸せだった?」なんてよく聞くけど、そうねえ・・・まあ、振り返ってみればわりにいい犬生だったと思うわ。夫や子ども、孫にまで囲まれているしね。

夫のウィローはちょっと頼りないけど、まあ年下だから仕方がないわ。前はもっと従順だったのに、最近はちっともわたしの言うことを聞かなくてたまに腹が立つ時があるけど。
ダイアンは長女だけど、いい子よ。あの子はどっちかというと父親似かもしれないわ。とても賢いのもの。性格もあまり私には似ていないかな。そうそう父親ってウィローじゃないのよ、最初の夫のこと。私と違って自分を抑えることができるのね。でも、その鬱憤を毛布や自分の布団に晴らしているから、お母さんにもよく叱られているわ。
マーイアは末っ子だからとにかく可愛いわよ。もうすぐ4歳になるのに、いつまでたってもわたしの赤ちゃんよ。絶対に私に逆らわないの。わたしもマーイアと一緒にいる時が一番幸せね。
孫のテンコーはね、ほら孫って目の中に入れても痛くないって言うでしょ?まっ、それほどでもないけど、彼女もいい子よ。小さい頃からわたしになついているもの。ただダイアンはどっちかというと口うるさい教育ママって感じだから、テンコーが可愛そうになる時があるの。でも娘だからって余分なことを言うと、ほら、トラブルの元でしょ?だから見て見ぬふりしているけど・・・そんな、孫のテンコーが赤ちゃんを産むなんてねえ、わたしもやっぱり年を取ったのね。

この写真は私がまだ1歳前ぐらいの若い時。みんなから可愛い可愛いってもてはやされた時もあったのよ。


これも1歳ぐらいの時かな? こうやって見ると、マーイアってわたしにそっくり!みんなから愛されるタイプよね。


さあ、ちょっと疲れたからもう寝るけど、明日も少しぼやいちゃおうかな??

ひどい花粉症

パーマリンク 2009/04/15 23:25:58 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝カーテンを開けると、昨日の雨はすっかり上がって外は明るくきれいな空が見えました。
天気の良い日は大好きですが、今日ばかりはなぜかがっかり。先週も晴れた日には花粉症がひどく息苦しい日が多く、勉強会の時もマスクが手放せませんでした。昨日は、雨でずいぶん楽だったのですが、明け方には鼻が苦しくて目が覚めました。それから眠れぬまま見た朝の空が青空だったのでした。

ワンコたちはみんな楽しそうに外へ飛び出していきましたが、私は最小限しか外に出る気がしません。まして今日もショーのための準備がたくさん残っています。ロゼッタを用意したり、プログラムの印刷をしたり、持って行く物を整理したり、結局ほとんど一日中閉じこもってそんなことをしていました。おかげで午前中はティッシュの箱が離せなかったのに、午後からは少し楽になってきました。
ワンコたちもそんな私の忙しそうな様子を見て、だまってそばにいます。誰もどこかに行こうなんてそぶりも見せません。もしかすると、彼らも外にいると花粉が気になるのかもしれません。だって、エアデールって大きな鼻ですから。

雨の日も忙しい

パーマリンク 2009/04/14 21:55:51 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 海外の友人たち

今日のような朝から雨の日は、ワンコたちも静かです。外にも出たくないし、何もすることがないから、まあ寝てようかといった感じでしょうか。
こんな日は私もクラブの仕事がはかどります。エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの会報誌“エアデールつうしん”の春号を海外の会員や名誉会員に送っていなかったので、今日はこれを片付けることにしました。
今までは年4回、今年から年3回発行される会報ですが、今回は第45号です。考えてみれば、こうやって海外の友人たちにこの会報を送りはじめて10年以上が経ちました。現在はイギリスをはじめ、アメリカ、オーストラリア、ロシア、ルーマニア、オランダなど色々な国に15件ほど送っています。彼らのほとんどがそれぞれの国を代表するブリーダーで、私たちと同じようにクラブ運営に携わっている人もいます。
もちろん日本語は読めませんから、主な内容だけは英訳しています。それでも、写真を見たりして雰囲気は十分感じ取れるはずです。

今回の内容は、クラブのインフォメーションや総会議事などの記事、オーストラリア森林火災についての話、フォトコンテストの入賞者発表、エアデールテリアファンデーーの報告や予告、会員のエアデール紹介の作文、病気の話やペットの法律相談、海外のエアデールの小説、トレーニングについての記事、そしてイギリスのクラフトの記事。

中身はとても豊富です。海外の友人、名誉会員からも高い評価を得てきました。何よりもクラブ自体が信頼され、評価されるようになったことは本当に嬉しいことです。そして、色々な人が原稿や写真を提供してくれたり、また自分たちのクラブの会報に載せた記事を使ってもいいよと言ってくれたり、本当に多くの人に助けられています。

午後からは今度の日曜日に行われるクラブのチャンピオンシップショーのプログラム作りです。これはかなり時間がかかるので大変ですが、何とか原稿だけはできあがりました。明日からは印刷して製本したり、他の準備をしなければなりません。
明日も雨でもいいかも・・・

つまんない・・・

パーマリンク 2009/04/13 21:51:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

キートンとカノンがそれぞれのお家に帰りました。
7頭いたエアデールが5頭に戻りました。テンコーはテンションが下がって本当に「つまんない・・・」と言っているようです。ダイアンはテンコーの側に行って嬉しそうですが、テンコーはちょっぴり嫌そうです。決してダイアン母さんが嫌いなわけではありません。が、ちょっと口うるさいダイアンに、頭が上がらないので面白くないのです。
キートンとカノンと一緒にいると、とっても自分がえらく思えたのに。

家の中にいる時だって、一番好きなおもちゃを取ることができました。キートンやカノンにはお気に入りのおもちゃは貸してあげません。


外にいる時も、一番好きなおもちゃは取られたくないもん。


夕飯後、リビングでグーグー眠りこけるテンコーは夢の中で「意地悪してごめんね!今度は何でも貸してあげる、だからまた遊びに来て」と言っているのかもしれません。

他の子たちもいつもの生活に戻り、みんな静かに寝ています。寝息だけが聞こえてきます。

キートンやカノンもきっとお家で眠りこけていることでしょう。
「また遊びに行きたいなあ」って思ってくれてるといいんですが。

ハッピーバースデー!テンコー

今日はテンコー3回目の誕生日です。3年前の今日、私は難産に苦しむダイアンを連れ、出産途中に病院に運びました。初めて遭遇した難産に私は泣きそうになるのをこらえ、車を運転しながらダイアンを励まし続けていました。奇跡的に普通に生まれたテンコーだけが小さな箱の中に入って助手席にいました。その時まだ他の仔犬たちもお腹の中にいて、そのうち3頭は帝王切開の末元気に生まれました。この4人兄弟は難産の中で生き延びた生命力にあふれた子たちでした。
テンコー、ベリアー、レオン、フヌイユ、3歳のお誕生日おめでとう!!

今日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区トリミング勉強会が我が家で行われました。ベリアーも参加したので、テンコーとベリアーのためにケーキを買ってお祝いしました。勉強会に出席した皆さんでケーキをいただきました。もちろんテンコーとベリアーだって少しずついただきました。

勉強会に出席したテンコーの息子、マーカスとアポロもと一緒に遊びます。テンコーは嬉しそうです。仔犬たちは勉強会できれいになったのに、またほこりだらけになってしまいました。


キートンも今日は息子たちと初対面です。


勉強会が始まる前、テンコーとキートンとカノンは庭で思いっきり走り回って遊びました。カノンも負けずにふたりの後を追っていました。


カノンは夫が雑草をむしると、それをくわえて走り回ります。


今日は、テンコーはベリアーと遊ぶ時間はありませんでしたが、一昨日から今日にかけてキートンや仔犬たちと本当にたくさん遊びました。これがきっと一番の誕生日プレゼントになったことでしょう。

親子水入らず

パーマリンク 2009/04/11 20:55:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

愛知県に住むテンコーの娘カノンと名古屋に住むキートンが、それぞれ家族の皆さんが泊まりでお出かけのため、我が家にこの週末泊まりに来ることになりました。
カノンは昨日夕方お母さんが連れてきてくれました。テンコーは先日トレーニングスクールで会ったばかりですから、嬉しそうにカノンを迎えました。今日はワンコの部屋はテンコーとカノンの部屋です。それからは、ふたりでこちょこちょずっと遊んでいました。

今日になってマーイアを連れて名古屋までキートンを迎えに行きました。マーイアとキートンも仲良しです。帰りにふたりを連れて愛知緑化センターへ行きました。先日キートンと行った時にはユキヤナギがとてもきれいでしたが、もうすっかり終わってしまい、山ツツジが咲き始めていました。


家に着くとまずはキートンをエアデールパークへ連れて行き、そこへテンコーとカノンを連れてきました。カノンとキートンは初めて会います。父と娘ですが、もちろんワンコたちは誰もわかりません。


キートンはカノンに興味があるのですが、どうやって接して良いか分からない様子です。


カノンはテンコーと一緒に山の斜面に登り、探検を始めます。


すぐに3頭とも自然に遊べるようになりました。でもやっぱり威張っていたのはお母さんのテンコーでした。


3頭が一緒に遊んでいる様子をYouTubeにUPしましたのでご覧ください。

桜満開の恵那峡

昨日の続きを少し。これが夫が買ってきたケーキです。とっても美味しかった!


ここに越してきて8回目の春を迎えますが、恵那峡の桜を見たことがありませんでした。今日はちょうど満開です。
帰りに駐車場で神戸から来た人と出会いました。「恵那峡ってここですか?」って、駐車場から見える景色を指して訪ねられました。「もう少し下まで歩いたらきれいですよ」私は答えましたが、実は私たちも長い間恵那峡がよく分かっていませんでした。駐車場の辺りからは下の公園の感じが想像しにくいのです。なので、つい「たいしたことないかも??」って思ってしまうのかもしれません。これって来た人もここに住む人も損しています。


こんなに美しい桜がたくさんあるなんて、上からはわかりません。
桜と言えば、いつも思い出すのが名古屋城の桜です。当時、一番最初のエアデールのペリやその娘レッドやラフティを毎朝車で名古屋城の辺りへ連れて行っていました。
ちょうど今頃、あの辺りの桜も本当に美しかったのですが、私はこの桜の時期が嫌いでした。
それは朝散歩すると、夜桜見物のゴミが散乱しており、食べ物が落ちていたりして、犬たちが食べてしまわないように、いつもピリピリして歩いていたからでした。だから、その頃はいつも下を向いて歩いていて、桜を見上げて歩く余裕がありませんでした。


今もあの辺りはそんな風なんでしょうか?今日は朝からここに来ましたが、ゴミ一つ落ちていなくてとてもきれいでした。
ダイアンとのんびり桜を見ながら散歩ができました。ダイアンは私が少し歩いては止まって写真を撮ったりしているので、物足らなく感じたかもしれません。


そのためもう少し足を伸ばしてみました。天然記念物の傘岩があるところは駐車場を挟んで、恵那峡とは反対側です。さすがにここまで歩くとダイアンも相当ハアハア言って(暑かったせいもありますが)いました。

買い物に行く前に少し寄っただけのつもりの散歩が、今日はずいぶん長くなりました。

私の誕生日

パーマリンク 2009/04/09 19:19:39 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り

今日は私の??歳の誕生日です。まあ、あまり嬉しいわけではありませんが、色々なショッピングサイトやお店から特典をいただいたりするのは楽しいですね。特に嬉しかったのは、近所のクリーニング店で10点だけですが、誕生日当日だけ30%引きにしてくれるというものです。この時期ですから冬物のスーツやコートなどを出すと、これは大きいです。ほとんど出した物は夫の物ばかりなのですが・・・

誕生日のディナーは、今晩帰りが遅い夫のために先週の土曜日にすませました。
その日の午後、まずは私の希望で土岐アウトレットまでコールドストーンクリーマリーへアイスクリームを食べに行きました。土岐アウトレットはよく来ますが、うかつにもここにこのお店があることを知らなかったのでした。
土曜日の夕方、雨が本格的に降った日で、寒くて普段ならアイスクリームが食べたいような心境ではありませんでしたが、それでもこれを食べにだけアウトレットまで行きました。きっといつもなら長ーい行列ができているかもしれませんが、さすがに寒いので行列も少なくてラッキーでした。


本当ならワッフルコーンではなくてワッフルボールを食べるべきでしたが、初心者なので何となくこれにしてしまいました。


夕飯の時間までアウトレットをぐるぐる回り、次に向かった先は多治見の中国料理シンフー(Xingfu) でした。ビルの2階にあるお店は小さいけれど、とてもお洒落で中華料理と言うよりはちょっとしたフランス料理の店のような感じです。


料理も真っ白な器にきれいに盛りつけられ、おしゃれな感じでした。


全体にあっさりしていて、品の良いお味です。


この他にも麻婆豆腐や杏仁豆腐などを食べましたが、どれも美味しかったです。お値段もそんなに高くないので、フアンになりそうです。でもうちからだと1時間近くかかるので、そんなに頻繁には来れませんね。

さあ、今晩は特別な料理はありませんが、夫から電話で私の大好きなマキシム・ド・パリでケーキを買ったよと連絡がありました。
今日はワンコたちには絶対おこぼれはありません!

犬の学校

パーマリンク 2009/04/08 22:49:05 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

今日はテンコーを連れてキートンが通っている尾張犬の学校へ行ってきました。もうすぐ3歳になるテンコーですが、人が大好きで誰にでも愛想よしですが、いつの頃からか他の犬に対して少し辛抱が足らなくなってしまいました。どうしても我が家では他の犬に会う機会が少なく、そういった社会性に欠けてくる可能性があります。仔犬の頃は社会性を身につけさせるために色々なところへ連れて行っていましたが、それでもやはり普通に毎日散歩してどこかの犬に会うということがないため、こうした問題が起きてきます。一方、小さい頃から幼稚園、そしてこの学校に定期的に通っているキートンは、とても落ち着いて行動できる子に育ってきています。それを見習って遅ればせながらテンコーも学校へ行くことにしました。と言っても、我が家から1時間以上かかるところなので、月に2回か3回、私と一緒に行き、二人で学ぶことになります。

まずは、今日は先生との面接です。テンコーの娘カノン(3ヶ月)も通うことになったので、今日は向こうでいっしょになりました。キートンは練習日ですが、ちょっと怪我をしたのでお休みです。その代わりキートンのお母さんが来てくれました。テンコーはカノンに会えて嬉しそう。でも、他の犬がいっぱいいたのが気にかかります。


キートンの同級生、先輩犬たちがデモンストレーションを見せてくれました。


他の犬たちがこの扉の向こうにいるのをテンコーは知っています。ここにいればみんな出てくるかも??
それも気になりますが、いろんな人が可愛がってくれるのでテンコーは大喜びです。結局4月21日からレッスンに来ることになりました。


帰りはまた小里川ダムへ寄って、買ってきたランチをふたりで食べました。さあ、早く帰らなくちゃ。他のワンコたちがおかんむりかも・・・

DNAって不思議

パーマリンク 2009/04/07 21:16:43 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

犬たちを見ていると、誰にも教わったわけでもないのに、普段の生活の中でのちょっとした仕草や癖が親子でそっくりなことがあります。これはもちろん人間でもそうですが、犬でも同じだと思います。

前回ツイテナカったウィローを小里川ダムへ散歩に連れて行くことにしました。ウィローは自分が今日のラッキーボーイに選ばれたとたん、うれしさを抑えきれずその場でクルクル回り始めます。その癖はしっかりマーイアに受け継がれました。マーイアはその小さな全身を使って、ウィローよりもダイナミックに回ります。カラーを取り付けるのも大変なぐらいです。お座りをしないとカラーを付けてもらえませんが、付けようとするとまた回り出す。私がやめるとまた座り、動くとまた回る。

小里川ダムにはほとんど桜がありません。大きな木はこれぐらいでしょうか。でも観光客がかなり来ていました。皆さん何を見に来るのでしょうか?


今日は、存分に散歩ができて満足そうなウィローです。


ここにもありました、ヘビの看板が。


ソフトクリームをウィローと一緒に買っていたら、ポメラニアンを抱いた女の人が通りがかりました。彼女はウィローを見て、抱いている自分の犬にこう言いました。「ほら、ワンちゃんよ」まるで人間の幼児に言っているかのようでした。ウィローはソフトクリームに集中していてあちらのワンちゃんには気づきませんでした。

先週の土曜に茨城に住むテンコーの息子、アッサムのお母さんからメールが来たのでその一部をご紹介します。
*******************************
アッサムは相変わらずやんちゃで、少しもじっとしていません。寝るか走り回るか。静かだと思えばいたずらに夢中!外で走り回るのが大好きだから、雨の日はかわいそうです。仕方なく私とボールで遊びます。

少し車に慣らそうと、スタジオに連れてくると。車の中では借りてきた猫、ならる借り犬。不安そうに私の顔を覗き込み、「ねえ、だいじょうぶ~」てな感じです。

最近は孫娘が「おしゅわり!まて!」「はいどーじょ~」とごほうびあげたりして、少し仲良くなってきました。ちなみにふせも上手にしますが、これがダイナミックなジャンピングふせです。おすわりから前足振り上げて~ふせ!
ダイナミックナなのはそれだけではありません。アッサムのイビキ、寝言。夫との大合唱は夜中のヘビメタLIVE!かんべんしてよ~。
*******************************
ダイナミックなジャンピングふせ、実はこれはテンコーの癖なんです。本当に勢いよくやりますから。でも、テンコーの父ウィローも母ダイアンもこんなふせはしないんですよね。これはいったい誰のDNAなんでしょう?

やればできるね、マーイア

パーマリンク 2009/04/06 22:30:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

思えば昨年の今頃、私は?十肩がひどくて犬たちを散歩させることも大変でした。左腕が思うように使えず、犬を左側に引いていると、少し引っ張られただけでズキンと痛みが走り、リードすら離れそうになる時もありました。そうかといって右側で犬を歩かせるのも難しく、犬を連れて歩くこと自体億劫になりがちでした。まして元気が良くて、きちんと歩けないマーイアを連れて歩くのは苦痛でした。
そもそも我が家のように毎日散歩しないと、当然歩く練習がきちんとできないわけで、その上犬によっては少ない練習でも上手に歩ける子がいる中で、マーイアは我が家の歴代のエアデールの中ではワースト1でした。来月には4歳になりますが、今でも子犬の時のような動きで、あっちへ行こうとしたり、こっちへ行こうとしたり・・・

その?十肩がいつのまにか良くなり、最近では普通にリードを引くことができるようになったのは、私にとっても犬たちにとっても本当に嬉しいことです。

先週ウィローと見に行った阿木川ダムの桜は、今日はすっかり開いていました。月曜日なのに駐車場は車でいっぱいです。大勢の人たちが桜を見に来ていました。私はこんな時に一番大変なマーイアを連れてきたことをちょっぴり後悔しました。

案の定マーイアの足取りは、まるで酔っぱらいの千鳥足のように右へ左へと行こうとします。私は足を取られないように気を配って何とかコントロールしながら、桜がきれいな広場からダムの方へ歩き出しました。

ポカポカ陽気で少し暑いくらいでしたが、マーイアは本当に楽しそうでした。少し人混みから離れるとマーイアも落ちついて歩くようになり、ダムの上では引っ張らずに私に付いて歩いていました。

当然マーイアの上には私からの賛辞が降り注ぎ、マーイアはより一層胸を張って良い子で歩いていました。
ダムから戻ってきてもう一度広場に戻りました。

広場にはお年寄りが大勢いました。皆さんデイケアか老人介護のホームから来ているらしく、マイクロバスで来ていました。その中でも20名以上の大きなグループがいました。半数ぐらいの人が車いすに乗って、介護士さんが押しています。マーイアとベンチで休んでいると、その方たちがマーイアに気づき「わあ、かわいい犬」と車いすを押してて寄ってきました。
マーイアは車いすに乗っている人と出会った経験があまりないので、私は彼女が警戒するのではないかと思いましたが、それほどでもなかったので、いっしょに「こんにちは」とご挨拶して話し始めました。
すると介護士さんたちが次から次へと車いすのお年寄りと共に寄ってきて、結局皆さんでいっしょに写真を撮ることになりました。マーイアは人が大好きですが、飛びつこうとするので私はそれが一番心配でした。でも、マーイアはとても落ち着いていて、皆さんの真ん中で愛想を振りまきおとなしくしていました。もちろん私は万一彼女が飛びつこうとしてもできないように準備はしていましたが。


皆さんが向こうに行ってから、またまたマーイアは私から賛辞の嵐を受け取り、心なしか誇らしげな表情をしていました。
桜の花のせいか、それともマーイアのせいか、今日はとても癒やされた気がしました。

さっぱりしたね

夕方、ぐっすりと眠りこけているワンコたちの顔はとても気持ちよさそう。このまま朝まで寝てしまうのかと思うぐらいよく寝ています。(そんな心配は無用。夕飯の時間になればいつのまにかムクッと起き出します)
私たちでもお風呂に入った後はどっと疲れが出ますが、ワンコたちもきっとそうなんでしょう。

今日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区トリミング勉強会が横浜で行われました。夫は朝早く新幹線で横浜へ出発しました。今回は私は犬たちと一緒に留守番です。
天気予報ではポカポカ陽気になるということで、私は今日こそみんなをシャンプーすることにしました。ところがこの辺りは朝はまだ寒く、夫を駅まで送って行った時は2度、その後もなかなか気温が上がってきません。ようやく暖かくなってきたのは午後1時を回ってからでした。
どうせシャンプーするならその前に目一杯汚れてもいいか、とエアデールパークへ連れて行きました。

エアデールパークの植物たちは新しい緑を身にまとい始めました。昨年買った6本のもみの木のうちの1本です。これが一番良い場所に植えたせいか元気です。この寒い地域では同じ植物でも冬を越せないものもたくさんあります。でもいったん冬を越すことができると、あとはどんどん元気よくなるようです。今にこの木も大きくなることでしょう。

エアデールパークのいちばん角っこに山桜の木があります。これはまだまだつぼみも固そうです。


5頭を順番にここまで連れてきて、しばらく遊ばせてからまた順に連れ帰ってそのままシャンプーします。この一連の作業をひとりでこなすのはかなり大変なことですが、のんびりのんびりとやることにしました。
メイプルはさっき来たばかりなので、テンコーが帰る番ですが、もう先に帰りたがります。テンコーはひとりぼっちになりたくないので、メイプルをいっしょうけんめい遊びに誘います。

このエアデールパークの中にも、庭の方にもアセビの木がたくさんあります。ただ、花を付けるのは陽が当たるところだけです。ところで、このアセビの木の葉っぱは有毒だそうです。幸いにもエアデールパークのアセビは背が高いのでワンコたちもこれを食べることはないでしょう。

マーイアをエアデールパークに連れてきて、一番困ることはクマザサを食べてしまうことです。注意しようものなら、よけいにあわてて口の中にほおばる始末です。これはその日か、遅くても次の日にはほとんど全部吐いてしまいます。それを見ると、ほとんど消化していないクマザサが大量に出てきます。

ようやく、最後にマーイアも洗い終わりました。身体の乾いた子から順に家の中に入り、みんな思い思いの場所でいかにも“あー気持ちいい”って顔をしながら、次第にトロトロとまどろんでいきました。

苗木さくら公園と夜明けの森

パーマリンク 2009/04/04 20:42:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

春の展覧会の前のこの忙しい時期ですが、今日は珍しく何も予定のない日でした。そんな時はもちろん犬たちをどこかへ連れて行こうかという話になります。午前中はダイアンとテンコーを、午後はメイプル、ウィロー、マーイアを連れて行くことにしました。
まずはなんと言っても今の時期ですからお花見です。行ったことがないところに行きたかったので、中津川の苗木さくら公園に行くことにしました。標識に案内されていった道は、とても狭くてすれ違いもできないような道です。こんなところでいいのかな?と不安になったころ、桜の花が見えてきました。道はここで通行止めになり、脇の広い空き地が駐車場になっています。降りると道沿いに桜の木があり提灯が下げられ、少し上の方には何人かの人たちがいて、さくらまつりらしいものが行われるようです。花はまだ満開ではなく、天気もどんよりしていたせいか寂しい感じがしました。


ダイアンとテンコーは大はしゃぎで、ちょっと興奮気味に山を登っていきます。さくらまつりの会場のようなところに着きましたが、まだ始まっていないのか、何となく場違いな感じがしたので早々に山を下りました。

20年ぐらい前ペリとレッドを連れて、苗木城址へ来たことがあります。その時「苗木城址」と書かれた入り口のようなところで撮った写真があります。ここへ今日また行こうかと思いましたが、どうも道がはっきりしないので、あきらめて夜明けの森へ行くことにしました。

思ったよりも遠いところでしたが、夜明けの森に到着しました。


ここがどんな風になっているかよく分かりませんが、ともかく歩いてみることにしました。歩道は石畳できれいに整備されています。少し歩くと、ほどなく大きな池が見えてきました。とても静かで歩きやすい良いところですが・・・
やっぱり!こんな感じのところはいかにもヘビが出そうだと思っていました。それにしても何も看板なんかなくたってヘビは出るのに、わざわざこんな看板があるということは、ものすごくたくさん出るということ???


そう思っただけで、足がすくんで歩けなくなりそうです。
おーい、ちょっと待って!先に行かないでよ!

2kmほど池の周りをぐるりと回ります。ヘビのことさえ考えなければ、なかなかきれいなところで散歩コースとしてはいいところでした。


家に戻ってくる途中から雨が降り出してしまいました。せっかく午後から残りのワンコたちを連れて行くつもりでしたが残念でした。

モダンパークってどこ?

パーマリンク 2009/04/03 20:00:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

クラブの会報の編集が終わってから、ようやく4頭のトリミングも終わりスッキリしてきたら、なんとまあメイプルのひどいこと。それこそ、「なんの動物?」なんて聞かれかねません。
こうなると正直手を付けるのもおっくうになりがちです。まして相手は10歳8ヶ月のお年寄り。あまり無理なこともできません。長時間となればじっと立っていることだけでも辛いはずです。私はいつもメイプルのトリミングは3時間を限度にしています。それ以上は負担が大きいと思うからです。

3時間後、まあ何とか見れるようにはなりましたが、毛の状態も悪く、年を感じてしまい悲しくなりました。若い頃はあんなに張りがあってきれいだったのに・・・その上、しばらく放っておいたのでよけいにいけません。これからはもう少し頻繁に手を入れてやろうと反省しました。(メイプルにとってはありがた迷惑です)

2時頃になって、トリミングの疲れからか、ソファの上でうとうとしていたメイプルを起こし、お出かけに連れて行くことにしました。車に弱いメイプルですが、自分ひとりのお出かけの誘惑には勝てませんから嬉しそうに車に乗り込みます。

以前から気になっていた小里川ダムの近くのモダンパークへ行ってみることにしました。とりあえず標識は一つありましたが、いったいどこがモダンパークか分かりません。なんの看板もない駐車場へ車を止めると、下に降りる道がありました。そこにはこんなものがありました。


たしか、どこかで見た案内にはモダンパークには“せせらぎ”があると書いてありました。これだろうか??水はありませんが、形は“せせらぎ”に似てなくもありません。


公園とも言えないようなただのだだっ広い野原をメイプルとブラブラ散歩して、次は小里川ダムの展望台に行ってみることにしました。いつもダムは行ってもここまで来るのは初めてです。


メイプルも少し疲れたようでした。

ダムの方へ降り、おばあちゃんの店へ回ってソフトクリームを買いました。これがメイプルへのご褒美のトドメです。


せっかくトリミングした顔をクリームでベタベタにしながら帰ってきました。

とうとう・・・

パーマリンク 2009/04/02 22:12:15 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

犬たちをみんな置いて出かける時、めったにリビングには犬を置いていきません。
ワンコ部屋、リビングに面した部屋、二階などと分散して留守番させます。今日出かける時、メイプルとマーイアはリビングに面したパソコンなどが置いてある部屋に置いていきました。
家に帰り、玄関の扉を開けると、リビングのドアのすぐ向こうでメイプルの吠える声が聞こえます。私は一瞬、“あれ?メイプルをリビングに置いたままだったっけ?”と錯覚しました。そしてドアを開けると、そこにはメイプルだけでなく、マーイアも嬉しそうにフリフリして私を出迎えてくれたのです。
“そんなはずはない!マーイアはたしかにパソコンの部屋に入れたのに・・・そっか、鍵がちゃんとかかってなかったんだ”
ところが・・・


鍵は取り付け部分からベリッとはがされた状態で取れていました。夫が帰ってきたら愕然としそうです。
留守の間に宅急便か何かが来て、ピンポーンと何度も鳴らしたに違いありません。出ようと興奮して、くわえて引っ張って壊したようです。これは犯人は明らかにマーイアです。メイプルはこうやって物を壊すということはありません。

このパソコンの部屋には毛布が1枚置いてあります。今年1月5日に2000円で「安い!」と喜んで買ったものです。今はこの部屋で寝る子はいませんが、日中休む時用に置いてあります。ところがこれもいつの間にかビリビリ状態。この犯人は主犯はダイアンでテンコーが共犯者といったところでしょうか。それでも、いつもこの部屋にいる子はこの上に寝ています。
マーイアが上手に身体を毛布にあわせて寝ています。


これを買った時にいっしょに買った1000円のハーフケットは、結局仔犬にもほとんど使わず、二階のマーイアのケージの中に入っています。これはまだ健在です。

ウィローのツイテナイ一日

パーマリンク 2009/04/01 22:22:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨日4時間、今日3時間、まあるくモコモコになったウィローのトリミングにかかった時間です。これがまずウィローにとってはツイテナイ出来事だったかもしれません。
このツイテナイ2日間に報いるにはお出かけしかありません。トリミングの後掃除をしてからウィローに囁きました。
「散歩行く?」この言葉に舞い上がったウィローは、うれしそうに全身を揺らしながらデッキから庭へ勢いよく飛び降りました。この時にどうやら足を強く打ったか、くじいたようです。


片足をあげてそのまま動きません。それでも、しばらくすると少し足をかばいながらですが、歩けるようになりました。たいしたことはなさそうなので、出かけることにしました。

お気に入りのパン屋さんパンプキンハウスでランチ用のパンを買い、桜を見に阿木川ダムへ向かいました。ところがダムが近づくと、さっきまでの青空は消えて、真っ黒な雲が広がり、ポツポツと雨まで降り始めました。
駐車場に着くと雨は次第に大粒になり、散歩ができるような感じではありません。それでも、外へ行きたそうな顔をしたウィローを連れて、公園の中の東屋へ行きました。ここならとりあえず雨からは避難できそうです。

ここでパンを開き、ウィローと一緒に食べ始めました。


お目当ての桜はほとんど開いていません。2分咲きと言ったところでしょうか。

私たちがパンを食べ終わると同時に、3人連れがお弁当を手にドカドカと東屋に入ってきました。やはり雨を避けてここでお弁当を食べるつもりのようです。
「わあ、ビックリした。あら、おとなしいね、なにこれ?なんの動物?」
いささか失礼な質問に内心ムッとしながら、「犬です」と答えました。私が立ち上がるのを待っているようなそぶりでしたので、追い立てられるようにしてそこを出ました。

雨はまだ少し降っていました。結局車に戻り帰ることにしました。途中、のんきや五平に寄って、おやつに五平餅を買って帰ることにしました。焼き上がるのを待つ間、ウィローを再び車から降ろしブラブラしていました。ところがまた大粒の雨が振り出し、すぐに車に戻りました。


結局、ほとんど散歩らしい散歩もできませんでしたが、家に着くとウィローは満足げな顔をしていました。ツイテナイ一日だったのに、健気なワンコです。

2009年4月
 << < 現在> >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     b2