ページ: << 1 ... 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 ... 628 >>

ふたたび仔犬部屋の模様替え

パーマリンク 2009/01/19 20:45:58 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

産室(産箱)の内側には、母犬が仔犬たちをつぶさないようにするために、ひさしのようなものが付けてあります。この下が仔犬たちのお気に入りの場所です。いつも仔犬たちはそれぞれにこの下に潜り込んで寝ているのですが、今回は少し事情が違います。部屋は常に20度を保っていて暖かいはずですが、それでもやはり寒いのかいつまでも仔犬たちはみんなで一緒にかたまっています。それをこのひさしの下でやるのですから大変です。角のところに仔犬たちはどんどん自分たちで入り込むため、一番奥の仔犬は身動きが取れなくなります。ひとりずつ引き出すと、奥の方に誰かが丸まっていたりします。そのため、今回はいつもより早めに産室を撤去することになりました。

自分でトイレに新聞のところへも行けるようになりました。寝る時は毛布の上でも、バリケンでも、また小さな可愛い箱の中でも寝れるようにしてあります。


初めはちょっととまどった仔犬たちです。

でもすぐに慣れて、サークルの向こうのお母さんを探しに行きます。

お母さんはなかなか側に来なくなりました。お腹がすいている仔犬たちは離乳食をくれる人間のお母さんの方が好きになってきたようです。でも、そんなにみんなでよじ登ってきても、ごはん食べさせられない。。。

アカちゃん、そんなにかんしゃく起こさないで!早くごはん食べさせてあげるから。

コレクション

パーマリンク 2009/01/18 21:03:27 著者: airedale メール
カテゴリ: 私のお気に入り, 海外の友人たち

ホームページのコレクションへの追加、夫から何度も催促されていたのにもかかわらず、なかなか進まず更新できませんでしたが、今日ようやく重い腰を上げました。
今まで載せ忘れていたもの、新たに増えたものなどをあわせると全部で35点にも上り、それを写真撮影するだけでも大変でした。もちろんそれらは仔犬の世話の合間に行いますから、あちらこちら家の中を一日中行ったり来たり・・・夕方ようやく途中ながらもUPすることができました。

一覧の写真をクリックすると、別枠でもう少し大きめの写真が見られるようにしたいのですが、今日のところはほとんどそこまでできませんでしたが、とりあえず一覧には載せました。
コレクションの“pottery” “Ornaments” “Pictures” “Others” “Badges”の中に新しいものが載っていますので、Wilderness Airedalesのコレクションをご覧ください。特別「NEW」の文字が入っていませんので、どれが新しいものかは分かりにくいと思いますが、ついでにもう一度全部見てくださいね。

少しだけここでも紹介します。今回UPした中で一番の(夫の)お気に入りはこの2つでしょう。

両方ともマイセンです。ドイツフランクフルトで見つけたものです。

これはロブロイド犬舎のジャネットとトムからいただいたものですが、ロシアのものです。彼らからコレクションをたくさんいただいています。どれも貴重なものばかりで、中には大事な記念を祝して得たものもあります。

バッジも自慢のコレクションです。世界の色々なエアデールテリアクラブやショーのバッジがあります。


コレクションの中の多くのものは、海外の友人たちからの贈り物です。それらを見ると私たちが彼らを訪れた時のこと、彼らが日本へ来た時のことなどが思い出されます。その思い出が本当は一番のコレクションかもしれません。

1月17日に想うラフティのこと

1月17日が来ると、関西の各地で阪神大震災の追悼式が開かれています。私は当時愛知県に住んでいて、ビーグル1頭とエアデールテリア3頭がいました。私の家では何も被害はありませんでしたが、その時の恐ろしさ、そしてその後の聞こえてくるニュースの恐ろしさは忘れることができません。

当時、私は毎朝エアデール3頭を車に乗せて、夫を会社まで送っていき、途中で犬たちを散歩させたものでした。名古屋の栄の繁華街や、名古屋城周辺の官公庁が建ち並ぶあたりが、私たちの散歩コースでした。そして夫を会社におろした後、私はまた別の公園へ行って3頭を順番に散歩させていました。
その日の朝もいつもと同じように朝の5時46分には、朝食をとっているところでした。突然の揺れに私と夫はあわてて台所から玄関の廊下に出ました。その時犬たちもいっせいに私たちの方へ駆け寄ってきたと思いました。ところが、1頭だけおかしな行動を取った犬がいました。当時3歳のラフティです。彼女はひとりであわてて2階へ駆け上がってしまったのです。私はそれがとてもショックでした。

実は彼女がパニックを起こして逃げたのは、その時で2回目でした。1回目についてはまたいつかお話しするかもしれません。とにかくこの子はパニックを起こすと、とんでもない行動に出ることが、私にはこのときはっきり分かったのでした。他の犬たちは、周りに集まり不安そうにしています。
地震はどこに起こるか分かりません。東海地震のことはもっと前から必ず起こると言われています。
“こんなことではラフティを助けてやれない”、私はそう思うと、不安で不安で、震災後かなり神経が参ってしまいました。
震災の被害を直接受けていない人でも、こうやって不安にさいなまれる人が多くいたということです。私もきっと同じだったのでしょう。
そんなラフティも3年前、大往生を遂げました。あの日以来、パニックを起こすようなことにもあうこともありませんでした。

夫と車の中で、ラジオから流れる追悼式のニュースを聞いて、こんなことを思い出しました。
後ろの座席にはテンコーが乗っています。育児疲れの気分転換のために、買い物に連れて行きます。
途中、いつもの阿木川ダムで少し散歩をします。外でテンコーを見ると、ずいぶん痩せてしまったのがよく分かります。

ホームセンターやスーパーマーケットに寄っても、ただ車の後ろで待っているだけですが、それでもついて行きたいテンコーです。

離乳食開始

パーマリンク 2009/01/16 20:36:03 著者: airedale メール
カテゴリ: ブリーディング

犬たちは誰にも子育ての仕方を教えてもらうわけでもないのに、ちゃんと分かっているのは本当に不思議な気がします。
子育ての上手な母犬は離乳の時期になると、自分の口から食べ物を出して食べさせる、と何かの本で読んだことがあります。残念ながら我が家の歴代のエアデールの中にも、そんな賢いお母さんはいませんでした。むしろ、仔犬が飲んでいるミルクや離乳食を欲しがったりして・・・まあ、それはお嬢様で育って母親になった子たちばかりなので、仕方がありません。

テンコーもこのところ急に仔犬たちにお乳をやる時間が減りました。自分のお乳が張っていても、仔犬たちがピーピー泣いていても、知らん顔をしている時もあります。今までは仔犬たちベッタリだったのが、自分だけケージで休んでナイラボーンをガリガリしたり、リビングの方へ行きたいよーと、ないてみたり。我が家で1番年下のテンコーの顔をチラチラ見せるようになりました。

産室の外で泣いている仔犬たちを放って、自分だけ産室に入ってのんびりしています。
テンコー、赤ちゃんほったらかしでいいの?


もう、これからが可愛い時だっていうのに。


後ろから見たら丸く見えるけど、おなかすいてんのよ!

ほら、また泣き出した。

あーあ、こんな可愛い顔で言ってるのに。


というわけで(?)、これからは私が離乳食をやることになりました。
でも、まだまだテンコーのお乳も必要なので、がんばってもらわなくては。
テンコー、お乳やらなくなったらご飯も減るのを忘れないでね。

ダイアン、どうしたの?

パーマリンク 2009/01/15 21:59:35 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

朝シャッターを開けたとたん、目に飛び込んでくる真っ白な景色も、今日ですでに4日目です。昨日の昼間にずいぶん溶けかけたのに、また夜の間に雪が降ったようです。それほど量は多くないけれど、確実に下の雪が凍ってきています。

今日は同じ町に住む友達が仔犬たちを見に来ました。彼女から聞いた話では、昨日の朝は-10度だったそうです。さすがに窓も開かないはずでした。今朝はそれほどではありませんが、朝のうち犬たちがほんの少し庭に出ているだけで、あごの下の毛が凍っていました。

朝よりは少し暖かくなってから、庭にはメイプル、ウィロー、ダイアン、マーイアの4頭がいました。私が外に出ると、ダイアンがやけに明るく楽しそうに走ってきました。それがいつもなら私にどんと身体ごとぶつかってくるのですが、今日の相手は何とウィローでした。ダイアンは嬉しかったり、楽しかったり、遊んでほしかったりする時に、やや乱暴に寄ってきてそうやって表現します。だから、私は一瞬ダイアンが犬を間違えたのかと思いました。でも、すぐにそのあと明らかにウィローに「遊ぼうよ」と身体と声で表したのです。

ダイアンのウィロー嫌いは相当なものです。最近でこそいっしょに庭に出ることもありますが、必ず距離を取っています。ウィローが近づくだけで、相当ストレスがかかってチラチラ見ながら気にしています。
そんな2頭ですから、私は思わず「ダイアン、どうしたの?」と聞いてしまいました。ウィローも面食らったようで、また相手にしたら私に叱られるとでも思ったのか、なかったことにしておこう、というように取り繕っているようでした。しばらくダイアンはウィローを誘っていましたが、そのうちにあきらめてしまいました。

今日はそれっきり2頭が近づいているのを見ていません。やはり、ダイアンは寒さのせいでおかしかったのかもしれません・・・

昼間出かけた時に、途中で山がとてもきれいだったので、思わず車を止めて写真を撮りました。雪を被っているのが、たぶん恵那山だと思います。

<< 1 ... 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 ... 628 >>

2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution