ページ: << 1 ... 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 ... 615 >>

DNAって不思議

パーマリンク 2009/04/07 21:16:43 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

犬たちを見ていると、誰にも教わったわけでもないのに、普段の生活の中でのちょっとした仕草や癖が親子でそっくりなことがあります。これはもちろん人間でもそうですが、犬でも同じだと思います。

前回ツイテナカったウィローを小里川ダムへ散歩に連れて行くことにしました。ウィローは自分が今日のラッキーボーイに選ばれたとたん、うれしさを抑えきれずその場でクルクル回り始めます。その癖はしっかりマーイアに受け継がれました。マーイアはその小さな全身を使って、ウィローよりもダイナミックに回ります。カラーを取り付けるのも大変なぐらいです。お座りをしないとカラーを付けてもらえませんが、付けようとするとまた回り出す。私がやめるとまた座り、動くとまた回る。

小里川ダムにはほとんど桜がありません。大きな木はこれぐらいでしょうか。でも観光客がかなり来ていました。皆さん何を見に来るのでしょうか?


今日は、存分に散歩ができて満足そうなウィローです。


ここにもありました、ヘビの看板が。


ソフトクリームをウィローと一緒に買っていたら、ポメラニアンを抱いた女の人が通りがかりました。彼女はウィローを見て、抱いている自分の犬にこう言いました。「ほら、ワンちゃんよ」まるで人間の幼児に言っているかのようでした。ウィローはソフトクリームに集中していてあちらのワンちゃんには気づきませんでした。

先週の土曜に茨城に住むテンコーの息子、アッサムのお母さんからメールが来たのでその一部をご紹介します。
*******************************
アッサムは相変わらずやんちゃで、少しもじっとしていません。寝るか走り回るか。静かだと思えばいたずらに夢中!外で走り回るのが大好きだから、雨の日はかわいそうです。仕方なく私とボールで遊びます。

少し車に慣らそうと、スタジオに連れてくると。車の中では借りてきた猫、ならる借り犬。不安そうに私の顔を覗き込み、「ねえ、だいじょうぶ~」てな感じです。

最近は孫娘が「おしゅわり!まて!」「はいどーじょ~」とごほうびあげたりして、少し仲良くなってきました。ちなみにふせも上手にしますが、これがダイナミックなジャンピングふせです。おすわりから前足振り上げて~ふせ!
ダイナミックナなのはそれだけではありません。アッサムのイビキ、寝言。夫との大合唱は夜中のヘビメタLIVE!かんべんしてよ~。
*******************************
ダイナミックなジャンピングふせ、実はこれはテンコーの癖なんです。本当に勢いよくやりますから。でも、テンコーの父ウィローも母ダイアンもこんなふせはしないんですよね。これはいったい誰のDNAなんでしょう?

やればできるね、マーイア

パーマリンク 2009/04/06 22:30:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

思えば昨年の今頃、私は?十肩がひどくて犬たちを散歩させることも大変でした。左腕が思うように使えず、犬を左側に引いていると、少し引っ張られただけでズキンと痛みが走り、リードすら離れそうになる時もありました。そうかといって右側で犬を歩かせるのも難しく、犬を連れて歩くこと自体億劫になりがちでした。まして元気が良くて、きちんと歩けないマーイアを連れて歩くのは苦痛でした。
そもそも我が家のように毎日散歩しないと、当然歩く練習がきちんとできないわけで、その上犬によっては少ない練習でも上手に歩ける子がいる中で、マーイアは我が家の歴代のエアデールの中ではワースト1でした。来月には4歳になりますが、今でも子犬の時のような動きで、あっちへ行こうとしたり、こっちへ行こうとしたり・・・

その?十肩がいつのまにか良くなり、最近では普通にリードを引くことができるようになったのは、私にとっても犬たちにとっても本当に嬉しいことです。

先週ウィローと見に行った阿木川ダムの桜は、今日はすっかり開いていました。月曜日なのに駐車場は車でいっぱいです。大勢の人たちが桜を見に来ていました。私はこんな時に一番大変なマーイアを連れてきたことをちょっぴり後悔しました。

案の定マーイアの足取りは、まるで酔っぱらいの千鳥足のように右へ左へと行こうとします。私は足を取られないように気を配って何とかコントロールしながら、桜がきれいな広場からダムの方へ歩き出しました。

ポカポカ陽気で少し暑いくらいでしたが、マーイアは本当に楽しそうでした。少し人混みから離れるとマーイアも落ちついて歩くようになり、ダムの上では引っ張らずに私に付いて歩いていました。

当然マーイアの上には私からの賛辞が降り注ぎ、マーイアはより一層胸を張って良い子で歩いていました。
ダムから戻ってきてもう一度広場に戻りました。

広場にはお年寄りが大勢いました。皆さんデイケアか老人介護のホームから来ているらしく、マイクロバスで来ていました。その中でも20名以上の大きなグループがいました。半数ぐらいの人が車いすに乗って、介護士さんが押しています。マーイアとベンチで休んでいると、その方たちがマーイアに気づき「わあ、かわいい犬」と車いすを押してて寄ってきました。
マーイアは車いすに乗っている人と出会った経験があまりないので、私は彼女が警戒するのではないかと思いましたが、それほどでもなかったので、いっしょに「こんにちは」とご挨拶して話し始めました。
すると介護士さんたちが次から次へと車いすのお年寄りと共に寄ってきて、結局皆さんでいっしょに写真を撮ることになりました。マーイアは人が大好きですが、飛びつこうとするので私はそれが一番心配でした。でも、マーイアはとても落ち着いていて、皆さんの真ん中で愛想を振りまきおとなしくしていました。もちろん私は万一彼女が飛びつこうとしてもできないように準備はしていましたが。


皆さんが向こうに行ってから、またまたマーイアは私から賛辞の嵐を受け取り、心なしか誇らしげな表情をしていました。
桜の花のせいか、それともマーイアのせいか、今日はとても癒やされた気がしました。

さっぱりしたね

夕方、ぐっすりと眠りこけているワンコたちの顔はとても気持ちよさそう。このまま朝まで寝てしまうのかと思うぐらいよく寝ています。(そんな心配は無用。夕飯の時間になればいつのまにかムクッと起き出します)
私たちでもお風呂に入った後はどっと疲れが出ますが、ワンコたちもきっとそうなんでしょう。

今日はエアデールテリアクラブ オブ ジャパンの関東地区トリミング勉強会が横浜で行われました。夫は朝早く新幹線で横浜へ出発しました。今回は私は犬たちと一緒に留守番です。
天気予報ではポカポカ陽気になるということで、私は今日こそみんなをシャンプーすることにしました。ところがこの辺りは朝はまだ寒く、夫を駅まで送って行った時は2度、その後もなかなか気温が上がってきません。ようやく暖かくなってきたのは午後1時を回ってからでした。
どうせシャンプーするならその前に目一杯汚れてもいいか、とエアデールパークへ連れて行きました。

エアデールパークの植物たちは新しい緑を身にまとい始めました。昨年買った6本のもみの木のうちの1本です。これが一番良い場所に植えたせいか元気です。この寒い地域では同じ植物でも冬を越せないものもたくさんあります。でもいったん冬を越すことができると、あとはどんどん元気よくなるようです。今にこの木も大きくなることでしょう。

エアデールパークのいちばん角っこに山桜の木があります。これはまだまだつぼみも固そうです。


5頭を順番にここまで連れてきて、しばらく遊ばせてからまた順に連れ帰ってそのままシャンプーします。この一連の作業をひとりでこなすのはかなり大変なことですが、のんびりのんびりとやることにしました。
メイプルはさっき来たばかりなので、テンコーが帰る番ですが、もう先に帰りたがります。テンコーはひとりぼっちになりたくないので、メイプルをいっしょうけんめい遊びに誘います。

このエアデールパークの中にも、庭の方にもアセビの木がたくさんあります。ただ、花を付けるのは陽が当たるところだけです。ところで、このアセビの木の葉っぱは有毒だそうです。幸いにもエアデールパークのアセビは背が高いのでワンコたちもこれを食べることはないでしょう。

マーイアをエアデールパークに連れてきて、一番困ることはクマザサを食べてしまうことです。注意しようものなら、よけいにあわてて口の中にほおばる始末です。これはその日か、遅くても次の日にはほとんど全部吐いてしまいます。それを見ると、ほとんど消化していないクマザサが大量に出てきます。

ようやく、最後にマーイアも洗い終わりました。身体の乾いた子から順に家の中に入り、みんな思い思いの場所でいかにも“あー気持ちいい”って顔をしながら、次第にトロトロとまどろんでいきました。

苗木さくら公園と夜明けの森

パーマリンク 2009/04/04 20:42:11 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

春の展覧会の前のこの忙しい時期ですが、今日は珍しく何も予定のない日でした。そんな時はもちろん犬たちをどこかへ連れて行こうかという話になります。午前中はダイアンとテンコーを、午後はメイプル、ウィロー、マーイアを連れて行くことにしました。
まずはなんと言っても今の時期ですからお花見です。行ったことがないところに行きたかったので、中津川の苗木さくら公園に行くことにしました。標識に案内されていった道は、とても狭くてすれ違いもできないような道です。こんなところでいいのかな?と不安になったころ、桜の花が見えてきました。道はここで通行止めになり、脇の広い空き地が駐車場になっています。降りると道沿いに桜の木があり提灯が下げられ、少し上の方には何人かの人たちがいて、さくらまつりらしいものが行われるようです。花はまだ満開ではなく、天気もどんよりしていたせいか寂しい感じがしました。


ダイアンとテンコーは大はしゃぎで、ちょっと興奮気味に山を登っていきます。さくらまつりの会場のようなところに着きましたが、まだ始まっていないのか、何となく場違いな感じがしたので早々に山を下りました。

20年ぐらい前ペリとレッドを連れて、苗木城址へ来たことがあります。その時「苗木城址」と書かれた入り口のようなところで撮った写真があります。ここへ今日また行こうかと思いましたが、どうも道がはっきりしないので、あきらめて夜明けの森へ行くことにしました。

思ったよりも遠いところでしたが、夜明けの森に到着しました。


ここがどんな風になっているかよく分かりませんが、ともかく歩いてみることにしました。歩道は石畳できれいに整備されています。少し歩くと、ほどなく大きな池が見えてきました。とても静かで歩きやすい良いところですが・・・
やっぱり!こんな感じのところはいかにもヘビが出そうだと思っていました。それにしても何も看板なんかなくたってヘビは出るのに、わざわざこんな看板があるということは、ものすごくたくさん出るということ???


そう思っただけで、足がすくんで歩けなくなりそうです。
おーい、ちょっと待って!先に行かないでよ!

2kmほど池の周りをぐるりと回ります。ヘビのことさえ考えなければ、なかなかきれいなところで散歩コースとしてはいいところでした。


家に戻ってくる途中から雨が降り出してしまいました。せっかく午後から残りのワンコたちを連れて行くつもりでしたが残念でした。

モダンパークってどこ?

パーマリンク 2009/04/03 20:00:25 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

クラブの会報の編集が終わってから、ようやく4頭のトリミングも終わりスッキリしてきたら、なんとまあメイプルのひどいこと。それこそ、「なんの動物?」なんて聞かれかねません。
こうなると正直手を付けるのもおっくうになりがちです。まして相手は10歳8ヶ月のお年寄り。あまり無理なこともできません。長時間となればじっと立っていることだけでも辛いはずです。私はいつもメイプルのトリミングは3時間を限度にしています。それ以上は負担が大きいと思うからです。

3時間後、まあ何とか見れるようにはなりましたが、毛の状態も悪く、年を感じてしまい悲しくなりました。若い頃はあんなに張りがあってきれいだったのに・・・その上、しばらく放っておいたのでよけいにいけません。これからはもう少し頻繁に手を入れてやろうと反省しました。(メイプルにとってはありがた迷惑です)

2時頃になって、トリミングの疲れからか、ソファの上でうとうとしていたメイプルを起こし、お出かけに連れて行くことにしました。車に弱いメイプルですが、自分ひとりのお出かけの誘惑には勝てませんから嬉しそうに車に乗り込みます。

以前から気になっていた小里川ダムの近くのモダンパークへ行ってみることにしました。とりあえず標識は一つありましたが、いったいどこがモダンパークか分かりません。なんの看板もない駐車場へ車を止めると、下に降りる道がありました。そこにはこんなものがありました。


たしか、どこかで見た案内にはモダンパークには“せせらぎ”があると書いてありました。これだろうか??水はありませんが、形は“せせらぎ”に似てなくもありません。


公園とも言えないようなただのだだっ広い野原をメイプルとブラブラ散歩して、次は小里川ダムの展望台に行ってみることにしました。いつもダムは行ってもここまで来るのは初めてです。


メイプルも少し疲れたようでした。

ダムの方へ降り、おばあちゃんの店へ回ってソフトクリームを買いました。これがメイプルへのご褒美のトドメです。


せっかくトリミングした顔をクリームでベタベタにしながら帰ってきました。

<< 1 ... 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 ... 615 >>

2017年6月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution