アーカイブ: 2009年3月

タピオの毎日

パーマリンク 2009/03/31 20:45:07 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

北海道網走市に住むテンコーの息子、タピオのお母さんから日曜日にメールが来ました。タピオが行ってからもう3週間が過ぎました。先住犬の11歳のキッピス、猫のKaz、そして飼い主さんと楽しく暮らしている様子がよく分かります。許可を得ましたのでメールの一部を掲載します。

*****************************************


我が家は毎日シッチャカメッチャカです。
Kazと仲良し!?で、毎日Kazの毛がそここに散乱しています(笑)
どんどん大きくなり、お兄ちゃんになってきたタピ君です。
オシッコ、教えはじめました。どうやら、外でするものだと決めた様子。玄関先まで、私たちを連れていきます。
ま。。。失敗もしますが、失敗場所は、玄関付近のみです。

ジャンプーしてのガブリンコ、手や顔へのガジガブが酷かったので、一昨日、がっちり叱ったところ、ジャンプガブと、顔面へのガブは、一切なくなりました。Sit, Handをキッピスと一緒に上手にこなして、得意顔。

さて、今朝のおはなしをひとつ。。。
一番好きな場所は、相変わらず私たちのベッド。昨日は、地下室で熟睡してたので、そのままにしておきました。
今朝、5時の目覚ましを聞きつけ、階段を駆け上り、寝室へやってきました。夫と早朝おしっこの旅へ出かけ、5分ほどで帰宅。足を拭いてもらったタピオは、まっすぐ私たちのベッドへ飛び乗り。。。私の横に陣取りました。
2人と1匹、川の字になって、8時まで寝てました。途中、タピオが寝返りをうち。。。私の顔面にタピオの顔面が降ってきました。右側で、夫のイビキ。左側でタピオの大きな寝息と寝言。。。
可笑しくて、眠るどころではありませんでした。
8時、熟睡しているタピオを残して、ワンコの朝ご飯の用意でキッチンへ。。。
タピオのフードをカラカラ。。。と器へ入れる音がした瞬間、ベッドから転げ落ち、一刻を争うかのように、キッチンへダッシュしたぞーと、夫の声。
ふり向くと、片方の耳が裏返った状態で、私の足下にお座りしてました。
こんな毎日です。

キートン帰る

パーマリンク 2009/03/30 22:43:16 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

キートンが来て3日目。今回テンコーは本当に楽しそうでした。以前はたまにキートンに冷たい態度を取ったりする時もありましたが、なぜか最近はキートンに気を遣うようになり、積極的におもちゃを持ってきたりして遊ぼうとする態度が見られました。テンコーはお母さんになってから少し変わったのかもしれません。

今日はキートンの帰る日です。午前中にテンコーと庭で走り回って遊びました。以前はテンコーの走る速さにはついていけないキートンでしたが、今はずいぶん速く走るようになってきました。ものすごい勢いで庭の端から端へと追いかけたり追いかけられたり・・・
そして選手交代、マーイアの番です。マーイアはキートンを迎えに行った時しか遊んでいないので、自分の番が今か今かと待っていたようでした。外に飛び出たとたん、本当に嬉しそうにキートンに飛んでいきました。


マーイアとキートンも追いかけたり追いかけられたり・・・

ふたりの相手をして思いっきり遊んだキートンですが、まだまだそれほど疲れを見せていません。午後からキートンを送っていき、途中愛知緑化センターへ散歩に寄りました。


いつもなら平日は空いている公園が、今日は駐車場もたくさん車が入っています。子ども連れの家族、少しお年を召した夫婦、お友達同士、ひとりで来ている人、犬連れの人、等々大勢の人がいました。皆さんお花を見に来ているようです。今日のお目当てはこちら満開のユキヤナギでした。たしかに道の両側にビッシリ咲いた真っ白のユキヤナギは美しく、見に来る価値はありそうです。

キートンも花の美しさにうっとり?・・・ではなくて、花に群がるミツバチを捕まえようとしてじっと見つめていたのでした。

夜、キートンのお母さんに電話したらキートンはぐっすり眠っているようでした。3日間お疲れ様でした!

マイティとの再会

パーマリンク 2009/03/29 21:49:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

朝からキートンとテンコーをショーに連れて行きました。今日はキートンだけが出陳で、テンコーはお供です。会場は恐ろしいぐらい寒さかったので、テンコーもほとんど車の中ばかりでした。キートンはいつもながらとても落ち着いていて、いい子でした。


西宮に住むキートンとテンコーの息子マイティが遊びに来ました。初めての父と子の対面です。キートンは嬉しそうに寄ってくるマイティに困惑顔です。もちろん自分の子だなんて知るわけもありません。。。


そして、テンコーとの1ヶ月ぶりの再会です。テンコーが覚えているかどうか心配でしたが、どちらもすぐに思い出したようです。まるで家にいた時のようにテンコーはマイティを組み伏せて遊び始めました。リードが付いているので思う存分には遊べませんが、テンコーも満足した様子です。

マイティは飼い主のお母さんのことをじっと見つめてSitをしています。


関西の勉強会でもマイティのトリミングをしましたが、また伸びてきてしまったので、今日も少しトリミングしました。勉強会の時よりもまたお利口になった感じです。

キートンお泊まり

パーマリンク 2009/03/28 20:42:02 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

明日は名古屋のキートンをショーに連れて行くため、今日は我が家でお泊まりです。
キートンの家までマーイアを連れて迎えに行くと、キートンは玄関で待っていてくれました。キートンのお母さんが「マーイアかテンコーが来るよ」と言ったので、彼はずっと玄関にいたそうです。
出かける前に、しばらくマーイアと遊びました。マーイアもキートンが大好きです。庭を二人で走り回りました。

我が家に到着してからは、まずはエアデールパークでテンコーと遊びます。


テンコーは今日は留守番だったので、帰ってきた夫に甘えます。「どうしてマーイアを連れて行ったの?」

ふたりで山の斜面を探検します。


おもちゃをくわえて追いかけっこです。

そして、このあとトリミングの時間となりました。

今晩はワンコの部屋はテンコーとキートンがいっしょに休みます。明日は早いからみんな早く休みましょう。

ふたたび明智の森へ

パーマリンク 2009/03/27 21:04:47 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

午前中、ダイアンのトリミング。「終わったらどこかへ行こうね」「どこへ行きたい?」と甘い言葉をかけながらのトリミングは、私が1頭の犬だけにたっぷり関わることのできる、貴重なスキンシップの時間でもあります。
さて昼になって終わってみたら、外はまたどんより暗い雲。途中でふっていたみぞれのような雪はやんでいましたが、とても寒そうで散歩に出かける気分ではありません。昼食をすませ、何とか行かずにごまかそうとしました。
が、ダイアンは覚えていました。「いつ行くの?」と言わんばかりに私を見つめます。
こうなったら信頼は裏切れません。洗ってすでに片付けてしまった手袋をまた取り出し、暖かい上着を持ち、モコモコからスッキリしたダイアンには寒くないようにメイプルのセーターを借りて着せ、いざ出発です。

この間行った明智の森へもう一度行ってみました。今度は、まっすぐ奥の方を目指します。標識が消えかかっていて見にくいのですが、やっと展望台の方へ上る道を見つけました。しばらく登るとようやく展望台が見えてきました。もうギブアップしたいとの私の気持ちを察してか、またはダイアン自身ギブアップしたかったのか、私の“どっこらしょ”という遅い歩みにダイアンはあわせてくれます。


展望台に着くと、登るための階段がなんと隙間の大きいこと。これは、ちょっと慣れていないダイアンには怖いかも。
「ねえ、これ登るの?」
「いいよ、無理しなくても」


ここから見ると明智の町が見えました。やっぱり上まで上がった方がよく見えたかも・・・


展望台を下って、水辺のあるところへ。今の時期だからいいところだなと思いますが、あとしばらくしたら絶対ヘビがいそうなところです。そうなったら怖くて行けないでしょう。催眠療法かなんかで、ヘビが怖くなくなれば私の行動範囲はもっと広がるでしょうに・・・


熊注意の標識はありませんでしたが、これもいてもおかしくないような気がします。ダイアンは満足そうな顔です。

駐車場へ帰ると、ダイアンがよほど楽しかったのか少し車に乗るのをためらいました。
「もう少し行こうよ」
「疲れたから帰ろう」
彼女はしぶしぶ車に乗りました。

寒い一日

パーマリンク 2009/03/26 23:05:53 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

天気予報の予想通り、今日は日中にも少し雪やみぞれが降り、日が暮れる頃にはかなり本格的な雪になり始めました。ちょうど暗くなる前に撮った写真です。


今日は夫を駅まで迎えに行かなければならないので、雪がこれ以上降りませんように、と祈る気持ちで外を見ていました。ちょうど、タイヤを夏用に替えるために車に積んでありましたが、予報を聞いて急遽止めにしました。もうしばらくはスタットレスの方が安全です。
このあと、もう少し降り積もりましたが、夜駅まで行く頃はだいぶ溶けていたのでホッとしました。

思えばこの家を建てる時、ちょうど建前が3月31日でした。その時も雪が舞い寒い日で、大工さんたちも早々に引き上げたことを思い出しました。

今日のような寒い日は、いくら天気が良くてもワンコたちも家の中がいいようです。
テンコーがぬいぐるみのカノンに少し飽きたようで、新しいぬいぐるみを見つけました。いつものように前に座り、じっと見つめ、私に一生懸命アピールして取ってもらおうとしています。でも、これも大事なのでダメです。

アッサムのアルバム

パーマリンク 2009/03/25 21:48:00 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

黄色に丸を書いたリボンを付けていた仔犬キマルが、アッサムと改名し茨城のお家へ行ってから、もう3週間以上経ちました。先週トンネルで遊んでいる可愛い写真が送られてきました。そして、それからすぐアルバムが送られてきました。


それは、飼い主さんが我が家までアッサムを迎えに来た時から出て行くまで、そして家に着いてからという風にテンコーやアッサムの写真が順番に並べられ、短い言葉と共に小さなお話のようになっています。これは最初のペ-ジです。


私が一番好きな写真は、私がアッサムを抱きしめ頬ずりしながら別れの挨拶をしているところです。元気よく育ったアッサムを誇りに思い、無事にお渡しできる喜びにあふれ、でも寂しくて・・・この時の何とも言えない複雑な思いが出ているような気がします。なので、この写真は秘密にしておきましょう。そして、この光景はあと6回あったのです。
最後の方にはアッサムが飼い主さんのお家に着いてからの写真が並べられていました。その表情は落ち着いたいつものアッサムの表情でした。


素敵なアルバムをどうもありがとうございました。
アッサムのお母さんはプロのカメラマンです。ご自身のスタジオを持っていて、ワンコの撮影もOKだということです。いつかこちらでエアデールテリアの撮影会なんて素敵ですね。

studio MONO
茨城県ひたちなか市三反田3903-1
029-212-3184

明智の森

パーマリンク 2009/03/24 22:04:51 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

トリミングの後のご褒美は、なんと言ってもお出かけが一番です。
午前中3時間ほどトリミング台の上で我慢していたテンコーを連れて、買い物がてら「明智の森」へ行ってみることにしました。

岐阜県には生活環境保全林というのが32箇所あります。そのうちの一つがこの「明智の森」なんですが、これがいったいどこにあるのかよく分かりません。明智町へ行く時に通る道から入ったところだとは思うのですが、看板すら記憶にありません。特にナビの壊れた車に乗っていったので、何度も行ったり来たりしてようやく小さな看板を見つけ、国道からそこに続く道へたどり着きました。さらに走りようやく入り口近くまで来ると、大きな看板がありました。でも、なんだかわかりにくい。まるで誰も来なくてもいいよって感じです。最初に見つけた駐車場へ車を止めます。入り口に森の案内図があるわけではないので、どこへ歩いていったらいいか分かりません。まずは小道があったので、そこに入ってみました。こけが生えた森は可愛いウサギでも現れそうな、なかなか雰囲気のあるところです。


地面には可愛い花もたくさん咲いていました。


でも、もう少し暖かくなったら、可愛いウサギじゃなくてヘビが出そう~池の方へ行ってみました。


反対側の方にはちょっとした広場がありました。感心したのは、やたらに東屋やベンチなどが立派なことです。週末になったら人がたくさん来るのかしら?あまりそんな風には見えないけれど。。。

キャンプ場の方へ行ってからぐるりと回って帰ってきました。そこで案内図を発見。もっと奥の方へ行くと、展望台だとか色々あったみたいです。また今度来てみましょう。

我が家の梅は満開、そろそろ終わりが近づいてきました。今年はたくさん花が咲いたので、実もたくさん付けるといいな。

お彼岸とポピーの花

鹿児島に住むメイプルとウィローの娘、マリーのお母さんから毎年お彼岸になると、自宅の庭で摘んだポピーの花と鹿児島の美味しいたんかんが送られてきます。
私たちの2番目のエアデール“レッド”が亡くなった2002年の次のお彼岸から、「レッドちゃんに供えてください」と送ってくださるようになりました。その後ラフティも亡くなり、我が家のワンコのお墓には初代ペリとビルを入れて4頭のワンコたちのお骨が眠っています。その隣には目を開けることなく逝った小さな小さなエアデールも眠っています。
ちょうどお彼岸の頃には必ずクラブの勉強会が始まり、毎年忙しくしています。そのため、お彼岸であることも忘れがちですが、このポピーが歴代のワンコたちのことを思い出させてくれます。

そして、たんかんはいつも勉強会の時に皆さんにも楽しんでいただいています。

今日、ようやくクラブの会報の編集が終わり、印刷所に送ることができました。仔犬たちが出て行ってから、毎日これを一生懸命やることで、ずいぶん助けになりました。
印刷所からできあがってくると、今度は発送作業がありますが、それまでの間少しは我が家のワンコたちのトリミングもやらなくては・・・

3日続きのトリミング勉強会

連休最後の日、東海地区トリミング勉強会の二日目です。大阪から数えると私たちにとっては3日目のトリミング勉強会となります。予想通り朝起きたときから雨です。
栃木から来ているポルは朝から外でテントを張って、その下でトリミングしました。
この時期にしては雨でも暖かい日でしたが、なんだかんだと午前中いっぱい数時間はそこでやっていましたから、飼い主さんも寒かったでしょう。お疲れさまでした。

一方、あとの参加犬はテンコーの子ども達のうちマーカス、アポロ、カノンの3頭でした。この子達は我が家のワンコ部屋でトリミングすることにしました。
きれいになったアポロです。


マーカスです。


カノンです。


早めに終わったので、テンコーに仔犬たちを会わせてやりました。ケージに入った仔犬たちのことをすぐに思い出したようです。カノンを出すと、ついこの間遊んでいたように遊び始めました。動きが速くて写真がきれいに取れず残念でした。


今度はマーカスを出すと、テンコーはマーカスと遊びたいのに、マーカスはカノンのケージの横でカノンと遊びたがります。アポロのケージを開けると、アポロは中からすぐに出てこないで、テンコーのリードを引っ張って遊び始めました。


ほんのひとときでしたが、テンコーは久しぶりに会った仔犬たちに大喜びでした。でもテンコーにはそれがみんなが戻ってきたのではなく、また新しいお家に帰るんだということがよく分かっているようでした。

東海地区トリミング勉強会

パーマリンク 2009/03/21 23:28:26 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区のトリミング勉強会は明日ですが、どうやら明日は雨模様です。栃木のポルは明日の参加のために、今日から我が家に来ます。そして、愛知のテンコーの兄弟ベリアーも今日やってくることになり、まずは今日も勉強会前半を行うことになりました。
昼頃からトリミングは始まりましたが、5時過ぎまでしっかり勉強しました。ベリアーのトリミング後の写真です。


ポルは今日はまだ終わらなかったので、明日も引き続きやります。(飼い主さんは我が家にお泊まりです)
そのあとは、ベリアーとテンコーはお楽しみの時間です。エアデールパークで思いっきり駆けて遊びました。


途中でテンコーとダイアンが入れ替わりました。ベリアーはダイアンの息子です。お互いにたぶんすっかり忘れているかもしれませんが・・・ でも、何となくベリアーはダイアンがちょっぴり怖い様子でした。

関西トリミング勉強会

パーマリンク 2009/03/20 22:12:04 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

今日からエアデールテリアクラブ オブ ジャパンのトリミング勉強会が始まりました。ます本日は関西地区からです。大阪市内で行われた勉強会には22人の参加者と9頭の参加犬が集まりました。
今回は一番遠いところは福岡からお越しになりました。これを書いている今もまだまだ車の中でしょう。気をつけて家までお帰りください。

参加犬の中に、テンコーの息子マイティがいました。マイティが行ってから3週間。その間にずいぶん大きくなりました。それでもまだまだ何とか抱けますが、今度会う時はもう抱っこなんておかしいですね。
初めてのトリミング勉強会にマイティはちょっとビックリ。大きな子たちに囲まれたところでトリミング台の上に乗りました。小さいながらもこの雰囲気が分かるのか、かなり神妙にしていました。まあ、初日にしては上出来でした。
今頃きっと疲れて爆睡していることでしょう。

メイプルは今日も元気

パーマリンク 2009/03/19 22:30:13 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

先週末のことです。メイプルの調子が思わしくありませんでした。
金曜日ぐらいから少し食欲が落ち、土曜日には3,4回もどしました。10歳を超えた子が具合が悪くなるのは、死に繋がる重大な病気の場合もありますから、私たちは心配になりました。それもなんと言ってもメイプルの食欲が落ちたのです。これは絶対深刻なものかもしれないと、口に出すのは怖いので、心の中でそっと考えました。様子を見て、月曜日には獣医に連れて行くつもりでした。

日曜日にはもどすこともなくなり、ガツガツではありませんが食事は全部食べました。
次の日には、夫と私の間ではこんな冗談を言う余裕が出てきました。
「静かで調子の悪いメイプルと、ギャンギャンうるさくて元気のあるメイプルとどっちがいい?」
「静かで調子の悪いメイプル」
「やっぱりね」
その時、食事の準備が待てなくて、ギャンギャン催促するメイプルが横にいました。

メイプルは年を取るにつれ、仲間の中で自分の力を誇示する自信がなくなってきたせいか、口がますますうるさくなったような気がします。特にウィローに文句を言う時と、食事の準備の時です。

とにかく今週になってから注意深く見ていますが、今のところ大丈夫そうです。昨日は暖かい日中、エアデールパークへみんなで行きましたが、気持ちよさそうにしていました。


このエアデールパークには人間用にイスはありますが、ワンコたちが休むところがありません。砂利は細かいので、この上に座ったり寝たりしていますが、やはりワンコたちにもデッキのような何か直接地面に座らなくてもいい場所を作ってやりたいです。

アッサム

パーマリンク 2009/03/18 21:32:11 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

アッサムのお母さんからメールと写真が来ました。許可を得ましたので引用します。
****************************************
お久しぶりです。
我が家に新しい家族、アッサムがきて2週間がたちました。
留守にすることもあるので、トイレは外だけでなく家の中にも作り、すぐに覚えました。お家に来てから、迎えに行った時のキャリーで寝かせていましたか、そろそろ小さくてかわいそうなので、日時日に、少し大きなゲージにお引っ越ししました。そしてトイレはトイレトレーだけにしてみました。柵がなくなったので、ちょっと心配でしたか、成功してます。
雨が降っていないときは、朝は外で食べて遊んでいます。最近は暖かかいので、お昼も外で食べて遊んでいます。子供用ですがトンネルを出してあげると、懐かしかったのか夢中になって、走り回っては水をたくさん飲んでいました。
アッサムも慣れてきたからなのか、暮らしに慣れなくてストレスが溜まっているからなのか、しつけができてないのか…噛んだりします。
ふたりのママに負けないよう、頑張らないといけないですね!
アッサムを迎えに行ったときに撮った写真をアルバムにしたので、近々送ります。テンちゃんも載っているので楽しみにしていてください。
****************************************
アッサムのお母さんはカメラマンです。迎えに来た時にたくさん写真を撮ってくださいました。アルバムがとても楽しみです。


たった2週間たっただけなのに、ずいぶんアッサムがお兄ちゃんに見えます。トンネルはアッサムもきっと喜んだでしょう。
実は仔犬たちが使ったトンネル、あのまま放置してあります。所々破れて、針金が見えています。次回には使えそうもありませんから処分するつもりでいますが、何となく触れないでいます。

ついでに・・・

パーマリンク 2009/03/17 20:52:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

正直、時間がありません。何とか今週末には会報の原稿を印刷所に出したいのです。
そのためには、一日中パソコンの前に座るしかありません。でも、そんなの・・・
我が家のワンコたちは、仔犬がいる2ヶ月間健気に辛抱していました。今ようやくまた前のような生活に戻って、こんな天気の良い日は期待に満ちた目で私を見つめます。
たとえ黄砂が降っていても、彼らにとってはお出かけ日和。身体が汚れたって気にしません。だから、私は彼らを連れて行く口実が必要なんです。それが“ついでに”なんです。出かける用事があれば、“ついでに”誰かを連れて行けるからです。出かける時間が30分延びたって、1時間延びたって、何の変わりがあるものか、という言い訳を胸に、パン屋へ行く“ついでに”ダイアンを連れて出かけました。

“ついでに”ですから、大好きなパン屋「パンプキンハウス」と同じ方向の上矢作のモンゴル村がある道の駅へ。同じ方向ですが、パン屋からまだ6km先になります。6kmぐらいならこの辺りではほんのすぐそこ、“ついでに”寄ったと十分言えます。

駐車場の下はすぐ川が流れています。


水はとってもきれいですが、先日の雨のせいかかなり流れが激しいです。


今日は暖かいとはいえ、このいかにも冷たそうな水に触れる気はダイアンにはないようです。ピョンと水に落ちないように石の上に渡り、少しも水に近づきません。それよりも早く他のところへ散歩に行きたいみたいです。私があわてているのが分かるのでしょうか?
ここで写真を撮りだしたら、ダイアンも何だか落ちつかない様子です。「そんなことより、早く歩こうよ」と言いたげです。いつもはカメラ目線がお得意のダイアンが、絶対目を合わせません。最後には名前を呼んだらあっちを向いてしまいました。彼女の精一杯の抵抗でした。

まん丸顔のうちの犬

パーマリンク 2009/03/16 20:05:08 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

仔犬が生まれる前に、みんなせっせとトリミングしてもらったけど、あれから早3ヶ月。そりゃ、みんなモコモコになってきます。生まれてからまだ仔犬が小さいうちに、ダイアンとマーイアは少しはやってもらったけど、たしかウィローもメイプルもずっとやってもらっていません。テンコーも2回ほどやってもらったので、ずっとましです。
何とかトリミングしてやりたいけど、今週も先週に引き続き会報の編集があります。どうにかして今週末には終わらせたいので、もう少し待っててね、みんな。来週はトリミングがんばるよ!まっ、つもりだけど・・・

まん丸顔のウィローと一緒に、買い物ついでに見つけたのは新しい散歩道。阿木川ダムの駐車場に止めて、ダムの反対側、山側の方へ向かって歩く道です。阿木川ダムは桜がとてもきれいなところです。昨年ルーマニアのラヴィニアが来日した時、ここの満開の桜を見て、彼女がとても喜んだのを思い出します。こちらの道にも何本か桜の花が。もうしばらくするときれいになるでしょう。
そんな木の間に鳥のための可愛いお家を見つけました。


今日はカメラを持っていなかったので、携帯で写しました。私の携帯だと写真はこんなものかな。

ウィローも新しい散歩道に楽しそうにワクワク歩いています。まん丸顔のウィローです。こざっぱりしていないからそう思うのか、ウィローも何だか年を取った感じに見えました。今日は画素数の少ない携帯のカメラでよかった。。。

キートンとテンコー

パーマリンク 2009/03/15 21:22:05 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

テンコーの仔犬たちの父親キートンと遊びました。
テンコーはキートンより6ヶ月年上の姉さん女房(?)です。最近のキートンはお母さんが「テンコーは?」「マーイアは?」と言うと、キョロキョロ探し始めるそうです。
テンコーが出産する前は、どちらかというとマーイアの方がキートンと上手に遊びました。テンコーは少しおすましで、キートンが嬉しそうに寄ってきても時々冷たい態度を取る時もあったのです。

そんなテンコーを上手に操るすべをキートンが覚えたのか、それともテンコーが少しおとなになったのか、今日はふたりは仲良しです。
テンコーはキートンのぬいぐるみが気に入ってしまったようで、取り上げて遊んでいました。キートンはほんの隙にそれを持って行きます。
「ほら、あそぼ!」とキートンがぬいぐるみをテンコーに見せます。


テンコーはちょっと気になります。キートンはもう少し近づいて、「ほら、テンちゃんの好きなぬいぐるみだよ!」


テンコーが追いかけると、キートンが逃げます。とうとう、テンコーに取られてしまいました。でも、本当はキートンはちょっぴりわざとテンコーに取られたような感じです。

キートンが追いかけると、テンコーが逃げます。でも、いつのまにかまたキートンの口にぬいぐるみが・・・


お姉ちゃんが帰ってきました。今日は有名なケーキ作りの先生の教室の日です。作ったケーキをごちそうになりました。洋なしのシャルロットです。全く専門家の味です。高い値段で売っていても不思議ではない出来でした。このケーキの前にもお姉ちゃんの作ったフランボワーズをいただきました。どちらも絶品でした。


ケーキの周りの半端部分をテンコーもたくさんいただきました。目の色が変わってしまいました。

テットリーとグラウカの仔犬

パーマリンク 2009/03/14 21:51:46 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

名古屋の友人宅へ2月2日に生まれたテットリーとグラウカの仔犬を見に行ってきました。
テットリーもグラウカも大歓迎で私たちを迎えてくれました。テットリーはダイアンの兄弟ですが、オスとメスでも本当に雰囲気がよく似ています。うれしさをちょっと乱暴に表現するのもそっくり。落ち着くまではちょっぴり時間がかかります。

仔犬たちがいる部屋を開けると、そこには可愛い6頭の仔犬たちが・・・1週間ぶりの仔犬の匂い、たまりません。。。

女の子が4頭、男の子が2頭です。女の子が多いせいか、割に静かな気がします。寝ぼけていただけかもしれませんが・・・

今日で41日目の仔犬たち。友人は言っていました。「できたら全部残したーい!」その時期は誰でもそう思うんです。あと2週間もしたらお手上げになりますよ。
1頭ずつトリミング台の上で立たせてみました。


まだまだ41日目ですが、みんなしっかり立てました。


ほとんど新しい飼い主さんが決まっていますが、2頭ほどはまだはっきりしていません。エアデールと暮らしてみたい方は一度atcj_info@ybb.ne.jpまでご連絡ください。

仔犬の代わりに

パーマリンク 2009/03/13 19:56:33 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

テンコーはいつも高いところに置いてあるおもちゃや何かが欲しい時、その前に座りじっとそれと私の顔を交互に見て、「取って」という合図を送ります。
昨日、テンコーの視線の先にあるものは、小さなエアデールテリアのぬいぐるみでした。以前からそこにありましたが、今までは欲しがることもなかったのです。あれは犬のおもちゃではないという認識が確かにありました。と、言うことは・・・私は思わず胸がきゅっと締め付けられ、テンコーにそれを渡してしまいました。テンコーはそのぬいぐるみといっしょに、まるで仔犬と遊ぶ時のようなやり方で遊び始めました。私はそのぬいぐるみをカノンと呼んでいました。(本物のカノンちゃん、ごめんなさい)

テンコーはとても大事そうに持ち歩いていましたが、そこはワンコです、いつのまにかダイアンに取られたり、その辺において忘れてしまったり。でも、私が「カノンは?」と聞くと、あわてて探し始めたりしていました。
そして、夜になりました。テンコーはダイアンに似ていて、自分たちの食事の準備をする時になると、何かを噛んでいないといられません。たいていダイアンは自分の毛布です。ナイラボーンだと助かります。テンコーも最近ダイアンのように何かを口にくわえようとしています。テンコーのご飯を持ってくると、そこにはバラバラになったぬいぐるみがありました。

その話を今朝夫にすると、「じゃあ、こっちのをやれば」と簡単に次のエアデールのぬいぐるみを渡してしまいました。今日は、天気も悪く家の中にいる時間が長いので、すいぶん執着しています。横にある黒く丸いものは目です。これは取ってしまいました。


眠っている時も今日は離しません。

もうすぐ彼らの食事の時間ですから、その前にちょっと取り上げることにしましょう。
そうそう、昨日ぬいぐるみをバラバラにした後、テンコーは今度このぬいぐるみの前に座りました。これは明らかに成犬でしょうが!それに、ロシアの友達に特別に作ってもらったものなので、絶対渡せません。

雪の中のタピオ

パーマリンク 2009/03/12 18:07:39 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

タピオが網走へ行って二日目のこと、早速雪の中で遊んだそうです。
飼い主さん曰く、「タピオって寒がりだって言ってませんでした?」
そうです、そのとおり。タピオが我が家にいる時は、外で遊んでいてちょっぴり寒くなるとすぐに家に入りたがっていました。
ほら、一番左のはい上がろうとしているのがタピオです。


でも、なぜか網走に行ったら、タピオは雪の中で一生懸命遊んで、いつまでも家に入りたがらなかったそうです。

雪の中では堂々とうんP中。11歳のキッピスもこれからお守りが大変です。


そして、最後はしぶしぶ家に入ったようです。

こんな風に、新しい飼い主さんから色々話を聞いていると、“うん、やっぱりね”と思う時と、“えっ?意外だな?”と思う時があります。ここでは、見せていなかった顔が出てきたりします。
さあ、そろそろ他の子たちも少しずつ本性が現れてきた頃で、新しい飼い主さんもとまどっているかもしれませんね。

日本人の知らない日本語

パーマリンク 2009/03/11 20:34:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り, ブリーディング

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンが年4回発行している会報“エアデールつうしん”(今年からは年3回発行になりました)に、2004年2月から2008年2月まで17回にわたり、「りんたろう成長中!」という漫画が連載されていました。作者はクラブの会員で、倫太郎のお母さん、蛇蔵さんです。

今回彼女が「日本人の知らない日本語」というとってもユニークなコミックエッセイを出版しました。もともと彼女はイラストレーターとして活躍していました。今回の本は、日本語学校で先生をしている彼女の友人の話がとても面白いので、それを漫画で描いたものだそうです。

ちょっとだけ中身を紹介すると、第1章「外国人の素朴な疑問は超難問」第2章「そんな日本語使いません」第3章「間違いな敬語」第4章「トコロかわれば」第5章「知られざる仮名の過去」などなど、です。あとは是非買って読んでください。お勉強にもなります、かな? このブログの左側の下の方にある本をクリックすると直接Amazonへいくことができます。

あとがきのところに少しだけ倫太郎が出てきます。倫太郎はメイプルとウィローの息子で、いつかまた倫太郎の漫画が出版されるといいなあ。

今日は、郡山市に行ったラッキーの写真が送られてきました。


毎日元気いっぱいで遊んでいるそうです。

中津川公園見っけ!

パーマリンク 2009/03/10 22:05:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, ブリーディング

アポロのお母さんからメールが来ました。許可を得たので引用します。
********************
こんにちは、アポロがきて10日になります。やっと自分の生活もアポロの1日も落ち着いてきたように思います。
食事も残さず全部食べます。体重も家に来たときは5.6kgでしたが今は7kgあります。元気で楽しい子です!
昨日のブログ読ませていただきました。ほんとうにありがとうございました。正直、アポロだけでも悲鳴をあげたい気持ちでした。それなのに7頭も!とても考えられません!ただただ感嘆するばかりです。
素晴らしい2人のお母さんと お家の方に感謝いたします。
********************

昨日のブログはちょっと感傷的になっていたようです。アポロのお母さん、私だって毎日悲鳴を上げていました。。。あともう少しみんないっしょだったらお手上げだったかもしれません。テンコーもそうです。最後の方はみんなでバタバタやっている時など、手が付けられないって顔してましたよ。

今日は中津川のアピタまで行く用事があったので、テンコーを連れて行きました。道中にたしか大きな公園があるはずなんだけど、よくわからないというところがあったのを思い出し、今日はそこを探すことにしました。いつもの道から曲がって少し行くと・・・ありました、大きな公園、中津川公園が。
駐車場があっちにもこっちにもあってよくわからないので、適当に駐めてさっそく散歩へ。テニスコート、競技場、大きな芝生広場、大きなホール、まだまだ工事中のところもありました。

大きな芝生広場はとても気持ちよさそう。でも、犬は禁止でした。

仕方がないので、公園内の舗装された道を歩くことにしました。

この写真だけ撮ったところで電池切れ。せっかくテンコーを撮ろうと思ったのに残念です。仔犬の写真を毎日撮っている時は、こんな不注意なことはなかったのに・・・と、またつまらないことを考えていました。
休憩したくても、イスなどがある休めそうなところはみんな芝生の中です。犬連れは休むこともできず、ひたすら歩かないといけないようです。

家に帰ると、4頭のワンコたちが大ブーイング!このところ、いつもテンコーばかりお出かけなのが不満そうです。
「ごめん、ごめん。この穴埋めは必ずするから!」
みんなに軽々しく約束してしまいました。

短かった日々、長かった日々

パーマリンク 2009/03/09 22:50:36 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

昨年10月、オーストラリアのアンとロンが我が家に滞在した約10日間、毎日毎晩エアデールの話ばかりしていました。それが大きな刺激になりました。いつかはテンコーの子を残して、私たちのラインを続けたいのなら、まずは若いうちに出産させた方がいい。彼らの励ましは、前回のダイアンの難産が原因で、繁殖に対して逃げ腰になっていた私を奮い立たせ、テンコーの出産を決意させました。ちょうどヒートが始まったところでした。

12月26日に仔犬が生まれて、私たちの生活は一変しました。もちろんテンコー以外のワンコたちの生活もです。すべてが仔犬を中心に回り始めました。仔犬の匂い、仔犬の手触り、仔犬の声、仔犬がいるのは何にも代えることのできない幸せです。そのとっておきを2ヶ月間楽しむことができるのです。でも、仔犬は毎日恐ろしいスピードで成長し、最後は順番に持ち上げるのも大変なぐらいになってきました。すると、もうお別れです。
季節の移り変わりを感じる余裕もないままに、仔犬たちの世話をして、気づいてみるともう3月も中旬になろうとしています。秋に決意した出来事が春が来る前に終わりを告げました。なんともあっけないぐらい短い日々でした。

一方、新しい飼い主さんにとっては仔犬が来るまでの間、例えそれほど長くなかった方でさえ、きっと長く感じたことでしょう。皆さんが迎えに来た時の、ようやく仔犬を手にした笑顔が、その表情が、そう言っていました。
そして、今度は10数年は続く仔犬との長い生活が始まりました。最後には「あっという間に過ぎてしまった」と思えるほど、楽しく充実した犬との暮らしを送ってもらいたいと思います。

あの仔犬たちが、新しい飼い主さんを幸せにするかもしれない。そう思うと、寂しさも少し紛れます。
クラブのたまった仕事が、会報の編集が、仔犬のことを忘れさせてくれそうです。
そして、何よりも5頭のエアデールたちが私を支えてくれています。
最後にもう一度だけ、テンコーと仔犬たちに感謝を。

テンコー、元気出して!

パーマリンク 2009/03/08 21:17:48 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, エアデールテリアクラブの行事

昨日仔犬たちがいなくなった後、ワンコ部屋は元のようにダイアンとテンコーが寝れるように模様替えをしました。
初めはダイアンと元気そうに遊んでいたテンコーは、夕食がすむと元気がなくなり、ケージに入って身じろぎせず横になっていました。私たちが「テンコー」と呼んでも見向きもしないで、まるで仔犬との楽しかった日々を思い出しているかのように、じっと物思いにふけっていました。

そんなテンコーを連れて、今日は岐阜県和良村へ行ってきました。7月に行われるエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの東海地区主催のエアデールファンデーの会場の下見です。今回は、クラブの友人の親戚が持っている手作りの家(?)でバーベキューをすることになりました。郡上八幡から30分ぐらいの和良村は、山の中の静かなところです。その家は川のほとりに建っています。持ち主は愛知県からここまで始終来ては少しずつ家を建ているそうです。いっしょに行った友人は「廃材の家」などと言っていましたが、確かに色々なものが使われています。


いくつもの部屋があり、少々雑魚寝っぽくなるかもしれませんが、山の暮らしを体験したい人には面白いところです。バーベキューがクラブのイベントのハイライトになりますが、それをはさんだ3日間は希望者は寝泊まり自由です。


もちろん近くにはキャンプ場もありますから、そちらで寝泊まりすることもできますし、また少し足を伸ばして他のペットと泊まれる宿を探してもいいでしょう。遠くからもたくさん参加してくれるといいですね。

今日は川に下りることはできませんでしたが、夏には何とか下りる場所を見つけて犬と一緒に水遊びも楽しそうです。


テンコーは兄弟のベリアーにあって嬉しそうでした。川縁をずっといっしょに楽しそうに散歩していました。

こうやって一日をのんびり私たちと一緒に過ごしたテンコーは少しずつ元気が出てきたように見えました。

肝っ玉タピオとカノン

パーマリンク 2009/03/07 21:25:12 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

とうとう最後までいたタピオとカノンが新しいおうちへと旅立っていきました。
オスとメスですが、何かとよく似たふたりでした。ものおじしなくて、甘えっ子で、ご飯を手から食べることが好きで、サークル越えもこの2頭だけができた得意技でした。

タピオは今回の兄弟の中で、唯一飛行機で飛んだ子でした。彼の行った先は、北海道網走。新しい飼い主さんは私たちの古くからの友人で、先住犬キッピスも私たちが11年前に繁殖した子です。ここには先住猫もいます。


この中に入っていくわけですから、いったいどんなことになるのやら???
早速メールが来て、タピオの様子を知らせてくれました。許可を得たので引用します。
************************************
流氷は昨日の南風で殆ど姿を消し,今日もプラス3度。ただし、西風が強く、セントレアからのフライトは、快適ではなかったでしょう。

到着が10分遅れたものの、受取カウンターに現れたTapioはご機嫌でした。空港から家までは20分弱。腹ぺこ新入り坊主は、1回分のドライフードをあっという間に平らげました。

車のエンジン音で、私たちの帰宅を知ったkippisは、室内で大騒ぎの様子。出会いの設定をどういう風にしようか決めかねていたのですが、「ただいま!」と、いつものように帰宅することにしました。
ドアを開けるとTapioの歓迎会が始まりました。とにかく、KippisはTapioに徹底的について歩き、Tapioに文句言われて、Kippisが引き下がってばかり。。。王子さまと侍従の様で笑えました。

猫は、初めてのTapio。。お互い、お見合いで、3秒ほど固まってました。Kaz(猫)は、Tapioの誘いに、先制パンチの洗礼で応えましたが、新入り君は物怖じすることもなく、対戦を楽しんでいる風でさえありました。今日のところは、2ラウンドで終了。1敗1引き分けの模様。いや、Kazの玩具をグチャグチャに破壊したので、Tapioなりには、3ラウンドで、1勝1敗1分かな。。

Kippisは大好きなトリーツには目もくれず、Tapio命の状態。一方、TapioはKippisに構うことなく「おやつ?やったーと、目を輝かす強者ぶり。先が楽しみです。

足がすっぽりと埋まってしまう程の雪にビックリしながらも、よろけて埋まりながら遊んでいました。足が冷たくなって、片足をあげる仕草、写真に納められなくて残念。

行き付けの自家焙煎珈琲屋さんから、ワンコ様にもらってきた麻袋が気に入った様で、敷物にしながら、胸元に上手にたぐり寄せて、楽しそうにガジガジしています。

チビ介には、地下室への階段昇降は難しいかと思っていましたが、登りは1回でクリア。下りの技は、まぁ、明日には憶えてしまいそうです。

甘え上手で、私の姿が見えなくなると、「キュンキュン」と鳴き、眠くなると、お腹をさすれ!とねだり、ご飯はノドを鳴らしながら美味しそうに食べるなど。。。。新オーナーのツボをきっちりと押さえる策士ぶりを初日から披露しております。

成長を楽しみながら育てていきますね。


************************************
網走も今年は暖冬のようですが、2月にはこんな流氷が見えたそうです。

さて、カノンは午後に愛知県春日井市から新しい家族が迎えが来ました。こちらも先住犬が2頭いるおうちです。
我が家からは1時間ぐらいで、またクラブの行事などでこれからも会う機会があるでしょう。
カノンも初めてのトリミングをしてもらって、ボサボサしていたお顔がとてもキュートになりました。


新しい飼い主さんの車の中には後ろに小さなサークルが置いてあり、そこに乗っていきました。 車に乗る前に外でおしっこをしたので、1時間ぐらいは大丈夫と思っていました。ところが、途中揺れてる車の中で、おしっことうんPをたっぷり。。。何ともまあ、豪快な子です。

Crufts 2009

パーマリンク 2009/03/06 17:20:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち

昨日3月5日よりイギリスではクラフト展が始まりました。今年はテリアグループは1日目で、エアデールテリアはもうすでに終わりました。Crufts 2009のホームページへ行くと、結果が出ています。今年のBOBはCH NEDELLA THE DIAMONDで昨年と同じ犬でした。

私はクラフト展に行ったことがありません。以前にもこのブログで書きましたが、8年前に行く予定をしていたときに、イギリスでは口蹄疫が蔓延して、クラフト展が延期になったため行くことができませんでした。それ以来なかなかチャンスに恵まれません。その理由は、ほとんどの年は夫がクラフト展に出かけるからです。我が家にとって、これだけの犬がいるとなると二人揃って家を空けることは難しく、海外へ出かける時はどちらか一人ずつに限られています。夫の仕事が忙しくてどうしても行けない時は、すなわち犬の面倒を見ることもしづらい時ということで、結局私は出かけられないのです。

今年もクラブの友人に誘われましたが、夫は仕事が忙しく、私はまだ仔犬の世話があり、実現しませんでした。
毎年、夫が行く時は私がだいたい旅行のアレンジをします。友達の家へ行く時なら、その交通手段を。ホテルで泊まるなら、その手配をして、電車やバスの予約も取ります。クラフト展のチケットを取ったり、地図を用意したりもします。また、夫はイギリスのエアデールテリアのクラブに3つ所属していて、そのうち2つはいつもクラフト展で出会った時に年会費を払うので、その用意もします。そうやって色々な準備をしているうちに、あたかも自分が行ったような錯覚に落ちることがあります。ま、安上がりでいいですが。

そんな訳で、今年はそれもないので少々寂しい気がします。せめて友人が写してきてくれる写真と話を楽しみに待つことにしましょう。
これは昨年の夫が撮ってきたクラフト展のエアデールの審査の写真です。


ウィローの実家ロブロイド犬舎のトムは、ロシアンブラックテリアクラブ オブ イングランドの会長でもありますから、最近はこちらに出陳しています。今年は夫が行かないので、きっと寂しく思っていてくれることでしょう。


夫よ、たまには私に行かせてください!

ちょっとした冒険

パーマリンク 2009/03/05 19:19:51 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, ブリーディング

仔犬にとってはちょっとした冒険ではなく、大いなる冒険かもしれません。
昨日まではお母さんしか行けなかったフェンスの向こう側にタピオとカノンが行ってみました。こちらは鷹よけの網もなく開けた世界です。もう鷹もちょっと重くて連れて行けないでしょう。ただ一面砂利敷きですから、仔犬が小石を食べてしまわないように十分気をつけていなければなりません。
初めはおっかなびっくりで腰が引けていた仔犬たちも、だんだん慣れてくると少しずつ匂いを嗅ぎながら探検します。

カノンはお母さんと一緒に探検を始めました。


もうすっかりひとりでも大丈夫です。


フェンスの中と外には5本ぐらいの梅の木があります。一つだけ開いた花を見つけました。


いくら暖冬とはいえ、あとはまだまだ咲いていません。いつもこれらの梅の木から20kg近い梅が実を付けます。今年も豊作だといいなあ。


「早く、僕もそっちへ行きたいよー」タピオは待ちきれません。


やはり、男の子!冒険心がいっぱいです。植物の植えてある花壇のすみに強引に入ったり、何でも興味があります。


楽しそうに遊ぶ仔犬たちにお付き合いしているうちに、何やら鼻がムズムズ・・・あーまたか。

ふたりはライバル

パーマリンク 2009/03/04 22:24:25 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

仔犬たちはみんな甘えん坊です。今回の子たちもみんな人が大好きで、すぐに寄ってきて、抱かれてもらったり、触ってもらうことが大好きです。でもその甘え方も色々ですが、大きく分けると2つに分かれます。自分からどんなことしても寄ってくる子、これはまた強引にぐいぐい他の犬を押しのけて寄ってくる子と、それほど強引ではないのに、何だか要領よくいつも膝の上にいる子の2つに分かれるでしょう。そして、もう一つは自分から積極的には寄ってこないのに、他の犬がいないとすっと側に来ていたり、こちらの手が伸びるのをじっと待っている子。

さあてそんな中で、ただ今いっしょにいる2頭タピオとカノンは、自分からどんなことをしても寄ってくる子たちです。当然、私のことは取り合いになります。ふたりはライバルなのでしょう。仔犬のことですから遊びたくて仕方がありません。でも、遊んでいるうちにいつのまにかケンカになってしまいます。どちらが強いというわけでもなく、やったりやられたりですが、他の犬たちがいなくなった今は、じゃまされたり気がそれたりするものがありません。そんなわけで、今はこの2頭はサークルを二つに分けて入っています。それでもサークル越しに、ゴチョゴチョやっています。

外に出る時もひとりずつ。だから、テンコーか私がどちらかを見ています。ご飯を食べる時も片方のそばにいると、“こっちに来て”とヒュンヒュン言っています。そういえば、このふたり私の手から食べ物をもらうのが大好きです。私はあっちへ行ったり、こっちへ来たり。結局2頭になっても仕事はちっとも減っていないことに気づきました。

外で遊ぶ時は私といっしょ。ボール投げは少しだけ好きなカノンです。

テンコーとも対等に遊ぼうとするちょっぴり生意気なタピオ。

オーストラリア森林火災 その後

パーマリンク 2009/03/03 22:15:50 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち

昨日オーストラリアの友人からメールが来ました。2月の火災の時に家を失った友人との連絡をしてくれています。彼らのためにエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの有志から集めた寄付は290,000円に達し、1週間ほど前に送金しました。その時に初めて電話で連絡が取れ、声を聞くことができました。思ったよりは元気そうで、何より後片付けが大変そうでした。同時に新しい住まいの準備にも追われ、その忙しさは想像に余るものです。メールをくれた友人たちも彼らの手伝いに行き、みんなでケンネル作りなどをしているようです。電気や水道も次の週末頃には復旧する見通しだそうです。

私が2年前にオーストラリアに行った時に見たところは、どこもかも焼けてしまったと書いてありました。本当に悲しいです。

Yarra ValleyとHealesville Sanctuaryへ行く途中です。広大な景色が美しかったです。

途中立ち寄ったところで、大きなログ(丸太)がありました。どこもかも大きなユーカリの木があり、いかにもオーストラリアの森といった感じでした。

Benallaの町へドッグショーへ行く途中です。連れて行ってくれた友人は、わざわざ山や森の中を走ってくれました。息を飲むような美しいユーカリの森でした。ここはダム湖のようでした。

私のためにわざわざエアデールテリアクラブオブビクトリアのメンバーが集まって、バーベキューパーティーを開いてくれました。皆さんとても気さくで、明るい人たちでした。

こんな状況の中、この3日間また強風が吹き荒れ、森林火災が広がる警告が出ているとのことでした。他のエアデールテリアの仲間はとりあえず今は無事だそうですが、皆さんいつ避難しなければならないかわからず、夜もおちおち眠れないようです。
私はとにかくこの恐ろしい森林火災が早く完全に終息するのを願うばかりです。

仔犬たちの宴

パーマリンク 2009/03/02 21:56:16 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

朝、茨城から来ていたアッサムのご家族が迎えに来ました。そして、我が家にはあとタピオとカノンの2頭になりました。今週末まではこの2頭と最後の仔犬との日々を送ることになります。

仔犬がよく歩くようになる1ヶ月頃から2ヶ月までの1ヶ月間、毎日仔犬たちの宴が続きます。
日に日に大きくなればそれだけ世話も大変ですが、この仔犬たちの宴は、まるでおとぎ話か夢の中のような幾分現実味のないぐらいハッピーなものです。繁殖したことのある人なら誰だってこの時期に一度は思うはずです。“ずっとこのまま全部うちに置いておきたい”と。でも、次第に大きくなるに従って、これが全くバカげた考えであることがすぐに分かるようになります。こうやって仔犬の宴の中にいる私は、少しずつ現実に引き戻され、そして宴は終わっていきます。

何の事情も知らない仔犬たちは、突然宴の中から引き離され孤独を味わいます。しかし、新しい家族の優しさにふれ少しずつ現実を受け入れて、そして新しい生活になじみ、いずれ仔犬たちの宴があったことを忘れるようになるでしょう。

この週末、このあたりはものすごい量の花粉が飛んだようで、昨夜から私はひどい花粉症に悩まされています。今朝もお別れ前のアッサムの写真を撮りたかったのですができませんでした。これは2週間ほど前の写真ですが、とても可愛いので私のお気に入りです。アッサムの新しいお母さんが、今日迎えに来た時にたくさん写真を撮ってくれました。きっとその中にもトリミングした可愛い顔のアッサムの写真があることでしょう。

マイティとアッサム

パーマリンク 2009/03/01 21:36:04 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

我が家ではできる限り、新しい飼い主さんにはこちらに仔犬を迎えに来ていただくようにお願いしています。
新しい飼い主さんは、みなさんエアデールテリアクラブ オブ ジャパンに入会していただいていますが、様々なイベントが行われる近くにお住まいの方ばかりとは限りません。今後もよく会う子もいますが、めったに会えなくなる子もいます。それだけに私たちは新しい飼い主さんに来ていただいて、できる限り皆さんと仔犬が楽しく暮らせるように、説明やアドバイスをしています。また新しい飼い主さんも、その子がどんな環境で育って、どんな人が育てているのかを知りたいのではないでしょうか。

今回3組の新しい飼い主さんが、1泊かけて我が家まで仔犬を迎えに来てくれました。今日マイティを迎えに来た方は、兵庫県から昨日浜松へ行き、そこで1泊してから帰りに迎えに来ました。お友達ご夫妻といっしょにいらっしゃったその方たちは、今日で我が家訪問が2回目です。1ヶ月前に来た時に比べて、仔犬がうんと大きくなっていることに驚いていました。

迎えに来ていただいた時に、まず初めて少しトリミングをします。それまでは毎日ブラシだけであまり特別なことはしません。今日で66日目になりますからそろそろ毛むくじゃらになってきていました。

初めてのトリミングですから、仔犬もじっとなどしていません。そんなときにどんな風に扱ったらいいのかも、新しい飼い主さんに見てもらいたいポイントです。今日のところはそれほど無理をしないでひととおりだけをします。あとは、徐々にトリミング勉強会などで飼い主さんに覚えていただきます。
だいぶすっきりしたマイティです。

午後からは茨城からアッサムの家族が皆さんでお越しになりました。アッサムも飼い主さんの見守る中でトリミングを少ししました。彼らは今晩恵那峡で泊まって、明日アッサムをもう一度迎えに来る予定です。今頃、ホテルでの彼らの話題はアッサムのことに違いありません。
皆さん、遠くからわざわざお越しいただいて本当に感謝です。これほど待ちこがれている方たちに仔犬をお渡しできるのは心から嬉しいことです。

2009年3月
 << < 現在> >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by open-source CMS software