ページ: << 1 ... 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 ... 628 >>

関東地区トリミング勉強会

パーマリンク 2009/05/21 21:38:59 著者: airedale メール
カテゴリ: エアデールテリアクラブの行事

先日の日曜日、17日に川崎市でエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区トリミング勉強会が行われました。関東地区では春と秋に2回ずつ、年4回トリミング勉強会を開催しています。以前は京王多摩センター近くのトリミングスクールをお借りしていましたが、今年1月に閉校になったので、開催場所の変更を余儀なくされました。前回は4月に横浜のトリミングスクールで行われました。ここも駅からも近く、まわりに駐車場もたくさんあるところなので便利なところでした。そして、今回は川崎市である場所をお借りすることができました。駐車スペースもたくさんあり、トリミングは屋根があるところでできるので天候にも左右されることもありません。

今回は参加者19名、参加犬11頭と盛況でした。私は前回に続いて今回も欠席で、夫だけが行きました。お手伝いができないのは心苦しい気持ちですが、最近では皆さんがとてもよく手伝ってくださるので、私が行く必要もなくなりました。もっとも私のお手伝いというのは、もっぱらおしゃべり担当でしたので、それがないのはちょっと寂しいです。
その時の写真が届きましたので、ここでも少し載せましょう。

何よりも行けなくて残念だったことは、テンコーの息子アッサムに会えなかったからです。東京に住む私の娘はアッサムに会いたいので、午後から会場まで行きました。彼女は仔犬たちがいる間、何度もこちらまで来て仔犬の面倒をよく見てくれていたので、会えてうれしかったことでしょう。

ようやくアッサムのトリミングも終わったようです。前の方に小さく見える子は横浜に住むブーアです。彼はメイプルとウィローの初めての仔犬たちで、今年の9月でもう7歳になります。早いですね・・・

もうひとりのパピーの参加犬は、名古屋で2月に生まれたバディです。彼は千葉へ行きました。電話では飼い主さんが“やんちゃです”なんて言っておられましたが、おりこうさんにトリミングできたでしょうか。

大きな木の下で

パーマリンク 2009/05/20 21:08:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし, 私のお気に入り

エアデールパークにあるこの木、これが私の一番お気に入りの木です。もうすぐ真っ白い花が連なって咲き始めます。
花が咲いている間はハチも多く飛んできますから、ちょっとうっとおしかったりしますが、この木の下から見上げると、葉っぱがサワサワと風に揺らめき、チラチラと陽の明かりが木陰の間から光る様は、まるでおとぎ話に出てくる森の中にいるような気がします。

5頭のワンコたちを連れてこようと思うと、ゆっくり座って楽しむ暇もなく、次のワンコを迎えに行かなければなりません。ダイアンはご機嫌で山の斜面を探検すると、なにやら手で落ち葉を除けては興奮しています。
「ダイアン、止めて!なんかいる?」せっかくのゆったりした気持ちが吹っ飛んで、私はビビリまくります。
勝手なことを言うようですが、植物と共生するのはいいですが、ヘビや気持ちの悪い虫はお断りです。探検を止めたダイアンは今度はテンコーに“遊ぼうよ”と誘います。

この間は何となくテンコーが仲間はずれでしたが、こんな風にふたりが遊び始めると、今度はメイプルがついていけません。乱暴に走るふたりをかわしながらとても嫌そうにしています。しばらくしたらメンバー交代です。テンコーとダイアンがうちに帰り、代わりにウィローとマーイアがやってきました。

ウィローは一回りチェックすると、真ん中でリラックスして休み始めました。メイプルもちょっと離れたところで休んでいます。残念ながらまだデッキには座ろうとはしません。

その合間を縫うようにマーイアがひとりで走り回ります。昼近くまで遊んでまたひとりずつうちに連れ帰りました。

ほんの近くだけど、結局私は何往復したんだろうか?

マーイアとテンコーの宿題

パーマリンク 2009/05/19 21:00:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

昨日はウィローがやっつける話ばかりになりましたが、実は小さい頃一度だけやっつけられたことがあります。
これはその後の我が家の犬の関係を大きく変えることとなりました。ちょっと長くなりそうなので、この話はまた今度。

犬の学校の先生から宿題をもらっています。正確にはマーイアとテンコーの宿題ではなく、マーイアとテンコーと一緒にする私の宿題なのです。毎日やらなくてはと思いつつ、この5頭の大家族、それぞれ1頭だけと向き合う時間を作るのは簡単そうで結構大変なのです。雨が降ればもちろん外には出かけられないし、家の中で練習するには他の子がじゃまだし、などなど理由を付けてはたまにしか練習できていないのが本当のところです。
もちろんどちらかの子と出かけるときは、外で練習します。

昨日あれからマーイアを連れて郵便局へ行きがてら、小里川ダムまで行ってきました。
本当はメイプルを連れて行くつもりでしたが、ウィローとテンコーの騒ぎでメイプルまで何だか疲れたようで、どうしようかな?と私が迷っているうちに、さっさと気配を感じたマーイアが“わたしだよね!”と大アピールを始めたのでした。途中おばあちゃんの店でお寿司を買ってランチはまたここでいただくことにしました。ランチの前にベンチにお寿司をおいて、そこで宿題を練習します。不思議なことにマーイアはそれを待っているようでした。暑い中なのに彼女は集中できるんです。彼女は私と宿題の練習をするのがとても楽しそうでした。

食事の後は、少し散歩します。ダム湖は久しぶりに並々と水をたたえています。前日まで土砂降りにうんざりしていましたが、やはり雨はふってもらわないといけませんね。

今日もまたマーイアの視線を感じます。“どこ行くの?”“いつ?”“練習する?”それに負けて、エアデールパークへ連れて行って練習をしました。最近、練習のためにエアデールパークへ行くときはリードは外さないで、練習が終わったらそのまま帰ってきます。次にテンコーも連れて行きました。テンコーは何となく無難にこなせるのですが、マーイアほどの集中力がなく、少し冷めています。
さあ、こんなに性格の違うこのふたり、これからもますます楽しませてくれそうです。

初対面???

パーマリンク 2009/05/18 22:08:22 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家の唯一の男の子ウィローとその娘テンコーは、未だに一度も会ったことがありませんでした。会ったことがないというのは、ちょっと間違っていますが、要するにフリーでいっしょになったことがないのです。家の中でも必ず分けられていて、顔を見るのはいつも柵越しです。そのせいかテンコーはウィローが絶対に近づいてこないことが分かっているので、ウィローに対してけんか腰の態度を取っています。

なぜこんな事になっているかというと、それはウィローに前科があるからです。今いる女の子のうちテンコーをのぞいて、みんなウィローに噛まれた経験があります。こうやって書くと、ウィローが極悪犬に思われそうなので少し弁解します。ウィローは確かに犬づきあいの悪い犬です。でも、家族の中でいつも我慢しているのはウィローです。メイプルやダイアンに吠えられても、いっしょうけんめい逆らわないようにしているのが分かります。ところがいったん火が付いてケンカにでもなろうものなら、どうしたって男の子なので力もあり、結果的に他の女の子がやられちゃった、という具合になってしまうのです。ケンカになっても私たちに叱られると、すぐにウィローはあきらめるのですが、加減をすることが下手なのか、女の子たちに怪我をさせるときがあるのです。そのため私たちもついつい慎重になっていたのでした。

メイプルが一番ウィローとは仲良くしていましたが、最近では自分が弱ってきたせいかウィローのそばにいることをあまり好みません。ダイアンは年が半年しか離れていないせいか、仔犬の頃から衝突も多く一時は完全に離していましたが、最近ではまた時々一緒にいます。マーイアが一番上手にウィローとつきあっているようです。たまにガッーとやられそうになると、恐ろしく大げさな悲鳴をあげて逃げたりしていますが、すぐにまた自分から近づいています。

そんな状況の中、今日は一つ勇気を出して(私が)ウィローとテンコーを庭で一緒にしてみることにしました。なぜならテンコーは今シーズン中なので、たとえテンコーがケンカを仕掛けてきたとしても、ウィローがそれを買うはずがないからです。

庭にメイプル、ダイアン、テンコーがいました。カーテンを開けたリビングの向こう側にはテンコーがデッキの上にいてこちらを見ています。ウィローが窓に近づきました。まさかウィローが出てくるはずはないと信じているテンコーが、ウィローを見て一瞬構えました。私は間髪を入れず窓を開けウィローを外に出しました。
テンコーのビックリした様子が分かります。ダイアンも飛んできました。でも少し興奮したウィローに腰が引けています。ウィローはすぐにテンコーのお尻の匂いをかいて求愛行動に出ます。
もちろん父娘ですから過ちのないように私も外に出て一緒に見ています。実際シーズンもそろそろ終わりで、もう一番いい時期は過ぎたと思ったので実行したことですが、どうやらまだまだのようでした。
テンコーは上手にかわしながら、庭を走ってウィローの追いかけてくるのを待っています。ふたりとも追いかけては逃げられ、逃げられては追いかけています。案の定、何ともなくうまくやっています。(当たり前ですが・・・)
メイプルとダイアンはシラッーとして、彼らを遠巻きに眺めながら固まって座っていました。こういったときに間に入ることは危険だと承知しているからです。ダイアンは困惑した表情で私を見つめます。
“いったいどうするの?”

しばらく様子を見ていました。過ちが起きるほどの状況ではありませんが、たしかにダイアンもメイプルも外にいるので、うまくいかなくてイライラしたウィローがふたりに当たっても困りますから、上手にテンコーだけを家の中に入れて、今日のご対面を終了させました。ふたりが仲良くしているツーショットの写真が撮れそうでしたが、あいにくカメラも家の中で、それを取りに行くことができなかったのが残念でした。
テンコーと入れ替わりにマーイアが登場しましたが、ウィローは疲れた様子で他には何も関心がなく、外にいる4頭の間にはしらけた空気だけが流れていました。

熊が出た!

パーマリンク 2009/05/17 20:17:06 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

夕方、スピーカーから恵那市の広報からの声が聞こえてきました。
恵那市のどの家庭にも市からの連絡が入るスピーカーが設置されています。我が家はそれがワンコの部屋についているので、聞こうとしないと聞き逃します。それほど重要じゃないことも流れてきますから、いつもはあまり気にしていませんが、昨日から雨が降り続いているので、土砂崩れとかそんな情報かもしれないと思い、聞き耳を立てました。
“山岡町の明智鉄道沿いに子熊が目撃されたので、外出の際は気をつけてください”という内容でした。

子熊がこの雨の中で母熊からはぐれてしまったのだろうか?それとも影に母熊は隠れていたのだろうか?かわいそうには思うものの、近くには来ないでと願うばかりです。
このところあまり熊の情報はなかったので、ちょっと安心していましたが、たしかにもう冬眠から覚めてどこかで活動しているんですよね。昨年の秋はドングリがすごくたくさん落ちていましたが、今頃は何を食べているんでしょうか?

さて、我が家のワンコたちは雨の中退屈な一日を過ごしました。テンコーはトリミングされたので、退屈ではなかったと思いますが。
トリミングのご褒美とつまらなそうなワンコたちのために、チョーとっておきのおもちゃを出して遊んでやりました。
おもちゃは全部わたしのもの、とテンコーが独り占めします。サイコロ型の箱の中には4つのピーピーなるボールが入っています。

ダイアンも青いボールを取りましたが、めったに出てこないおもちゃですから、この箱の中身はなんだろう?と興味津々。

ようやくテンコーから箱を取ることができました。テンコーは上手に中からボールを出しますが、ダイアンはなかなか取れません。このあと、箱ごとブルンブルン振り回して中のボールを落とそうとします。

次にマーイアです。彼女は箱から取り出す行為よりも、集中的にひとつをくわえて壊そうとします。私に箱を取られないように、自分の身体で押さえています。壊されないうちに終わりにしましょう。

<< 1 ... 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 ... 628 >>

2017年11月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution