ページ: << 1 ... 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 ... 628 >>

獣医さん

パーマリンク 2009/04/25 20:09:07 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家のワンコたちの主治医は愛知県のみわしペットクリニックです。先生とのお付き合いは私たちが今の家に越してきてから始まったので、8年越しのお付き合いです。それまで愛知県の西の方に住んでいた頃は車で15分ぐらいのところの病院に通っていました。その先生もとても信頼できる方でしたので、正直こちらに越してきたとき、獣医をどうするかが一番の悩みでした。

エアデールテリアはとても丈夫な犬で、めったに病院通いすることはありません。特に歴代の我が家のワンコたちを思い出しても、年を取ってからはともかく若い頃に重大な病気にかかるということはありませんでした。それでも、春からは予防注射にはじまり、病気でなくても獣医のお世話になることはたくさんあります。また、我が家では繁殖もしますからその時も色々とお世話にならなければなりません。それで以前からトレーニングのインストラクターとしての奥さまを存じ上げていたことがきっかけで、愛知県ではありますが我が家からは1時間で行ける今の先生のところに行くようになりました。正直少し遠いので、急な時は気持ちが焦るときもありますが、そうかといってそんな時こそ知らない獣医のところには行く気がしません。そんな気持ちになったのは、ただ1回ダイアンの難産の時でした。
あとはそれほど急を要することはありませんでしたので助かっています。

犬たちが年を取ったとき、信頼できる獣医がいることはとても大事なことです。いくら犬たちが長生きになったと言っても、犬の寿命は短いものです。それでも私たちは最後まで何とかもう少しという希望を捨てきれません。だからこそ信頼できる獣医が本当に必要だと思います。それは技術ももちろんのこと、人間的に信頼できるということもとても大切だと思います。

ここまで書いていたら、先生から電話がありました。今日メイプルが血液検査を受けましたが、その結果が少し心配でそれについてのお話でした。私の何となく感じていた不安が少し当たっていました。今のところ急を要することではありませんが、今後先生ともよく相談して少しでもメイプルががんばれるようにしてやろうと思います。

食べ物の番をするマーイア

パーマリンク 2009/04/24 20:08:20 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午前中にマーイアをトリミングして、そのままいっしょにランチを食べるつもりで、岩村町のシャトーアキコへ寄りパンを買って阿木川ダムへ行きました。マーイアはすごく嬉しそうです。車の中でも買ってきたパンをフンフンと確認するようにして「これあたしのね?」という顔をしていました。

桜の咲いていた頃と違って、ダムの横の広場にはパラパラと人がいるぐらいでしたが、やはり外のテーブルの上にランチを広げて食べていました。せっかく美味しそうなパンなので、テーブルの上に並べて写真を撮りました。ちょっとたくさん買ったのはもちろんマーイアのためです。(ホント)

マーイアは待ちきれないような顔をして、まぜか暑いわけでもないのにテーブルの下に潜り込んでいました。

この時に、すでに彼女は番犬モードに入っていたのでしょう。
その時向こうから少し年配の男の人がこちらに近づいてきました。“近づいた”と思ったのは、マーイアと私だけで本当はその人の向かう方向の途中に私たちが座っていただけでした。

彼女の緊張をリードに感じたとたん、一瞬のうちにマーイアの性格を思い出しました。そうです、彼女は食べ物の番をしたがる傾向にあるのです。キッチンの流しの前は彼女が好きな場所です。そして私たちが食事をしているとき、彼女は隣の部屋にいて柵で仕切られていますが、他の犬が私たちの食べ物に近づくだけで大騒ぎをします。これも自分だけ疎外されるのが嫌ということもありますが、それよりも私たちの食べ物の番をしているつもりなのかもしれません。

マーイアは普段外で人に吠えるようなことがないので、少し油断していました。テーブルの下から出て、男の人に向かって勢いよく吠え出しました。それほど近づいていませんから、危ないことはありませんが、ビックリされたことでしょう。私は2,3度静かにきつく叱ると何とか落ち着きました。
「ごめんなさい。。。」
「大きい犬だね」
(そんなに大きくないけど・・・)「すみません、パンがあるので取られると思ってしまって。。。」
「フンフン」
なんかかみ合わない会話をしているうちに、マーイアがすっーと落ち着いてくるのがリードを通して伝わってきました。この場合、私の方から「こんにちは」と声をかけてマーイアを安心させておくべきでした。

食事の後、ダムの方まで散歩してきました。この間マーイアとここに来たときには、車いすのお年寄りに静かに接することができて、とてもいい子だったので、今日のシチュエーションを作ってしまったことがとても残念でした。
このまま、失敗したまま帰るのは嫌だなと思っていたら、小さな女の子を連れた若い夫婦が来ました。女の子はお母さんの手から離れて、マーイアのところへ駆け寄ろうとしました。マーイアは子どもは好きですが、飛びついたら困るので、「飛びつくと危ないから離れててね」と子どもを制しました。女の子は「ワンちゃん、バイバイ」と手を振ってくれたので、私はその子に「マーちゃん」って呼んでもらうようにお願いしました。女の子は今度は「マーちゃん、バイバイ」とまた手を振ってくれました。
マーイアはそれを聞いて、ちぎれんばかりにしっぽを振って答えました。

膨大な写真

パーマリンク 2009/04/23 20:35:32 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 私のお気に入り

昨日、栃木の友人よりチャンピオンシップショーの写真のデータが送られてきました。その数はおよそ450枚、私の撮った写真とあわせるとなんと軽く800枚は超えています。これが最近のチャンピオンシップショー後に整理しなければならない写真の数なんです。これだけあるおかげで、クラブのホームページや会報にそれぞれ色々な写真を選ぶことができるようになりました。デジカメのない昔なら考えられないことでした。当時は36枚撮りで約6本、200枚ちょっとが限界でした。そのためあとであの犬の写真が欲しいと思っても、みんな向こうを向いていたり、良く写っていなかったりと、なかなか気に入ったものを探すのは大変なことでした。それに比べれば、最近では写真探しはずいぶん楽になりましたが、それを選ぶまでの手間は以前とは考えられないほど時間のかかるものとなりました。

まずは、写真をシーンごとに分けます。その中で、使えそうもないものは捨てるようにします。ただし、クラスごとなどの複数の犬が写っている写真は要注意です。1頭がむこう向いていても、隅に写っている1頭がとてもきれいに見えることもあります。クラブの会報では、出陳したすべての犬がどこかに載っているようにしています。できることなら、なるべく犬がきれいに写っている写真がいいに決まっています。そのため、小さくてもきれいな写真は会報用で使うので、覚えておかなければなりません。出陳した方は今度会報を手に取ったら、チャンピオンシップショーの記事の中に自分の犬を探してください。必ずどこかに載っています。
そんなわけで編集する際には、私は何度も何度もコロコロとマウスを動かしながら画像を見る作業が延々と続くことになります。

とにかく写真が揃ったので、遅くても連休中にはクラブのホームペ-ジはUPするようにしましょう。
ところで、当日撮った写真の中にこんな写真がありました。新聞を持っている人は蛇蔵さんこと倫太郎のママさんで、ショーの時にスチュアードとしてお手伝いしてくれました。新聞は天下の読売新聞で、その中に大きく彼女の書いた本の宣伝が載っていました。そうです、3月11日にこのブログで紹介した「日本人の知らない日本語」です。こんな大きな宣伝が出るなんて、彼女は売れっ子作家ですね。あまり忙しすぎて、クラブの行事に来られなくなるといけないので、ほどほどにしてください。

エアデールグッズ

パーマリンク 2009/04/22 21:42:16 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事, 海外の友人たち

エアデールテリアクラブ オブ ジャパンでは会員に様々な商品を提供しています。トリミングの道具に始まり、おやつ類、エアデールグッズなど多岐にわたっています。ただ商売ではありませんから、何を取ってみてもかなり安くなっているはずです。それでも少しはクラブに収益がもたらされるようにしています。これらの収益はクラブの運営費の一部として重要な役割を果たしています。会員はクラブのホームページや会報を通じて、またショーやファンデー、勉強会などで直接色々な商品を見たり、購入したりすることができます。

またクラブでは、商品ばかりでなくフォトコンテストの賞品、ファンデーやビンゴゲームの景品、また参加賞などに使うグッズなども必要です。
トリミングの道具やおやつ類などは、いつも決まった物ばかりですから問題はありません。足らなくなれば、注文すればいいのです。それでも食べ物以外はほとんど海外からの購入ですから、何かと面倒は多いものです。少しでも安く買うために何度も交渉したり、色々と工夫もしています。
一番の問題はエアデールグッズです。オリジナルのものは、以前こういったグッズがあまり売っていない頃は人気がありましたが、最近ではなかなか難しくなりました。そのため何か記念の時にしか作りません。

これはクラブの創立10周年の時に作ったオリジナルのステッカーです。これはスコットランドの友人でアーチストのAnn Curran(Ragtail)が描いたイラストを元に作ったものです。彼女は世界的にも有名なテリアアーチストですが、私たちのクラブのために特別に許可してくれた物です。また、これをモチーフにしたお散歩トートバッグは、10周年記念のチャンピオンシップショーの参加賞として皆さんに配られた物で、こちらは非売品なのでロイヤリティもおまけしてもらいました。その代わりに彼女がサポートしているエアデールレスキューの方へ寄付をしました。

彼女のイラストやクリスマスカードもクラブでは人気商品です。
このタオルは同じくイギリスから購入している物ですが、定番の人気商品となっています。タオル自体がとてもしっかりとしていて、色も豊富なので、ひとりで何枚も購入してくれます。


今日、私がインターネットで探していた物は、商品としても使えるもの、また色々な賞品にもなり得るものです。
これが一日中かかってしまいましたが、いくつかこれはと思う物を見つけましたので、商品か賞品かどちらになるかわかりませんが、会員の皆さんは楽しみにしててください。

車の中のワンコたち

パーマリンク 2009/04/21 21:16:30 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

何で今日雨降るの!せっかく今日はテンコーと一緒に犬の学校へ通う初日だったのに。
午後1時からだったので、午前中の曇り空に希望を託して出かけましたが、車で学校までの3分の2ほど走ったところで雨が降り出しました。それも天気予報には1mm,2mmと書いてあったのに、そんなもんじゃありません。学校に着いた頃にはすでに本降りとなってしまったのです。残念ながら今日はお休みです。それでもとりあえずおじゃまして、先生と我が家の環境やテンコーのレッスンなどについて話をしました。
テンコーにとっては車の中ばかりでしたが、昨日からお出かけだよとずっと話していたので、何とか約束は果たしたというところでしょうか。

車にワンコたちを乗せたときに(何頭かをバリケンなどに入れていっしょに乗せるときではなく、1頭もしくは2頭を座席に乗せるとき)一番落ち着いているのはテンコーでしょう。だいたいどんなときでも静かにしています。運転中はもとより車の中での留守番も一番安心です。
これは先月キートンとショーに行ったときの写真です。外には犬がいっぱいいましたが、車の中では落ち着いていました。

ウィローもとても静かに乗っていますが、いったん車において私が離れると、大きな声でなき出すので、買い物に行くときは少し恥ずかしい思いをしなければなりません。この2頭は私と車に乗っているだけでも満足そうです。
マーイアも普段は静かに乗っているのですが、外に犬を見つけたり、人が近づいてきたりするとたまに警戒モードに入るときがあるので注意は欠かせません。それでも、車の中での留守番もちゃんとできます。
一方、ダイアンは運転中もずっと「ヒャーヒャー」というような言葉にならないような不思議な声をずっとあげています。喜びが抑えきれないのです。仔犬の頃からそうでした。帰りはいいのですが、行きはどこかへ着くまでこんな感じです。その気持ちが伝わってくるだけに、少々プレッシャーを感じます。今日のようなお出かけだとダイアンも私もストレスになったかもしれません。それに車の中での留守番は、以前車のシートをかじった前科があるので、一番信用がおけません。
メイプルは最近はめっぽう車に弱くなり、乗っている間中「ハアハア」言っているので、こちらも落ち着きません。

いずれにしても1頭、2頭の犬といっしょに車で出かける分には、そんなに騒ぐこともないので楽なものですが、これが犬たち全部をバリケンに入れて出かけなければならないときは、どうしても騒ぎ出すこともあり、これは本当にストレスに感じます。最近はそんな機会が減ったのが嬉しいです。

<< 1 ... 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 ... 628 >>

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution