アーカイブ: 2009年1月

ちょっと危険な関係

パーマリンク 2009/01/31 21:53:46 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーがお産して以来、ダイアンとマーイアはほとんど常に一緒にいます。ダイアン7歳半、マーイア3歳半、父親違いの姉妹です。この姉妹というのがくせもので、我が家のエアデールの中で代々親子は何があってもケンカしたりはしませんが、姉妹だとケンカに発展する可能性があります。

地位が下のマーイアは今まではずっと何でも我慢してきました。でも少しずつ変わってきて、いつもダイアンと平等に扱ってもらうことを望んでいます。ダイアンだけでなく、例えお母さんのメイプルでも特別扱いしたり、逆に自分だけ我慢を強いられるシチュエーションは面白くありません。

これがテンコーをのぞいた4頭の力関係を表しています。出入り口に一番近いメイプルが年老いたと言えどもやはり譲りません。そして、その向こう側にウィローがいます。実際にはウィローの方がもうメイプルより強いのですが、一応遠慮しています。
そして、ウィローの反対側にはダイアンがいます。マーイアはずっと後ろに下がっています。


こうやって群れになっている時は、問題は起こりません。ところが、今日はダイアンとマーイアだけの時にそれは起こりました。
仔犬を見に、兵庫県から新しいオーナーさんが、そして愛知県から友達が来ていました。マーイアはいつも「マーイア、マーイア」と可愛がってもらっています。そんな状況の時は犬たちもテンションが高く注意が必要です。
ほんのちょっとしたことからダイアンとマーイアのケンカが始まりました。派手なケンカでした。ただ、ふたりとも怪我はありませんでした。ダイアンはいつものように、マーイアにボスとしての態度を取っただけです。いつものならマーイアが「ごめんなさい」とするところをやり返してしまったのです。マーイアはそこにいた人たちがみんな自分の応援団だと勘違いしたようです。ただそんなシチュエーションを作ったのは私たちのつまらないミスでした。

ダイアンは初めてのマーイアの反撃でしたから、ちょっとショックだったと思います。これからは少しずつ力関係が変化してくるかもしれません。
しかしその後、まるでそんなことなどなかったかのように、いつもの関係に戻りました。家の中でもふたりで仲良く過ごしています。


一方、テンコーと仔犬たちは、たくさんのお客さんを迎え大喜びでした。仔犬たちも外で走り回り、みなさんに抱かれて楽しそうでした。

クリスマスプレゼント

パーマリンク 2009/01/30 19:19:22 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング, 海外の友人たち

アメリカオハイオ州に住む友達Nancyからクリスマスプレゼントが届きました。彼女と私は10年近くこうしてクリスマスや誕生日のプレゼントを交換しています。私はいつもクリスマス前に届くようにプレゼントを送り、彼女はそれを25日の朝に開けます。彼女からのプレゼントもいつもクリスマス周辺に届くのですが、去年のクリスマスは彼女のお父さんが具合が悪かったので、遅くなりました。

私にはきれいな刺繍が入ったデニムのジャケットを送ってくれました。夫にはエアデールの刺繍の入ったバッグです。

あとエアデールの素敵なイラストのマウスパッドも入っていました。ワンコのためにはおもちゃを一つ送ってくれました。それがとても愉快なものです。Talking Babble Ballというもので、触るとおかしな声で話をします。“Come here puppy!”とか“I'm gonna get you!”と20種類の言葉が出てきます。
早速、仔犬とテンコーに見せました。テンコーは初め興味津々でしたが、硬いツルツルのプラスチックでできているため、ガリガリできないものはどうでもいいみたいです。すぐに知らん顔するようになりました。仔犬たちはおかしな声が聞こえてくるボールが少し怖いけど、何だろう?って感じでした。


この手のおもちゃは実はマーイアが大好きなのです。ただ、ちょっと興奮気味になるので、静かにさせたい時には渡せません。仔犬たちが飽きたらマーイアにちょっと見せてみましょう。

ひきこもりが好き

パーマリンク 2009/01/29 23:44:48 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

犬を置いて出かけなければならない日、朝起きて天気がすごくよかったりすると、ちょっとがっかりしたりします。こんな日は、犬と一緒に出かけるか、さもなければ家にいて犬と一緒に過ごしたいと思うからです。
今日はまさしくそんな日でした。せっかくの暖かい日中に仔犬たちも外に出したいし、おとなの犬たちも外でのんびりとさせたい、そう思うと1時半に家を出るまでの数時間の忙しいこと。家の中を走って用事を済ますぐらいです。

少しでも長い時間仔犬たちを運動場に出してやりたいと思います。お昼ごはんは今日もまたここでいただきます。今日は、全員で食べているところを撮せました。


昨日と同じようにドギートンネルを出すと、さっそく仔犬たちがゾロゾロと入っていきました。昨日よりはずっと慣れたみたいです。


一応トンネルには重しが付いていますが、中で動くとコロコロと回ります。仔犬たちはあまり怖がっている感じでもありません。

おもちゃを外に引きずり出して遊ぶようにもなりました。

楽しい時間があっという間に過ぎて、仔犬たちを部屋に戻しました。朝から1時半までバタバタと動きづめだったせいか、出かけた先でボッーとしてしまいました。
可愛い仔犬たちといっしょにいると、ひきこもる方がいいなあと思えてきました。

仔犬とお日様

パーマリンク 2009/01/28 22:28:45 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

暖かい日差しが降り注いだ今日の午後、仔犬たちはみんな運動場で数時間を過ごしました。
お昼ご飯も外でいただきます。2日ほど前から大きな食器に変わり、みんなで揃って食べるようになりました。
でも、なかなかみんな揃いません。起こして連れてきても、また眠ってしまう子、フラフラと遊ぶに行ってしまう子、いろいろです。

みんなが入れ替わる中、アオ君とオレンジはずっと食べていました。

食事の後は、みんなで遊ぶ時間です。おもちゃをたくさん出してやりましたが、全部テンコーが取り上げては独り占めです。次に、ドギートンネルを買ったので、それで遊ばせることにしました。そこでいいことを思いつきました。トンネルの中におもちゃを入れたら、テンコーに取られずに遊ぶことができます。私はおもちゃを全部この中に入れました。真ん中あたりにあるものはテンコーには届きません。でも、手前にあるものはやはりテンコーに持って行かれます。この遊びをビデオに撮ってYoutubeに載せました。お母さんもおもちゃが好き! です。

このビデオの中で、アカちゃんが活躍してくれています。この間のビデオでも楽しい姿を見せてくれました。でも、どちらかというと、ご飯の時もいつまでも寝てて起きてこなかったり、みんなが遊んでいても寝てたりと、あまり先頭に立って何かするというタイプではないんですね。ところが、なぜかカメラを向ける時にはいつもそこにいて、いい演技をしてくれています。


そろそろ疲れてくると、段ボールの東屋へ入って休憩です。そしてみんなでここで固まってお日様の下で昼寝の時間です。

シロ君もポカポカ陽気にとろっと眠そう。

岩村城址

パーマリンク 2009/01/27 23:15:17 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨日の続きです。
岩村町は女城主の町として知られています。週末ともなると、古い町並みを散歩する観光客に出会います。私も外国からのお友達が来日している時には、たいてい1回はこの町並みをいっしょに歩き、お気に入りのうどん屋へ連れて行き、“女城主”という名前のお酒を造っている蔵元へ見学に行き、試飲をしてくるのがコースとなっています。
また、ここには三大山城の一つ岩村城がありますが、こちらはめったに行くことはありません。歩いて登るのは大変ですし、車で登るのもこれまた本当に狭くて急な道なので、運転していく自信がありません。
昨年の春、ルーマニアのラヴィニアが来ていた時、友達が運転して岩村城の一番上のところまで連れて行ってくれました。その時、初めてここにこんな立派な石垣がたくさんあることを知りました。

日曜日の午前中、メイプルとウィローと出かけたあと、午後から仔犬たちと遊んでいるその間、家の中ではダイアンとマーイアが自分たちの番は今か今かと待っていました。
そんなふたりを連れて、岩村城址本丸まで下から歩いて行くことにしました。いささか疲れた身体に、ちょっと乱暴すぎる行程な気がしましたが、ダイアンやマーイアにとって待ちわびた時間なので、思い切り楽しませたいと思いました。

最初からいきなりこれです。ほとんど急な坂が続きます。見ただけで引き返したいような坂でした。

マーイアは夫、ダイアンは私といっしょです。犬たちは元気いっぱいなので、早く登りたがりますが、私は少しずつ自分のペースでないと登れません。30分ほど山道を登ると、ようやく石垣が見えてきました。

石垣の上はまるで崖のようになっています。柵などは何もないので恐ろしいです。


ダイアンも満足そうな表情です。私だけがすごーく疲れた顔をしていたと思います。


上でのんびりとしたかったのですが、夕方になってくると寒くなるので引き上げることにしました。正直、上まで車で迎えに来て欲しかったのですが、ダイアンのためにがんばって歩いて下りることにしました。


日曜日のことを書くのに3日間もかかってしまいました。こんなにたくさんのことがあったなんて、疲れても仕方がありません。

東濃牧場は冬期閉鎖

パーマリンク 2009/01/26 18:20:33 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

昨日のことです。
誰も何も言っていません「今日はみんなどこかへ連れて行こうかな~」なんて。
それなのに、夫が休みで、天気が良くて、その上きっと私たちの心が読めるんでしょう。朝から、みんな我が家のエアデールたちは「どこかへ行こう!行くよ!」と興奮気味です。特にウィローなんかひとりで夫の周りをクルクル回って、大はしゃぎです。

私たちだって、期待を裏切りません。昨日書いたように、どうしても仔犬たちを運動場で遊ばせたかったので、少しでも暖かい正午から2時間ぐらいは仔犬のために家にいることにして、その前後を4頭のために使うことにしました。テンコーには我慢してもらいます。

まずは、クルクル回るウィローとメイプルをいっしょに連れて行くことにしました。
朝10時過ぎ、それでも気温は0度です。東濃牧場へ行ってみると、何と冬期閉鎖中でした。たしかこの間来た時には、レストランは閉まっていましたが、牧草地には入れて散歩ができたのに、昨日はロープが張ってあり中には入れません。

「えー、せっかくここまで上がってきたのに・・・」山羊たちは外で食事中でした。ここは山羊とふれあうことができるのですが、たまに山羊が柵の外に出てフラフラしているので、犬連れの時は要注意です。

こんなに天気の良い日は、ここから山並みに囲まれた阿木湖の美しい姿を見ることができたはずでした。車の中から撮った写真です。牧場から見るのはもっときれいです。

後ろではウィローが悲しそうな声でヒーヒー言っています。冬期閉鎖の文字は読めませんから、いつものところで降りないで、どうして行き過ぎるの?とないていました。
そのまま反対側へ山を下りると、よく行く阿木川ダムです。ウィローやメイプルにとっては、とにかく降りて歩くことが楽しみですから、「こんなところはイヤだ!」とか「もっと他がいい」なんて言いません。
寒いのにもかかわらず、メイプルも力強く歩き、声をかけてもすぐに帰るのはイヤとばかりに、聞こえないふりをしてスタスタとまっすぐ向いてダムの上を歩いていました。

早めの昼食は、ダムから戻ってくる途中の「のんきや五平」でいただきました。

このあたりには美味しい五平餅のお店は色々ありますが、ここもまたその一つです。ここは日替わりランチがあり、550円で五平餅3本、ふろふき大根、味噌汁、茶碗蒸し、お浸し、玉子焼きなどが付いています。もちろん中で食べることもできますが、私たちはすぐ横に置いた車の中にウィローとメイプルがいたので、外のテーブルでいただきました。

五平餅におかずなんてちょっと変な気がします。私から見ると五平餅はあくまでおやつという感じですが、この地域ではどうやら五平餅はご飯代わりのようです。そのため買っていく本数もすごいです。私たちがそこにいる間に3人の方が五平餅を買いに来ました。それぞれ注文したのは30本、30本、60本でした。

ウィローもメイプルもこれでハッピーな一日となりました。
さて、午後の部はまた明日書くことにしましょう。

はじめてのお外

パーマリンク 2009/01/25 21:24:24 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

このあたりには、鷹 (だと思いますが、正確には鷲との区別ができません) がたくさん生息しています。そのため、仔犬たちを外の運動場で遊ばせるには、まず空からの鷹を防ぐために一面にネットをかけなければなりません。
ようやく昨日その準備ができたので、仔犬たちを今日はじめて外に出しました。

昨日に続いてとても寒い日でしたが、昼頃には陽が差していました。これからは少しずつ暖かい時間を見計らって、ここで運動をさせることになります。はじめてのお外とあまりの寒さに、最初はみんなびっくりして小さくなっていました。


数分もすると、おもちゃで遊び出したり、走ったりするようになりました。

私が呼ぶとこちらに来ます。

そのうちにテンコーがみんなが遊んでいたおもちゃを一つずつ取り上げて、自分が抱え込んでしまいました。仔犬たちはお母さんが遊んでくれてると思っているのでしょうか?

仔犬たちも寒さでピーピー泣き始めましたので、部屋に入りました。数日もすると、きっと彼らはこの運動場をかけずり回ることになるでしょう。

恵那峡

パーマリンク 2009/01/24 22:11:32 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

仔犬が生まれてひと月もすると、そろそろ私自身の問題が出てきます。それは腰を痛めてしまうのです。どうしても床にペタッと座って腰をかがめての作業が多くなり、腰の疲労がたまってきます。特に今回は、仔犬たちが産まれる前に一度具合が悪くなっていますから、かなり気をつけてきたつもりです。それでもこのところ彼らに食事を与える時に前屈みになり、何度も立ったり座ったりの繰り返し、悪くなるはずです。

昨日とは打って変わって寒い日、テンコーを連れて買い物へ行きがてら恵那峡へ行きました。風が本当に冷たくて、身体がかえって固まりそうな感じでしたが、なるべく身体をほぐしながら少しでも腰が伸びるようにと歩きました。

恵那峡は春の桜、秋の紅葉時期は観光客も多いのですが、さすがに今日のような寒い日は閑散としていました。それでも、高速ジェット船には乗客が乗り込んでいました。

前回ここに来た時は、たしかオーストラリアから来たロンとアンたちが帰る日でした。その日の朝、彼らと一緒にダイアンとテンコーを連れて散歩に来たのです。ただ、散歩中に私の大嫌いなヘビにあってしまったので、それ以来何となく来ていませんでした。
今の時期はそんな心配もないので、どこでも平気で歩くことができます。

テンコーは車に乗っていると、まるでそこにいるのを忘れるぐらいに静かです。陽の入った座席で、のんびりと気持ちよさそうにしている顔を見ると、すっかり痩せてしまったテンコーが可愛そうに思えてきます。
寒い中でも散歩は楽しい。テンコーもまた息抜きができたようでした。

ひとりで食べられるようになりました

パーマリンク 2009/01/23 17:50:57 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

仔犬たちは毎日めざましく成長しています。一日一日と仔犬のできることが増えるのは見ていて楽しみですが、行動範囲が広がり、できなくてもいいことまでできるようになるので、目が離せない時もあります。
食事の時間は少しずつ分かるようになってきました。食器をポンポンとたたいて音を出すと、ちらほらと集まってきます。まだまだ食事の時間でも眠りから覚めない子もいますので、よく見てないと食べ損ねる子も出てきます。
つい2,3日前には立って食器に顔を入れることができたのはほんの1,2頭でした。でも、今日はほとんどの子がひとりで食べられるようになってきました。ただ、みんな遊びながら食べているので、途中でやめてしまったり、食器の中へ手や足をつっこんだりと、かえって仔犬はドロドロ状態です。床もその足で歩くので、これもまたベトベト。
いつもなら、もう少しすると食事は外のコンクリートの上でさせていましたが、今回はそれも寒くて難しそうです。昼間なら何とかできるかもしれませんが、朝晩はすぐにごはんも冷たくなってしまい、仔犬の身体も冷えてしまうでしょう。

今はまだプラスチックの小さな食器でみんな食べています。

もう少しすると大きな食器でみんなでいっしょにいただきます。

昨日ビデオを撮ったので、2つのムービーをYoutubeにUPしました。昨日はまだ抱えて食べさせてもらっている子もいました。エアデールテリア仔犬生後28日め ごはんのあとはお昼寝目が覚めたらおやつ です。

我慢、我慢

パーマリンク 2009/01/22 23:04:00 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

ダイアンがテンコーと離れて、他の4頭といっしょに生活するようになってもうすぐ1ヶ月がたちます。ダイアンも、いつもいっしょにいるマーイアも、そしてメイプルもウィローもこのスタイルに慣れてきたようです。

この1週間、仔犬たちの離乳食が始まり、家の中には一日のうち何回も美味しそうな匂いが流れるようになりました。特製ミルクはみんなも大好きなものばかり、そして牛肉が登場するようになると、彼らはそのたびに期待でワクワクしています。
「わあ、いい匂い・・・」
「これ誰のもの?」
「もちろんワンコたちのものよね」
「今日って誰かの誕生日?」
こんな風にザワザワする中、美味しいそうなものは彼らの前を素通りして、仔犬の部屋へと運ばれていきます。
初めの2,3日は毎日こんな感じでした。でも、自分たちがもらえないと分かると、あきらめるようになりました。

誰もが仔犬のいることは知っています。そのために私が忙しいことも知っています。だからみんな自分たちがあまりかまってもらえなくても我慢しているように見えます。
DAPが効いているのでしょうか?今の我が家は母犬のフェロモンだらけになっています。結構みんな落ち着いているように見えます。

ダイアンとマーイアは父親違いの姉妹。ダイアンはボスになりたがり屋さんで、とてもお節介です。

マーイアは言うなりになっていますが、ちょっぴりありがた迷惑のようです。

テンコーのおもちゃ好き

パーマリンク 2009/01/21 21:10:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

テンコーのおもちゃ好きは半端じゃありません。もちろんまだ3歳前ですから、おもちゃが好きなのも当然でしょう。我が家のエアデールたちの中でも色々です。小さい頃からあまりおもちゃに興味がないのはウィローでしょう。他の子は、小さい頃はみんなおもちゃが大好きでした。でも、大好きなのは大事にすることではありませんから、バラバラにするのが好きな場合もあります。テンコーもそんなひとりでしたから、だんだん与えられるおもちゃが限定されてきました。

その中の一つ、ゾゴフレックスは優れものです。商品の説明に“ワンちゃんがどんなに噛んでもなかなか壊れません”とありますが、確かにかなり長く使っていますが、今も健在です。ただやはり角の方はボロボロと引きちぎられていますが、これは仕方がないでしょう、エアデールのあの歯でしつこくガジガジされているのですから。
テンコーが庭で遊ぶ時、私が出て行くと必ずそのおもちゃが置いてあるところへ行き、私に「取って、遊びたいよ」と意思表示をします。家に入る時には取り上げて片付けます。そのせいか、そのおもちゃに飽きることがありません。

出産の前日、ワンコの部屋にひとりぼっちでいるテンコーのために、そのおもちゃを家に入れることを許しました。
産室の隣のケージでずっとガジガジしていました。


そんなテンコーがお母さんになったから、と簡単におもちゃに興味がなくなることはありません。
そろそろ仔犬同士遊ぶようになった仔犬たちに、小さなピーピーと鳴る布製のおもちゃを出してやりました。すると、あっという間にテンコーが仔犬の部屋へ来て持って行ってしまいました。自分のケージの中でそれを口の中に入れて、自分のものだと主張しています。口の横から小さな緑の端切れが見えています。

私が何度も取り上げては、仔犬の部屋へ戻します。テンコーは横で見ていて、どうしても欲しくて仕方がありません。

結局、おもちゃを持って行くことはあきらめて、仔犬の部屋でテンコーがおもちゃで遊んでいます。仔犬たちはまだそれほどおもちゃに興味がありませんから、その隙にお母さんのお乳をもらうことにしました。

こりゃ拷問だあ~

パーマリンク 2009/01/20 18:44:29 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

仔犬たちの歯が生えてきました。触るとかなりしっかりしています。テンコーがお乳をやるのをいやがるはずです。それでも、日に2回ほどはまだ与えています。お母さんが来て座ると、仔犬たちは一斉に群がります。離乳食を食べてから1時間ぐらいですが、それでも仔犬たちはお母さんのお乳を欲しがります。テンコーはどんな格好をしても不安定なポーズになってしまいました。

だったらこれならどう?今度はお母さんはヘソ天にひっくり返りました。仔犬たちは容赦なく四方八方から襲いかかります。お母さんの身体や顔を踏みつけても、お乳目指して突撃します。譲り合いの気持ちはとうていありません。これを見たら、同胎犬って他犬(他人)の始まり、一番のライバルだとよーく分かります。お乳をゲットした子は、歯の生えた口で思いっきり引っ張っています。哀れテンコーは目を閉じて耐え抜いています。

突然テンコーが立ち上がりました。急に残された仔犬たちはオロオロしながらも、今度はそれぞれちょっかいを出し始めました。歯が生えかけなのでかゆいのでしょう。隣同士で口を大きく開けてカミカミしています。

そしてようやくまた眠りにつきます。お目々がトロリとしてきたアオ君はグリ君の上に倒れ込みます。


一方、離乳食は昨日まではほとんど流動食の特製ミルクが主なものでしたが、今日から牛の生肉がそこに入りました。フードプロセッサーで挽肉状にしたものです。
できることなら、1頭ずつ、そっと起こして食べさせたいのですが、そうは簡単にはいきません。まだまだ自分で立って食器に顔を付ける動作が難しいので、ほとんどの子を私が抱えて食器を持って食べさせます。 誰かが食べ始めると他の子も目を覚まし、ほら、おしっこだ、ほら、ごはんだ、と私の2本の手では何ともなりません。そのうち食べてる途中の子も、そのままの汚い口で、いつのまにか私の身体をよじ登り・・・
ひととおり食事が終わった頃には、私の服はミルクや肉でドロドロ、ベタベタ。
残念ながらこの様子は、カメラも持てないのでお見せすることができません。

ふたたび仔犬部屋の模様替え

パーマリンク 2009/01/19 20:45:58 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

産室(産箱)の内側には、母犬が仔犬たちをつぶさないようにするために、ひさしのようなものが付けてあります。この下が仔犬たちのお気に入りの場所です。いつも仔犬たちはそれぞれにこの下に潜り込んで寝ているのですが、今回は少し事情が違います。部屋は常に20度を保っていて暖かいはずですが、それでもやはり寒いのかいつまでも仔犬たちはみんなで一緒にかたまっています。それをこのひさしの下でやるのですから大変です。角のところに仔犬たちはどんどん自分たちで入り込むため、一番奥の仔犬は身動きが取れなくなります。ひとりずつ引き出すと、奥の方に誰かが丸まっていたりします。そのため、今回はいつもより早めに産室を撤去することになりました。

自分でトイレに新聞のところへも行けるようになりました。寝る時は毛布の上でも、バリケンでも、また小さな可愛い箱の中でも寝れるようにしてあります。


初めはちょっととまどった仔犬たちです。

でもすぐに慣れて、サークルの向こうのお母さんを探しに行きます。

お母さんはなかなか側に来なくなりました。お腹がすいている仔犬たちは離乳食をくれる人間のお母さんの方が好きになってきたようです。でも、そんなにみんなでよじ登ってきても、ごはん食べさせられない。。。

アカちゃん、そんなにかんしゃく起こさないで!早くごはん食べさせてあげるから。

コレクション

パーマリンク 2009/01/18 21:03:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り, 海外の友人たち

ホームページのコレクションへの追加、夫から何度も催促されていたのにもかかわらず、なかなか進まず更新できませんでしたが、今日ようやく重い腰を上げました。
今まで載せ忘れていたもの、新たに増えたものなどをあわせると全部で35点にも上り、それを写真撮影するだけでも大変でした。もちろんそれらは仔犬の世話の合間に行いますから、あちらこちら家の中を一日中行ったり来たり・・・夕方ようやく途中ながらもUPすることができました。

一覧の写真をクリックすると、別枠でもう少し大きめの写真が見られるようにしたいのですが、今日のところはほとんどそこまでできませんでしたが、とりあえず一覧には載せました。
コレクションの“pottery” “Ornaments” “Pictures” “Others” “Badges”の中に新しいものが載っていますので、Wilderness Airedalesのコレクションをご覧ください。特別「NEW」の文字が入っていませんので、どれが新しいものかは分かりにくいと思いますが、ついでにもう一度全部見てくださいね。

少しだけここでも紹介します。今回UPした中で一番の(夫の)お気に入りはこの2つでしょう。

両方ともマイセンです。ドイツフランクフルトで見つけたものです。

これはロブロイド犬舎のジャネットとトムからいただいたものですが、ロシアのものです。彼らからコレクションをたくさんいただいています。どれも貴重なものばかりで、中には大事な記念を祝して得たものもあります。

バッジも自慢のコレクションです。世界の色々なエアデールテリアクラブやショーのバッジがあります。


コレクションの中の多くのものは、海外の友人たちからの贈り物です。それらを見ると私たちが彼らを訪れた時のこと、彼らが日本へ来た時のことなどが思い出されます。その思い出が本当は一番のコレクションかもしれません。

1月17日に想うラフティのこと

1月17日が来ると、関西の各地で阪神大震災の追悼式が開かれています。私は当時愛知県に住んでいて、ビーグル1頭とエアデールテリア3頭がいました。私の家では何も被害はありませんでしたが、その時の恐ろしさ、そしてその後の聞こえてくるニュースの恐ろしさは忘れることができません。

当時、私は毎朝エアデール3頭を車に乗せて、夫を会社まで送っていき、途中で犬たちを散歩させたものでした。名古屋の栄の繁華街や、名古屋城周辺の官公庁が建ち並ぶあたりが、私たちの散歩コースでした。そして夫を会社におろした後、私はまた別の公園へ行って3頭を順番に散歩させていました。
その日の朝もいつもと同じように朝の5時46分には、朝食をとっているところでした。突然の揺れに私と夫はあわてて台所から玄関の廊下に出ました。その時犬たちもいっせいに私たちの方へ駆け寄ってきたと思いました。ところが、1頭だけおかしな行動を取った犬がいました。当時3歳のラフティです。彼女はひとりであわてて2階へ駆け上がってしまったのです。私はそれがとてもショックでした。

実は彼女がパニックを起こして逃げたのは、その時で2回目でした。1回目についてはまたいつかお話しするかもしれません。とにかくこの子はパニックを起こすと、とんでもない行動に出ることが、私にはこのときはっきり分かったのでした。他の犬たちは、周りに集まり不安そうにしています。
地震はどこに起こるか分かりません。東海地震のことはもっと前から必ず起こると言われています。
“こんなことではラフティを助けてやれない”、私はそう思うと、不安で不安で、震災後かなり神経が参ってしまいました。
震災の被害を直接受けていない人でも、こうやって不安にさいなまれる人が多くいたということです。私もきっと同じだったのでしょう。
そんなラフティも3年前、大往生を遂げました。あの日以来、パニックを起こすようなことにもあうこともありませんでした。

夫と車の中で、ラジオから流れる追悼式のニュースを聞いて、こんなことを思い出しました。
後ろの座席にはテンコーが乗っています。育児疲れの気分転換のために、買い物に連れて行きます。
途中、いつもの阿木川ダムで少し散歩をします。外でテンコーを見ると、ずいぶん痩せてしまったのがよく分かります。

ホームセンターやスーパーマーケットに寄っても、ただ車の後ろで待っているだけですが、それでもついて行きたいテンコーです。

離乳食開始

パーマリンク 2009/01/16 20:36:03 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

犬たちは誰にも子育ての仕方を教えてもらうわけでもないのに、ちゃんと分かっているのは本当に不思議な気がします。
子育ての上手な母犬は離乳の時期になると、自分の口から食べ物を出して食べさせる、と何かの本で読んだことがあります。残念ながら我が家の歴代のエアデールの中にも、そんな賢いお母さんはいませんでした。むしろ、仔犬が飲んでいるミルクや離乳食を欲しがったりして・・・まあ、それはお嬢様で育って母親になった子たちばかりなので、仕方がありません。

テンコーもこのところ急に仔犬たちにお乳をやる時間が減りました。自分のお乳が張っていても、仔犬たちがピーピー泣いていても、知らん顔をしている時もあります。今までは仔犬たちベッタリだったのが、自分だけケージで休んでナイラボーンをガリガリしたり、リビングの方へ行きたいよーと、ないてみたり。我が家で1番年下のテンコーの顔をチラチラ見せるようになりました。

産室の外で泣いている仔犬たちを放って、自分だけ産室に入ってのんびりしています。
テンコー、赤ちゃんほったらかしでいいの?


もう、これからが可愛い時だっていうのに。


後ろから見たら丸く見えるけど、おなかすいてんのよ!

ほら、また泣き出した。

あーあ、こんな可愛い顔で言ってるのに。


というわけで(?)、これからは私が離乳食をやることになりました。
でも、まだまだテンコーのお乳も必要なので、がんばってもらわなくては。
テンコー、お乳やらなくなったらご飯も減るのを忘れないでね。

ダイアン、どうしたの?

パーマリンク 2009/01/15 21:59:35 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝シャッターを開けたとたん、目に飛び込んでくる真っ白な景色も、今日ですでに4日目です。昨日の昼間にずいぶん溶けかけたのに、また夜の間に雪が降ったようです。それほど量は多くないけれど、確実に下の雪が凍ってきています。

今日は同じ町に住む友達が仔犬たちを見に来ました。彼女から聞いた話では、昨日の朝は-10度だったそうです。さすがに窓も開かないはずでした。今朝はそれほどではありませんが、朝のうち犬たちがほんの少し庭に出ているだけで、あごの下の毛が凍っていました。

朝よりは少し暖かくなってから、庭にはメイプル、ウィロー、ダイアン、マーイアの4頭がいました。私が外に出ると、ダイアンがやけに明るく楽しそうに走ってきました。それがいつもなら私にどんと身体ごとぶつかってくるのですが、今日の相手は何とウィローでした。ダイアンは嬉しかったり、楽しかったり、遊んでほしかったりする時に、やや乱暴に寄ってきてそうやって表現します。だから、私は一瞬ダイアンが犬を間違えたのかと思いました。でも、すぐにそのあと明らかにウィローに「遊ぼうよ」と身体と声で表したのです。

ダイアンのウィロー嫌いは相当なものです。最近でこそいっしょに庭に出ることもありますが、必ず距離を取っています。ウィローが近づくだけで、相当ストレスがかかってチラチラ見ながら気にしています。
そんな2頭ですから、私は思わず「ダイアン、どうしたの?」と聞いてしまいました。ウィローも面食らったようで、また相手にしたら私に叱られるとでも思ったのか、なかったことにしておこう、というように取り繕っているようでした。しばらくダイアンはウィローを誘っていましたが、そのうちにあきらめてしまいました。

今日はそれっきり2頭が近づいているのを見ていません。やはり、ダイアンは寒さのせいでおかしかったのかもしれません・・・

昼間出かけた時に、途中で山がとてもきれいだったので、思わず車を止めて写真を撮りました。雪を被っているのが、たぶん恵那山だと思います。

陽のぬくもり

パーマリンク 2009/01/14 21:51:39 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, ブリーディング

ここに住むようになって気づいたことの一つに“陽のぬくもり”があります。
今朝は窓が3つも凍ってあかないほど寒い朝でした。シャッターが付いていてもです。
それでも、陽が昇り、雪の残った庭にできた明るい陽だまりが少しずつ広がっていくと、そこはホッとしたぬくもりに包まれます。雪の上でさえも十分にぬくもりを楽しむことができます。
メイプルは寒い時はすぐに部屋に入りたがりますが、今日はこの“陽のぬくもり”を静かに満喫しているかのようでした。

ここに家を建てる時、地元の人に言われたことは、十分に西日が入るようにした方がいいということでした。ここでは夏の暑さより、冬の寒さを防ぐことが重要です。少しでも長い時間西日が入れば、そのぬくもりが夜の寒さを和らげてくれるでしょう。
仔犬たちがいる部屋は、冬の間最後まで西日が当たるところです。天気のよい午後はたっぷりと陽が降り注ぎ、その陽だまりの中で、仔犬たちは本当に気持ちよさそうに眠ります。しばし、ヒーターを切っても部屋の暖かさは冷めることがありません。

さて、ぐっすり眠っていた仔犬たちが目を覚ましました。眼はしっかりとあき、私が声を出すと少しずつこちらを見るようになりました。

なーに?

なーに?

おしっこのためにみんなを産室の外に出します。オレンジは一人でうろうろし出しました。

お母さんがやってくると、みんなでお母さんに群がるようになりました。オレンジはお母さんのお乳をつかまえようとしますが、届きませんでした。

今日も雪

パーマリンク 2009/01/13 21:13:53 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

今日もまた朝から雪がチラチラと降っていました。夕べからそれほど積雪が増えたようには見えませんが、昨日降った雪はしっかりと凍ってきている感じです。
犬たちは、朝起きて外に出ても、おしっこをしたらすぐに帰ってきます。気温もとても低そうで、外にはいられません。
朝食を済ませてから再び犬たちを外に出します。私も外に出るのはイヤですが、彼らがうんPをしたら、片付けなければ雪の下になって分からなくなりそうです。こんな時いつも雪国の人たちはどうしてるんだろう?と疑問に思います。まさか、春まで雪の下ってことはないでしょうから、犬の後をついてすぐに片付けるんでしょうか?

庭にある犬舎の屋根から小さなつららが下がっています。大きいもので、30cmぐらいでした。


外に出る時は、元気よく飛び出し、ほんの10分ぐらいは雪の中を走り回って遊んでいるダイアンとマーイアですが、すぐに飽きてしまいます。


マーイアが誰か来たかとのぞいています。

午後になって、少し日差しが出てきました。午前中の凍えるような寒さは消えていきました。デッキの雪もすっかり溶けましたが、庭の地面の雪は少しも減ることがありませんでした。
メイプルも少し外に出ると、あとは家に入れてもらうまで窓の外で待っています。

テンコーと仔犬たちも、今日は静かな時を過ごしています。おしっこの時間になると、仔犬たちを産室の外に出しますが、ずいぶんうろうろと遠出する子もいます。一方、少しも動かないで泣いてばかりいる子もいます。
こんなところをビデオに撮ったので、またYoutubeにアップしました。

雪です

パーマリンク 2009/01/12 20:18:37 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし, ブリーディング

今朝起きると、外は真っ白。
今冬3度めぐらいの雪ですが、今日が一番積もっていました。それでも例年に比べて雪が少ないようです。

一面真っ白だった庭も、犬たちが走り回るとすぐに土が顔をのぞかせるぐらいです。雪の割には気温がそれほど低くなく、時間がたつにつれ雪が溶け始めました。

ところが、昼近くになって再び降り始め、今度はあっという間に道路まで真っ白になりました。テンコーも雪の中に出て、一人で遊び出しました。

いつもならダイアンやみんなといっしょに雪の中を走り回って、もっと楽しいはずですが、今のところお母さん業に忙しい間は、他の子といっしょにはしていないので、一人遊びもすぐに飽きてしまいます。

我が家の周りは、この周辺でも特に雪が多いところです。雪雲の通り道になっているのでしょうか。500mも下がるとほとんど雪が積もっていない、なんてこともしばしばです。ただ、ここは風がないので、雪はどちらかというとしんしんと静かに降るといった感じです。でも、今日は昼過ぎには時折吹雪のように降りました。

そんな中、仔犬の新しいオーナーさんになる方が、愛知県から仔犬たちに会いに来てくれました。
家族以外の人に仔犬を見せるのは今日が初めてです。私はテンコーがどんな態度を取るのか、少し心配していました。特にまだ仔犬は18日めで、母犬としてはちょっぴり不安かもしれません。
ところが、テンコーは退屈していたのか、お客さんに大喜び。初めて会った方ですが大歓迎でした。仔犬を触った時は、少しじっと見ていましたが、落ち着いた様子でいやがることもなく、とても良い子でした。

新年会 / 関西地区

パーマリンク 2009/01/11 21:57:04 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, ブリーディング

毎年、エアデールテリア クラブ オブ ジャパンの関西地区は新年会を行います。ここ数年は大阪駅周辺で毎回色々場所を変えて行っています。今年は梅田のハービスプラザの「加賀屋」でした。和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」のレストランだけあって、新鮮な海の幸や加賀野菜などがいただけました。

今日は私は留守番で夫が来る予定でしたが、また家で仕事しなければならなくなりましたので、結局私が参加しました。まあ、私は宴会係みたいなものです。
久しぶりに皆さんに会って話が弾み、そしてきれいなお料理が来たとたん、パクパクといただいてしまい、写真を撮るのをすっかり忘れていました。気づいたのはお料理がもう半分ほどすんでからでした。

お料理の器もとても凝っていました。デザートの後にコーヒーをいただきましたが、輪島塗のコーヒーカップも素敵でした。写真はデザートです。

加賀屋 大阪梅田店
大阪市北区梅田2丁目5番25号ハービスプラザB2階
TEL 06-6343-7115

フォトコンテストの投票もいよいよ今日で最後となりました(まだメールによる投票は受け付けています)。この皆さんによる投票は2月8日に行われるクラブの総会の席で開票され、1位から3位までが決定されます。どんな結果が出るか全然予想も使いませんが、楽しみです。

一方、今日は仔犬の世話はほとんど娘がしました。何枚か写真を撮ってくれたので、それも載せましょう。

ほとんど一日中仔犬の部屋にいたそうです。

彼女のお気に入りはグリ君で、服の中を潜って上ってくるところが可愛くて仕方がないようです。

仔犬部屋の模様替え

パーマリンク 2009/01/10 18:53:02 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

今日で16日目をむかえたテンコーの仔犬たち。昨夜まで夫か私のどちらかが、仔犬のいるワンコ部屋に持ってきた折りたたみベッドで寝ていましたが、今日でこのベッドを撤去することにしました。
もう夜中もテンコー一人で大丈夫でしょう。仔犬たちもすぐに動き回るようになります。そのための場所も確保しなければなりません。

身体も日ごとに大きくなってきたので、お母さんのお乳だけでは足らないようになりました。今までは私がミルクをやろうとしても、お母さんのお乳の方がいいとばかりに頑として飲まなかった子も、ミルクを飲むようになりました。

どの子もだいぶ目が開くようになりました。

お母さんのお乳には及ばないかもしれませんが、それでもしっかりミルクを飲んで、あとはまた気持ちよく眠りにつきます。

ベッドがなくなった部屋はとても広くなりました。仔犬たちは、次には産箱を自分でよじ登り、這い出してしまうことでしょう。その時は、また仔犬部屋の模様替えです。こうやって、成長に合わせて何度も模様替えをします。彼らが新しいおうちに旅立つまで。

遠い銀行、おいしいお蕎麦

パーマリンク 2009/01/09 21:32:01 著者: airedale メール
カテゴリ: ここでの暮らし

一夜明け、マーイアの時期は少しずつ終わりに向い、ウィローの興奮はだんだん治まってきました。それに伴い、メイプルも静かになり、この騒ぎも収束をむかえました。朝から雨が降る中、ウィローもメイプルも昨日までの疲れが出たのか、今日は妙に静かな一日でした。

東京三菱UFJ銀行、これが身近にはありません。ATMすらありません。用事がある時は、多治見か中津川まで行かなければなりません。これはかなり不自由なことですが、これもここで暮らしている限り仕方がないのでしょう。
この用事を済ませるために、東京から帰ってきている娘といっしょに中津川のアピタへ行くことにしました。数時間留守をするので、テンコーを連れて行くことにしました。テンコーがいなければ、仔犬たちはお腹がすいて少し可愛そうですが事故は起こりません。
中津川まで銀行のATMに行くのは面倒ですが、その道中においしい蕎麦屋があるので、そこへ今日は娘と行ってきました。

見た目はそれほど凝った作りでもなく、大きなお店でもありません。

蕎麦は十割蕎麦で、腰が強く香りも良いです。それにここの桜エビの天ぷらがまたおいしいのです。桜エビは静岡の由比のものだそうです。

娘の注文したものはこれです。ここではお店の人がいつも「わさびはつゆに入れずにお蕎麦にまぶしてください」って言われます。確かにこうするとわさびの香りも逃げなくていいですね。

十九上 (トクジョウ)
〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川2082-192

雨の中、ずっと車の中で留守番していたテンコー。それでも気分転換になったでしょうか。
仔犬たちは、一頭か二頭、昨夜からほんのうす目を開けていましたが、今日の夕方身体を拭くと、ほとんどの子がうす目を開けていました。
写真撮影はしばらくの間フラッシュを避けるようにしましょう。

うるさい面々のそれぞれの理由

パーマリンク 2009/01/08 18:52:48 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

昨日、ここは静かすぎる環境と書きましたが、撤回した方がいいかもしれません。
このところ、我が家は時折すさまじい喧噪に包まれます。ウィローとメイプル、そしてテンコーの吠え声によって。
何を言っているのか?

【悲惨なウィロー】
「マーちゃんから良い匂いがするよー。あー僕、がまんできない!!」
2日ほど前からヒートの一番良い時期に入ったマーイア。普段なら、こんな時はウィローを私の側に置いておきます。いつもどこへ行く時もなるべく側にいさせます。すると、ずいぶん落ち着いてよほど我慢ができるのです。でも今は、私が仔犬のところにいる時間が長いので、ウィローはいつもより落ち着きがありません。思い出すと、バークコントロールもレスキューレメディDAPも何のその、マーイア求めて「ピーピーアーンアーン」。

マーイアが庭にいる時も気になって仕方がありません。

【意地悪ばあさんメイプル】
「うるさい!うるさい!ウィロー。黙れ!!」
メイちゃん、君の方がよっぽどうるさいんだよ。血走った様子のウィローが怖いメイプルは、ウィローがなくと、それに対して自分も文句を言います。

【母は強しテンコー】
「何騒いでるの?こっちに来たら、容赦しないからね。赤ちゃんはぜーんぶ私のものだから」
メイプルもダイアンもお母さんになった経験があるので、仔犬の鳴き声には敏感です。それどころか、「もしかしたら私の赤ちゃん?」なんて少しは思っているかもしれません。
テンコーは我が家で一番順位の低い子です。その子がお母さんになったのだから心配するのも無理はありません。私が側にいる時は、安心していますが、他の部屋にいると自分が守らなければ、とがんばってしまいます。

疲れたお母さんに群がる仔犬たち。後ろ足でしっかり踏ん張るようになり、お母さんの身体にかかる重量は相当なものでしょう。

一方、ダイアンはこう考えているようです。「早く、平和な日に戻りたい・・・」

仔犬たちの日課 (13日目)

パーマリンク 2009/01/07 17:41:38 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

私は仔犬が生まれると、すぐ翌日ぐらいから身体を拭く時についでにおしっこをさせてやります。水洗トイレのような洗面器の上で、母犬がなめるようにガーゼかティッシュでチョンチョンと触りながら、「チーチー」と言うと、どの子もみんなジョジョジョっておしっこが出てきます。

この2,3日で、仔犬たちはみんな今までの“ハイハイ”のような動きが、少しずつ“よちよち歩き”といったイメージに変わってきました。前足の上に体重を乗せ、移動するようになったのです。もちろん1歩か2歩でこけてしまいますが。そうなるとトイレの場所を新聞の上に移します。この頃になると、おしっこの量も相当なものですから、産箱の中の毛布やタオルはベタベタになってしまいます。それで私は少しでもお洗濯を減らしたいのと、仔犬たちに早くトイレを覚えてもらうために、朝起きてから夜寝るまで、およそ3時間に1度ぐらいの割で産箱から出して、横に敷き詰めた新聞の上に仔犬を移します。

起きている仔犬を新聞の上に移したところで、もうおしっこはすでにしてしまった後なので、寝ている仔犬を起こして新聞の上に置きます。すると、仔犬は目を覚まして「ヒャーヒャー」言いながら歩こうとして、ついでにおしっこもすぐに出るのです。そのあと、おしっこの上に倒れ込むこともしばしばあります。
この私の仕事をテンコーはいつもじっと見ています。
「あーあ、せっかく寝てるのにまた起こした・・・」と言っているのかもしれません。

そして、1日1回身体をきれいに拭いて、2日に1回体重を量り、リボンを取り替えます。
そのあとは、また眠ります。

お母さんが産室の中に入り、みんなが目を覚ますと、お母さんの方へ向かって力強く踏みしめて歩こうとします。が、またこけます。

ここは仔犬たちにとって静かすぎる環境です。時折、他の犬やお母さんが大きな声で吠えるだけで、あとはワンコ部屋では静かに時が流れています。もう少し、仔犬たちにいろいろな音を聞かせるために、いつもラジオを置いています。前回の繁殖の時に使っていたラジカセが壊れてしまったので、今度は高感度のラジオを買いました。ここはラジオも入りづらい地域です。
今は一日中東海ラジオが流れていて、ラジオからはおなじみのパーソナリティが名古屋弁で話しています。
仔犬たちのふるさとの言葉は名古屋弁かな?

血統書の名前

パーマリンク 2009/01/06 17:47:48 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

仔犬たちが生まれると、ブリーダーは血統書の名前を考えなくてはなりません。我が家の犬たちの名字はWildernessですから、これにそれぞれの名前をくっつけます。
私はエアデールテリア クラブ オブ ジャパンの血統書の管理もしていますから、たくさんの血統書を見ることができます。本当に皆さんいっしょうけんめい考えて名前を付けているんだなあ、と感心することもしばしばです。
我が家では、その子が何胎めかということを覚えやすいように、Aから順番に名付けています。また、それほど凝った名前ではありませんが、同胎犬は何かしら共通性を持たせています。
A胎の子から思い出してみましょう。

A胎は初めてのブリーディングでした。7月7日に生まれたので、どの子にも“MILKY WAY(天の川)”を名前の中に入れました。AFFETTO MILKY WAY OF WILDERNESSのように。
B胎はちょうどバルセロナオリンピックの年でした。それで、BARCELONA BLOOM OF WILDERNESSというように“バルセロナ”と入っています。

C胎は車の名前を付けました。車の名前ってとても素敵な意味を持つものが多いんです。D胎は木の名前。そしてE胎になると、“ElFIN”という言葉(妖精のようなとかいたずらなという意味を持っています)を全員に入れました。F胎は“FOR”という言葉を入れ私の大好きなロード オブ ザ リングのキャラクターから名前を付けました。WILDERNESS FOR FRODOのように。G胎はたった2頭でしたので、両親犬のイギリスの親元からいただいて、GRANITEとGYPSYと名付けました。H胎は前々から決めていたように“HEART(ハート)”を全員の名前に入れました。WILDERNESS SWEET HEARTはテンコーの血統書名です。

そして、今回は“I”の番です。私は以前から、このときが来たら“I”はそのまま“わたし”の意味で使おうと思っていました。WILDERNESS I AM .... というように。そして、....にはナルニア国ものがたりから名前をいただこうかと考えています。ペベンシー兄弟はみんな王や女王ですから、エアデールにはピッタリだと思いませんか?あとは、カスピアン王子とアスランからいただき、最後にネズミですが誇り高く名誉を重んじるリーピチープはどうかな?と思案中です。
まあ、夫が知ったらとりあえず反対意見が出るかもしれません。

僕は長男なので、さしずめ WILDERNESS I AM PETER って感じかな?でも、ちょっとこの写真じゃあ長男の威厳が・・・

まあ、これならいっかー。

犬たちに必要なもの

パーマリンク 2009/01/05 18:18:54 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

7年前までは、我が家の犬たちはみんな一つずつ自分のドッグベッドを持っていました。LLBeanのドッグベッドは値段は少し高めですが、とても丈夫で長持ちするので、私のお気に入りでした。

それがダイアンが生まれたことで、一変しました。ダイアンはタオルや毛布、はたまたドッグベッドを引きちぎる悪い癖があるのです。それは彼女が7歳半になった今も変わりません。我が家に現在使っているドッグべっドは2つ。それも2階の寝室、すなわちメイプルとウィローのものです。ダイアンだけでなくマーイアもテンコーも少しやることがありますが、ダイアンとは比べものになりません。ダイアンはイタズラしているわけではなく、緊張した時にそれをほぐすために布などをくわえ、そして緊張が高まると引っ張るのです。だからタオルや毛布がない時は、緊張時にはナイラボーンをやたらガリガリしています。

ダイアンたちはどうやって寝るかというと、今の寒い時期は彼らの布団は毛布です。暖かい時はタオルケットを敷きます。それも、朝が来たら片付けます。日中は毛布なしの生活です。それでも、やはり引きちぎります。要するに時間の問題なのです。新しい毛布を買ったら、それがどのぐらいの期間持つかという・・・いったい今までにどのぐらいの毛布を捨てたでしょうか。もちろん捨てた時は、すでに毛布の形はなくて、細かい毛布の切れ端の山です。
この寒い地域では、いくら寒さに強いエアデールとはいえ、留守番時に暖房がない時は、日中の毛布なしは寒いかもしれません。メイプルは絶対にそんなことはしませんが、ダイアンと一緒に過ごす日は毛布を取り上げられます。

それで、私は安い毛布には目がありません。先日お正月の初売りで、良い毛布を見つけました。「暖かいきれいな毛布で寝かせられる」と思うだけでこちらも嬉しくなります。ダブルあわせのシングルで2,000円、安いですよね。
当分これはダイアン以外のワンコに使わせるつもりです。

今年は特に仔犬たちにも毛布が必要です。仔犬たちのためには友人から使い古したタオル、タオルケット、毛布、布団などをいただきましたが、それでもまだ必要です。山のように洗濯しなければなりませんから、早く乾くようにフリースもたくさん使っています。生地のままのフリースなら結構安く売っています。これを仔犬が生まれる前に15,6枚買いました。今のところはまだそれほど使いませんが、仔犬たちがもう少し大きくなって動き回るようになれば、みんな1頭1頭が暖かく休める場所が必要でしょう。他にも今仔犬たちに使っているものの中で、ハーフケットが意外に使いやすいので、これも買いました。1枚1,000円、これだけしか残っていませんでした。

昨日で仔犬たちは生後10日目をむかえました。テンコーはすっかり回復して、仔犬の世話をてきぱきと片付けています。お乳のやり方などもなかなか上手になりました。昨日、その様子をビデオで撮りましたので、YouTubeに投稿しました。テンコーのお母さんぶりをご覧ください。上のYouTubeと書いてあるところをクリックすれば見られます。

お正月休み最後の日

パーマリンク 2009/01/04 21:37:19 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

夫のお正月休み最後の日は、犬たち全員順番にお出かけです。

トップバッターはダイアンです。ちょうど車のオイル交換に行きたかったので、連れて行きました。
オイル交換をしてもらう間、その近所を散歩します。住宅街を散歩するのは珍しいので、ダイアンも楽しそうです。

左の車の上に小さく見えるのは小型犬です。家の中から思い切り吠えられました。ダイアンは声だけ聞こえたようで、姿が分からずキョトンとしています。

この家には外にバーニーズ、ボルゾイ、あとはもう一つ小さな犬がいました。左下に見えるのがボルゾイです。そのうしろがわに見えるプレハブはどうやら犬舎のようでした。ボルゾイが吠えながらぴょんぴょん跳んで、今にもフェンスを越えそうなので、急いで離れました。

午後になって、パン屋へ行くついでにメイプルとマーイア親子を一緒に連れて行きました。パン屋と同じ方向の道の駅福寿の里へ行きます。マーイアは喜びすぎて、下の川へ降りたとたん勢い余ってドボン!水がとても冷たかったので、驚いたことでしょう。

メイプルはもともと車には弱かったのですが、若い頃は何とか我慢できていました。ところが、最近年を取ってから車酔いがひどくなりました。ここまで15分ぐらいの間、ずっと苦しそうに後ろの席でヒーヒー言っていたので心配しましたが、降りたとたん元気になって、マーイアに負けずに一生懸命歩きます。

テンコーとウィローは今日はこの辺の散歩でしたが、夫が順番にかなり長く連れて行ったので、彼らの方がたくさん散歩ができたかもしれません。
これで犬たちにとっても、楽しかったお正月は終わりました。

お正月はみんなでのんびり

パーマリンク 2009/01/03 20:56:10 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ブリーディング

仔犬が生まれて今日で9日目。お正月の間、天気は良かったけれど毎日寒いので、犬たちもほとんどの時間を家の中で過ごしました。彼らも仔犬がいる生活に少しずつ慣れてきたのか、それとも私たちが少し落ち着いてきたせいか、ずいぶんリラックスした表情です。

仔犬たちは本当にしっかりしてきました。これから離乳が始まるまでの約10日間ほどが、ほんの少し楽ができる時間かもしれません。今回の同胎犬たちはとても静かな気がします。でも、これって嵐の前の静けさかも?

ワンコ部屋には私たちがいつでも寝ることができるように、折りたたみベッドに布団が敷いてあります。テンコーは昨日あたりから、食欲も出てきて、おしっこの回数も減り、元気になってきました。すると、今まではゲージで休んでいたのに、なぜかこのベッドの上で休むようになり、ここから仔犬たちをまるで私がやるように見ています。

お買い物には、今日もテンコーが付いてきます。彼女はもう仔犬たちを留守番させても大丈夫と思うのでしょうか?出かける時も逡巡しません。ただ、帰ってきた時は一目散に仔犬のところへ行きますよ。

メイプルはいつもの自分のポジションに陣取っています。この一人用のソファにほとんど一日中座って(寝て)います。

ウィローはこれからちょっと辛い時期に入ります。マーイアにヒートが来ているからです。いつもはいっしょにいるのに、今は離れています。なんと言ってもマーイアは娘ですから。

ダイアンとマーイアは家の中でもふざけあっています。

不思議なことに、ダイアンは実の娘のテンコーよりも異父姉妹のマーイアに世話を焼きたがる傾向があります。テンコーといるよりもマーイアたちと一緒にいる方が、楽しそうに見えるのはどうしてでしょうか。テンコーと一緒のときは、母親として接しているのでしょうか。不思議なダイアンです。

2008年に訪れた海外の友人たち

パーマリンク 2009/01/02 21:18:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 海外の友人たち

26日に仔犬が生まれて以来、毎日寝不足が続いています。だから、お正月はのんびり寝正月にしようと思っていたのですが、昨夜になって急にホームページを更新しようと思い立ちました。
確かにずっと気になっていて、正月中にはやるつもりではいたのですが、ただでさえ少ない睡眠時間を削ろうとは・・・。朝まで徹夜するつもりでしたが、さすがに3時半過ぎでギブアップしました。

そして、今日ようやく更新が終わりました。何を更新したかったかというと・・・
昨年、3件の海外のエアデールの友人が来日し我が家に滞在しました。
4月はルーマニアのLaviniaです。彼女は我が家に10日間滞在後、別の友人のところにも行きました。その方は彼女の亡きお父さんの友人です。40年以上前、その方が初めてルーマニアを訪れた時、ルーマニアのジプシーにすべての荷物を盗まれ、そこへ偶然通りがかり力を貸したのが大学教授であったLaviniaのお父さんだったのです。その方は”みやこうせい氏”と言い、ルーマニアに関する第一人者で、作家であり写真家として有名な方です。

7月にはアメリカオハイオからNancyが来日し、2週間ほど我が家に滞在しました。彼女は今回で3回目の来日で、私や夫もアメリカに行く際には必ずお世話になっています。彼女は学校の先生ですが、一番はじめに会ったのは研修旅行で日本に来た際に、日本のエアデーラーに会いたいとメールをくれたことがきっかけでした。彼女はブリーダーではありませんが、以前はエアデールレスキューの活動をしていました。今ではNancyは気が置けない友人の一人です。

そして、10月はオーストラリアメルボルンのRonとAnne夫妻でした。彼らのことは別のオーストラリアの友人から紹介していただいたのですが、Ronがエアデールテリアクラブヴィクトリアの会長をしていることから、次第に交流が深まりました。もちろん私たちの海外の友人は全員エアデーラーですが、彼らのエアデール好きは特別すごいと思いました。12日間の滞在中も私たちや犬たちとの生活の中で、あらゆることにアドバイスをくれたり、犬とのふれあいを楽しんでいました。

他にも彼らの滞在中の写真をいくつかWilderness Airedalesに載せましたので、是非ご覧ください。

あけましておめでとうございます

パーマリンク 2009/01/01 19:30:24 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, ブリーディング

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
テンコーの赤ちゃんたちを、“赤べこ”と一緒に並べてみました。
“赤べこ”の隣から産まれた順です。
会津の民芸品“赤べこ”は幸せを運び、子供の守り神だそうです。この子たちがすくすく育って、運命の人と出会えるように祈ります。

今年のお正月は、赤ちゃん育てで忙しいので、いつもよりずっと簡単にしました。それでも簡単なお節は作りました(写真は恥ずかしいので撮りませんでした)。
むかしまだエアデールが3頭ぐらいの頃、お正月には彼らの食器にお節を盛り合わせていました(もちろん味の薄い食べてもOKなものだけ)。最近では、頭数が増えたこともあり、またあっという間にお節がなくなりそうになるので、やっていません。でも、お正月なので、何か少し特別なものをお裾分けしましょう。

お昼頃、私とテンコーの気晴らしに、夫とふたりでテンコーを連れて土岐プレミアムアウトレットへぶらっと行ってきました。テンコーは車に乗ると、ぐっすりと眠り込んでしまいました。今もまだ、夜中に何度も何度もトイレのために外へ行ったり、赤ちゃんにお乳をやらなければなりません。仔犬から引き離されて、かえってちょうどいい休憩になるようです。

朝から福袋を売り出していたせいか、アウトレットは超満員です。私たちが行った時は、もうすでに福袋は売り切れでした。ここは犬連れもOKですから、今日もたくさんの犬が来ていました。テンコーも小さい頃からよくここに来るのですが、今日は人混みや他の犬に出会って疲れさせたくないので、私たちが買い物中は車で昼寝です。
お腹がすいてもフードコートも超満員で、とても食べ物にありつける状態ではなく、1時間ほどフラフラして帰ることにしました。

帰りに道の駅で、テンコーを降ろし少し散歩させました。家に帰るとテンコーは大急ぎで仔犬のところへ飛んでいきました。

2009年1月
 << < 現在> >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS