ページ: << 1 ... 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591

悲哀漂うエアデール

パーマリンク 2008/12/05 21:44:52 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

我が家の犬たちにとって、いったい何がそんなに悲しいかといえば、それは置いてきぼりをくうことに他なりません。私だけが出かけるならば、それはそれで我慢できるのです。でも、誰かを連れて行くことが、そしてそれが自分でないことが、どうしても許せないのです。

彼らはみんなどの子も、自分が一番愛されていると信じています。自分だけが特別扱いをしてもらえるのだと信じています。だから、他の子を連れて行っちゃダメなんです。それが例え次に行くのは自分の番だと知っていても、今が彼らには重要なんです。たった、隣のエアデールパークへ行くだけでも、ほんの一回り家の周りを散歩するだけでも、自分が選ばれたい、今すぐに。カラーをかけてもらう姿は、まるでオリンピックで金メダルをかけてもらっているような、喜びに満ちた表情です。だから自分が選ばれないと知ったときの悲しみ・・・それは絶望に打ちひしがれた姿。そして、悲しみと怒りにあふれた声。

朝から雨が降ると、犬たちは外(庭)へ出たがりません。最小限にすませようとします。こんな日は、誰も散歩に行くことを予想しないので、静かな日が送れそうです。みんなにものんびりと、リラックスして過ごしてもらいましょう。

ところが、次第に強くなる雨足と雷。この時期に、雷なんて。。。ウィローは雷が大嫌いです。私はすぐにみんなにレスキューレメディを与え、ウィローは特別にワインをひとさじ。結局しばらくの間は、私にしがみつこうとしてくるウィローをずっと側に置き、またまたみんなの嫉妬に満ちた視線をあびる羽目になりました。

雨の日はやっぱりつまらない、そんな感じのダイアンとテンコーです。

こんなにいい天気なのに・・・

パーマリンク 2008/12/04 19:24:57 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

午前11時
「ねえねえ、出かけるみたいよ」
「朝から、いっしょに庭にいて遊んでくれてたのに?」
「出かけるからよ」
「腰いたっー、って騒いでたよ」
「ちょっと、ちょっと、今日は誰を連れて行ってくれるんですか?」
「ま、まさか、またテンコーじゃないでしょうね」
「私たちもいることを忘れないでくださいよ」
「あああー、行っちゃった」

君たち、私はマッサージに行くのです。昨日お腹が大きいテンコーのトリミングしたときに、台に乗っているのがつらそうだったから、床におろしてそこでやったせいで、テンコーは楽ちんだったけど、私は腰を痛めてしまったのです。

午後1時30分
「えーーー、今帰ってきたばかりなのにまた出かけるの?」
「こんないいお天気なのに、誰もどこにも連れて行かないわけ?」
「信じられな~い」
「私のことは毎日赤ちゃんが生まれるまで散歩に連れてくよ、って約束したじゃない」

君たち、そんなに非難めいた目で見つめないでおくれ。私にだって、犬といっしょに行けない用事というものがあるんだよ。
私だって、今日のような暖かい日は貴重だって事はわかっています。だから、朝いっぱい外で遊んだでしょ?(見てただけだけど)
どちらにしても腰が痛くて今日はだーれもどこにも連れて行けないの!!

「マーイア、おいで!」


「メイプル、ウィローそこに座って」


「ダイアン、テンコー写真取るから暴れないで!」

散歩

パーマリンク 2008/12/03 19:06:29 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア, ここでの暮らし

ここに住んでいると、どうしても犬たちにとって散歩が必要だということを忘れそうになります。十分運動できる庭があり、いっしょに走り回る相手もいる。だからといって、犬たちが散歩嫌いになるわけではなく、どの子もみんないつ連れて行ってくれるのかと待っています。

ところが、このあたりは散歩がしにくいところです。まず道路には歩道というものがありません。国道は車が恐ろしいスピードで走っているし、1本入った道路はただ曲がりくねって山の中である、というだけです。はじめの頃はこれがとてもすばらしく感じたのですが、慣れてくると本当にただ山の中っていう感じで、少々つまらなくなります。そこでも時折通る車はほとんどが地元車なので、みんなすごいスピードでカーブを曲がってきます。普通に考えても、こんなところで犬を散歩させている人がいるとは誰も思っていません。
ここは、誰にも会いたくなくて、犬とひっそりと散歩したい人には最適です。でも、犬に社会化を勉強させたりしたいと思うなら最悪でしょう。いくら私がたまにしかこの辺を散歩しないと言っても、8年間散歩で出会った犬はいません。


それに加えて、私は大のヘビ嫌い。それもこの辺にはマムシがいます。まだ見たことはありませんが。それで、暖かくなると、ヘビが怖くて散歩に出られません。そして、今一番恐ろしいのは熊です。昨年は熊の被害があちらこちらで聞かれ、犬の散歩中に襲われたなどと聞くと、もうだめです。今年はあまり熊の話を聞かないのは、たぶんドングリが豊富だからでしょう。

ところが、このところどうしても散歩する必要が出てきました。テンコーが妊娠したからです。今月末に出産予定ですが、テンコーはどちらかというと、若い割には落ち着いていて、マーイアのようにひとりで庭を走り回るよりは、のんびりと過ごす方が好きです。そのため、少々運動不足になってしまいそうなのです。それで私は毎日テンコーを、このあたりを散歩させることにしたのです。熊がよく出るという朝や夕方は避け、日中の暖かい時間に、腰に熊よけの鈴をつけて、大きな声でテンコーに話しかけながら。
熊さん、早く冬眠してください。

エアデールパークの落ち葉

パーマリンク 2008/12/02 14:44:23 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア

家からほんの数メートル離れたところに、もう一つ犬のための運動場があります。私たちはここをエアデールパークと名付けて、我が家の犬たちの専用公園となっています。あとは、エアデールテリアクラブの勉強会の時に参加した皆さんが犬を遊ばせたり、今年の夏はここでファンデーとしてバーベキューパーティーをしたりしました。


ここは、もともとほとんど山の一部といった感じのところでした。それを2年近くかけて自分たちで開拓してきました。ところが、自然の力の方がずっと大きくて、何とか荒れ果てないように維持するのが精一杯だったので、ついに昨年の今頃、業者に頼んでブルドーザーで整地してもらい、細かい砂利をたくさん入れました。そして、自分たちで塀を作り、ドッグパークとして完成したのです。
数メートルとはいえ、家の庭から離れているので、犬を連れて行くときにはリードをかけて外へ出さなければならないので、我が家の犬たちもたまにしか行きませんが、連れてくると結構喜んでくれます。

パークには一部山の斜面がそのまま残してあり、地面の臭いをかぎながら、木の間を行ったり来たりしながらそのあたりを探検するのは、とても楽しい遊びに違いありません。

夏に日陰を十分提供してくれた葉っぱは、黄色くなって、そしてもうほとんどが落ちています。10日ほど前、パークは落ち葉に埋もれて地面が見えないくらいでした。その時に3時間ぐらいかけてきれいにしたのに、今また落ち葉がいっぱいでした。今日はダイアンとテンコーを連れてそうじに行きました。

ここに越してきてから、すばらしい道具だと感心したものに、草刈機と竹ぼうきがあります。山に住む以上、草刈機は必需品です。どんなにがんばったって、手で抜ける雑草はしれています。そして、この時期に役立つものは竹ぼうきなんです。この数百円の道具がなければ、落ち葉を集めることはできません。これさえ使えば、あっという間に(実際時間はかかります)落ち葉の山が7つも8つもできあがりました。
落ち葉を掃くときのシャッシャッという音もこの時期ならではの音です。

犬たちは嬉しそうに遊んでいたのも最初だけ。あとは、ボッーと日向ぼっこです。それでも二人とも満足そうな顔をしています。ただ、私と一緒にいるだけでいいんです。
あっ、家の方からあとの子たちの悲しそうな声が・・・そろそろ帰りましょう。

メイプルと小里川ダムへ

パーマリンク 2008/12/01 14:38:42 著者: airedale メール
カテゴリ: 我が家のエアデールテリア


メイプルを連れて小里川ダムまで散歩に行きました。今年の夏に10歳を超えましたが、いたって元気です。目を離すと今でもイタズラをします。実際今日も出かける前に、一番年下のテンコーと家の周りを散歩に行った隙に、キッチンのゴミ荒らし。あまりのひどさに唖然として、もう連れて行くのをやめようかと思いましたが、このところ車でのお出かけが5頭の中では一番少ないメイプルです。気を取り直して連れて行きました。


今年は長く暖かい日が続き、そのあと急に寒くなったせいか、紅葉がとてもきれいでした。車で買い物に出かけるだけでもついつい山に見とれてしまうほどでした。昨日まで紅葉を見に来る観光客でにぎやかだったダムも、今日は閑散として、紅葉が終わりかけた木々はわびしさが漂うようになりました。

<< 1 ... 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591

2017年2月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

我が家のエアデールテリアにもっと良い環境を、と山の中に引っ越して10年以上が過ぎました。そして今は5頭のエアデールテリアが、毎日私を喜ばせたり、困らせたり。こんな彼らとの暮らしぶりを少しずつ書きたいなと思っています。ご感想、ご意見は右側オンラインユーザー一覧よりairedale宛にメールするか、Wilderness Airedalesのホームページよりメールでお願いします。 http://www.wilderness-airedales.jp/


・・・我が家のエアデールテリア紹介・・・
ランディ/アメリカJoval 2009年10月5日生
ひなぎく/Wilderness 2012年2月29日生
きく/Wilderness 2014年10月3日生

お知らせ

リンクブログ

お勧めの本

・テスト

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution